FC2ブログ
ワンフェス'05夏旅行記その4 <翌日~帰宅>
2005 / 08 / 23 ( Tue )
<続き>

帰宅、もう汗だくもいいとこだったので
シャワーを借りて総括と言うかだらだら喋る。

今回実は数個自分へのお土産を買ったほかに
いくつかのサークルさんがおまけとして
ちょっとした物をいただけたりと
すごく嬉しかったです。(撮影許可取る時に
あたふたしてどうもすいません)
もうちょっと気の利いた事を喋れればよかったですよ。

翌日秋葉へ。
窓を開けっ放しにして寝ていたら
お腹がちょっとゴロゴロ。
武器屋さんに寄ったり同人の店に寄ったり。

実は今回お世話になった秘密基地(w)の皆さんは
同人を描くためにバイトしながら集まっているそうです。
残念ながら今回は原稿が間に合わずどうも落ちちゃったらしい。
(スパロボは控えた方が良いですよ)

まあそんな方々と同人屋にいてみたら
他で活動している人の同人が並んでいたりと
なかなか縁遠い世界なので不思議な感じです。

そういう人を見ていると、
こういう事は「やれたらな」ではなく
もう何も考えず「やっちゃう事」が強みなんだなと
激しく感じます。落ちちゃったよと入ってますけど、
それを見てまだまだ自分のぬるさを痛感します。

閑話休題

で、「とらのあな」とか行って見ましたが、
ワンフェス終了と言うのになんですかあの人の多さは?。
名古屋だと平日は結構空いている場合もあるのに
学生さんは休みと言う事もあってか、
みっしりとした人ごみ具合です。
他にも同人ショップとか回ったのですが
やはりみっしり具合は他の店も同じです。

そんなこんなで同行する友人さんが
実家の往復から帰ってきたので
一路名古屋へ。

某所秘密基地(w)の方々お邪魔しました。
機会があればまたよろしく。

色々お仕事されているSさん。
機会が合ったらもっとディープな
話題とかもよろしく。

帰りの荷物が結構重くなってしまった。
ここら辺の荷物の詰め込みやら荷の選別は
もうちょっと要検討。

一路実家へ。

帰りの電車がほとんど普通列車に
ぶつかってしまったのはちょっと痛い。
乗車時間の長さも増える事もさることながら、
各駅停車ののろさには閉口してしまう。
横並びの座席に乗っていると結構つかれも取れにくい。
長距離移動については快適さを求めるなら
前もっての検索が必要かも。

直通の電車が時間的に無くなってしまった為
途中の駅からタクシーで帰宅。
深夜料金が実は今回の移動で一番高価だった。
(18切符は1回分換算で2300円)

おつかれさまでした。

続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ワンフェス'05夏旅行記その3 <当日>
2005 / 08 / 23 ( Tue )
<続き>

21日当日、一度6時に目が覚めるが
誰も目を覚ましていない。
時間も早いため目をつむる。

再び目を覚ましたら「仮面ライダー響鬼」がやっていた。
その後なんだかんだでプリキュアまで見たりして
だらだらしながら出発。

※毎度の事だが何時に出発するかを
一度打ち合わせておいた方が良い

他にも参加する人はいたのだが
昼からという事で急遽二人で。

自転車で進むが橋が湾曲している事もあり、
緩いものの坂加減がじわじわ疲れてくる。
何か昨日よりも体力が使い果たされ結構キツイ。
常日頃の体力の無さを感じる。

と言いつつも約30分ほどで到着したのだが
もうその時点で全身汗びっしょりで
ダレダレになってしまう。

それから約一時間後、会場内へ。
着いた時は10時ほどだったため
行列は動いていた。
待っている時はもう水の事や
ここで何か飲み物商売をすればとか
そんな話をしていた。
(それだけ疲弊していたと言う事だ)

ちなみに並んだ前の人は外国人で
英語を話したり「もシィもシィ?」と
イントネーションに癖がある日本語を
使ったりしていて笑う所では無いが
少々苦笑。
私が英語を使ったら
相手にもあんな感じで伝わっているのだろうか?

それにしても暑かった。
一応持ってきたDSを立ち上げたが、
もう移動中に入っているせいか、
参加者はいない。
以前は発売当初だったこともあるだろうし、
「待ち時間に」やる人が多数なはずなので
ちょっとタイミングを外してしまったようだ。


===================

会場に入り、まずオフィシャルドリンクへ並ぶ。
実は列が通常よりはそんなに長くなかった。
(前回は不参加で分からないが)
前々回やその前は会場を一度外に出て、
うねるように並んで・・・と言う事が通例なのに。
今回は会場内で2~3ッ折と言う程度。
あとで話したのだが、
これは「反大嶋優木効果(※)」なのではとか思った。

とりあえず一度列に並ぶが進みも速く、
肩すかしなくらいサクっと買える。
友人さんが他にも知人土産分を頼まれているとの
事なので2回並ぶ。
(いわゆるオタク買いや転売目的でない限り、
一つあれば十分でしょ)

「3回以上」と言う案もあったが、
2個買った時点でと言う事にしておいて、
買った時点で口も乾いたので
烏龍茶を飲む事に。
本当はこういうものは記念土産なので、
取っておきたい気もしたが
それほどまでに口が渇いていた。

休憩も良いがその前に目当ての物があったので
そのブースだけ先による事に。
実は今まで知らなかったのだが
「唐沢キャラのキューティーハニー」と
いう物があったらしく、
それは「キューティーハニーの企画ヴィネ」で、
各作家がハニーのキャラデザインを行った物で
それが作家のタッチになっていると言う代物。
実はもう各コンビニで発売されているらしい。
・・・一度もコンビニで見かけた記憶が無いが。

で、それの黒カラー(WF限定色ver)が
出ると言う事なので、一体ほど欲しいなと思い
オフィシャルドリンクの後に行ったのだが
もう売り切れていた。
至極残念。

ちなみにその時友人さんが気付いたのだが、
私のすぐ隣にダンボール二つ分の
それを買った人がいたそうで、
ガラガラ引っ張っていったそうな。
「貴様か!」と言う感じです。

まあ固定ファンがある漫画家さんなので
大量購入はありそうだなとか、
どうせオークションや転売目的なんだろうと思いつつも。
(買いませんけどね)

その後、件のキューティーハニーの
ヴィネット(いわゆる一般発売している
パッケージ版)が見かけたのだが、
そのときは烏龍茶で荷がかさ張って
いたため買わなかった。
もっと大きな鞄を持って来るべきかも。
(自転車の籠に入らないけど)

外に出てベンチを探す。
思うよりは人ごみは少なく席も見つけれた。

早速烏龍茶を飲む。
グビグビグビと。
飲み口が大口径なので
一気に流し込まれる感じ

うまい

こんなに烏龍茶が美味いと思ったのはいつの頃以来か
と言うよりかつてあっただろうか?

実際に美味かったのかもしれないが
もうのどの渇きでそれど頃ではなかったため
舌で味わうよりのどで味わう状態で
せっかくの茶葉で出したお茶が台無しである


自治は今回飲料がウーロン茶になったのは
前々回辺りの夏ドリンクのヴィッテルが
トイレで流す人が大量にあったと言う話が。

ちょっと勿体無いし、真偽もどこまでなのか定かでは無いが
「排水に水を流すのは罪悪感が少ない
から(水質を汚すわけでは無い)」という話もでた。

そこでお茶の抽出をして1手間加えた「茶」ならと
言う話だが、その真偽理屈が本当なら、
烏龍茶あろうがサイダーだろうが
流す人間はそんな事を考えず流すと思う。
やる奴はやる。
人の迷惑とか勿体無いとか感じる心があれば
最初から何が物であろうがやらない奴はやらない。

そういえば少年時代ビックリマンチョコでも
似たような様な事があったのを思い出した。
それらが今大人になってオタクになって同じ事をやっている。


その後順番に見ていく。
今回思ったのはディーラー数や客が以前よりは
少ない(それでも多いけど)事と、
それなりに仕上げてある完成品の小物が
以前より売られている数が増した様に感じる。

前者はディーラー制限をかけたのかも。
(ディーラー名義で場内に入って買いあさる人対策とか)

後者は自分で上手く作る人向けという
ガレージキットと言う線では少し外れるのかも
しれないが、小物で持って変えれるのは結構嬉しい。

欲しいのはもうちょっと大きめの鞄、
結果的に細かい荷物が増えた為。
今回手荷物が増えたためカメラを構えるのに手間取ったり
片手で撮ったりとか言う事に陥っている。
大きさを想定して荷物の空きを最初に考慮した方が良い。
今回オフィシャルドリンクは2セット購入したのだが、
350mlが4本×2で2800mlで2.8kg。長時間持ち歩くのは
ちょっと大変。
前回のヴィッテルよりは本数も少なくてよかったですが。
カメラのメモリは1日で256MBを2枚とも使ってしまった。
もう少し多く持っていくべきか。

地理に疎い私ですが、ビックサイトへは
そんなに大きく曲がる事がないルートを
通って貰ったためか、
なんとなく要所要所を覚えれば行って
帰ってこれない事もない感じにはなんとか。

これでもうちょっと体力をつければ
最適になるのか?

<続く>
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
Zガンダム声優騒動 <そんな事が>
2005 / 08 / 23 ( Tue )
もう各所で色んな話題になってますが、
「劇場版ZガンダムII」でフォウ・ムラサメの
配役変更で各所で穏やかでない話が。

http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/

http://wiki.livedoor.jp/eternalfour/d/FrontPage
http://slashdot.jp/articles/05/08/20/1252201.shtml?topic=96


きっちりした連絡が取れないばかりか
話の内容に食い違いが出ている。

しかも総監督である冨野監督が
「(音響監督に)だまされた」発言を
しているそうなのでなかなか穏やかでは無い。

もしこれらの話が表に出ていなければ、
「新訳」という事でテレビ版の時代に
できなかった事をやると言う事で
新スタッフも集めたという事で
それに伴って配役変更だと
素直に思っていました。


「たのみこむ」で「島津冴子さんで音声を
収録し直したDVDを発売する提案」と言うのも
気持ち分るけど経緯はどうあれ新配役で演じた
人の立場が台無し。


かといってチャンスがあったはずの島津冴子さんが
正当でない理由でできなかったと言うのは
そのままにしておきたくないです。


公開延期&音声取り直しという形で
新音声を日の目に当てない状態が
一番傷が残らないと思うが、
興行的にそんな事が押し通せるかと言うと・・・。

ガンダムでこういうドロドロした
舞台裏の話が出て欲しくは無かった。

今後の禍根を残さないためにも
長い目で考えた
きちんとした対応を望みます。
続きを読む

関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
石原都知事と監督業 <作家>
2005 / 08 / 23 ( Tue )
ここ

石原都知事が製作総指揮を取って
映画を撮るそうな。

題名「俺は、君のためにこそ死ににいく」
タイトルからして骨っぽいです。

Googleニュース

元々が映画の原作とかやられていたので
こちらの方がそもそもは本職かと。


「戦争批判だ」と言う意見もあったとか
戦争賛美とか批判とかも良いですが、
それを良いか悪いか自分で考えさせる力を
付けさせないといけない気がします。

ただ知識を教えられた「いけない」よりも、
自分で理由がつける事ができる「いけない」と言う
言葉の方が強い。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ワンフェス'05夏旅行記その2 <秋葉>
2005 / 08 / 23 ( Tue )
20日・秋葉へ。

・・・あれほどまでに憧れが強かった秋葉も
この一ヶ月で数回通っている算段で
結構飽きが来た。

特に仕事を辞めてちょっと財布に
買い控えの傾向が高いため。
珍しいものを見てまわる程度。
それでも同人アイテムとかは
よっぽど珍しくなければ名古屋でも買えるので
ワシワシ買いに走ると言う事はあまり無い。

秋葉は趣味の街と称されるが、
消費の街でもある。
特にフィギュアとかは金が掛かる。

昼からは自転車でビックサイトへ。
ワンフェス「前日に」である。
というのも「ワンフェスには自転車で行こう」とか
「ビックサイトへは自転車でいける距離」
「いまいち地理が分からない」という事で
皆で一度行ってみる事に。

途中工事中だったりして引き返すなど
紆余曲折がありつつも到着。
実は月島や豊洲を一直線につなぐ橋が
いまだ工事中で数年は経たないと
直線的にビックサイトへは
行けず、東京湾迂回ルートでないと
いけないという事が判明
googleMap

地理が分かったので行ける事も判明した。
(私は方向に弱いのでよく分かっていないが。
他の人は良く分かるものだ。)

ビックサイトに着いた頃は4時頃だったため
既に当日催されていたイベントも終わっており
当日を明日に控えたワンフェスの準備が行われていた。
スタッフにとっては今からがスタートなんですね。

・・・と何事もなかったかのように書いているが
実の所はほうほうの体で、息も絶え絶え、
買ったペットボトルも飲み干して
水飲場所で水をがぶ飲みしていた。
全員で一服。

ちなみに当日は
ジャズ展や国際SL展示展だか
(追記:正確には「国際鉄道模型コンベンション」)が
催されており、チラッと入り口を覗いたりした。
ハム展というのもあった。

食肉のハムではなく
無線のハム

あまりにも縁遠いので
どんな内容なのか逆に知りたい気もする。

追記:ジャズ展にはハービー・ハンコックも
来ていた模様。そんなに詳しくないのですが、
CD持ってたのでどんな型なのか興味深い。


鉄道の方へ向かったが
大人1.200円ほどしたので入場は辞めておいた。
もうほぼ時間も終わりだし。

屋上ではSL模型の展示走行が行われていたので
そちらを覗くことに。
(こちらは無料。)

参加者大半が見た目40代以上もありそうな
中高年以上の方が多い。
なかなか濃そうなメンツだ

そんな方々が数分の(数十分の?)ミニSLに跨(またが)って
自機のスピードを楽しんでいる
なかなか見られない光景だ。

他には遊園地にありそうな人の大きさ並みの
SLが設置されていて、短距離ながらも往復し
子供や家族が腰をかけて乗って楽しんでいた。

程々に楽しんで帰宅。
結局きちんと明日の参加者のサイトを
見れた訳では無いのが少々残念だが、
色を上手く塗れなかったりするので、
いろいろ買いに走る事が無い分、
じっくり回る事になるのだと思う。

<つづく>


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ワンフェス'05夏旅行記 <東京へ>
2005 / 08 / 23 ( Tue )
(写真は追ってまた)

8/19
夕方名古屋へ向けて出発。
ちょっと役所系に提出物があったため、
期間はあったが土産も買っておこうかと思い
それらの雑用を先に済ましてから、東京へ行く事に。

2泊の事も考え、着替えとかいろいろささっと用意をし出発。
(が、途端18切符の残りを忘れる。
慌てて戻り、急ぎ足で電車に乗る)

日差しが強く外に出ただけで汗が。
それにしても暑い


用意したもの
・カメラ一式
(充電器、バッテリ2、メモリ(265MB)2
・携帯一式(イヤホン、充電台)
・パンフ
・着替え(靴下、シャツ、トランクス各2、ズボン1)
・髭剃り1
・歯ブラシ1
・土産(せんべいは渡すので軽くなる)

メモ
・ペンはノック式の方が良いかも、雑に扱うとペン先が痛む
・用意しているつもりでもあわててうっかりして頭痛薬を忘れた
・一応酔い止めも買う。

そして今回はDSを持ってきた。
辻チャットができるかなと思い

・それらを持ち運ぶ小さな鞄

※頭痛薬などは旅行用常備として
小さなポーチにしておいた方が良いかも。

名古屋からは大まかに豊橋>浜松>静岡>熱海>東京と
乗り換えつつ向かう。
※中規模駅や普通の駅は表記していません

結構快速列車に乗る事ができたため
域は結構普通駅を飛ばしていけたため
それなりに楽でした。
19日夜到着。

途中沼津で乗り換えた時に、
電車の車体で見かけたのですが、
「静シス」とか「クモハ」
とかどういう意味なんでしょうね。
「クモハ」の「モ」とかは
「モーター付きの車体」とかそういう
頭文字とからしいのですが。

そういえば読んだ漫画で
自衛隊員が持っていた銃に
「ア」「タ」「レ」とか言う表記があったのを思い出しました。
「当たれ」と言う語呂合わせかとも思いましたが、
ア・安全装置
タ・単発射撃
レ・連発
の模様。

この手の表記はひねりも無く朴訥すぎで
分かりやすいのでしょうが、
ちょっと語感にクセがありますね。

旅はまだまだ続きます

<つづく>


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
武装錬金特集FINAL <朝目新聞>
2005 / 08 / 23 ( Tue )
ここ[朝目新聞]

朝目新聞さんの所で武装錬金ネタ特集が!
作品全般の質が高く、すごいボリューム!

ジョジョネタやロマ・サガネタは反則に
近いぐらい面白いです。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ようやく帰宅できました <深夜のタクシー>
2005 / 08 / 23 ( Tue )
東京から6時間、
ようやく帰る事ができました。
家に帰るまでがワンフェスでしたので
ようやく終了です。

電車がなくなったので途中でタクシーに
乗る事になったのですが
深夜料金でちょっと痛い料金具合です。

同行してもらったS石さんや
現地のA野さん、並びにI君、S君、カントク君、
Sさんお世話になりました。
また機会があったらよろしく。

とりあえず寝たいと思います。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |