スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ゲド戦記原作者がお怒りの模様 <そして監督のBlog>
2006 / 08 / 16 ( Wed )
ここ[各所]

アニメ「ゲド戦記」の感想を原作者が答えているそうな。

海を越えても酷評が・・・。
まあこの作品はきちんと原作の大事な部分を
表し切れていない以上、言われても仕方が無いかも。

ところで、
この感想を読む限り(翻訳テロップで観たため)
日本の声優さんの演技は気付いていないのかも。
良かったのやら悪かったのやら。

吾朗監督のBlogに原作者に感想を求めた記述があるのですが、

>>彼女は短く答えてくれました。
>>「It is not my book.
>>It is your film.
>>It is a good film.」
>>と。
>>彼女としては、本当はたくさんおっしゃりたいことが
>>あったのではないかと思うのですが、
>>それでも温かい笑顔とともに下さった言葉です。

笑顔で渡された真意は何を物語って、
そして監督はどう感じたのでしょうか?


監督日記:番外編5 ル=グウィンさんの言葉


関連記事
スポンサーサイト

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。