FC2ブログ
ラジオからベストキッドの話題が <20年前>
2005 / 05 / 15 ( Sun )
名古屋ローカルの話題ですが、
ラジオでベストキッドの話題が流れてきました。

えらく懐かしい話題だよなと思いつつ。

知らない人に簡単な説明。
アメリカに住む少年が日系人の老人に奇妙な訓練を通して
空手を習いつつ、成長とともに信頼を深め最後は
栄光を勝ち取るというお話。

アメリカは異国(特にアジア)の文化をちょくちょく取り入れて、
アメリカ流(アメリカ人向け)にリメイクする。
日本は自国の文化が外国に取り上げられると
逆輸入的に話題になる。

その図式は今もかわってない・・・というより
取り上げられ率は増えた気も。

ベストキッドは3までだと思っていたら、
4まであったんですね。
ベストキッド(AA)


全作とはいわないけど一作目を見ると結構面白いです。
奇妙な訓練がすばらしい(※)。


※奇妙な訓練が
空手を習うための基礎訓練でペンキを上、下、と
刷毛で塗るという訓練とか日常的なものを利用して、
主人公自身も「何のためにやるんだよ」と
思っていて気付いたら、腕があがっていたというもの。

その驚きがアメリカ人の心にジャストミート。
(私の心にも)

ジャッキーチェンの映画でもにたような
奇妙な訓練シーンものがあった気がするのだが失念。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
朝の風景・日曜版 <アニメ・特撮とか>
2005 / 05 / 15 ( Sun )
日曜の朝は「マジレンジャー」と「響鬼」を見ています。
最近は「エウレカセブン」が増えました。

特にマジレンジャーが面白い。
毎回の話の設定とかが無茶だったりして朝からテンションをあげてくれます。
今朝も「なんだよ、あのラウンドガールは(笑)」と
笑わせてくれて、さあ笑った笑ったと出社します。

起きるのが遅れて途中から見ることもあるので
家に帰ってきてから夜にじっくり見ます。

問題は今の職場にオタ趣味の人がいないので
面白いよといってお勧めできないのが残念です。
作品としての面白さはお勧めできるのですが、
何分「一般」(と言う言い方もちょっと嫌だな)の
趣味の方にそういう勧め方をしても
結果は火を見るより明らかですし。
(面白いも人それぞれ。)


響鬼も気付いたらギター鬼が増えています。
武器的にでかいギターを形どった武器を持って切り裂く
戦闘向けかと思っていたら必殺技がギターソロを行うという
流れがもうたまらないものがあります。

日曜の朝はまったりできると面白いです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「名探偵ポアロとマープル」最終回 <アガサ・アニメ>
2005 / 05 / 15 ( Sun )
NHKの良作アニメ「名探偵ポアロとマープル」が
今日で最終回の模様。

やっと面白さが分かってきたところなのに。

見るのを忘れて半分以上の回を見逃して
しまっていたのは今さらながらしまったなと思います。

名探偵物でシャーロックホームズのような
殺人のトリックや状況や小物からを鑑識のように
推理するという物の方が面白いと思い込んでいたのですが、
このアニメのように作中を読み進める内に
人物が登場し進展を楽しむという楽しみ方も良いかなと。

じつは以前「オリエント急行殺人事件」を中学生の時(※)に
読んだのですが、なんだかややこしくて何が面白いんだか
分からなく投げ出してしまった記憶があったので
敬遠していたのですがちょっと手に取ってみたい気分です。

再放送が行われるので改めて見直そうかなと

DVD発売の折にはぜひ番組後半での
「アガサクリスティー・紀行」も
収録して下さい。



※中学生の時
中学生のときは本を読む切っ掛けもなければ、
「文字を追っていくというのがもうなんだか」という感じ
だったのですが、国語の先生が切っ掛けで宇宙皇子(うつのみこ)を
読んだのが切っ掛けで気に入ったものだけ読むように。
一番のめり込んだのが星新一。

いちいち書くまでもないほど有名な方ですが、
物語は長い文章で延々とストーリーとかを書き連ねなくても
数編数句での文章で十二分に広大な世界を表現し
予想を覆す事が幾らでも可能と言うことを作品を読んで
知りました。

御大層な長編が嫌いな方にうってつけ。
星新一(AA)

しかも作品を漫画にしたものも。
こちらもお勧め。
午後の恐竜・漫画版(AA)

活字離れ云々は言われていますが、面白い作品に出会えば
自然と気付いたら読むようになるんじゃないかと思います。


関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |