FC2ブログ
ネットで殺害予告をした男が逮捕 <「リアル」が足りない>
2005 / 10 / 20 ( Thu )
ここ

昨今この手の事件はちょこちょこ多いので
目新しい物では無い(・・・と言う言い方も不謹慎だが)。

しかしなぜと考えると
ネットが普及したからと言う理由が
ワイドショーなんかには多いみたいですが、
果たしてそうなのでしょうか?

個人的にはそうは思えません。

ネットで書き込みをしてどうなるかという「現実感」が
今の世の中では「痛み」などとともに希薄なのだと思う。
まずい事をしでかしてゾッとする。
危機にあって血の気が引く。

それがあるから避けようとか考えるのに
それを行なう必要が現代社会では少なくなっていく一方。

RPGとか漫画では
超必殺技や特殊能力が目白押しで、
バトル系なら流血なんてのは日常茶飯事です。
でも現実に刃物でちょっと指先を切っただけでも
ばんそうこう張ったりします。

痛みを知っているからゲームの中で起こった出来事にも
「痛い」と連想して感じるはずなのに、
ゲームと言う遊戯も浸透して、
「画面の奥の出来事」と言う感じがします。

じゃあゲームとか漫画がいけないのか?
そうでは無い。

ゲームばっかりやるのではなく、
現実に自分で体を動かしてみるなり
汗を流したりして現実も知っておけばいいと思います。

指先だけしか動かさない分、「解脱」状態なのかも。

とりあえず「剣神ドラゴンクエスト」でもプレイして
汗だくになってみれば、おもちゃの剣を振るう事が
大変かぐらいは思い出せそうな気がします。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
QRコードで操作できるインターフェイス <ちえちゃん萌え>
2005 / 10 / 20 ( Thu )
ここ

NTTが主催するイベントで
「ちえらぼ2」という物があるそうな。
(14・15日なので終了してますね)

面白いなと思ったのが
記事でも取り上げている
「QRコード」を使った仕組み。

今のところはコードを読み取って、
テキストやURLを読み込ませるという
ものですが(それでも十分便利だ)、

QRコードを読み込ませて本体を傾けると言うやり方で
音楽のボリュームのつまみにしたり、
「読み込ませ+本体の動き」と言う
現実の動作の連動まで考えていると言うのが面白い。
なおかつ操作は手軽。

他にも視線の動きでもぐらたたきが出来ると言うような、
なかなか興味深い物もあるが、携帯の普及率なども
考えたら一番早く実用化して欲しいのはQRコードの
記事の物が興味深い。

そんな事を言いつつも、ちえらぼの
イメージキャラクター「ちえちゃん」が
可愛いなとかそんな部分に目を奪われたり。


ちえらぼ2


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
担々麺を食べてみました <ライスお代り自由>
2005 / 10 / 20 ( Thu )
20051020140300
ラーメンを食べてます。
担々麺。
辛くて美味しい。
汗がだくだくです。

ライスはお代わり自由だそうですが
そんなに食べれません。

ランチタイムでお代わりする人を
あまり周りでは見かけた事が無かったのですが、
近年出来た友人さん達が非常に食欲が旺盛な方々で、
「そういう店じゃないとお金も
満腹感も足りない」との事。
前一緒に食事に行ったときもご飯を
茶碗2~3杯は行くのですが、
それはあくまで僕達が食べ終わってしまうので、
それに合わせた制限をかけている状態の模様。

どれだけ食べれるんだろう。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
最近買った漫画いろいろ <趣味性>
2005 / 10 / 20 ( Thu )
大きな街に出る時は、
ついでに大きな本屋に立ち寄る事が多いです。
最近何を買ったかまとめてみた。

スパル・たかし/尾玉なみえ
ロマンティック食堂~尾玉なみえ短編集1~/尾玉なみえ

待望の尾玉なみえ作品。
短編集も同時に出るとは思いませんでしたので嬉しさ倍増。
最近の作品の「サルっ子ぺぺ」は収録されてないんですね。
(こちらはこちらでおいおい単行本化を考えているのかも)
短編集の方は昔に書かれたと思われる物まで
収録されているので素晴らしい。
といいつつ載せられてない作品もあるような気が。
(「まこちゃんのリップクリーム」でカウボーイ
ビバップキャラいくつか出ている物とか)
問題がありそうなので収録されなかったのかも
しれませんができれば次回とかにはぜひ。


鬼堂竜太郎・その生き様(2)/田中圭一

あらためて単行本でまとめ読みしましたが、
はっちゃけ方がぬるい気がしました。
短編の「ヤング田中K一」並みの凶悪さが欲しいです。


暴れん坊本屋さん/久世番子

面白かったです。
本屋の裏側を舞台に働く店員さんたちへの
視線が変わりそうです。
そういえばこの人の絵で
「ウンポコ」と言う本が書店で
並べられていましたが、
「一体ターゲットを何に絞った漫画雑誌なのか」が
解りませんでした。
この漫画を読んで謎が氷解。


バキ外伝疵面/板垣恵介・山内雪奈生

小さな本屋では見当たらなかったせいか、
ようやく買えました。
花山たっぷりの一冊。


アクメツ/田畑由秋・余湖裕輝

いよいよ最終章。
できればもっと続けてと思いつつも
ページを進める手が止まりません。


LIAR-GAME/甲斐谷忍

心理戦・トリック系が好きな人はお薦め。
この作者が書いている「ワンナウツ」を
そろそろ一気買いしたい。


野獣は眠らず/高橋秀武

週刊少年ジャンプで「マッハヘッド」とか
描いてた人。(買って置けばよかった)
どんな内容なのかなとジャケ買い。
ミステリータッチの内容で
面白かったです。


都市の大型書店ってコミックが
充実してていいですね。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |