最近気になったこと <一言>
2005 / 05 / 31 ( Tue )
「レイザーラモン住谷」が一回見ただけなのに
脳裏に焼き付いて離れません。

あまりのアレさに体の力が抜けました。
(久しぶりに笑ったよ)

逆にもっと見たいという感じになってしまいました。

一撃必殺。

そんな事を思っていたら
こんな漫画がありました。
(ゴルゴ31さん経由)
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
とうとつに「みつはしちかこ」先生を思い出す <小さな恋のものがたり>
2005 / 05 / 31 ( Tue )
唐突だが、みつはしちかこ先生の「小さな恋の
ものがたり」を思い出す。
誰もが一度は見たことあるのではないだろうか?

ストーリーは
背が低くてモテないことが悩みのチッチ(小川チイコ)と
カッコよくて女の子にモテモテでちょっと
浮気者のサリーこと村上君が生み出すチッチの初恋物語。

昔図書館にあったものをちょこっと読んだだけなので
今ストーリーもどうなっているかが分からないが、
ほのぼのじんわりした(叙情的というんです?)絵柄と話が
今すごく染み渡る感じです。

中学生とか小学生女子向きの漫画かと思っていたの
ですが、ある程度穏やかに素直に作品と向き合える
年齢や意識を持たないとおもしろさは
分からないと思います。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
NHKにようこそ3巻 <4巻はフィギュア付き>
2005 / 05 / 31 ( Tue )
先日「NHKにようこそ」の3巻目を買った。
ゴキブリが、ゴキブリが!
瞬間開いただけなのに総毛立ってバッと
閉じてしまった。
あのページはもう恐くて開けません。
(泣)

じっくり見てませんがあの描写はやり過ぎですよ。
書く方も大変だったっと思うけど。
トラップを踏んだような感じです。

on_

ところで今角川では「ネガティブキャンペーン3~夏の
ダラダラ大作戦~」を行ってます。
http://www.kadokawa.co.jp/fair/200504-03/

「99(ツクモ)ハッピーソウル」という作品も発売されました。
内容引用
>>モノに宿る九十九神、瑞穂坂女学院に入学した
>>科月ユキジの同居人・タマキチは、何と電動
>>コケシの九十九神だった。学園に潜入して騒動を
>>起こすタマキチのせいで、ユキジの青春は
>>お先真っ暗…。初オリジナル作品集!

できれば漫画喫茶で試し読みしてから
買うといいかも。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ミネラルウォーター税 <水に税金>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
「全国でそんな物がかけられるのか?」
と思ったのですが、
山梨でそういう意見がでているそうです。

http://www7.plala.or.jp/YAYOI/sub14-3.html
http://www.pref.yamanashi.jp/barrier/html/zeimu/25_158.html
http://www.minekyo.jp/
http://www.minekyo.jp/sub2.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050520-00000008-mailo-l19


お前ら税金を掛ける事しか頭に無いのか!
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
個人情報含むPCが盗難 <心配性>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/30/7812.html

パソコンの盗難は結構ニュースでも聞く話と
なりつつあります。
有名どころではタブブラウザ「sleipnir(スレイプニル)」
盗難話ではないでしょうか。

※次期ブラウザの開発に着手されたそうです。
名前「Sleipnir Wiki」
タブブラウザ Sleipnir 開発日記
公開予定は'05.6月頃を目指しているとの事。
がんばって!


さて、
ノート(パソコン)に限らず
車の中が見える所に高価な品を
置いておくのはちょっと不安です。

コンビニのような、ガラス張りで店の外から見渡せて
すぐ目の前に車を置いて置けるならまだしも、
大きなショッピングモールのような所では
広大な駐車場の中に置いておくだけですから
何が起こるか分かりません。
車のセキュリティをかけておくのが前提と
言うのも物騒な話ですね。

「盗まれてしまった」と言う点に
主眼を置いて書くならば、盗まれても
被害を最小限に留めておける方法が
企業には必要なのかもしれません。

そういう点なら
ログイン時にメンバー認証をやる事を
常に義務付けるとかしないといけません。
入るときに使用者名(ID)とパスワードを
入力しないといけませんが。
結構面倒な物と思われがちですが、
きちんと「やる」と決めて、義務付ければ
そんなに苦でもないのですけどね。
(意識だと思います)


それが面倒なら道具で代用すると言うやり方もあります。
http://www.lifeboat.jp/products/pl2/pl2.html
こちらはUSBメモリを鍵代わりに差し込まないと
パソコンが使えなくなると言う物です。


こちらはトランスミッター(送信機)付です。
http://www.citizen.co.jp/business/nw/
http://slashdot.jp/articles/05/05/17/1224245.shtml?topic=92
http://www.thanko.jp/pclock_time.html
http://www.thanko.jp/pclock_hub.html
いちいちUSB鍵をつけるのが面倒なら携帯にでも
送信機をつけておくという発想。
結構色んなメーカーが出してますね。

他に検索していたらこんなソフトもありました。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se333193.html?site=n
これは市販のUSBメモリをパスワードキーにしてくれると
言うものらしいです。
未使用なので使い勝手は分かりませんが、
USBメモリを安く買ってこれればかなり安く上がると思います。


中小企業にそんな経費をかけるお金など
現実的に余裕はありませんし、
いくら便利な物を買ったとしても
結局重要なのは「それをきちんと守る」という
意識だと思います。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ウイルスバスター不具合! <今度は98/Me>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
ここ


たまたま最近マシンをネットなどから
外していた(ファイル更新もしていない)ため
被害はなかった。

結構昔のマシンでも慣れていれば
そんなに不都合は無いのです。
特にメール見るとかネット見る程度なら
そんなに負荷が変わるわけでもないですし。

初めてパソコンを買う人とか
にはお薦めできませんが(※)。

「Winのセキュリティーは穴だらけ」とは
各所で言われている事ですが、
どうせ同じように穴だらけなら、
昔のOSの方がそれなりに穴が知られ尽くされている分
(修正されている分)安心な気がします。

MacのクラシックOSなんか普通に現役ですし。
結局Meってなんだったのでしょう。


※初めてにはお薦めできない。
理由:(いちいち書くのもなんですが)
そんな技術の主流から外れたパソコンは
自分で直す率が高くなる以上、周りに人が
居なかったり資料も変えない状態のものを買っても辛いです。
古いパソコンだから安く買えると思うのは浅はかさで
実際はもっとメンテナンスに時間と手間をかけられるという
オチです。

安物買いの銭失い。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日は休日 <だらだら過ごす>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
気付いた事を

・セカセカ虫
車の運転をしていたのだが、
どうも危ない。
車の車線変更で、無理にキュイキュイ変更して
一歩でも早くと車線を渡る運転をするする人を結構見る。

もう後ろから見るとその運転の感情が
手に取るように分かる。
セカセカセカセカ・・・。

一番危険なのは
そう言う運転をされると、それに感化されて
「負けてたまるか」「抜かせるか」と
無理な運転に引っ張られて運転しだす人も増えて
さらに危ない。
「自分は事故らない」と言う問題じゃない。
そういう事が起こる「発端」を作っているのだから
やめて欲しい。


・大山のぶ代
なんて事を思ってテレビを見ていたら、
大山のぶ代も「ごきげんよう」に出て、
街行く人が結構体が当たると言っていた。
それを注意したら逆切れされたとか。

一考してドラえもんの声で注意したら
普通に謝ってくれたとか言うオチも。
さすが(笑)。

これから「初代ドラえもんの声担当」とか
言われるんだろうか。
ファーストガンダム見たいだ。
続きを読む

関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ところてんははし一本で食べる <そういえば>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
デイリーポータル:名古屋コネタ

(名古屋では無いですが)
そういえば小さい時寺にお参りに寺に
連れて行って貰った時(お彼岸だったかな)、
寺の茶店で食べさせてもらったとき
そういえば箸が一本だったなと思い出した。

子供時分に寺に行ったところで面白味は無いですので
何か出歩いて食べさせてもらうのが楽しみでした。

たいした品揃えは無いのですよ。
うどんかところてん、ラムネ、良くてメーカーパックの
ジュース。
コンビニも無い時代ですしね。

ラムネも瓶づめ。
たらいに水流して冷やしている。

携帯もコンビニもネットも無い時代です。
でも意外と不便と思わなかったですね。
「その」世界しかないわけですから。

のどかでいい時代でした。

検索したらいろいろ出て来ました。
http://www.geocities.co.jp/Playtown/6757/010802.html
http://www.rakuten.ne.jp/gold/i-kappa/tokomap%20folder/tokomap/aichi.html

>>「食事ではなくお八つなので箸二本使うまでもない」
>>ということから一本で食べているのです。
>>こういう所からも江戸っ子の粋がりが伺えますね。
>>

なるほど。
どうでもいいと断じてしまえばそれまでですが、
江戸っ子の粋がりというのも面白いですね
おやつも「お八つ」と書くとは知りませんでした。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
何度でも割れる板「しわりん」 <空手家志望>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
ここ

空手家が、かわら割ったり、板を割ったりする
シーンを何かで見た人は多いと思う(微妙)。
何度でも使える板が売り出されているそうだ。

それが商品名「しわりん」。
「ためしわり」から来ているとの事。
痛いは痛いそうですが。

ちなみに「瓦割り」の瓦を模した「かわらん」も
あったそうです。
(好調な売れ行きなまま販売終了)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
韓国ゲーム「WIKI」、修正されました? <歯を食いしばれ>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
4gamer.net
探偵ファイル
http://www.i-mezzo.net/log/2005/03/02000020.html

'05.2月、韓国メーカー「ウェブゼン」が
開発したゲーム「WIKI」が任天堂の「ゼルダ」に
酷似している(と言うかそのまま)と言うニュースから数ヶ月。

修正されたそうですが・・・、
あまり修正されてません。

何処をどう直したのか聞いてみたいです。



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
新ブランド「PlayStation T-shirts Gallery」 <ナムコ寄り>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
ここ
playstation.jpで新ブランド。
「PlayStation T-shirts Gallery」という
ゲームキャラモチーフのTシャツが販売。

色んなモチーフがあるが欲しいなと思ったのは
ラリーエックスもじぴったんだった。
この手のナムコのキャラクターセンスは
昔から今も素晴らしい。太鼓の達人も良いな


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
Blogの不具合? <謎>
2005 / 05 / 30 ( Mon )
こちら(FC2)のBlogを使っていて気付いたのだが
左サイドメニューの部分に「投票レンタル」を入れると、
メインの表示がうまく表示されない。
レイアウトの組み分けがうまく閉じられて
いないようになり(※)メインの部分がごっそり
下に落ちるように崩れる。

※閉じタグ設定(とか)が
途中でうまくなっていないと思う。

ソースの量が多い分パッと見て直すと言うのはキツイ。
(そもそもソースの愛称なのかスタイルシート側の
相性なのか分からないし)

便利なレイアウトができるという鳴り物で
出て来たスタイルシート。
各ブラウザ側も対応しているかと言うと
どうもうまく対応しきれていない気がする。
(さらに言うならエディターも、だ)

もっとシンプルで質実剛健なソースがいい・・・
と考えるとHTML程度が一番無難な気がする。

デザインがデザインした側の意図をそのまま反映させれる
と言うのがいいと言う話は聞くのだが、
スタイルシート指定では文字をでかくするのも
結構対応できない場合が大半。

文字をでかくするとレイアウトが崩れるため
文字の大きさまで指定しているから。

だが中高年以上対象のサイトのサイトを立ち上げた人なら
分かるかもしれないが、結構フォントサイズ「中」でも
見難い事が多いらしい。(私は普段「小」設定)

そう考えるとデザイン側のエゴを押し付けているだけと
いう話しになる。ある特定層に向けてのサイトなら
いいが、サイトは対象層によってデザインも
変えなければならないと思う。

そもそもインターネットの発想の根本となった
「単純にデータの受け渡し」と言う目的を
見失っていそうな感じなので、一度足元を見直したい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
歌手・剛田武の壁紙カレンダー <歌手>
2005 / 05 / 29 ( Sun )
ここからここ

いわゆるひとつのジャイアンです。


関連記事

日々 | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
今日はお仕事
2005 / 05 / 29 ( Sun )
今日はお仕事です。
今ごはんを食べています。
通販番組を見ながら食べているのですが
バックで地味に笑顔で運動するエキストラも
なかなか大変そうです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
大手サイトが <見る側・見られる側>
2005 / 05 / 29 ( Sun )
大手BLOGさんで炎上騒ぎ。
一応書きますが、炎上といっても
実際の火事ではなく、
あるコメントを書いたらそれが火種になって
賛成・反対とか意見がひどく燃え上がること。

好きなことを書くと自然に自分の意見=個人的意見になり
それがどう火種になるか飛び火するか分からない。

http://blog.livedoor.jp/uirou/archives/23367225.html
http://amanoudume.s41.xrea.com/
http://amanoudume.s41.xrea.com/cgi-bin/mt/archives/000340.html


智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
兎角に人の世は住みにくい。



夏目漱石の言葉ではないですが
ネットって難しい。

上記サイトの文中にありました
「荒れるブログの作り方」
確かに参考になります。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
森山直太郎が某アニメ曲に暴言 <いつもの事らしい?>
2005 / 05 / 29 ( Sun )
ここ

森山直太郎が某ラジオ番組で某アニメ作品の事を
好き勝手言ったらしく、それに反応して
ファンが購入してオリコン操作しようと言う
話になっているそうです。


>>P「これこれ、ジャケット」
>>森山「ああ、萌えー アキバ系のやつだ、
>>あのー これね 無くなってほしいですね」
>>P「なんてこというの。こういう人が日本の経済
>>支えてるのよ、アキバは日本で有名なのよ」

>>森山「声優さんかな? これ」
>>P「きれいな方ばっかりですからね、声優さんは」
>>森山「まぁ、ブームってあると思うんだけど。
>>がんばって日本の経済支えてください!」

なにげに曲を聴いていないのでどんな曲か分かりませんが、
なにげに森山直太郎よりPの方が
失礼と思ったのは私だけでしょうか。
あと、意図的に操作したら意味無い気がしますが。


ちなみにZIP-FM(名古屋のFM曲)は曲意向として
最初からアイドル系とかの曲は流しません。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
畑先生は「ハヤテ」の2巻目表紙を描いている <久米田師匠>
2005 / 05 / 28 ( Sat )
http://websunday.net/backstage/hata.html
もうそろそろ2巻の発売なんでしょうか。
楽しみです。

ところで
読んだ話を鵜呑みにしてしまうのは危険ですが、
バックナンバーを読んでいたところ、
http://websunday.net/backstage/hata28.html
http://websunday.net/backstage/hata14.html

久米田先生はいろいろアシさんにいろいろ
目をかけているそうですよ
ミノコス島旅行は前読んだのですが、
着るものもらってたりとかいろいろされてるんですね。
そう考えると自虐的漫画を書き続ける久米田先生が
そんな部分を見せずに書き続けるという姿勢に
なにか切ないものを感じます。

夏までは続けたいというコメントから
やる気の現れを感じますが、
ぜひとも2巻ぐらいは出して下さい。
(久米田先生話になってしまった)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
漫○家残酷物語 <笑えません>
2005 / 05 / 28 ( Sat )
ここからここ

なにげに山本貴嗣先生のサイトだったのに驚いた。

※山本貴嗣
現在ビジネスジャンプ誌上にて
「紅壁虎(ホンピーフー)」を連載。

武術の描写などが
好きな人にはおすすめです。
(セイバーキャッツとか)

数作しか読んでいませんが
・「夢の掟」
(原作・真刈信二 作画・山本貴嗣)

・「HINAKO!!」
・「HINAKO2」
(エンターブレイン)

などお勧め。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
掃除とメイドとコスプレと <カトキVer>
2005 / 05 / 28 ( Sat )
ここ

野球のボールのコスプレって・・・
MS少女(※)の自作服とかなら分からないの
でもないのですけど。

同ページでデリヘル嬢に部屋の掃除だけさせて
料金何万円というネタもやってますが・・・笑った。

デリバリー掃除といったらこちらとかも。


今日本で「メイド」といえば
コスプレカフェとかいかがわしさ満点な所での
サービスが浸透化しつつありますが(え?)、
本来は「エマ」のようなジェントリ階級の人が
いくつも人を雇う小間使いでしかないわけですが、
どこでどう間違ったか、今は街中の一角で
一見さんにも関わらず「おかえりなさいませ御主人様」とか
いう文化が成り立っています。
こんな国家はほかのどの国にも存在しないので
誇っていいものか悩むものです。


エロかわいい服を着ちゃうメイドさんまで
出てきましたが(これはこれで・・・いいなと思ってしまいますが)、
どちらかといえば地味な仕事でも嫌がらず、こんな感じの人知れずお掃除したりするシーンに
個人的にはぐっと来ます。

※MS少女
ガンダムのモビルスーツを
無理矢理少女化しちゃうというもの。
明貴美加が有名。
現在('05.5)「ガンダムA」誌上でも1コーナー作られています。


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
天上天下乳揺れフィギュア <回帰本能?>
2005 / 05 / 27 ( Fri )
ここ

ガシャポンがあったので一個買ってみました。

で、揺らしてみたのですが、

「ブハハハハ」
ゆれるゆれる確かに揺れる!
柔らかいスプリングを使っている
ため、ふるふる揺れる。
ちょっとフィギュア位置をずらすだけで揺れる。

爆笑と苦笑。

笑った笑ったまあいいや。
そんな感じでひと段落したのですが、
近くにあると気付いたら
手持ち無沙汰の時に揺らしてるんですよね。
たいした意味もなく。

Hぃ感情とかとかそんなのではなく
本能だと思います。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
CMSとは何? <使っている人多し>
2005 / 05 / 27 ( Fri )
ふと検索していると「CMS」という単語に出会った。

「なんだろ?」

調べてみるとこういう意味だった。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)
Contents Management System
Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。広義には、デジタルコンテンツの管理を行なうシステムの総称。
e-word

おおまかに考えると。
Blogのように単純な管理で行えるシステムの事。
ホームページはHTMLを使ってサイトを構築して
リンクを考えて・・・というようなものを自分で行うけど、
リンクの飛び先からどのような構造になっているかを
自動的に行ってくれて、後は打ち込むだけというのが
Blogだから、それをさらに進化したものと考えると
分かりやすいかも。

今まではHTMLが組めてとか技術的な部分も必要だった
サイト運営が、打ち込むだけという風になる可能性が
増えたと言えます。

ただ、「用意されたひな形から選んだりするのが嫌」とか
「変わったものを作りたい」言う人にはどこまで対応
できるかも切りがないと思うのでHPはHP作成で残るとは
思うけど、見栄えを気にしなければ幾らでも楽に、
基本的な部分は遜色なく技術者を介さずに作れると言うのは
すごいと思いつつも、そう言う仕事を生業にしている人に
とっては唸ってしまう。

これからはこういう風にして作っていくケースも
増えていくのだろうなと思う。

ネットがより技術者よりではなく一般化してきたと
喜ぶべきなのだろうけど、素直に喜べなないものです。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/installguide/


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今月のアフタヌーン <「超市民F」消失!?>
2005 / 05 / 27 ( Fri )
今月のアフタヌーンを読みました。

げんしけんとかヒストリエとか
「無限の住人」のCM漫画とか
リトルフォレスト最終回とか
爆音列島で事故ってるとかおおきく振りかぶってとか
見どころはいっぱいありますが、

気になったことが一点。

先々月号に色んな話題をかっさらって
賛否両論の意見を鷲づかみにした作品
ふくしま政美「超市民F」
※「F」は左右反転表示

が載っていません。
そればかりか次号予告にも消えています。

(゚口゚)・・・!!
普段あまりやらない顔文字のような
ぽかんとした衝撃が。

「かいさく」という単語を耳にしたら
「快作」か「怪作」か悩むような作品ですが
個人的には面白かったです。
賛否の否がすごかったのでしょうか。
それとも書き込み量が足りないのでしょうか。

今号をさっと見てもそれに対する告知が見当たりません。
「無かった事に」って事ですか?
そんな久米田先生のネタのような行動
リアルのままでやらないで下さい。
切なすぎます。

このまま消えてしまうのは
惜しい、惜しすぎます。

正直「超市民F」の連載告知を見て
速攻で聖マッスルをネットで買ったんですよ。
すごかったですよ!
3,150円(アマゾン価格)もしたんですよ。
聖マッスル(AA)

それもこれもふくしま政美作品に耐える為ですよ。

まるで「キン肉マン」の王位継承編のラーメンマン(※)の
ようじゃないですか(泣)

もっともラーメンマンだったら涙雨で立ち上がってくれました。
どうやったら復活してくれるんでしょう。
涙雨普通にアフタヌーン編集部に
メール送るぐらいしかないのかも。

アフタヌーンHP
続きを読む

関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「何故ジャンプにグラビアが無いのか」 <様々な理由>
2005 / 05 / 27 ( Fri )
ここ
ジャンプ迷走期(暗黒期?)に安達祐実のグラビアがあったよなと
かすかに思い出してみたら、しっかり号数記述まで。
・・・それにしても何故安達祐実だったのだろうか。

ジャンプにグラビアがあるのはなぜか違和感を感じます。
「モーニング」や「アフタヌーン」にグラビアがあると、
(個人的に)違和感を感じるのと同じ気もします。
なぜでしょうか。
(チャンピオンはあっても違和感がない)

共通点はなんだろう?
漫画をメインで押している?とか(ちょっと説得味に薄い)。

共通項は難しいのでジャンプのみに焦点をしぼるとして。
・読者層?
・婦女子率が実は多いのでグラビアは逆効果?

まあ漫画でそれっぽいシチュエーションとか多いので
グラビアはあってもなくても(違う)。



関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
小学生ネット閲覧は親同伴 <お○○さんといっしょ>
2005 / 05 / 27 ( Fri )
ここ

親の視点からすると
ネットによるヌード・暴力系統の閲覧させないための
一番のフィルターは自分自身だったという現実。

後ろで見られながらネットするのもつらい物がありますが。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
BlogベースのHP制作 <ドリコムCMS>
2005 / 05 / 27 ( Fri )
ここ

Blog式に選んで入力したりパーツを組み込むだけで
HPの運営制作が出来てしまうシステムが
売り出された。

開発はドリコム。

何処までできるかなどは使ってみないと
一概には言えませんが、テーブルまで入力したり
パーツとして全ての工程を1パックにしたのは
正直にすごいと思います。

無料のブログを使っていたときは
アクセスがサーバーに集中して重くてだめと言う事が
有りましたが、パッケージとして使ったりするなら
客の閲覧集中は有っても、皆が一斉にブログ書き込み
状態のサーバ集中はない分結構快適に使えるような気もします。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ホーリーランドDVD化決定! <全6巻>
2005 / 05 / 27 ( Fri )
ここからここ

ちょうど今日はヤングアニマルの発売日でした。
本編の方はやる気の無い神代ユウが
やられてしまうという展開になってます。
今までのバトル展開で慣れてしまったのか
あっさりしすぎてちょっと拍子抜けっぽい気がします。
(嵐の前のなんとやらかもしれませんが)

本編以外では他の漫画家さんが、「森さん(作者)と行く
ホーリーランドロケ見学ツアー」のルポ漫画を描いてます。
三者三様なのですが、何故か3人とも同じところに
注目するのが結構面白かった。

7月から毎月1巻づつのリリースだそうです。
※レンタル有り。
ホーリーランド(AA)

ドラマのOPであるPOSCOIZMの曲も
ドラマ内容も踏襲したPVもかっこいい。
ドラマは最近見なかったのですけど、
ぐいぐい引き寄せられるように見てます。

ホーリーランドオフィシャルコーナーPOSCOIZM公式サイト


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
アビバの社員クレジット情報を流出 <資格?>
2005 / 05 / 27 ( Fri )
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/24/7730.html
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news02.asp?kiji=8740

アビバがどうと言うわけでもないけど
1会社がクレジット情報を流出させると言うのは
聞いた事が無い。
すごいモラルの低さを感じます。
(実際は他にもあるのかもしれませんけどね)

ところでアビバがCMで銘打っている
「資格」に付いて思ったのだが、
法的や国家的に認可される物以外の
物に対して「資格」の名称を使うのを
何とかならないのでしょうか。
車の「免許」とかそれぐらいの信用が
置けるもの以外に簡単に使っては・・・。

(アビバの資格に付いては
以前からいろんな所で言われている物なので割愛)
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
和式トイレレバーはどう押す? <手?足?>
2005 / 05 / 26 ( Thu )
こちらのサイトさんで面白いアンケートをとっている。

「和式トイレのレバーは手で押す?足で押す?」
という質問。
当方は足でした。

理由:
立って流す時に足で押すような位置にある。
誰かが足で踏んだように思えるため足が無難。
レバーが固いときもあるので加重も楽。

読んだ結果、足が圧倒的に多いが、本来は
ハンドルのため手で押すのが正解で壊れないというらしい。
(これは知らなかった)
トイレのハンドルはちょっと見直そうと思います。


結構トイレに限らず、屈むのが億劫で
足で何かやってしまう人って多いと思う。
・床においた扇風機のスイッチ
・床の電気カーペットのスイッチ
・床に落ちたペンとか箸(箸は汚いが)

クライングフリーマンなんかは足でナイフを
投げるのは百発百中です。


膝下以下の位置の高さにあるスイッチは
結構足でやってしまうのですが。
まあちょっと行儀は悪いのですが、
足を閉じたり開いたりするのは
健康的に何か良かったりしたとか
ちらっと聞いた記憶がありますし
(血行?すごくうろ覚えですが)

烈先生(※)を見習った方が(略

※烈先生
当然(?)ながら「グラップラー刃牙」です。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
絶望先生3回目 <しっぽ需要>
2005 / 05 / 26 ( Thu )
久米田先生連載の「さよなら絶望先生」も
これで連載三回目です。

今回のヒロインは動物のしっぽ好き少女。
ピカチューと火の鳥しか分かりませんでした。
今回虎がヒロインと遊ぶシーンが出てきたのですが、
虎といえばかつてのお弟子さんの作品
「ハヤテのごとく」でも虎が、しかも実は人の言葉を
話せるという設定付きの虎が出てきます。
CM業界では「子供と動物出しておけば
ハズレなし」だそうですが、あざといこれも
定跡に乗っ取った戦法なのでしょうか。

そんなヒロインさんにはこんなアイテムがいいかもしれません。

サンクステイル
http://www.k-wako.co.jp/enter/tails.html

今回の小ネタギャグは多すぎてまだ数えきれていませんが
「サンボ入荷」は「サンボマスター」ではなく
「ちび黒サンボ」の方でしょうか。


ところで本を読み進めていたのですが、
ヒロインの名前が見つけられませんでした。
今回のヒロインの名前は結局なんだったのか、
気になります。

続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
故・横山光輝の遺産 <SFから歴史物まで>
2005 / 05 / 26 ( Thu )
ここからここ

昨年4月に亡くなられた横山光輝さん。
遺産が11億あるそうです。

もう1年過ぎていたのですね。
11億そのまま使えばバビルの塔でも作れそうです。
もっとも遺産は税対象になるため

>>公示や関係者によると、遺産は著作権のほか
>>不動産や預金など。長男と長女の2人が
>>相続し、相続税約4億3000万円を既に納付した。

存在が大きすぎてこの世からいなくなったという
実感がいまだ湧きません。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム | 次ページ