聞き違い、それも日常 <それでも食事中に読むのは注意>
2008 / 08 / 03 ( Sun )
食事中、テレビを見ていたら、いきなり「キンタ祭だー」とか
聞こえてきて、思い切り噴く。
よくよく聞いたら「ケンタ祭」でケンタッキーのCMでしたが、
いきなり「キンタ祭だー」と威勢がいい、古谷徹の声でいうものだから
「いきなり何言い出すんじゃ」と思って、もうこの夏このCMが頭に
思い浮かんで仕方が無い。

ある意味広告効果抜群です。
少なくとも私には。

別にこの時シモ的な事を思い浮かべていた訳ではなく、
ご飯を頬張っていて「ああー、めしうめー」と
味の事ししか考えずひたすら咀嚼していて、
ある意味無心に近い状態。

その状態でいきなり「ケンタ祭りだー」とか流れ出して
「~~~!、何が起こった?」と現状把握すら瞬間遅れてしまうぐらい
飯に集中していた訳ですが、
油断すると未だに「キンタ祭」に聴こえてしまう。

つまり男子たるもの、いついかなるときでも
油断してはならないという(略

追伸:
検索をかけて同じような人が居るだろうと思いきや居なかった。
え、俺だけ?。

嘘だろとか言われそうだがホントに
そう聞こえたのだから仕方がない。

関連
ケンタ祭告知ページ
http://www.kfc.co.jp/campaign/kenta-matsuri.html


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |