ナンバーポータビリティーがもうそろそろ視野に <入ってきました>
2006 / 08 / 08 ( Tue )
ここ[楽画喜堂]

NHK報道を通じて携帯3社が10月24日から行なうとの報道をしたそうだ。
今日は8月8日(気付いたらもう8月なんだなあ、
デパートでは秋物商戦がスタートしてるって話もやっているし)
残り2ヶ月程度。

各メーカー戦々恐々だったり、手ぐすね引いて待ってたりと
いろいろな思惑が交錯していそう。

正直な所「ポータビリティがスタートしても、
そんなに意外と変化無いんじゃない」とは
auを使っている私の考えですが、
移動しやすくなっても不満が無ければ
移動はしないのだろうなと考えてしまう。

・・・なーんて事はauを使っているからであって、
ドコモを使っていると全然話が違っているのもさすがに知っています。

ポータビリティと同時にドコモの加入率が
半分以下に下がったら結構すごいかも。
以前ドコモユーザーの人が
「メールのスパムで電話代料金がひどくなって困っている」と
本気で言われた事があります。

そういう事も踏まえて一気に加入者移動も一気に起こるのでしょうか?
まあ加入率は下がると思いますが一気に大移動とまでには
ならないかもと予想していますが結果はどうなる事やら。

個人的にはソフトバンクモバイルにちょっと期待を込めて頑張って欲しいです。
(キャリア移動はしませんけど)
今までどこもが何かに付けて有利な状況で市場を
戦う事が出来た勢力図を、新規参入とも言えない事も無い
ソフトバンクが異業種のノウハウの強みを活かして
派手に動いてくれたら携帯の世界も面白くなりそうな気がします。

携帯端末と(PC)ネットとの融合がさらに顕著になる要素を持つのは
yahooというサイトを持つソフトバンクの強みです。
携帯端末は大きさも能力も限られる、
そこで何が必要か、何を前面に押し出していくか。
そういったものも興味深い。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |