FC2ブログ
鈴木宗雄が当選 <いいのかよ>
2005 / 09 / 12 ( Mon )
堀江社長が落選したのも
結構驚きの話題ではありますが、
気付いたら鈴木宗男が当選していました。
表記に問題がありそうな物もあったようですが。

ウィキペディア:鈴木宗男
はてな:鈴木宗男

応援する宗男票(応援組織票)もある以上、
かなり当選確率は高かったのかも。
(個人的なイメージです)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
選挙終了 <蓋を開ければ>
2005 / 09 / 12 ( Mon )
選挙が終了して続々と議席が埋まっていきます。
テレビではほぼ全てのチャンネルが
選挙の中継を行っているわけですが、
蓋を開けてみれば、自民党圧勝という結果になりました。
今回の勝因ってなんでしょうね。

そんなに「郵政民営化」が
「そこまで」魅力的なものかというと、
そこまでには個人的には感じていないのですが。

当てにならない予想をしてみるのですが、
今回の選挙はなんと言うかどの政党も
断固たる決意とか意義とか盛り上がりに欠けている。
「そのため何処に入れたって同じじゃないか」感が強いため、
「だったらまあ他の政党に入れるよりは、
今までの所でいいじゃないか」という
ネガティブ思考の依存なのでは無いかと思います。

小泉内閣は今までの内閣よりも
イメージ的に嫌われないような
行動を取る事が多いため、
結果的に国民意識が結果的に離れていない。
(そのため大して結果も進んでもいないけど)

「いろいろあるけど"まあ"いいだろ」で治まる範疇。

あと、
「選挙期間が短期過ぎて、政治家が誰も用意を
していないため国民意識に大きなうねりを
起こす前に終了してしまった」とか。

「自民もいろいろあるけど
他の党はもっと、こう・・・」
という選び様が無い中の
選択だったからという気がします。

※もう一度書きますが個人的な感想です。

全然違うという意見もあると思うのですが、
周囲に「これは自民を選ばないといかん」とか
「絶対にこうじゃないといかん」という
熱意のこもった投票をあまり周囲に
見受けられないためそんな風に感じました。


あと気になる所が「堀江社長落選」
正直「まずいと思いつつも勝てちゃいそうな」気がしてたんですが、
なんと言うか無難な結果になってしまいました。


当 亀井静香:110,979
  堀江貴文:84,433
という微妙な票数だったそうですけど。

キーワード検索で胡散臭いと入力すると、
一番上に出てくる「亀井氏」
が選挙慣れしている分
勝ったと言う感じでしょうか。

個人的には、
堀江社長と亀井氏が票の
食い合い・潰し合いをしている隙に、
他のノーマークの人が当選になってしまう
なんて事が起こったら面白いなと思っていたのですが
そんなドラマも起こらず。
まあ面白いとかでは投票してしまう程
軽率な事はなかなかできない物です。

堀江社長はまあ社長業もありますし、
そちらでがんばって欲しい物です。

これを書いている時点で
与317、野141の現在残り22席。
さらに与党がかき集めるのか。
少しでも野党が拾うのか。


関連記事

日々 | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |