スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
鈴置さんお別れの会 <ブライト・ノア艦長>
2006 / 09 / 09 ( Sat )
ここ
(プロダクション:プロフィールページ)

>>去る8月6日、弊社所属俳優鈴置洋孝は、56歳の生涯を
>>閉じ、永眠致しました。 つきましては、「お別れの会」を
>>開く事と致しましたので、下記の通り謹んでご案内申し上げます。
>>
>>生前、鈴置洋孝を支えてくださった皆様をお迎えして、「お別れ」を
>>したいと思っております。
>>故人の愛した舞台で、今一度声をかけて送って頂ければ幸いと
>>存じます。  
>>

こういう物をみると
「本当にこの世からいないんだなぁ」と
少しづつ自分に言い聞かせているような気がします。

そのシーンに直面しない限り、
人に聞かされて、「はいそうですか」なんて
信じ込める物では無いですし
割り切れない。

自分の目の届かないどこかで、
まだ生きているような気がする。


「勇牛」(漫画)の引用ですが、
「人は2度死ぬ」そうです。
一つは人に聞かされて、
もう一つはそこに会いに行って。


作品として残る仕事をしていれば
なおさらこの世からいないという実感が湧かない。

少しづつ作品からの流れる本数が消えて、
作品自身が記憶から薄らいで、
透明に近くなっていく。


確かに居た。

ご冥福をお祈りします。


関連記事
スポンサーサイト

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。