FC2ブログ
機動戦士ガンダム・9話目「翔べ!ガンダム」 <ファーストですよ>
2005 / 11 / 12 ( Sat )
9話目「翔べ!ガンダム」

・ブライトさん凶暴化。
中間管理職だしね。
上からはぎゃんぎゃん言うし、
下は命令聞いてくれないし、
うがー。

・アムロが「オヤジにも・・・」の
有名な台詞を言うシーン。
名台詞と言うより情けなさ全開で
「印象的」といった方が適切かも。

・フラウの、アムロへの
甲斐甲斐しい姿がぐっときます。
恋人にしたいのは「セイラ」さんかもしれないが
家庭を持ちたいのは「フラウ」と言う感じ。

・ジャンピングガンダム。
又はバッタガンダム
着地の瞬間を狙うと吉。

・男は大人っぽい女性に弱い物です。
で、年齢が上がると年下とか

・ガルマ丸め込まれすぎ。

・マチルダさん登場。
アムロの好みのツボに入ったのか、
アムロのぼせる。
ラストでフラウがのぼせている
アムロに「ベー」と舌を出し。
このときはアムロに脈があったんですけどね。
以降の他の女へばかり視線を向けているのを見て
幸せを他に探したフラウ(戦争終了後、ハヤトと
結婚&3人組を養子に)。
勿体無いですね。

次回イセリナ登場、ガルマ散る。


関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
メカ娘の第二弾が発売決定 <ティーガーちゃん>
2005 / 11 / 12 ( Sat )
ここ[最後通牒半分版]

今回の目玉はなんでしょうか?
全種集めると完成できる
「ティーガーちゃん」でしょうか?

発売は3月。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
街中に「宗教」があった風景 <学生時代>
2005 / 11 / 12 ( Sat )
名古屋には・・・という書き出しは
ちょっと違う意味に取られてしまいそうだが、

名古屋にはかつて街中に
宗教が踊っていた風景があった。

オウム真理教である。

(東京や大阪の街中にも
あったのかもしれないが)

当時専門学生だった私は
オウム報道で揺れる街中を学生として
社会人として見かけた事があった。

おおよそ一般的な「宗教」イメージからすると
奇抜な色の服を着た信者が街中で踊ってビラを配っていた。
サリン事件も起こり、
ちょうど近い時期にハイジャック事件があって
「オウムの仕業か?」なんて話をしたりしていた。

話題の一つはオウム。

正直「宗教過敏症」と言って良いぐらい
その言葉にびくっと反応するような状況。
大須の町にはPCショップ
「マハーポーシャ(通称マハポー)」があったり、
「名古屋」に来る事で結構そういった
「オウム」を目にする機会が結構頻繁にあった。

法律とかで「信仰の自由」とか
約束されていたのかもしれないが、
法律云々のみではなく、
「なにか」危険と感じた人は居たと思う。
(所詮法律だって人間が作った物です)
「何かがおかしい」と思った時は
「おかしい」と言わないと
危険な状況はあっという間に忍び寄ってくる。

正味な所誰かが「おかしい」と
言えなかったのだろうかと思えるが
誰もが一人では言う事が出来なかったのだろうと思う。

逆に口にする事で
「危険」が増える事だってある。

自分の身が危険になるのは
私だって嫌です。
どんなに正しい事をしたとしても
「なぜ自分だけが危険な目に」とだって思えます。

いきなり一人で立ち向かえば
危険なのは分かる。
なら他の方法を出来なかったのか。
その方法を考えると言う
意識がオウム事件当初も
まだ足りなかったのかもしれない。

身近な危険や心配事。
それを常に発信して気にかけておく事。
それが重要かもしれない。



今一番危険なのは
「人権擁護法案」
だろうか。
これでオウムより危険なのは
「教団」みたいな実体が
無い事なのかもしれない。



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
報道特集で麻原特集が <戻りつつある現実>
2005 / 11 / 12 ( Sat )
テレビ「報道特集」でオウム教祖の
麻原裁判特集がやっていた。
(ようやくビデオを見ました)

取材された内容を見るだけで
もうなんと言うのか絶句。
「精神的な言動が見受けられる」とか
色々ありますが、
徐々にせまりくる現実から逃れられないから
挙動不審な事をやったり言ったりと
「意識が正常の範囲内」での行動でしかないと思う。

あれだけの事をしたのだから
どんな結末になっても死刑には違いないと思う。

実はちょうど「逆転裁判3」を再プレイしていたのだが、
成歩堂君でも無理でしょ。

現在は判決が出ている状態で
麻原側が判決(死刑)を不服として
控訴を行なうとの事だが、
現在弁護側との打ち合わせ自身が
満足もされない状態らしい。

控訴を行なうには
裁判に対しての不服とする
「理由」を書かないといけない。
※もちろん棄却される事もある。

もし書かれるとするならば
どんな風に書くのだろうか。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「萌え経済学」と言う本が売られているそうな <森永卓郎>
2005 / 11 / 12 ( Sat )
ここ
巷では「萌え経済学」と言う本が
売り出されたそうな。

アマゾンで検索したらもう売られてる!
萌え経済学(AA)

表紙が「POP」さんって
いかにもなチョイスですね。(w

正直な所、御茶の間にも流れたと言う意味での
一時期の「アキバブーム」は
「電車男」をピークにもう下降線だと思う。

このタイミングで普通の人が「萌え」関連を出して
一般受けも出来そうなものを出すのはこれで最終のではと思う。
そう言う意味では上手いぎりぎりのタイミングで
出した物だなと思います。

著作は読んだ事はありませんが
一般受けする本を出すタイミングは
上手い方と言う印象が強いです。

果たしてどんな内容なんでしょうね。
普通のハードカバーの本と同程度に
1,500近くするので
買いたい値段とは思いにくい。


「表紙:POP」という事で思い出したが、
よく考えれば「もえたん」は
萌え系(オタク系)の書籍で一般販売をされ
結構品薄になったりした本なので
(しかも以降「二匹目」を狙う本が連発)
そこから考えても大ヒットしたもえたんの
イラストレーターを起用するというのは
萌え経済の象徴的なイラストの一つを使ったという事でも
良い選択なのかも。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |