スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「ロコロコ」を傾けて遊ぶ? <PSPにはありません>
2006 / 09 / 09 ( Sat )
ここ[痛いニュース]

個人的にこのゲームは発売前から
HPを見てて操作法を確認していたり、
CMで「LとRで」と言う部分から想像していたため、
こんな話が出ているとは露知らず。

CMで言わんとしている事は
「ゲームをしていると自然に体が傾く」
例:レースゲームとかだと熱中してGに引かれるような感覚

を目的としているのでしょうが、
PSP本体には傾きセンサーは内蔵されていません。

ゲームでその手のものをプレイしたい場合は
任天堂の「ヨッシーの万有引力」か「コロコロカービー」などが
思い出しやすい所です。(本体はゲームボーイカラーなど対応)

それすら本体側で傾き感知をするのではなく、
カセットに「傾きセンサー」が内蔵されているからこそ
傾きの感知が行なえるのであって、
現実の「本体の状態、傾き(=アナログ)」を
「ゲーム側(=デジタル)」に反映させるには、
センサー」(現実のアナログの動きを確認し、
デジタル情報に変換、ゲーム側に反映)が必要。

簡単に言うとUMDディスクではまず無理です。
(「続き」の方にだらだらと蛇足してます)

CMを観ていると

「傾きセンサーがあるかのように楽しめちゃう」

というのと

「傾きセンサーがあるのでそんな風な楽しめ方が出来ます」

では、まるで話が違います。

傾けて遊んじゃお!」では確かに誇大広告

「勝手に体が傾いちゃう」とか
コピーを付ければよかったのかも。


ソニーの逃げ道として
・「キャッチコピーとは短的に書く事が多い」
主語述語とかの主語(この場合「何が」の対象)が無い。

・「傾けて、転がして、遊んじゃお」のコピーは
「本体を」を表しているのではなく
「プレイヤー体」「ゲームの画面内を」と言う言い方になるのかな。

何にしても、言い訳くさいですが。
続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。