FC2ブログ
海洋堂で「兎娘」発売 <あのドラマ中のアニメ>
2005 / 11 / 02 ( Wed )
ここ[アキバBlog]

文中引用
>>パッケージには電車のイラストもあり、
>>海洋堂ホビーロビーでは「ミー○じゃないよ~」
>>「パッケージになぜか電車がデザインされてますが、
>>気にしないでくださいネ。えへっ。」となどが
>>書かれたPOPもあった。


そういえばドラマの方の「電車男」に出て来る
兎娘(「月面兎兵器ミーナ」)もいたなと
思い出したのですが、
検索していたら限定で販売されていたそうです。

全然知らなかったですよ。
ちょっと欲しかったけど色とか塗れないから
まあいいや。
結構値も張るし。



ドラマの「電車男」ではOPに
そのアニメが流されるのですが、
昔に制作されたアニメ
そのままキャラとか変えて使用されていたそうな。

(゚Д゚)!
そうだったの?
これは新鮮な驚き。

てっきりこのドラマのためだけに
何から何まで新しく作った物とばっかり。

昔の作品でも動きの根本が
しっかり面白く練られているので
今見ても素晴らしいです。


DAICON FILM
(ガイナックスの前身だったんですね、
この手の歴史を紐解いていくと結構面白いのかも)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
麻生太郎は結構コミックを読むらしい <まあ趣味ですから>
2005 / 11 / 02 ( Wed )
ここ

先日外務大臣になった麻生太郎氏は
結構コミックを読むらしい。
この手のコメントは鵜呑みにするのは
ちょっとアレですが、それにしても
なかなか面白いインタビュー記事です。

気になったのは文中の
「こち亀を読んでて笑えないと
俺、疲れているのかなと思う」と言う下り。

・・・どうコメントしたらいいものかが
微妙な内容です。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「突撃!!ファミコンウォーズ」をプレイしてみた <アクションゲーム>
2005 / 11 / 02 ( Wed )
「突撃!!ファミコンウォーズ」を購入してみた。
CMで見る限り「今までとかなり違ってて・・・?」と
思ったのですが、「ファミコンウォーズ」シリーズは
結構好きなのでパッケージ買い。


感想:

従来の戦略シミュレーションの
「ファミコンウォーズ」シリーズを
思い浮かべる人は全然別物と考えたほうが無難です。

洋ゲーのアクションゲームと
言った方が分かりやすいと思います。

個人的には「ファミコンウォーズ」の
名前を使うならもっと兵器の生産とか
進め方の自由度を入れ込んで欲しかった。

作品としては悪くないと思いますが、
「ファミコンウォーズ」の名前が
「戦略シミュレーション」としてのネームが大きい以上、
それも考慮して欲しいと思います。

ユニットもほぼファミコンウォーズの兵器と同様なので
(そもそも題材がどちらもウォーゲームなので
大差は出にくいですが)、
そんなにユニットの違和感は無いですが、

ゲームとしては操作に若干の癖がありますが
そんなに面白くないと言うわけではなく
慣れれば楽しいと思いますが、

個人的にこの手のゲームは
すぐに「3D酔い」するので、
作品の良否のコメントは控えます。

かなりボリュームがありそうですが
3D酔いに負けずにクリアできるか心配です。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
生体認証で支払い <うどん代も生体認証>
2005 / 11 / 02 ( Wed )
WBSを見ていたら
「生体認証」の特集をやっていた。

うどんの支払いに指紋登録(月額支払い)をして
サービスを受けるのだそうな。

日経BP

現時点の段階の値段なので
普及すれば安くなると思います。

確かにカードも使わないので
手軽で良いと思うのですが、
あまりにもありふれるように
なったら危険だと思うんですが。
月額1,000円は高いですが。

インタビューの1コマで
「・・・我々の世代は指紋を取ると言う事に
抵抗があるが、若い世代はあまり抵抗が無い」
と言う言葉があったのは、
イメージ的に的を得ている気もしますが、
それならそれで危険な気がします。

昨今の磁気信号カードと言う旧時代のセキュリティーが
ようやく見直される中で、その次発という事で
各種生体認証(指紋・静脈パターン・網膜etc)が
使われて個人しか持ちえないID(identity)認証が
行なわれようとする矢先ですが

逆に今これが目新しすぎて、
ブームのように持てはやされて
これがまた次の情報流出に繋がらないかと言う
足元の見直しが行なわれていない気がします。

確かに「指紋なんか採取った所でどうなるの?」と
言われると今の世の中ではどう使うかも思いつきませんが、
指紋認証での入室などを行なう所が増えれば
またその状況も変化する物です。

結構映画のワンシーンに
「指紋の新しい付け替え(60セカンド)」や
「簡単な鍵のパターンを物の数秒で
採取したりする物(マルサの女2)」がある以上
架空の物語のネタでさえそういう物があるのなら
現実にそれを真似しようとかそれ以上の事を
考え出す人間だっていないわけは無いのです。

今新しい技術の出現で興味に
湧いているのは良いと思うのですが、
その活気の輪を遠目で見ている人間入るものです。
それは開発者であり犯罪者でもあると思います。

今の一手を考える事も重要ですが
次の一手の布石をどう積み上げようと計画しておかないと
大きな分岐点で戻れない事もある以上、
考えておかないといけないと思う。

指紋認証は画期的ですが、
正直指紋登録は恐い気がします。
今は判子が主流ですが
拇印と言うもので正式な書類も
作る事があるわけですし。

簡単なサービス程度なら
簡略なシステムを使っても良いと思います。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |