FC2ブログ
ホワイトバンドと活動と <買ってないですけどね>
2005 / 09 / 16 ( Fri )
ここ[やじうまウォッチ]


「ホワイトバンドプロジェクト」と言う
活動があるそうです。
まあ以前から知ってますし、
何故か各書店でも売られるようになり始めたり、
テレビで取り上げられてた事もあったなとか
芸能人がCMでホワイトバンドを付けて出ていたりと
知名度はなかなか高い活動です。

その内容が実はかなり色んな食い違いや
人によっては詐欺まがいと言うコメントが
各所で話題になっている。
http://ameblo.jp/worldwalker/entry-10004023890.html
http://whiteband.sakura.ne.jp/
http://sawasho.com/blog/archives/2005/09/1_2.html
はてな


ホワイトバンドを買って欲しいという意味合いが
「我々の活動の賛同者を世間的な風景として
どれだけいるか一目で分るようにするために
付けていて欲しい」というだけなら、
それは悪い事では無いかもしれないが
やりすぎなのかもしれない。

世界の問題は貧困のみでは無い。
温暖化、緑地減少、環境汚染etc。
それらを定義したような
物を捲きだしたら切りが無い。
(前から順に赤・緑・茶色・・・
ジャラジャラ付けて歩くの?)

なぜ捲くのか。
そう考えればもっときちんとした、
書店やいろんな所で売る必要も無い。
新党を優先させすぎたため
本当の目的や意義を浸透させていない事に
問題があると思う。


「仏を作って魂入れず」なんて言葉があるけれど、
そこの手落ちを考えれば「自分達の活動は詐欺じゃない」と
言っていても各販売エリアを増やしたような行動も
考えれば言われても仕方が無いと思う。


公式サイト


Live8


あと、個人的に思った事ですが
「これまでの募金活動とはちょっと違います」と
中表紙に書かれていましたが、
「これまでの募金活動とは違う=募金の延長上」という
日本語になりませんか?

例題に「内容」を出すという事は、
その例題の「延長上」または「類する物」が
例を出して説明する物(この場合「ホワイトバンド」)です。

そうなると「募金」と言う意味ですよ?
「この商品を買う事での」という。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
X-box360、12月に発売 <やりたいゲーム>
2005 / 09 / 16 ( Fri )
こことかここ

次世代Xbox「Xbox360」の発売日が決定。
発売は12月10日。
今度はディスクに傷がついたりとか
させないようにしてください。

Xboxのゲームでプレイしたいなと思ったゲームが
「DOAのビーチバレー」ぐらいなんですが
どうしたものか。
今度は「ランブルローズ」も出るみたいですけどね(w

「リッジ(レーサー)」の新作も出ますが、
多分買い手の希望から他のハードで、
さらにオプション機能が付けられて
発売されそうな気もします。
(当てにならない)


「Xbox360」公式サイト


ちなみに、
販売タイトルを眺めていたら、
何気に「お姉チャンバラ」まで出るみたい。
「D3パブリッシャ」ゲー好きなら
ちょっと検討してもいいかも。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日も今日とてファミコンウォーズDS <気付いたらやっている>
2005 / 09 / 16 ( Fri )
ファミコンウォーズDSをひたすらやっています。
DS本体が目に付くと「一回だけ」と
手に取ってしまう為気付いたらやってしまう状態。
むずかhし夷マップに挑戦するわけでもなく
同じような簡単なキャンペーンやマップを
フォースを思い切り付けて繰り返してプレイしている。
人が聞いたら飽きそうだが、詰め将棋みたいに
きっちり詰めるのが面白い。

そんなファミコンウォーズDSなのだが
何かバグっぽいものを見つけた。
「将軍を一人も選択せずにプレイ」
(既出知識かもしれないが)


注意:セーブなどして何か不都合のあるデータに
なったとしても一切感知しません。
自己責任でやってください。




やり方(とりあえずキャンペーンをプレイしてて見つけました)
1.将軍が「タッグプレイ面」を選択する。
2.将軍の前衛・後衛の選択で
「後衛選択」を一番下の「×」を選ぶ。
そうすると前衛のみ将軍が選ばれている状態になる。

※この「×」というのは「将軍を選ばない」という
選択肢でタッグを使わず一人で戦いたいという
人が使う物らしい。
あっても全く触りもしませんでしたが。
これが使えるのは後衛のみで、
前衛でこれを選択しようとしても
選択されず、何かを選ぶまで決定状態に戻れない。

3.「後衛選択」状態で前衛のプレイヤー、
もしくは現状選択されて、上に並んでいる将軍名を選ぶ。
そうすると、「前衛が空白」で「後衛で将軍が選ばれている状態」
になる。

4.何か選ばれている後衛の将軍に「×」を使うと
前衛・後衛がいない状態になる。

※「×」は多分プログラム的に
前衛は適用不可、後衛は適用可を書かれているが、
(ゲームとして一人選べてないとゲームを進めさせないために、
「前衛」に対しての緩いロック)
入れ替えに対してはそこのエラーチェックまで書いていないと思われる。
・・・まあ多人数の方が有利なゲームに
わざわざ少なくするという考え自身が
やる人そう居ないけど。


気付いた変化点。
・なぜか出撃準備の画面に戻ると
「スペシャルブレイク」が貯まった効果音が流れます。

・出撃して戦闘シーンなどになると、
将軍の顔表示部分にバグったキャラ絵が表示されます。

・戦闘は普通に行えた。

・将軍のインフォ画面にすると、「真っ黒」になり
ゲーム続行不可能。

・戦闘開始になってスペシャルブレイクを発動すると
将軍が喋る部分が除かれたエフェクトだけが流れるが、
その後真っ白になってゲーム続行不可能。
※将軍のインフォページやエフェクト効果の移行時に
選んであるはずの将軍が居ないため動作が続かなくなるのだと思う。


クリアしたり、セーブしたりして
どういう表示になるかまで
調べようと思ったが、
面倒なのでやめました。(え?

バグ絵かクリア画面の将軍コメントの途中で
止まるかだと思うが。
変なセーブのされ方でデータリセットする羽目に
なったらちょっと嫌だったためここで終了。
※試した人が居たら教えてください

それにしてもこういうバグとか
裏技っぽい響きが久しぶりに何か懐かしかった。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
日本語のかけない子供達 <5年後はどうか>
2005 / 09 / 16 ( Fri )
ここ

正しい日本語がだんだん
書けなくなっている人が増えつつあるそうだ。
・・・と言う話は数年に1回の割合で
よく聞く話でもあるが。
そんなやり取りを数年周期で聞いていたりしているのだが。

ある程度の高学年や勤めて数年経過した中堅時分で
後輩さんから「今の若いやつは」なんてくだりを聞く。
「え~(今の人達の考えって)そこまでかよ」と
怪訝に思いつつも「全部がそうとは言いませんけど
そういう奴らも少なくないです」と言う感じで説明されます。
毎回に多様なシーンがあるので、
デジャビュなのか感じるぐらい。


他人事のように書いているが、実の所他人事でもない。
デスクワークが多い人は判るかも知れないが、
パソコンで入力する仕事だと、
漢字変換は自動で行う分、
頭を使って考えるという事が少なくなる。
漢字と言うのは「手で書く事」で
毎回覚えなおすという意味もあると思う。
漢字は俗に「手で覚える」とも言われる。
例えば漢字を度忘れしたとして、
シチュエーションを思い浮かべながら
手を動かしているとはっと思い出す事もある。
手を動かす事で脳が動くという事もあるが
(手の動作における脳の使用割合は多い、
=脳がよく動くので記憶を引き出しやすい)
書き順などの手順が「鍵」となって
断片から思い出したりする
それをしない分、覚え直さないから忘れる一方。
使う事が記憶の根幹を太くし
忘れにくくして、さらに覚えなおす。

あらゆる言語は使う事で文法などを覚えたりする。
特に日本語は漢字や送り仮名といった
ややこしい決まり事がある以上
難易度は考えると高いのかも。
(あまり気にしていなかったが)

しかし難しい分、利点もある。
漢字と言うのはたった「一文字」で
意味をいくらでも込める事が可能な
優れた言語だと思う。
(アルファベット一文字で意味を込める事が
どれだけできるのか?)

カタカナを混ぜる事で外来の物と言う
認識もさせる事ができる。
そういう意味では
日本語は文字にいくらでも意味を込め、
いかようにも組み合わせる事で
情報を圧縮して伝達できるという
優れた言語だと思う。

ただ、その優れた言語があったとしても
使いこなすにはそれなりに熟知が必要だ。
日々鍛錬するように使わないと薄れていってしまう。

義務教育段階で会話や
意思疎通に支障が起こらない程度は
身に付けられるような教育システムは
確立されているが、
将来子供のみならず中高年層の言語力低下(老化?)を
考えると文明の利器という甘い蜜を塗られて
ぼりぼりと何十万の蟻が目に付きにくい足元から
食い荒らしていきそうな感じがします。

(そういえば鈴木みその漫画に
「シロアリ世代」という表現があったなと思い出す。
シチュエーションは若干違うけどそんな感じです・)
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |