FC2ブログ
「ワンダと巨像」をプレイ中 <雰囲気満点>
2005 / 11 / 10 ( Thu )
「ワンダと巨像」をプレイ中。

この手のタイトルを聞くと
良くありがちのアクションRPGかと
思っていたが全く違う。

大地を駆けて目的を果たしていく「アクションゲーム」。

ストーリーは「ワンダ」いう少年が
命を失った少女を救うために
ある神?に願いをかけた。
願いをかなえてもらうために
その代償として各地の「巨像」を破壊していくという話。

このゲームは最初に非常にとっつきにくさを
感じさせるゲームだと思う。

まず操作がちょっと癖がある。
(プレイしていけばなれる程度だが)

目的のためのヒントがかなり少ない。

マップが広いため何も考えず
色んな方向に進めていたら
最初のボスに遭うまでに結構時間が掛かった。

まず最初に敵の倒し方が分からない事と、
そこにたどり着く方法が最初はわからない。

スペランカーを思わせるような弱い主人公。
弱点が頭部という事で頭部に移動しようとしても
ボスの体をつかんでよじ登る事が出来なかった。

正直な所、最初のボスで死亡した。

(個人的な体質だが)
3D形式のゲームなので
ボス戦でちょっと気持ち悪くなりそうになった。
(疲れもあったためもあるが)

正直「放り出そうかな」という
テンションだったのだが、
二回目プレイの時、
他にもボスの急所があったため、
何の気なしにそこを

「剣で」「グスリ」と刺した途端
※ネタバレ扱いにします

ボスが傷つきうずくまった。

「!」

その姿を見て「どう攻略するか」
「どう、そこ(弱点ね)に行くか」が
頭に中にひらめきが降りた。

「なるほど、このゲームは手順を
見つけていくゲームなのか」
重複して書くようですが
その瞬間、見えない霧がパァーと
晴れたように感じた。

このゲームは色んな意味で
「不自由」が残っている。

ただしこのゲームの場合は
その「不自由さ」がゲームの味になっている。

全体を俯瞰で把握できないため
ちょっと操作しづらいカメラ。

気を許すと過ぎに振り落とす敵。

一見して移動の仕方がわからない「ルート」

その間にも主人公のしがみ付く。

握力が落ちていったりと
難しい部分は山積みだ。

時間が経過すると一応神のお告げ的に
攻略手順を教えてくれるが、
断片的なヒントなため「何をこうする」とまでは
ハッと気付かない事もあった(私だけ?)。


傍から聞いていると面白いのか
クソゲーなのかが分かりにくいのかもしれない。
その難解さなどが楽しめるか、楽しめるように
目的を作ってあるのかがクソゲーと
そうでないゲームの境目だと思う。

従来の色んなアクションゲームだと
ボスにたどり着くためにザコ敵を倒していったりすると
いうものがあるが、このゲームにはそれが無い(今の所)。
見難い地図とボスの存在方向を頼りに馬を走らせて、
敵を倒す。

ただそれだけのゲーム。
一切の邪魔な物を省いて世界観に
どっぷり浸からせるように作り上げたゲーム。

この主人公は超能力的な特殊能力を持っていない。
高い所から落ちればダメージを食らう。
波動拳も出来ない。

ただそれは、
言ってみれば我々の現実の世界のルールと同じだ。
特殊能力があるから面白いのか?
ベギラマ使えるから戦力になるのか?
そうではなく、
そして「ゲームの面白さ」は「そんな部分」では無い。
それを教えてくれそうなゲームという事だけは
確かだと思う。

現在5体目を撃破。
次はちょっと頭の回るボスらしい。

旅は続く

ワンダと巨像(AA)
書いている時点でアマゾンで15%引き。
まだ見プレイながら「ICO(AA)」がベストで出ている事を
考えるとそのうち出るかな。


蛇足

この展開で行くと、
「頼んだ存在というのは邪神系」というのが
定番ですが(巨像は封印体)
どんなエンディングになるんでしょうか。



このゲームに馬が出てきて、
その名前が「アグロ」というのですが
主人公の呼ぶ声が「アギョ」に聞こえます。

アギョも名前の意味がわかんなくて
ファンタジーぽくて良いかなとも
思いつつプレイしています。



ボスの倒し方がわからないため、
にらみ合うような時間が延々と過ぎていきます。
その途中で何回も「このボスは何とか・・・」と
助言がでますが、
「聞いたからわかっとるわい」と
「もうちょっと的確に言え」の
突っ込みがでます。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |