スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ヤングアニマルで「ディメンションゼロ」の賞金稼ぎ漫画がスタート <予定>
2005 / 11 / 29 ( Tue )
ヤングアニマルを見ていたら、
「ヤングアニマル嵐」などで
ソフトなギャンブル系漫画をやっていた人が
本誌で「ディメンションゼロ」
賞金ツアーで一山当てようと言う
ルポ漫画がスタートされました。
(ブロッコリーとかとタイアップしたのでしょうか?)

多分「ああ探」のストーリー説明部分みたいな
展開になるんだろうなと思う人は大多数と思います。

まあトレーディングゲームは好きなので
どんなルポ漫画になるかは気になる所です。
毎回変わった対戦者が出現とか
そんなノリになるのでしょうか。

反面この手のゲームに興味が無い人には面白く
無さそうな漫画になる予感もします。

作者「藤島じゅん」HP


関連記事
スポンサーサイト

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
次回のヤングキングOURSで「ヤマモト」最終回 <残念>
2005 / 11 / 29 ( Tue )
ここ[最後通牒半分版]

「ヤングキングOURS」HP

on_

コミックスで読み進めていましたが
最終回は本誌を買おうと思います。

・・・結構好きな漫画なんですけどね。
人に薦めにくい漫画ほど面白い場合も
あるじゃないですか。

ギャグと言うのは解る範囲が
狭ければ狭いほど面白いケースもありますし。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「アカギ」見逃した事に気付いた <深夜アニメとEPG>
2005 / 11 / 29 ( Tue )
何か見たり無いなと思っていたら
「アカギ」見ていなかったことに気付く。
「アカギ」の録画がうまく行っていなかった。

on_

なぜだ、「毎週録画設定」にしてあるいるのに。

EPGでセットする時の番組設定が
中京テレビの場合「アカギ」のみならず
次番組の天気予報の物とセットになってEPG情報が送られている。
(アカギ30分+いらない番組)
予約済み番組については録画機側で「予」マークが
表示されて重複もわかるのだが、
DVDにまとめる際に余分な時間枠が邪魔で入りきらないため
その時刻をカットして週予約にしてあるのだが
それを行なうと「予」マークが出ない。

予約していなかったと勘違いして
重複して設定にしたのを忘れていたらしい。

on_

EPGになってビデオ録画が簡単になったかと言うと
逆に局の放送時間のずさんな所とかが
顕著にわかるようになっただけ。


他にもいい加減な部分結構見つかる。

「蟲師」がアニメジャンルに
登録されておらず録画し忘れるとか結構よくある。
この手の問題の苦情はどうしたらいいのだろうか?
そのために放送一回目見忘れる。

番組の登録でたまに時刻が変わったりすると
「次回放送お休み」とか、もうそれで
次回の放送で録画が間違いやすい。
ただでさえ深夜アニメ枠とかは他の番組と重なりやすいのに
ひょいひょいひょいひょい時刻が変わる。

そういった管理する人間からは
深夜アニメなどはオタクが見るもので
設定する人間にとっては全く興味なくて
「その日のうちに流しときゃ良いだろ」とさえ思える。
忙しくてまとめてもいる人だっているのだろうに
急な変更があったとしたら対応なんかできない。

雨が降ろうが槍が降ろうが
全く同じように放送して欲しい。


この手の問題はどうやったら
対応できるのだろうか。

そもそもEPGの配信内容とかそういったものは
どこに連絡したりしたら良いのか。
(例えばこのジャンルの作品が
ジャンルに入っていないとか)

苦情の一つも言いたい所だが
例えば私一人が言った所で
姉歯・ヒューザーとかの違法建築問題みたいに
「私は悪くない」「ちょっと解らない」とか
たらい回しになるんだろうなと思う。
誰がわかって誰が責任を取るんだろう。

こういう不満がたまに出てくる
「サポセン音源(※)」になるわけだが
そういう事をしないと実行しない
局とか大手側の体質に腹が立つ。

※サポセン音源
サポートセンターの横柄な態度にむかついた
苦情時の電話の音源を録音した音源。
ネットでmp3とかそういった形の保存形式にして
公開する。
有名なのは東芝のサポセン音源。

当時この話を聞いたときは
「正直ここまでやらなくても」と思ったのですが、
結構サポセンで態度の悪い人は多い。

まあとんちんかんな事を言い出す
ユーザーもいますけどね。
続きを読む

関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
年賀状ソフトをちょっと探してみた <差別化>
2005 / 11 / 29 ( Tue )
思う所があり年賀状ソフトを探すことに。
まあ季節柄年賀状作成シーズンなので
PCショップなりに行けば探す
苦労もないくらいすぐに見つかる。

正直な所、この手もソフトは買った事が無い。
大体値段は3,000~5,000円程度
色々パッケージで内容を見ても
ほぼどのメーカーも似たようなものなので
逆に迷う。

特筆する部分として住所録機能も持っているので
セキュリティ機能が付いている事が
目新しいと言うか気に留まった。

ご時世なのかもね。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
青の救助隊、カクレオンと対決 <どろぼうのため>
2005 / 11 / 29 ( Tue )
「青の救助隊」をプレイしています。
正直交換する事を決めたら
色々試しておきたい事があったら
今のうちに試して置こうかなと。

そんなわけで店の店主「カクレオン」に戦いを挑む。
正直逃げ回っていた記憶しかないのでどれだけ強いのか。

場所「さばくちたい」
(店がよく出そうな気がしましたし、
あとで見たら水路で逃げやすくて好都合だった。)
結果:勝利

まあキャラがフシキバナ(LV61)まで上げてあり
「タネマシンガン」(命中率は微妙ですが
攻撃力と回数が魅力)で2回当たればあっさり死亡。

正直この手の店主キャラに
勝った記憶が無いため、
(弱いうちに負けた経験からすぐに逃げるクセ、
高価な武器を持っているのにわざわざ対決を仕掛けたくないetc)
経験値は6程度だった。
(必殺技使って6ってかなり少ない)

レベルと技の兼ね合いで
攻撃を受ける前に倒せる事が
できる事が確認できればまあ御の字です。

攻撃値は
一回目161程度
二回目131程度だったので
HPは300程度と考えればいいのかも。

戦闘時に気付いた特徴
・攻撃を一回当てるとその攻撃のタイプに変化する。
「タネマシンガン」で攻撃したら「草」。
その事からタイプによる攻撃効果が弱くなる。
(以降は従来の店長キャラと同じと思う)
・スピードは倍速

・「みとおしめがね」で動きを見ていたら
同じ所でうろうろしている事が
多かったので探知能力は無い模様。

・水の中には入ってこない。
(そう考えると技にも寄るが壁からの攻撃とか有効、)

・どろぼうで呼び出されるキャラもカクレオン。
一応遠くから攻撃したら同じHP分で死亡したので
パラメーターが違うなんてのはなさそう。
通常に攻撃しなくてはならない場合
こちらの2回目の攻撃は店長がタイプが合わしてくるので
こちら攻撃力も落ちますし、倍速なので
強力な攻撃でも2ターンかかる物は難しいかも。
一回の攻撃で連発攻撃ができる物が得策ですね。
ここら辺は技のバラエティーが多いポケモンの方が
しやすくなっているかも。

ダメージを受ければすぐにピンチになるとは思うが
攻撃して倒せると思えばどろぼうライフも気が楽です。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
DS「青の救助隊」に不具合 <データが消えるかも>
2005 / 11 / 28 ( Mon )
ここ
ここ

遅まきながら、
各所で報道されているニンテンドーDSソフト
「ポケモン不思議なダンジョン・青の救助隊」に
不具合があった事が報じられている。

DS本体にDS側スロット(DSソフトの差込口)に「青の救助隊」、
そしてGBAスロット側に何かのソフトを挿していた場合、
GBAソフトのデータバックアップが消える可能性があるそうな。

この不具合は「ポケモン不思議ダンジョン・赤の救助隊」を
挿している場合には起こらないそうだ。

交換の方は無償で行なってくれるそうだが、
困るのが今現段階で攻略がかなり進んでいるのに
最初からやり直すと言うのは非常に辛い。

これは非常に痛い。

そう言う意味では交換したいが、
データの事を考えるとしたくない、
しかし万が一今後の事を考えると・・・
と言う痛し痒しという状況が起こる。

今後は多分これから発売されるソフトを刺しつつ
チェックも行なわれると思うし、
読み込みするソフトの命令も厳密になると思うので
起こらないとは思うが非常に痛い。

できれば不具合発生が確認されたソフト名を
教えてもらいたいが、
今後に発売されるソフトの兼ね合いから、
今それだけを回避しても今後のソフトで起こる可能性は
不具合発生バージョンのソフトには残っているのだ。

・・・正直辛いが交換する事に今決断をした。
その方がこれからの漠然とした不安そのものを
抱えてソフトを使う必要が無くなる。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
MacのOSをようやく治す <重い腰>
2005 / 11 / 28 ( Mon )
ようやく持っているMacのOSを治す。
まあ直すといっても元々バックアップしていたシステムファイルを
昔の部分のみ上書きするだけ。
そう思ってもなんと言うか
面倒な気がしたのでなんと言うか
作業したいと言う気が起こらなかった。
コピーだけだから1時間も
かかっていないんですけどね。

動作は正常、しかし
元々古いボンダイブルーの機種(しかもHDはSCSI接続)で
メモリーも最上限までつんでいないので動きが遅い。

正直な所OSXのメモリを多く
積んだマシンで仕事をしていたので
半端じゃなくスピードが速かった体感速度が
遅いマシンを久しぶりに触ると
かったるい感じがたまらなく辛い。

作業はどちらでも行けるが
OSXのマシンがほしいなぁ・・・。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
不思議ダンジョン・青の救助隊で探検中 <とりあえずマップを購入>
2005 / 11 / 28 ( Mon )
青の救助隊をプレイ中。
とりあえずポケモンを捕獲するために
マップ購入を済ませる。

とりあえず色んなマップに潜って
アイテムやポケモン集めに専念。
現在ダイヤモンドランク。
さらに上はあるのだろうか。
(ありそう)

それにしても店主は倒せるのだろうか?
大事なアイテムを持っている時が
大半で試していないのだが
店主攻略(撃破)のいい方法は無い物か。

「ひきよせのたま」を持っていないときは
どろぼうを行なわないのだが、
たまに「しばりたま」などを使えば
何とかいけそうな気もするが
安全策をとってしまう。
「みとおしめがね」も使っているので
何人番人が増えたかも判るが、
判った所で通路先で囲まれてしまえば
手詰まりを思い知らされるだけ。
ワープをして移動しつづけるのも運任せ。

あと最近気になるのはポケモンの
賢さの上限はどれぐらいなのか?
星8ぐらいになっているのだが
最高はどれぐらいか?
賢さの数値が表示されていれば
わかりやすいのだが。

先は長い


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
最近の知的バラエティー色々 <謝罪もあったり>
2005 / 11 / 28 ( Mon )
近年はクイズ系でもIQを高めたりするような、
知的バラエティ系や日本語バラエティが流行です。

昨日は「テスト・ザ・ネイション」もやってました。

IQ系の番組で見たものをざっと数えると
「三宅式国語ドリル」「島田検定」「サルヂエ」
他にも色々ありますが見きれない。

それぞれ番組は面白いのですが、
逆に出演者とかのやり取りで
どうにもいただけない所が
見え隠れするのは何とかならないだろうか。

例えば「テスト・ザ・ネイション」では
最近の古館さんの辛辣さと
小池栄子の言葉のきつさは
何とかならないでしょうか。

番組中、古館さんは堀江社長に絡みすぎ、
小池栄子は坂下千里子に絡みすぎ。

古館・堀江社長とのやり取りは
以前の選挙戦のやり取りを思い出せたので
まあそんな感じだよねと流してみていましたが、
小池栄子のあの司会はちょっと。

私は坂下ファンでもないのですし、、
番組中のカメラが寄る「度」に
アピールする姿を見ると鼻に付くと
考えるほうですが、
だからと言って番組中に必要以上に
絡んだ言葉をかけるのは見たくない。

お互いに仲が良くても悪くてもいいのですが
そんなことはカメラの映ってない所でやって欲しい。

生放送と言うのは人格が出ますね。

生放送がうまく出来ないのなら、
編集構成してちゃんとした番組にして欲しい。

司会者できつい事を言う方が
受けも良いし、面白いしと考える風潮があるのか
過剰な演出が過ぎる事が多い。
それも度が過ぎれば鼻につく。

変に出演者が過剰なやり取りをするのも
見ていて邪魔に思える時がある。
(IQエンジン並みの淡々さ(※)が欲しい)

そう考えると最近の良作は
個人的には「三宅式国語ドリル」でしょうか。
いかにもローカルっぽかったり、
予算的に他の番組よりも
低く作られている感じですが、
丁寧さとか質で考えると一番良質のように思えます。
派手さは無いけど、じっくり問題を楽しめると言う感じ。

※IQエンジン
十年以上前の深夜系のクイズ番組。
IQサプリの前身とも言える。
ひたすら問題の映像と答えが流れつづけると言う番組。
ゴールデンの時間帯ってどうも演出が
ごてごてしすぎるのは何とかなりませんでしょうか。



ところで
「島田検定」で「前回の放送で
歯科医師の裏話」と称して言っていた事が
今回の番組終了時で謝罪していた。
こんな謝罪シーンは久しぶりに見た。
結構な苦情とか圧力があったのかもしれない。

言っていた内容は
結構真実味あると思うんですが。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
機動戦士ガンダム11話目「イセリナ、恋のあと」 <ファーストですよ>
2005 / 11 / 28 ( Mon )
11話目「イセリナ、恋のあと」
なんと言うか今回は乾いた感じのお話です。

今回ダロタ中尉という人が出てくるのです。
まあ端役といえば端役、
一発キャラと言えばそんな感じのキャラ。
声を聞いていると、
なんとなく聞き覚えがある
声だよなと思っていたのですが、
ダロタ中尉=古川登志夫
カイ役の声優ではありませんか。

イセリナも聞き覚えがあるなと思いきや
潘恵子=ララァ・スンでしたし。

十年どころじゃない年月が
経過して初めて知った事実。
まあ端役を声のトーンを変えて行なう事も
あるというのはある話だそうなので
(経費の無駄遣いを減らす)

映画版(最近の話のZでは無くファーストの映画化)とも
また声が違うと言うのもあるそうですしいろいろなんですね。

個人的には統一して欲しい気もしますが
十分な理由があるのなら仕方が無いのかも。

・・・と思ったが劇中カイの登場はあるのに
一言しかセリフが無かったのは何だかなと思いましたが。
(それも「おおっ」とかそんな程度)

イセリナの声の抑揚はララァの「ため方」とそっくり。
そう考えると「ガルマ様の仇!」とか
「(アムロをやらないと)シャアが死ぬ!」とか
切実な女の人の役ばっかりですね。



・ザビ家さんち、葬儀で一悶着
デギンが自分の子供を国政のダシに使わせず
ひっそりと悲しみを噛み締めたいという心と、
長兄、長女が戦争でなくなった事もあるので
国葬として大々的に演出も踏まえようと言う心。
「公人」として行なうべきか、
「私」として悲しみを全うするべきか。。


ガルマ国葬、それを行なう事による
ジオン並びに連邦国民へのアピールは
絶大な効果を生む。

ジオン国民の命も責任を持つ以上
公としての役割を放棄するわけに
行かない以上NOとは言えない。
が、それは理屈などとして
正しいかもしれないが
正しい選択とも言い切れないと思う。

なぜならそんな一般の儀式に使う時点で
1個人で悲しむ事では無くなり
「儀式行事」に置き換えられてしまう。

ガルマの死。
失われた事を悼む父。
悲しむわけではなく利用する長兄

理屈で正しい事に取り繕っても
人の心は納得できる事など数えるほどでしかない。
心の底から言いくるめられたとしか思えない。

理屈が全てを結う優先されるわけでは無い。
理屈も踏まえつつ、理屈で割り切れない事を
ある程度は融通する事も情けだと思う。
(「武士の情け」とかあるでしょ?)

それが人の心だと思う。


・シャア、ルッグンで出撃。
モビルスーツに乗らないシャアと言うのも珍しい。


・ガウが落ちた後のシャアのセリフで
モビルスーツが使えなかった事に
しろと指示するシーン。
こういったシーンのシャアを見ると
知恵を働かせた知能犯と言うより姑息に見える。


・ガウがビームジャベリンで真っ二つ。
ジャベリンのビーム先に当たって
ない所まで真っ二つなんですが・・・。
しかもあんな真っ二つのされ方って・・・。



・アムロが最後で
「なんていう名前の人なんだろう、
僕を「仇」といったんだ・・・」
と言うセリフ。

すごく沁みるセリフですね。
戦争をしているのは知っていますが、
面と向かって「仇」なんて言われるまで
人殺しをしていると気付かない物なんでしょうね。

最近のアニメだと「エウレカセブン」で
主人公レントンがそんなことを思い知らされてました。



次回12話目「ジオンの脅威」
いよいよランバ・ラルが登場。
ハモンさんも登場。
続きを読む

関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「クイーンズブレイド」と言うゲーム <無電源ゲーム>
2005 / 11 / 28 ( Mon )
ここ[アキバBlog]

この記事を読んで、初めて
こんな形態のゲームがあったんだなと知りました。
昔なつかしゲームブックみたいですね。
これで違うのは「対戦」と言う点。

ページごとに行動方法が書かれているので
それを選択して行くと相手にダメージを与えたリ
自分に攻撃されたりと言う流れが動く。
なかなか考えられた内容。

しかもこのゲームは発祥はアメリカで
今もって新しい新作が出ているそうな。
こちらの絵柄も味があって、
昔のファンタジー臭が臭いたつ感じです。
今回のリメイクの絵柄ももちろんいい感じです。

昔のゲームと言うのは
今の電源ゲームと比べても制限が多い場合があるのに
それを感じさせなかったり、それを個性に
したりすると言うのがすごい。


このゲームブックで
現状のネットワークゲームより
優れてそうな点を見つけた。
もしプレイを互いにしたくて身近にいなくても
お互いが本を持っていれば
後はチャットなどのやり取りでも
ゲームが進めれると言う点。

もちろんメールでも良いし携帯でもいいが
料金とか電池代を考えれば
チャット形式が無難でしょ。

無電源ゲームの良いところは
アナログな雰囲気を楽しむこともあるし、
そう言う別の手段でも楽しめる方法が
見つけれる点だと思う。

この本見てプレイしなくても
2冊ぐらい欲しいような
昔の非電源ゲームで味わった感覚が
背筋にぞわぞわっと感じました。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ブロッコリーからトレーディングカードゲームが <ディメンションゼロ>
2005 / 11 / 27 ( Sun )
ここ[アキバBlog]

テレビでもCMが流れていましたが
ブロッコリーから本格的な
トレーディングカードゲームが
発売されたそうです。
名前は「ディメンションゼロ」。


以前この手のゲームをやっていたので
ちょっと興味が。

しかもこのゲームの報道で
ちょっと変わっているのは
プロとして年間の賞金総額を2,000万円出すと言う売り込み。
海外ではこの手のゲームプレイヤーに「プロ」とか
「賞金」と言う単語は結構あるのですが、
日本で国内初の賞金つきのカードゲームです。
※賞金は登録をした人のみ受け取れるそうです。

ゲーム=遊戯(子供の遊び)にお金をかけるのは
教育上云々と言うのが題目としてありますし

ゲームデザインはMTGでも
トッププレイヤーとしても有名な「中村聡」。
他にも「デュエルモンスターズ」とか
ゲームデザインされてます。

ルールをチラッと観てみました。
(本サイトのルールページへのリンクが
ちょっと間違ってる見たいので他のサイトとか検索)

第一印象「・・・マジック?」
とか思いました。
まあこの手のエネルギーとかの概念とかバランスは
3すくみだと少ないかもしれませんが、
5種類程度が実にわかりやすい。

それに加えて「ユニットの移動」と言う
概念がちょっと面白いです。

身近にプレイする相手がいれば
ちょっとやってみたいと思いました。
この手の知的スポーツと言われるゲームは
やっていると面白いんですよ。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
番組と爆笑問題と <スタメン>
2005 / 11 / 27 ( Sun )
爆笑問題も出ている番組
「スタメン」を見てました。
途中からでしたが
ちょうど姉歯・イーホームズ・ヒューザーの
「違法建築問題」の事をやっていたので
そのまま観る。

「爆笑問題」面白いよ。
まあ芸人なのでおかしなコメント(ボケ)を
するのは面白いのですが、
今日の場合は「興味深い」と言う意味で面白い。

この番組は前身番組である「EZTV」の流れを
若干引き継ぎつつ
メインキャスターに「阿川佐和子」、
そのほかにはパネラーなどの役で
太田光、田中裕二の爆笑問題の
二人がメインで出ている。
しかも「生放送」。
(芸人を生放送で使うと
言うのはいい度胸してます)

番組を作る時には
構成としてはどういう路線で取り上げるかを
大まかに決める事が多い。
今回の「違法建築」の場合は
マスコミ業界も見渡す所大半倣って
ヒューザーに対しての糾弾というか否定的な内容。

正直な所、個人的な意見としても
この業者達は違法建築を延々と続けて来た、
なあなあの癒着中としか予想できないから
(そうでなきゃ10年以上もそんな風に続けれないと思う)
私も否定的な目でしか見ていません。

しかし今日観てて興味深いなと思ったのは
爆笑問題・大田の意見。

要約すると
>>今こいつはパニックになっている。
>>マスコミ各社が取り上げて
>>自分でもとんちんかんな事を
>>言い出す状況に追い詰められている。
>>連日のマスコミ出演もとんちんかんな事を言っている。
>>マスコミから国民から全員が否定的な目で見ても
>>パニック中の奴にそこまでしてもしょうがない。
>>重要なのは非難じゃなく住民をどうするか
>>と言うのが重要なんであって
>>批難するのは代表的な所を
>>一局ぐらい絞って言った方が良い。
>>みのさんの番組辺りに任せて
というもの。

(みのさん云々はボケ含みでしょうけど)

番組の時間がせっついている状況にやきもきし
「もう時間無いよ」と阿川佐和子
(それも本当かどうかも怪しい)

まとめようと興奮して
語り尽くせない大田。
「みのさんの番組とかで問題を
まとめていうようにして・・・」


そんなやり取りを
1~2回してからの阿川佐和子のコメント。
「その続きはみのさんの番組に
出てやってください」と言うコメント。
・・・そりゃねえだろ。

その後
「そんな(コーナーの)締めくくりで
いいのかよ」とコメントを出す田中。

その通り。
他局の番組を出されたとか、
メインキャスター初抜擢とか、
幾ら時間も無いという事があっても
ちょっとコメント的にもとげもあると言うか。

テレビだとどうしても
情報が流される一方で
その流れにどっぷり浸かるのは仕方が無い。

構成だと何の支障もなく
見れてしまう事がほとんどですが
生放送はそうはいかない。
癖のある芸人を生放送で使うと言うのは
いい度胸しているなと思いました。


生放送は観ている方は面白いってお話。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
朝青龍が優勝 <記録達成>
2005 / 11 / 26 ( Sat )
大相撲九州場所、
朝青龍が一日残して優勝が決定。
その瞬間色んな記録が更新された。
これから前人未到の歴史を作っていく立場に。
明日も勝てば年間記録をさらに伸ばせます。

googleNews

強い事が第1条件の世界である以上
それもまた仕方が無い。
何故か最近は相撲を見るようになっている。
今見ていて面白い力士は琴欧州。

風聞でしかないのだが
暴言などが多いと聞く朝青龍を観ていても
強いのは確かと思うが面白いかと思うと
面白いとは思いにくい。

そんなことを書いていたら
「ああ播磨灘(※)」を思い出してしまった。
漫画だと生意気な力士が居ても面白いんですけどね。

※さだやす圭が描く、破天荒な力士の漫画。
前人未到の歴史を打ち立てるという
大言壮語を言い放ち、負けたら引退。
仮面を被って登場したり
奇抜なパフォーマンスをしたりするが
それよりも増して圧倒的な取り組みシーンが面白い。
熱気溢れる闘いとかさだやす圭作品が好きな人にはお薦め。

ああ播磨灘(AA)


蛇足:
アニメにもなったがすごく不評だったらしい。
ゲームも出ていたと今回検索して
初めて知ったがすごい評価を受けている。
(そう言われると見返したりしたくなる)

・・・漫画は面白いんですけどね(個人的に)。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
探査機「はやぶさ」、惑星「イトカワ」の破片採取成功 <母なる地球>
2005 / 11 / 26 ( Sat )
相撲を見ていた流れで
「週刊こどもニュース」が流れてきた。
番組冒頭で
「探査機「はやぶさ」が惑星「イトカワ」に
着陸し惑星の破片の採取の成功しました」という
ニュースが流れてきた。

戻ってくるのは'07年6月に帰還予定だそうで、
1年半もかかると言うから気の長い話だ。
まあ宇宙規模になると
それぐらいの時間の考え方は普通なのか。

アニメなどの話では宇宙世紀やら
色んな作品で結構当たり前になりつつある「宇宙」。
現実には膨大な予算やら技術やらを費やして
宇宙の欠片を持ってきたり、
実験するのが精一杯なわけだが、
そこまでして遠い星に行く意義というのを考えると
果たして宇宙に行ったりするのは
どれだけの異議があるかと考えると
疑問が起こる人も多いと思う。

果たして人類は本当に宇宙に
飛び出す必要があるのだろうか?


あり!、このまま地球に住みつづけると化石燃料も無くなる。
新天地を探すべき!

ない!、宇宙には人の住めるような世界があるとは思えず資源の無駄。
消費を抑え自然回帰を果たした方が利口。

どちらともいえないけど空に飛び出したりする方が
生きる上で楽しい

・・・とか色んな意見はあると思う。


富野監督が書いた「Zガンダム」では
シャアのダカール演説で
「いつまで人類は寄生虫のように
母なる地球にしがみ付く・・・」と言う
内容の作品もある。

人間はどうあがいても
本当に生きていく上で酸素が必要で
栄養を植物・動物から摂取するしか
生命を維持できない依存性の動物だと思う。

「石油が無くなる」云々は
生活が不便になると言う理由がほとんどで、
生きていく上で絶対に必要と言う物は少ない。
(最悪原始時代に遡る程度、文明に
燃料機関を使っていない
江戸時代回帰ぐらいが妥当?、戻りたいわけでもないが)

それらの存在には「母なる」場所が必要で、
どんなに文明が発達しようと
供給できる場所から完全に離れて生きる事はできない。
人間がデジタル情報を摂取して栄養となる
なんてのはまずありえない。
(・・・人間じゃない)

人類が住めるような星があって、
そこに移住していくのが理想ですが、
もし無かったら?
もしくはそこにたどり着くまでに
地球の化石燃料を使い果たして
外に飛び出せなくなったら?

もうそうなると
否が応でもここで暮らしていくしかない。

「ラピュタ(宮崎駿)」だと
「地上から足を離してはいけない」という物もありますが。
もっと現実的だと「マッドマックス2」なのか。
マッドマックスの影響が大きい作品では
「ウォーターワールド」と「北斗の拳」か。
「ウォーターワールド」だと
浮き舟生活みたいな状況ですし。
「北斗の拳」もまんま荒廃した世界。

未来はバラ色となりうるのか?
続きを読む

関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
青の救助隊・どろぼう試行の日々 <たまに>
2005 / 11 / 26 ( Sat )
「青の救助隊」をプレイしています。
「どろぼう」も成功回数がカウントされるので、
なるべく失敗しないように心がけます。
訓練場みたいに試せる場所があればいいのに。

今日判った事は
「支払い前・どろぼう中」は
リーダーの変更が不可能。
これにより、複数に分かれて片方がゴール(階段)前で
待ち脱出・・・と言う事は出来ない。
気の利く人なら誰しも考えつきそうな、
当然と言えば当然なのかもしれないが
良く考えられている。

今の所「大部屋化アイテム」とか
見あたらない以上、
「階段前で引き寄せ」か
「支払い時にヨーイドンで逃げる」かの
2種類の方法になるのだろうか。

店エリア内でリーダー変更が
出来ないと知り、辞める事も
出来たがあえて挑戦。
※「どろぼうタイム」中は
リーダー変更が可能かを
調べたかったと言うのもある。

成功!
かなり運要素が高かったが(w
ゴールも近かった事も幸いした。

「しばりだま」で店主を硬直。
店員レオンが目の前に居たが
「ワープ」で移動させた。

「たま」アイテムで
「しばり」と「ワープ」は普通に使用可能だった。
多分「階段脱出」以外の方法は制限がかかると思うが
店主を敵キャラとして効果をかける物(たま、たね)なら
使用はできると予想。
未使用アイテムだが
「しのぎのたま(一時しのぎ系)」とか
「場所がえ」「ふっとび」といった
一連の従来方法ならいけると思う。

他に気付いた事
・「どろぼうタイム」中は
店の商品は普通に拾える。
(当然と言えば当然か)

ところで
昨日の時点で店の広さが
「3×3の9ます」と思っていたが、
今日になって広い店が
いろいろ見かけるようになった。


その他
技が強化できるアイテム(カテキン)が
今のところあまり出てこない。
使うときに「選んでいる技じゃないと
強化できない」と言う部分が不便。
使用時に強化させる技を選ぶ画面が出て欲しい。

強化するシステムにちょっと難があるのですが、
まあ許容範囲と思います。
カテキン集めは結構面倒と集めないうちに予想。
しかも技を外すと最初からのような気がします。
(試してないけど)。

ここら辺が技の入れ替えの抑制になっている気がします。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「大魔法峠」がアニメ化 <!?>
2005 / 11 / 26 ( Sat )
ここ

「ああっ女神様」が
アニメ第二期が行なわれる事よりも驚いた。
(リアルタイムで観ていないので
いまいちアニメ化されている事に
実感が湧かないのですよ)

作者が描くキャラよりも
可愛いアニメってちょっと切ない気がします。
(逆に黒い物が見え隠れするような
あの絵柄の方が良い気もします)

大和田秀樹公式サイト「釘バットドットコム」


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
アニメ「マリみて」Srdシーズン決定だそうですよ <OVAになるそうな>
2005 / 11 / 26 ( Sat )
ここ[ぬるヲタが斬る]

決定だそうですよ。
いよいよと言うか待ちに待ったと言うか。
でもOVAと聞いてちょっとがっかり。

個人的にですが、
そういえば1stシーズンは
すごく盛り上がったのですが
2ndがいまいち微妙な
盛り上がりだった気がします。
午前中の時間帯が微妙だったのかも。

3rdはOVAか・・・。
一般枠で放送して欲しかった。


公式サイト


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
琴欧州、朝青龍に勝利 <大金星に座布団舞う>
2005 / 11 / 26 ( Sat )
ここ

琴欧州、朝青龍に勝つ。
全勝優勝に土を付け、
さらに朝青龍の狙う記録
「年間勝率新記録(82勝)」に待ったをかける。

大金星に場内中の座布団が舞う。
座布団で土俵がうずもれる。
「乱舞」と言う表現が
これほど適切に合う場面も珍しい。


先場所で優勝を、
そして全勝優勝の芽もあったのに
朝青龍の一戦で調子を崩し、
優勝決定戦までもつれこまれ
優勝されてしまった琴欧州。

それに一矢報いたという感じでしょうか。


現在12勝1敗の朝青龍の
7連覇までもかかっている記録は
明日、明後日と連敗しなければ
阻止できない。
(少なくとも明日勝てば優勝確定)

これで優勝を逃す事は素人目から見てまず無いと思えるが
「自分の負けで優勝を決定させてなる物か」
意地を見せて欲しい。


正直な所、本場所の朝青龍は
ゆるぎなく強いという印象がある。
元々強いとは知っているが、
先場所であわや記録が台無しという
剣が峰で、最後の最後まで戦ってもぎ取った優勝。
これが勝ちをさらにゆるぎない物に
するように心胆冷やした結果からのものだと思える。

しかしその最後のきっかけに
なったのも琴欧州なら
今場所のその勝利街道に
綾をつけたのも琴欧州。
素晴らしい。


関連記事

日々 | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
「金スマ」でアキバレポやってた <テレビ付けてたら>
2005 / 11 / 26 ( Sat )
たまたまテレビを付けていたら
アキバレポをやっていた番組があった。
番組欄を調べたら「金スマ」。
普段見ない番組なだけに知らなかったが
どんなレポか途中から見始めた。

メイドカフェ「@ほぉ~むcafe」で
安住アナウンサーが淡々と、
かつ苦笑交じりにレポートしている。
正直な所構成もいろんな部分で
多いんだろうなと思いつつ、
苦笑しながら見る。

メイドさんがケチャップで皿上に
字を書いて卵焼きを持ってくる。
安住アナ、出てきた卵焼きが
こげてて苦笑しながら食す。

その時のやり取りに
「(メイドさんに)これ裏でお兄さんが
焼いて時を書いたのだけ自分?」とか
なかなか突っ込みが厳しい。
その後お客参加イベントに苦笑したりして、
研修メイド服があたるというやり取り。

スタジオに画面が戻り、
いかにもなアキバ系のゲストと
中居君達のやり取り。
この手の番組を見るとゲストは
全員仕込みのように思える。
一人ぐらいは生粋のゲストが
居るのだろうか?


そのあとまた取材VTRに戻る。
エレベーターで登り、
開いた先が別世界、メイドの群れ。

そのまま「さようなら」と言って
「閉」ボタンを押したら面白かったのに。

到着先はリフレクソロジーのお店。
安住アナ、なぜか店の店長の
ノリノリの服装に食いつく。

フットバスで足を綺麗にしてからマッサージ。
これを見てたらメイドさんが
居ても居なくてもいいので
リフレクソロジーの店に行きたくなりました。
普通に気持ちが良さそう。

感想:
安住アナ「あなたの本籍は?」
メイド「お花畑です」

・・・というやり取りが面白かった。
どちらも一歩も引かない会話のやり取りが。
そして微笑を絶やさずに相容れないというか。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
青の救助隊でどろぼうに <図らずしも>
2005 / 11 / 25 ( Fri )
青の救助隊をプレイしています。
ノーマルクリア以降は店がちょくちょく出ています。

今回の「店」の出来具合は
かなりシビアなのかも知れません。

というのもプレイした人なら判りると思いますが。
従来は「広い空間=店」というのが
「不思議ダンジョン」シリーズの
店エリアの造りでした。
そして外に出る通路の脇には店主。
品を持ち上げると店主が通路に移動、
そして購入かどうかの選択をして
「いいえ」でも品を戻す手順が残されていました。

しかし今作品では
3×3の9マスのカーペット上で
(通路に面している場合欠ける場合あり)
そこから出ると店主がテレポートして
お金の支払い選択が表示されます。
そこで「いいえ」を選択すると
即座にどろぼうにされてしまいました。

今回は低学年のユーザーも多い事を
予想してかシビアな作りになっているのかもしれません。
確かにどろぼうをしようかという若干の迷いはありましたが、
店のりんごを買ってレベル上げとも考えていた時なので
折角のボス戦にたどり着けませんでした。

泣。

アイテムもたんまり持っていたのに
大量の「ただのたね」になってしまった。
店主達は攻撃も強く、
これは太刀打ちできずと逃げましたが
長い通路を飛びつきのタネを利用して逃げようと
通路角まで逃げる寸前で追いつかれ終了。

「穴抜けのたま」も「どろぼうタイム」(※)が発動してからは
何故か使えなかった。

※便宜的にそう付けましたが
要は店主に「どろぼうだ」と言われて
音楽が変わった以降の状態。
多分色んな物の発動が制限かけられていると思う。
しばりだまは有効でした。
穴抜けは無効。
気になるのはカーペットの上でも
「どろぼうタイム」前なら使用したりできるのか?
店内=一定物使用不可になっているのかが気になる所。
「倉庫のつぼ」(「シレン」のね)が欲しいです

ここまでシビアなのか!

・・・正味ボス戦に行く前に
軽い気持ちで試しただけで全滅というのは悔しかった。

悔しかったので階段前で
引き寄せの玉を使って品を盗んでやりました。
ちょっとすっきり。

多分「どろぼうタイム」が発動する前なら
色んな玉でも使えると思うので
いろいろ試してみようと思う。
ここまで過敏な反応とは知らなかった。
逆にやりたいというファイトが
持ち上がってきましたよ!

見てやがれ全商品全かっぱぎ!(w





続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
次世代Xboxに不具合 <仕様なのか供給低下なのか>
2005 / 11 / 25 ( Fri )
ここ[読売新聞]

本国ではもう販売を開始されていて
もうすぐ日本でも発売となる、
次世代Xbox「Xbox360」。

売り出される前にこんなんじゃ
先が思いやられます。
もっともこれの原因が
生産スピードが速すぎたための工場の生産における
供給的トラブルなのか、
そもそも設計がちょっと怪しい「仕様」なのか
気になる所。


関連記事

日々 | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
「NHKにようこそ」にアニメ化企画 <まさかと思いました>
2005 / 11 / 25 ( Fri )
ここ
「NHKにようこそ」にアニメ化企画があったなんて。
どんなアニメになるんだろうか・・・。

ついでにコミックス3巻の
「あの」見開きシーンは
何とかなんないのか。
トラウマになりそうな感じです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「Cyrix Hotplate Howto」? <何のことかと思いきや>
2005 / 11 / 25 ( Fri )
ここ
某サイトを見ていて
「何のこと?」と思いきや、
CPU熱でホットプレートにするというネタだった。

確かに超絶熱くなるけど(w。
英文をはなっからみていないので文面もわかりませんが、
写真のキャプションの「sexy!」がイカス!。
何がせくしーなんだかw
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
最近の「焼きたて!!ジャぱん」 <アニメしか見てませんが>
2005 / 11 / 25 ( Fri )
宮沢賢治の事を思い出したら、
「銀河鉄道999」のネタを使っていた
つながりから「焼きたて!!ジャぱん」を
思い出した。
(関係ないけど「焼きたて!!ジャぱん」のタイトルは
どこまでがカタカナかひらがなか書く時に迷う)

アニメしか見ていませんので
原作の違いどうこうは判りませんが
非常に毎回のネタが面白い。

つい先日は「今週はドラゴンボールか!(サイヤ人)」と
思っていたら急に「水木しげる(ゲゲゲの鬼太郎)」の
ネタが取り込まれているのには激しく驚いた。
先日は「銀河鉄道の夜「・・・と「999」。
※著作権的に色々あるみたいで「後姿」とか
「同姓同名」という避け方・かわし方でセーフ。
先日は「黒い三連星」・・・と
色んな作品の題材をパロディに使っている。

※パロディとパクリの違いは
判りやすさと隠していない事と許可があるかだと思う。

本誌で以前見たものは「ごはんですよ」と
「ペプシ」だったり。

リアクションやパロディーを
メインにしている作品だからって
毎回ここまでこんなネタを
引っ張ってこれるという事はすごい。

いや真剣に毎週楽しみです。
真剣と書いてマジと読ませるぐらい。

「焼きたて!!ジャぱん」公式サイト
アニメ公式サイト(TV東京)
漫画:公式サイト


関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「時計は働き者」という詩を書いたのは・・・? <宮沢賢治だったっけ>
2005 / 11 / 25 ( Fri )
ふと思い出した一節に
「・・・時計は働き者だ、
誰が見ていなくても
常に働きつづけている」
・・・という内容の詩を思い出した。

一瞬自分で思い浮かんだのか?と
思ったのだが、なんとなく
聞き覚えがある気がする。
宮沢賢治辺りだっただろうか。
(この人ぐらいの本しか立ち読みもしてないはず)

ちなみに漫画だと「でんでん姫」という
でんでんむしのお姫さまが出てくる
めるへんな漫画にそんな話もあったんですけどね。
ちなみに昔のアフタヌーンKCから出てます。
(多分絶版と思います)

宮沢賢治というと「雨にも負けず・・・」の詩が
有名ですが、「銀河鉄道の夜」とか和製ファンタジーも
書いている訳でなかなか作品層も幅が広い。
思い出したついでに調べたりしてみようかな。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
不思議ダンジョン潜航中 <あらしのかいいき>
2005 / 11 / 24 ( Thu )
「あらしのかいいき」に潜航中。
とりあえず30数階(5~6辺りだったか・・・)位までは
潜ったが、厳しくなったので一時帰還。
何階まであるのか気になるところ。
あまり深すぎるのも考えもの。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ポケモン不思議ダンジョンノーマルクリア <気付いたら没頭>
2005 / 11 / 23 ( Wed )
「ポケモン不思議ダンジョン」を
ノーマルクリアしました。
気付いたらノーマルクリアするまで
手が止まらなかった。

一回毎が短いから
切り時を見失いやすい。

これほどまでにプレイしているのだから
面白いのでお薦めですぅ!・・・というのかと
思いきや実はそこまで言い切れるほどでは無い
気がします。

良作ではあると思いますので買って損は無いと思います。
ですが、従来の「不思議ダンジョン」からの
興味ユーザーが「大」満足するか?と言われると
若干「むうう・・」と口をつぐんでしまう気がする。

この「大」と言う部分が
非常に微妙な捉え方であって
個人の好みにも夜部分もあるので
一概に言い難い。

「シレン」ユーザー
(トルネコでもいいか)の人には
結構かったるい作業プレイになりやすいのかも
しれないというのがお薦めするか否かの
ポイントだと思う。

ゲームのクリアに関しては
とにかくポケモンのレベルを上げれば済む話になるので、
「敵の目をドキドキしながらかいくぐって」と言う
スリルは避けようと思えば避けられるため
感じられにくい。

ミッションをコツコツクリアしながら
レベルを上げておけば、
ほぼ大半のザコ敵には脅威が無くなり、
あとはいかにボスに行くまで能力の消費を
抑えれるかの「作業」になってしまう。
※ザコ敵に脅威を感じられたのは
天空の塔の最上階エリアぐらいだった。

食料さえ十分に用意しておけば
初めて行くダンジョンでも
ボス直前で経験値上げもできる。
「みとおしメガネ」(アイテム・敵の
位置を知る)なども使えばかなり楽。

運悪く強烈な偏った攻撃がこない限り
ボス戦で全滅する事も無い。


あとこの作品は
アイテムを活用して進まなくても
進めれる所が顕著に出ている。


武器を失う事は無いが
武器やアイテムを見つけて
すごく嬉しいと言う魅力も無く、
特殊な攻撃方法も「能力」に
ほぼ限定される以上、
面白味が薄れている。

「マンジカブラ+かまいたち+死神の鎌+・・・」という
武器の合成の魅力がない。
能力の使用にも回数制限もある。
(通常の「攻撃」のように、気兼ねなく攻撃できない)

「この手のゲームが初めて」のユーザーに
大切な武器が失われる苦痛を
味あわせてしまうと一気にプレイを
放り出される可能性もある。
(年齢が低ければ低いほど
その「可能性」は高くなるようなイメージも)

・・・と言うのが不思議ダンジョンシリーズに
思い入れがある個人的な意見です。

しかしこれが「ポケモン」が題材なら
話はまた変わってくる。
好きな能力を選んでPPの使用回数も限られているのは
ポケモンのゲームシステムとして当然。

従来単体で使用していた能力が
「連結」も行なえて攻撃できてしまう。

これはポケモンの世界に
世界観も崩さず順当に沿っている。

そう、
あくまでこのゲームは「ポケモン」なのだ。


ゲームとして
「不思議ダンジョン」寄りなのか
「ポケモン」寄りなのか?
そう考えると「ポケモン」寄りと思う。


上に並べたコメントは、
あくまで「不思議ダンジョンシリーズ」として
述べたコメントであって、
ポケモンの世界をメインにして考えた場合
そのゲーム内容は違和感も無くすんなりできると思う。


このゲームはあくまで
「ポケモンの」不思議ダンジョン風味ゲームなのだと思う。

そう考えると納得はしやすいが、
「従来の」不思議ダンジョンを思い浮かべる物としては
ちょっと物足りなさを感じる所です。

※「ノーマルクリア以降の変化」は
まだ体験していないので
「これから」いろいろ
出て来るのかも知れないが。
(「罠」とかでてくるそうですが)

むしろ本当の面白さは「これから」
なのかもしれませんが。



シレンシリーズの面白味の一つとして
店の商品をかっぱらってすごい勢いで武装強化させる
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「ポケモン不思議ダンジョン・青の救助隊」をプレイ <定番ソフトになりうるか?>
2005 / 11 / 22 ( Tue )
「ポケモン不思議ダンジョン」をプレイしています。

色は「青」(DS)でやってます。

今まで色んな不思議ダンジョンシリーズが
出てきましたが、
「ついに」というか「ようやく」というか
ポケモンとのコラボが実現されました。

果たしてこれは「シレン」シリーズのような
定番ソフトになりうるのでしょうか?

今はプレイし始めなのでなんとも言えませんが、
今の所大きな違いを感じる部分は
「累積してレベルが上がっていく事」と
「武器を持たない」所です。

この点で明らかにプレイの面白味が違います。

「累積していくから弱くならなくていいや」
それにより難易度は格段に下がっています。

しかしその反面武器の凶悪な合成強化とか、
最初にアイテムを持っていることでの
レベルを一気に数段超えてあげる事ができる
快感も無くなっています。

シレンというゲームはプレイヤーが強くなる事は
レベルが上がる事も重要ですが、
それにも増して死ぬよりも装備を生かして持ち帰る
事が重要になるゲームだと思います。

装備さえあればまた幾らでも復活できる。
そして幾ら注意していても、
突然いくつ物要素が関わる事で
装備が一瞬にして失われる、自分が転がり落ちる快感(?)。

シレンの醍醐味、言い換えればそれは幾ら装備が強くなっても
いきなり死ぬ可能性があるサドンデスが存在する事だと思います。

本作の場合、
武器を持たないので急に強化させたり
知恵を使いアイテムでいろいろ凌いで
進める部分がかなり味が薄くなった気がします。

もちろんポケモンというターゲット層が
低年齢が多い以上ゲームの難易度を
下げた方が良いのかもしれません。

しかし重要な面白さを削るような状況になったら
果たしてこれは定番といえるようなゲームに
なるのでしょうか?

不思議ダンジョンシリーズは確かに面白い。
面白いのでついゲームを始めてしまいますが
なんとなく今のところではマイナーダウンした
面白さのような気がしてなりません。

低レベルのキャラを連れて行くと
一気にレベルが上がっていく。
そんなレベルアップの快感が
もうちょっと欲しい気がします。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
オウム教団とその後の勧誘の特集がやってた <報道特集>
2005 / 11 / 22 ( Tue )
テレビを見ていたら、オウム教団(現アレフ)の
信者活動のその後がやっていた。
(録画をようやく見ました)

拳法サークルやヨガサークル等の活動を通じて
徐々に見込みありそうな(引っかかりそうな)人を
少しづつ引き寄せては勧誘していると言う内容でした。
清々しいほど反省の色がありません。

もうオウム事件から何年過ぎたのでしょう。
かなりの年月が過ぎたので
今までの教団監視状況も
改めるなんていう話もあるような事も
番組内で話してました。

(一生監視を続ければいいというのは
個人的な意見ではありますが、
そんな状況を続けるのも費用もかかるでしょうし)

それをきっかけに監視がきつくなるのか緩くなるのか?

日本には「信仰の自由」や「表現の自由」が
法律で守られてはいる物の、
こういうぬるい部分が温床となって
不安材料となるなら、
いっそのこと宗教自体を鎖国時代に遡るが如く
弾圧したら良いのだろうか
・・・というと、そうでもなく。

そう言う弾圧もまた
独裁を引き起こしかねない。
毒を持って毒を制すではないですが、
片方の毒を制するために
ひどい副作用を引き起こしても
元も子もなくなるのはいただけないのかもしれない。


そう言いつつそういう団体を
野放しにするのは恐い。
戦後最大のテロを行なった集団が
名前を変えただけで存在し
続けれるという状況がぬるい。

枕を高くして眠れる社会にしたい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。