FC2ブログ
整頓していたら古い記事が出てきました <ブックマーク>
2005 / 11 / 08 ( Tue )
ブックマークを整頓していたら
古い新聞記事が出てきました。
(後でBlogの記事にしようと
思っていた模様)

NHK、のど自慢放送延期・出場者が政党イメージソング

この当時自民が圧勝なんて
誰も思っていなかっただろうに。
(大穴ねらい以外)

そして鈴木宗男も選挙に当選したり
質問状を送ったりしたりなんてするとは
誰も思っていなかったでしょうね。

当時の状況とのギャップが激しすぎる。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
サイトさんを回ってて気になった記事 <イチゴ狩り>
2005 / 11 / 08 ( Tue )
ここ

色んなサイトさんを回っていて
かかれている雑記の中に
「イチゴ狩りを通して子どもに何を教えるか」という物が
面白かったのでメモ。

全般的にコメントがすごい。

>>野菜も生きていることを知って
>>野菜が食えなくなる人間も出てもいい

言っている意味は分かりますが、
すごいコメントですね(w

「何かのきっかけで○○が食えなくなる」という
トラウマ系話を聞くと、なんだか漫画で読んだ
キラー・コワルスキーの話(※)を
思い出してしまった。

※プロレススーパースター列伝。
全体的にフィクションも多いと知った時、
真剣に驚いた。(すごく信じてたのに)

限られた情報の世界では
与太話でも真実性が増すという事で。
あの当時のプロレスは
ファンタジー(幻想ではなく空想とか「夢」)だったの
だなとしみじみ。

(話が長くなりそうなので以下は「続きに」)
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
急に「はやのん」さんの事を思い出した <漫画家・アシさん>
2005 / 11 / 08 ( Tue )
鈴木みその漫画を押入れから
ほじくり(漢字では「穿り」て書くんですね)出していたら、
作中にも出ているアシさん(元アシさんかな?)の
「はやのん」の事を思い出しました。

ちょうど単行本も出るようで、
もう立派な漫画家さんなんですね。

ホームページもシンプルながら
きちんとした作りで
読みやすくていい感じでした。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
清志郎、学祭でライブ <これは見たい>
2005 / 11 / 08 ( Tue )
ここ

忌野清志郎が学際でライブを行なったそうな。
(ソロになって初らしい)

さぞかしカッコいい、面白いライブに
なったんだろうなと思います。
今学校に通っている人がちょっとうらやましい。

「ヒロシです」のネタを真似てギャグを言ったり



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
NHKの記者が放火したというニュース <絶望した!>
2005 / 11 / 08 ( Tue )
NHKの記者が放火を
行なったというニュースが
巷で数日前から話題です。

GoogleNews

正味な所、大手だろうがなんだろうが
そう言う人間はいるとは思いますが、
昨今色々な不祥事や「料金の新生プラン」とか
いろいろな話題を振り撒いたとしても
「NHK」が行なったとなればそれはまた驚きです。

今回の方か騒ぎで抗議などは700件そうです。
思ったより少ない気がします。

大企業といっても
創業者はすごかったけど
二代目とか以降の人は大した事無いという話は
よくある事で、それが社員とも成れば
それはもっと色んな人は居ると思います。

さて、
今回のニュースで気になったコメントがあって、
「絶望感からして放火した」とか
「絶望して放火した」とか

そんな事件の詳細がTVから流れてきました


「絶望」と聞くと「あの漫画」を思い出してしまいます。

当然ながら
「さよなら絶望先生」の事ですが。

「絶望した!この社会に絶望した!」

時事ネタにうるさい久米田先生ですが、
あまりにもひねりがない?ネタに
なるのかもしれませんので
そのまま使ってくれるか心配です。


「絶望した!似たような事を言われて絶望した!
しかも天下のN○Kですよ」

なんていう台詞を出して欲しい物です。

今ごろネームを切っているのかもしれませんが。

今作っているとしたらどの号に載るんでしょうか。

さすがに今刷っているマガジンの方には
間に合うわけ無いと思いますが、
話題の新し物好きな先生の事ですから、
やるとしたらすぐにやってくれないかなと
期待してしまいます。

来るかな、来ないかな、楽しみです。


ちなみにマガジンのサイトには
「絶望先生」のページもあり、
第1話が無料で見る事が出来ます。

本誌だとページで折り込まれていたページも、
こちらだと折り目も無く綺麗です。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(3) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |