スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「K-1プレミアム2005 Dynamite!!」曙負ける <前試合にホイス>
2005 / 12 / 31 ( Sat )
いろいろ裏番組は録画を撮りつつ
K-1ダイナマイトを見ています。

ここ

曙対ボビー・オロゴン戦で
曙が敗れる。

素人目に見てて思ったのだが、
曙は体重が重い云々より
勝ち方を知らないような気がする。
(ボビーはボビーで強いのかもしれないが)

というのも優勢までは何とか行く物の
仕留め方が実は今もって知らないのではないかと思う。
相手をKOさせたり絞め落としたりという手順が。

相撲という国技は
「丸く狭い土俵の中で、
足の裏以外土をつけたら負け」という
ルールがある以上、
それ以上の試合展開が無い。

曙はそれ以上を

文字通り土俵が違う場所で戦っているから負けるのだと思う。

試合を見てて体重差があって色々避けられつつも、
2回は体の上にのしかかり1回は
ほぼマウント状態にまで進めれて
後は締め上げるだけと言う状態にまで進んでいるのに、
そこの決定的な手順がいまいち手際が悪く
終わらせる事が出来なかった。
そのシーンを見てても
ただ体重を乗せているだけという感じがした。

その戦い振りがちょうど前の試合で闘っていた
グレイシー柔術などとはっきり格差がある。
あちらはルールなどもきっちり口出したりまでも行い、
そのルールで戦うに特出した戦法で闘っている。
(それでも今回は引き分けに終わっている)

曙はグレイシーとは言わないが
柔道といったような寝技系の
格闘技を習えばあの体格なのだから
普通の段の倍以上の破壊力を持てると思う。
(アマレスとかはどうだろう、詳しくわからないが)

倒し方は現状でいいから倒してからの
戦法を確立させれれば、
多分あの体重差を跳ね返しての優位さを
ひっくり返せる選手など早々居ないと思う。

あの体格から繰り出す張り手や掌底(同じような物か)なら
それだけでも相手は重々嫌がると思う。

特に曙のファンという事でもないのだが
そういう意味では非常に惜しいなとは思う。


関連記事
スポンサーサイト

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「ICO」一応終了、そして「ワンダと巨像」2週目 <気付くとやってました>
2005 / 12 / 31 ( Sat )
「ICO」のプレイを一応終了。

今回はわからない部分は
大半攻略サイトで話を進めていく方向で
プレイしたため2日で終了。

なんというのか操作の説明もきちんと書かれていない為
それも踏まえて難しかった。
「ワンダと巨像」と比べても謎は難しいと思う。

風車の面とか給水等の爆弾投げつけとかは
多分ひたすら考えてても解らなかったと思う。
それどころか鎖を揺らして高い所に飛び移ったり、
スイッチ二つあるところに片方に箱、片方にヨルダを
置いてドアを開ける謎解きとか。

手をつないで進んでいくというゲームが
こんなにロマンチックなゲームとは思いませんでした。
広い謎だらけの城の中に小さい男の子が
年上(と思う)のお姉さんを引っ張って
冒険したり魔物の手から守ったりというのは
古今からある王道的な物ですが
そういった王道的なものや郷愁?的な物も味わえるという
ゲームというのはなかなか有りそうでなかった。
同スタッフが作った「ワンダと巨像」を先にプレイしたので
動き的にはぎこちなさを感じたが、
今もって新鮮なゲームだと思う。

暇を見つけて隠し要素の部分も楽しもうと思います。

その後「ワンダと巨像」をプレイ。
一週クリアしさらに今回は果実やトカゲを集めているので
とんでもなく戦闘が楽。
1撃か2撃で巨像絶命。
ストーリーも大まかに知っているので
感動が薄れてしまうのが惜しい。

果実とトカゲは3周目になった場合には
どうなるか(取った物が復活かそのままか)が
知りたかったためクリアしてみたら、
復活していた。体力などに最上限は有るものの
際限なく強くしていける模様。
(タイムアタックアイテムは3周目でも無くならず引き継がれる)

2周目感想

・爆裂矢って素晴らしい。
トカゲが集めやすい。

・マップにトカゲや果実の位置はわかる、が
だからと言って見つかるかは別。
あまりにも自然すぎて果実が
気付かなくて取りきれなかった。
on_
トカゲも出て来たり来なかったりで結構面倒。
トカゲ寄せの石とかそんなアイテムも
有れば楽だったけどあると楽すぎるか。

・爆裂矢とボス攻撃
爆裂矢でボスにもダメージを与えられるという
話だったのだが、満足な結果を出せたのは
ラスボスとラスボス手前の大猿ぐらいなものか。

・ラスボスはアイテム使うと楽すぎ
透明マントを使うと移動のショートカットし放題。

・意外に爆裂矢のダメージを食らうのは自分だったりする。
足場から下のボスを狙う時とか、急に近くに
出て来たトカゲとか狙う時に思わぬダメージを。

・剛力の仮面しか使わない
爆裂矢ほしさに一気に
タイムアタッククリアしたので
力の仮面の強さが・・・。

・気付いたら魚に掴まってて驚いた。
2周目だからできるというものではないのですが、
泳いでいたら魚にぶつかり、そのまま泳いでいったのに驚いた。
(それが出来るとは話には聞いていたのですけどね)

個人的にはスタッフロールも2回目以降は
スキップできるようにして欲しかった。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ひたすら「ナニワ金融道」を読んでいます <今更ですが>
2005 / 12 / 31 ( Sat )
今更ですが、
今「ナニワ金融道」を読んでいます。
以前にコンビニで売られる廉価版を
買ったりとちょこちょこ断片的には
読んではいたのですが通して読むというと
いうことは無かったので改めて。

絵柄や表現にかなりエグミがありますので
人によってかなりその面白さの評価はありますが
数年前に描かれた内容と思えないくらい面白い。

金を巡っての人間ドラマが
非常に痛烈な物を描く部分がなんとも。
ここでの人物は大きく二つに分かれて
無知や善意の人間が一方的に叩かれるような仕打ちをうけたり
悪意や法を悪用する物がそれを食い物とするというもの。

欲をかいて手ひどい目に会うのは
まあ別にどうということも無いですが、
悪い人間に引っかかりどんどん食い物に
されていくというシーンが結構あるので
そこが非常に切ない。

基本的に劇中にでてくる人間の本性は
がめついとか姑息とか
そんな本性の人間しか出てきません。
(その所々に人のいい人間が出てくるというか・・・)

ぶくぶく肥えたガラの悪い人間が
ひたすら金を毟り取って追い込んでいく。
見ていて憎たらしい事この上ない。

災難は降ってわくような物で
事故なんかはこちらが避けようとしても
避けようが無いケースもあるわけで
そのためにはひたすら身を慎んで
生きるぐらいしかないのでしょうかね。

大半がそんな話なのですが、
それとは別に個人的に好きな話は
肉欲棒太郎という
(名前がこれまたすごいよなぁ・・・)人物が
一度夜逃げをするのですが、
再起を図ろうと色んな事を思いつき
期限切れチケットや回数券の分割といった事を
思いつき、事業といえないほど小さな部分から
再起を図っていこうとするシーンが結構印象的。
「明日に向かっていこう」という
ジャンプ打ち切り作品みたいな終了で結末がかかれていますが
はたして彼はこの後は成功していくのでしょうか?
正直自転車操業的に買って売ってと差額は
増えていくとは思いますが、いつまでも
それを続けれるとは話の展開にしても思えませんし。

もう終了して弟子の人がその作風を受け継いで
何作か描いていますがそれはそれとして
改めて読み直すとなかなか面白いです。
続きを読む

関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今年の総決算? <出かける予定だったが>
2005 / 12 / 31 ( Sat )
今日は町にまで足を伸ばし
ゲームの一つも買ってこようかなと思っていたが
どうも気乗りがしなかったので
そんなに遠出はしなかった。

ニュースを見ていたら
近場で事故が起こっていた。
買い物したら通る道でもあったため
よく知っている風景が
テレビを通して映し出されると何か変な感じだ。

しかもめったに起こらないのに
昨日は昨日で交通事故を起こしていた
現場に出くわした。
(警察が事故車の対応してた)

考えてみれば事故なんてのは
結構各所で起こっているので
ものめずらしいという訳でもないのかも知れないが、
それでもそんな現場を目の当たりにすると
結構引く。
そうは言っても土地柄か
そんな現場はあまり見た事が無い。
いろいろ買い出しに行きたいと思っていた物の
なんとなく今日は行きたくないと思っていたのだが
その先で事故が起こるとは。
・・・直感が当たったと思っておこう。

ニュースを見てても今年の総決算といわんばかりに
近隣地域の不景気なニュースが
ちょこちょこ飛び込み需要の如く流れ出す。

今年も5分もすれば残り一日だというのに。
御節などの食材の買い物の客なのか駐車場には
詰め込んだように車がぎっしりと並んでいる。
それだけならまだ良いが、
狭い駐車場なのに運転が荒い。

ばあさんも足が遅いのに走って
車の前を通過しようとする。
(場内徐行運転中なのでそんなに驚くほどでもなかったが)

師走とは言った物で
どんな人も季候の寒さも理由なのか
駆け足気味に移動する。
わき目も振らずその事だけしか
眼中に無いから危ない危ない。

こんな時は家で
ゴロゴロしている方が
無難です。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
物の成り立ち <ルーツ>
2005 / 12 / 30 ( Fri )
「root」
(ルートと読みます)
パソコンの用語とかでは最も上の管理者権限とか
そういった意味で使います。


以前プログラマの人と喋っている時に
なぜ上級管理者なりクラック用語とかで
「一番上のユーザー権限を
なぜ"root"(と言うんだろう」という話になった時
「物事の根源をルーツとか言うでしょ」と言う話を聞いた。

it用語辞典
http://e-words.jp/w/E383ABE383BCE38388E38387E382A3E383ACE382AFE38388E383AA.html





テレビで討論番組とか放送っています。
ちょうど靖国問題をテーマとして喋っています。

正直テレビの内容がどうこうよりも
自分自身がきちんと靖国神社の存在意義を把握してないと
感じた所にちょっと問題を感じた。
(ちょこちょこ読んでいるんですが・・・)

逆に同世代なり色んな層で
「その意味をきちんと一から十まで知っていてどういう理由で
賛成反対」とまで言える人はどれだけいるのだろう。

あと見ていて思ったのが
「対外国に対して良いか悪いかは盛んに論争」しているのだが、
「何のためにそれが存在しているのか」に
焦点を当てて喋っている人はそういないように感じた。
逆にその人たちは既に知っていても、
今更話す事でもないという状況なのかもしれないが。

私達ではっきり把握している人が何人居るのか?
そちらが問題だと思う。

物の存在意義をないがしろにして
対外国の顔色をうかがう方向性のみの討論だったら
何の意味があるんだろうか?





「剣道の起源が韓国にある」
そんな事が漫画「嫌韓流」に描かれていた。
※ウリナラ起源
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%83%A9%E8%B5%B7%E6%BA%90&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox&rls=org.mozilla:ja:official

知り合いは笑っていた。
「そんな事はあるわけは無い」
「常識的にありえない」
「普通に考えて解るだろう(言っている意味のおかしさがの意)」
私もその言葉は解ります。
が、現実にそう言うことをしている人は居るのですが。

正直な所、剣道の起源など他の第三者国にとってはどうでもいいように、
何の疑問も無くそれを覚えられて行ってしまうのはどうだろう。

正直私も馬鹿な事を言う奴はほっとけばいいと考えていたのですが、
だが相手によってはきちんと
はっきりとした態度を見せ付けないと
わからない人間もいるという風にも考えるようになった。

軒下を貸して家を取るというずうずうしい人間もいると思う。
(この場合貸した覚えも無い)





今の世の中は物事の成り立ちや意味を
説明しないでも成り立つような社会になっている。
壁一枚で防壁を作っているような構造に
なっているのと同じなんじゃないだろうか。
卵の殻一枚のような防壁を組んでいるような。
骨とかで言うと中身がスカスカな骨粗しょう症のような状況。

なぜそうなったかと考えると
今の世の中のシステムや教育がそういう風で差し支えなかったりしたり、
それよりも学業が大事とか他の生活にとらわれて行って
そんな事を気にしている暇が無かったりとか
立場に居る人がそういう風に作り変えていったからだと思う。

今権力の立場にいる人間にとっては
今の状況が非常にやりやすいのだと思う。
国民がバカになればなるほど色んな無茶な法案も通しやすい。
そいつらは後20~30年もしたら死んでしまうから
死んだあとの国がどうなっても知ったこっちゃない。
考えすぎなのかもしれないが私はそう感じる。


このままだと日本人という存在のルーツも消えていく気がする。



今ちょうどニュースなどで
日米地位協定の話題を取り上げている。
でも事件が発覚するまで
大きく取り上げられなかった。

人権擁護法案もメディアではあまり取り上げていない。

反論したり何かするためには
物をきちんと知っておかなければ
その拠り所となる根本が揺らぐと
たちまち効果が薄れていく。

きちんと成り立ちを知りたい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
俺とマイバッハ <点と線>
2005 / 12 / 29 ( Thu )
昨日テレビを見てたら
北島三郎が出てて
「車はマイバッハに乗ってるよ」と言う
話が出た。

正直ギクッと驚いた。

昔その話題が出たとき
正直知らなかったので車に詳しい人に聞いたら、

マイバッハとは基本的に買った人が
自分用にオプションを加えて
カスタムするのが当たり前な車で
本体が3~4,000万するのを前提に、
さらに加えて独自の内装やらオプションを
追加するというのが普通らしく、
さらに2~3,000万するのが
購入者としては当然らしいという車。

当然買う人も限定される。
ある特定の車には購入者に審査があるとかいう話もあって、
例えば数千万の宝くじが当たったとしても
そんな振って沸いた金では購入審査に引っかかり購入も出来ないし、
パンフでも一冊というボリュームがあるような物だったり、
ちゃんと購入して維持ができるという資産的地位を持ってないと
購入できない車もある。

確かこのマイバッハもそういった車の一つだったと思う。

北島三郎が乗るほどの車。
それが「マイバッハ」

数年前の話になるのだが
そんなマイバッハに乗る人を
見掛けた事がある。

その方はその方でなんと言うか
天上人とかそんな感じです。

個人的に気になるのはその人がどうやって
そんなマイバッハ購入なんて事が
できるような地位にまで登る事が出来たのか
聞いてみたいところですが、
色々あったのだろうなと思えて聞くのがちょっと恐い。


そういえば今日の事ですが
「クイズミリオネア」(多分再放送)を
見ていてこんなシーンが。
田中康夫長野知事が最後の問題で
750万の問題を通り越して、1000万の問題に
差しかかろうとする所まできました。
問題は「ピノキオが初めて喋った
言葉は何?」という4択。
選択肢は
「A:おはよう」
「B:まぶしいよ」
「C:叩かないで」
「D:うるさいなあ」の4つ。
ライフラインはテレフォンを残すのみ。



予想の根拠として童話の出だしに
「おはよう」とか「まぶしいよ」といった
起伏にかける物は無いと思う。
多分読んだ事は無いが作った
ピノッキオが動かないでこつこつ叩いてて
痛いとかそんな事なんじゃないだろうか。
(実に当てずっぽう)

そういう理由からCではないかと予想した。

現場にいったら言ったで解答は
違う物になったのかもしれませんが、
少なくともこの問題は当たっていたのですが、
そこでもし私がこの場に居たとして、
その答えに賭ける事ができるかというと
そういう思考ができたかという事とは別。

選択肢は2種
1.ドロップアウトで750万を得る。
2.4分の1に賭けて1,000万か外れた金額を貰って帰るか。

多分安全策として750万円を選んでしまう気がする。
色々理由はあるのかもしれない。
が、理由とか言い訳などは幾らでもつけられる。

正解「C:叩かないで」
田中康夫もこの解答にかけて見事1000万を獲得した。


不確かな物に突っ込むのが正しいかどうかは別として
そう言うときにできるかどうかというと
人間案外出来ない事が多い。

そこら辺の差が成功者とかとの
とりあえずの一つの差なのかもしれない。

ちょうど「カイジ(福本伸行)」を読んでいて
カイジが兵頭と金と指を賭けて対決する話があったが
対決後でそんな下りの内容も有ったなあと思い出した。
その際に場を制したのはその場の機転を働く事が
出来た兵頭だがそれをした行動は些細なものだった。

まああくまでそれらは
そう言う話だったり
要素の一つでしかないが

それなりの事をしたり成し遂げたりするには
理由なり行動が必要なんだなと思う。

コミケで稼いじゃう人もスプーンの1さじ以下としても
居るには居る訳ですし。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
なんだよ「パイドルマスター」って <そのうち出そう>
2005 / 12 / 29 ( Thu )
失われたブックマークの補完をしつつ
色んなサイトを思い出しながら
ネット散歩しています。

そうしたらですね「目指せパイドルマスター2」という
非常に素敵な如何わしい記事タイトルに
目を奪われたわけですよ。
で、その記事を読んだら
中身はアイドルマスターのプレイ中の雑記で
ちょっと罪悪感を感じさせる・・・っと言う
内容だったのですが、思わず笑った。
「なんだこりゃ(w」と。

記事のタイトルから連想して
正直またわけのわかんないバカAVでも
出たのかなと思いましたので、
その想像の反動もありましたが。
例:ローゼン○イデンを題材としたAV
google検索

ゲームをして罪悪感を
感じさせると言う演出って凄い物が。
「アイマス」をプレイしてみたい今日この頃。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
スパムよりもどちらかと言うと <紛らわしい準スパムメール>
2005 / 12 / 29 ( Thu )
メールのスパムを
削除しきれない今日この頃。
普通のスパムはかなり手早く対応しやすいのだが
それよりも厄介なメールがある。

それは一般企業のアンケートとか
プレゼント告知内容のメール。
別にプレゼントサイトとかには
登録しているのではなく、
HPの無料サービスとか利用するために
そういったもののメールの受信を
義務づけられているといった系統の物。
それが結構面倒。

何しろプレゼントなり何なりの景気の良さそうな
文面がそれらの奴と同一とは言わないが
似通う点が多い。
正直企業系のそう言った所は
怪しい物も紛れている以上
日頃の安心を買うのなら応募しないのが得策だと思う。
捨てメアド等を使えばそれも軽減も出来そうだが
いろいろ送ればその安全度の低下度合いも
似たような物だからだ。

そういった理由から
ほとんどの企業系の告知は無視しているのだが
全く受け取らないわけにも行かない。
何しろサービスの休止なりの告知も含まれているのだから。
時折程度と言う点からも対処し難い。

フリー系のサービスを受ける以上は
避けられない部分もある反面
なかなか面倒。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ブックマークが! <気付かないうちに!?>
2005 / 12 / 28 ( Wed )
気付いたらブックマークが
消えてしまった。
いろいろ触っていると
ブックマークを一気に消すコマンドも
有るみたいだが、
正直な所そんな事を
今までやった覚えも無いのだが・・・。
その前からブックマークを追加する時とか
画像を取り込む時にブラウザが落ちたとかあったので
そういう理由なのかもしれないが
正直な所良くわからない。

メモ代わりにぽんぽん増やしていたブックマークが
一瞬の内に消えた・・・。
ちょっと辛い。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
テレビを見てたら堀江社長 <ライブドアオート>
2005 / 12 / 27 ( Tue )
テレビを見ていたらCMで堀江社長が出ていた。
♪回転回転回転回転ライブドアオート
・・・という歌を歌いながら
店のドアから回転しつつ出てくるというもの。

社長も大変だよな、と思いました。
関連記事
http://www.jacnet.co.jp/shop_info/area/1070.html
http://release.japan.zdnet.com/abstract.html?release_id=5660

それにしても
中古車売買にも事業を拡大していくとは
知りませんでした。手広すぎ。


関連記事

日々 | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
斬鉄剣シリーズ再び <探偵ファイル>
2005 / 12 / 27 ( Tue )
ここ[探偵ファイル]

サイトを覗いてみたら
「斬鉄剣シリーズ(※)」が復活していた。
早速中を見る。

刀対人型!

相変わらず素晴らしい内容っぷりです。

「ホーリーランド(市内組手)」も良いですが
この「刀を振り回す」と言う、
どこもなかなか追従できない事を
実現するサイトって素晴らしい。

追伸
できれば「刃牙」ネタもやって欲しい所です。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
超神ネイガー <ご当地ヒーローin秋田>
2005 / 12 / 27 ( Tue )
ここ

某有名サイトを見ていたら
こんなご当地ヒーローが!。

何気にデザインがカッコいいと
思ってしまったのですが。
昔のこの手のヒーローは
なんと言うのか手作り感が非常にあふれる物が
多かったのに凄くきちんと作られているのもすごいですね。
何がしかの戦隊物として放映しても
通用するぐらい。
逆にどんな内容なのか見たい。

週刊少年マガジンに連載されていた
「チェンジング・ナウ」見たいなノリだったら
凄く興味をそそられるところです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
フィギュアスケート特集をよく目にします <「トリノ」という光>
2005 / 12 / 27 ( Tue )
テレビを見ていると出てくる
話題は「偽装物件」「脱線事故」
「フィギュアスケート」を良く特集が組まれています。

「偽装物件」「脱線事故」などはかなり注目度は高いのですが
その反面暗い話題が多いとか明るいニュースにしたい
と言う構成的無いともあってか各局大きく取り上げているのは
「フィギュアスケート」です。

「トリノでオリンピックでおめでとう」な
応援企画を組み、明るい話題を各社提供してますけど
正直な所その話題に水を差すようですが
浅田真央の話題を
なるべく取り上げない事も各社共通なのでしょうか?

一応日本側の連盟が正式に打診して
認められなかったと言う話ですが、
ただ一部の報道では
日本の特別参加するための働きかけ方は
かなり弱い物らしく、アメリカなどでは
もっと大々的に運動すると言う
内容が取り上げられていました。
これが事実なら「働きかけ方が
全然弱かっただけで出場を
勝ち取れていたと言う」事になります。

ですがこの数日各局とか見比べていましたが
「過ぎてしまった事だから」と
全く取り上げずにトリノ特集で押し通そうと言う
構成で一杯です。

薄ら笑いを浮かべるように
「めでたい席に事を荒立てみんなの空気を害するな」
と言う感触を感じたのは私だけでしょうか?

確かに選考が決まって「さあ応援しよう」と
いうムードの中に冷や水をかけるのは場違いかもしれませんが、
だからと言って今のこの時言わなかったら
それこそ各社「取り上げる」とかいう気すら
さらさら無いのではないでしょうか?


正直私は凄いフィギュアスケートに詳しいわけでもないですが
素人目から見ても、彼女が若いと言う「話題性」で
取り上げるのではなく、
選考大会で2位と言う「実力者」と解ります。
それを大会に出ないからと言って全く触れないと言う報道姿勢は
バラエティー番組には「報道」と言う単語を語って欲しくない。
それこそ「無理かもしれないけど」と言う姿勢でも
少しずつ取り上げていって欲しい。

もう一度書きますが、
彼女は世界で張り合えるだけの実力者なんですよ?

トリノでメダルを勝ち取りたいと言う意志があるならば
協会運動の足りなさから来る「蒸し返し」を恥じるのではなく
実力者を送り出したいと言う信念から
ぎりぎりまで働きかけて欲しいです。


一時期の持ち上げ(15歳でとか愛らしいとか云々)から
うって変わって腫れ物でも触るような
見てみぬ振りはどうかと思います。


こういったニュースは以前でも有りました。
一番記憶に残っているのは「2つのテコンドー協会の
存在から出場が出来なくなりかけた」と言うもの。
しかもそれが互いの協会が仲が悪いと言う事情からくるもの。

日本のこういった「~~連盟」とか「~~協会」と
言うのは登録選手に対して偉そうな態度を
振るうだけの存在なのでしょうか?


トリノ出場で選ばれた人も
「実力者」ではあると思うのですが、
選考点数の面からいっても2位を外すのは
普通に考えてもおかしいと思います。

続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ちょこちょこ買い物に <漫画>
2005 / 12 / 27 ( Tue )
ふらりと買い物に行きました。
書店によって漫画とか。
他にも実は目当ての品があったのですが
文庫本とかは小規模な書店では品揃えが
在庫の関係からも少なめなので
売っていなかった。
大きな書店に立ち寄るか通販でも利用しようかなと思う。

探していた本は宮部みゆきの「ICO」
ちょうどゲームのプレイも終わったので
ちょっと前に話の種にもなっていた
ゲームのノベライズがどんなものかと気になったので。

「ICO」話はまた他で書くとして
「アフタヌーン」と「ガンダムA」など購入してきた。

「ガンダムA」はやはり
安彦良和の「ジ・オリジン」が面白い。
大まかなストーリーは解っているものの
それでも読ませる作りをしているのが
作家としての技量なんだなと思う。
今更取り立てて筆記する程も無いぐらいの技量。

そんな「ジ・オリジン」ですが、
この所の連載数回はアニメ化されていない部分の
今までだとバックストーリー的な部分の
内容に着手されている。
幼年期の「シャア・セイラ編」だけでも
凄いなと思っていたのにあれよあれよと言う間に
ジオンと連邦の各初期型モビルスーツの
初戦闘までストーリーが進んでいる。

個人的には
連載スタート時は正直アニメ化されているものを
漫画に描き直すだけで膨大な時間と労力で
寄り道をするとは思えなかったボリュームと思い
そんな事はほぼ無いと思っていたが、
あえてそれに着手してそして凄く面白いと言うのが凄い。
一読者から見て「年齢的にもキツイから
必要以上の作業はやらないだろう」と
非常に失礼な事を思っていたのが恥ずかしいぐらいです。

こうなったら最後まで描ききって欲しいです。

今回の話ではテム・レイがRX78の初期計画を
ようやく持ち出しました。
テム・レイはアニメでは数えるほどしか
出ていないのに、その数回ですら「技術者振り」というか
マッド技術者振りが凄かったのですが、
ジ・オリジン作中でもその突っ走り方が凄い。
逆にアムロのとぼけっぷりが実に親子でも対照的。
アムロと言えば「ニュータイプ的反応」とか
「脱走までする感情豊か過ぎな主人公」と
言うイメージが高いですが、
そういえば第1話の最初ではそんな感じでした。
そういうシーンの前後比較から考えれば
彼も戦争の被害的な存在なんだなと思えますね。


今月のアフタヌーン
表紙だけ大合作と言う事ですが
普通の年末恒例系の表紙と
大差が無いような気が・・・。
「爆音列島」がロケットに乗っているとか
色々趣向はありますけど。
そして「ヴィンランドサーガ」お引越し第1話。
こちらも主人公幼年編。
面白かったです。

まあ引越しと言う事は掲載誌が無くなるとか
言う理由以外ではあまり聞かない理由なので
これからちょこちょこネタとして
取り上げられる事実なのかもしれませんが
作品の面白さでしか返答できない以上は
それを続けて欲しいです。
今でも難しいなら他の連載作品よろしく
各号連載と言う形式でも十分なのではないかなと思います。

気になるの作品は一杯ありますが
とりあえず「げんしけん」。
数話前から続いているラブコメ編。
個人的には淡々とオタクライフを
過ごす若者の群像劇みたく
描いていて欲しい気もしますが
こちらもこちらでどういう結末に
するのか気になる所です。
(オタクライフに付いては
一通りは描いてしまったための
人物に焦点を絞った方向に
しているのかもしれないですが。)
次号クライマックス。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
HDを購入したり <いろいろ>
2005 / 12 / 26 ( Mon )
名古屋に出てきたので
HDとか購入してきました。
色んな量販店とか専門店がある分
かなり安い。
本当は大須の街を一日練り歩いてとか
やりたい所ですが

昔に比べると本当に値段を覚えていないと
HDの値段はぐんぐん下がる一方です。
250~300GBなどで2万円台でも安いと思っていたので
1万円台でしたし。
しかも値段前半。
まるまる一万円引きとかそんな感覚。
これだけ安いとまた購入するのに
そんなに苦にならない。
いつぞやの文言で「HDごとジャンル
分けデータ整頓」なんと言う
夢のような話があったのを思えていますが、
それは実際には(技術的には)できても
結構それなりの資金がかかるのでと言う理由も
有りましたが、それが当たり前に
なってくる値段の下がり方ですね。

本格的なアキバ値段の店に行ったら
限定数品とかなら目の鱗でも落ちるぐらいの
値段なんじゃないのかと思う。

あまりに安かったので購入目的を
HD本体のみにせずかわりに周辺機器も購入した。
これだけ安いとHDを急いで買わなくても
逆につなげる環境の方が無くなり易いので。
(Firewireですが、何か?)
いい買い物しました。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
人気18禁漫画家の「刹那」さんが突然の死去 <訃報>
2005 / 12 / 26 ( Mon )
ここ[楽画喜堂]

すごく詳しいと言うほどでも無いですが
結構色んな本とかで
表紙や作品を発表されている
漫画家さんです。
優しいタッチの絵柄や作風の方です。

漫画を見ている一方では気付き難いのですが
かなり多忙に多忙を重ねられる
仕事振りだったそうで
(確かにいろんな所で発表されていましたし)

お亡くなりになる数日の範囲内まで
日記を更新されていたりと
どんな時でも見る人を意識したスタンスで
作業されていたのだなと思うと
その姿勢はすごく身につまされます。

ご冥福をお祈りします。

続きを読む

関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トヨタミュージックプレイヤーの正体 <新型>
2005 / 12 / 26 ( Mon )
ここ

ついちょっと前にこんな記事
書いたのに舌の根も乾かないスピードで
記事を発見。

ここ
どうやら新型にフルモデルチェンジする
「bB」の事を指しているそうな。
大方の予想の範囲内だったらしい。
(知りませんでした)

正直な所もったいぶった広告(※)だったので
「トヨタも車を利用した音楽配信とか
供給システムとかむりやりにでも参入するのか?」
「昔のソニーの冷笑(プレステ)が
思い出させるからあながちギャグにも・・・」とか
「本気ですか?異業種参入」とか
色々想像してたんですが、
膨らませすぎだった模様。

まあそれはそれとして
一度はサイトを見てみるかと思ったのですが、
このサイト新しいVer.の
フラッシュプラグイン(ver.8)を入れないと
見れないらしい。
(入れてたと思ったのだが・・・)

そのためにはブラウザの再立ち上げ(一度
全てのブラウザを閉じてからのインストール作業)が
必要なんですが、これが結構めんどいと言うか
なんと言うか・・・。
個人的には大きなメーカーの新車や
新商品発表の度に新しいプラグインとか
入れるのは結構辟易しているのですが
他の人はどう思っているのか興味深い所。

それにしてもネットの繋がる部屋は
常時使わないので暖房を入れていないため
叩いていると寒くてお腹に来ます。
ごろごろ。

(追記12/27)
※もったいぶった・・・
ちなみにこういう広告の打ち方は
ティザー広告と言うらしいです。
(初めて知った)

goo辞書:tease(じらす)

商品そのものを出さない事で
興味を引くという事でしょうかね?


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トヨタの広告 <街中>
2005 / 12 / 26 ( Mon )
20051226173000
所用で名古屋へ。
街中と言うのは良いですね。
色々な物の品ぞろえが実に豊富。
資料一つとっても全然違う。

通りがかりにトヨタ
の広告を見掛ける。
バッチの貼付型の広告で
中々凝ったイメージ広告。
この手の仕掛け付き広告も
やっている事からも
なかなか力を入れて
スタートさせようと言うのが分かる。
・・・と言いつつ
実際の内容の方はまだ公開されていない。
どんな事がスタートするのでしょう。
内容の目新しさが期待される所。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ICOをプレイし始める <ワンダと巨像のスタッフ>
2005 / 12 / 26 ( Mon )
ようやくですが
「ICO」をプレイし始めました。

「BEST」で販売された事もあるぐらい
以前から好評と言う噂と
「ワンダと巨像」のスタッフが
作ったと言う事もあり。

導入部分から「ワンダと巨像」のような
雰囲気プンプンな始まり。
この開発チームはこれを作った時点で
ワンダと巨像のような「世界観」を
重要としたゲームを作る事を主眼としていたんですね。

現在クレーンを過ぎた当たり。
コツコツやって行きます。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
フリーメールの泡沫 <出ては消えるあぶく>
2005 / 12 / 25 ( Sun )
スパムメールが後を絶たない。
迷惑メールフィルタをやっているので
「あらかた」は取り除いて見る前に削除されるのだが
それでも少しずつはその目を潜って来ている。

特に今日はクリスマス需要なのか
スパム業者が多く発信している。

やはりyahooとかlivedoorとか
そこら辺のメールは自由に作れるサイトを
利用している所も多い。
逆にそういった所とかからは
必要なメール以外は全てゴミ箱直前の
捨てファイルフォルダに
移動しているためそんなに苦労する事も無い。

※まあメールも大きな物は受け取らないように
しているためメールボム系もほとんど影響は無い。
ある場合は事前に連絡があったり他の方法を取っている。

まあ大きなフリーメール系の所を使えば使うほど
こちらの作業も楽になるので
利用すればいいのではと思う。
SF話では無いが
そのうちその系統のサイトのメールは
全てスパム業者しか使わない
暗黙の了解でと言う話に
いつかなるのではと考えたりしないでもない。

やはりそう言う簡単な事をしだす背景には
無料で幾らでもと言う寄せ餌的な事と
誰でもがと言う軽さからだと思う。
この場合の「軽い重い」は
責任のとか信頼性の重量とか圧力とか
そういう意味合い。

フリーメールは誰でも幾らでも作れるがその分
使い捨てと言う事が信用できない。
逆に今の所のスパムは援助交際系が多いが
振り込め詐欺(オレオレ詐欺)のような
内情を知った人に対して送りつけると言った詐欺も
まま、増えてくると思う。
(手品の種明かしではないがここでは省略)

これからは重要なメールや
重要な情報の発信源として使う場合
第三者に知られないようにしつつも
しっかりした身分証明をできる形式を取れるような
所を介さないと情報の重さ自身の証明を出来ないのかもしれない。

「そこ」を使うには
住所氏名年齢・・・と言った身分証明を必要として
誰でも入れるがきちんとした証明を必要とする。
そんな事がこれから先数年後に
必要なサービスになるのかもしれない。

このことも踏まえて最近考えるのは
「コミュニケーションの空洞化」が
進んでいるのではないのだろうかと思う。
ネットによって情報の伝達の速さやら経路・流れと言ったインフラ
ほぼ固まりつつある。
これ以上広がる事も有るけど
とりあえずは現状の加算程度で
根本的な革新は無いと思う。

で昨今携帯も普及してトランシーバ的な
使い方をする一方向多対象の伝達ができる
携帯端末も増えつつある。
ドコモだとプッシュトークなど(auはチャット)。

今の世の中、
そこまで便利になったけど、
それでも本当の何かが足りないと
思えるのは私だけなのだろうか。

必要なのはデバイスではなくて
使う側に備わるはずのモラルとか
常識的なものが空洞化しているのだと思える。

何か足りないとかいう事に道具のせいにしてきたが
結局の所道具がこれ以上進化してもそんなに大差も無い。
逆に道具の便利さを小ずるいの人間が
悪用するだけで振り回されるのがオチだと思う。

逆にデバイスや技術の真新しさに目を奪われて
本当に見ておかなければならない事を
背けてしまっても罪悪感が感じない理由にもなっていると思う。

「それ」を野放しにしても
後ろめたさを感じない「現実」。
それが一番問題なのではと思う。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「黒ひゲイ危機一発」を同性愛団体が発売中止求める <洒落に出来ない>
2005 / 12 / 25 ( Sun )
某大手サイトさんを見てたらこんな記事が。

ここ

素朴な疑問なんですが
「ゲイ」と「ハードゲイ」って
どう違うんでしょうかね?


個人的にはこれぐらいの事は
しゃれで済むと思うのですけど
しゃれと思えない方も居る見たいです。

「剣を刺して当たり(ハズレ)?を引く」ような
黒ひげのゲームスタイルは
かなり浸透している玩具なので
今回の同性愛者のギャグをやっている
キャラが飛び出す程度は批難に当たるのでしょうかね?

当の該当者達が「当たる」と言い張れば
そういう意見となるのでしょうが、
そういう風に思っても居ない、
そしてそう言う趣味を持たない人から思っても
そこまで思う人はどれだけ居るんでしょう。

そもそもギャグとか色物(言い過ぎ)ネタで
ハードゲイとか言い張っていると言うだけで
本当にハードゲイじゃないでしょう(あの人)。


今回の騒ぎがどういう風な結末を
迎えるかはわかりませんが、
少し波風立ったからといって
すぐに引っ込めるような事には
なって欲しくない。

商売上とかそう言う物もあると思いますが、
こういう事が続けば「騒げば勝つ」と
いった騒いだ者勝ちという
表現の規制と言う風潮が作られてしまう。
言っている事が正しい事なのか
被害妄想の延長なのか。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「アンバランスファイター」が延期 <げんしけんDVD特典
2005 / 12 / 25 ( Sun )
郵便受けに見慣れぬ封筒が入っていた。

何かしらと見てみたら
いつぞや買った「げんしけん」DVD特典の
「アンバランスファイターβ版?」という
オリジナルゲームが購入者特典で
もらえる予定だったのが、
延期しましたと言う告知だった。

そういやあったなそんな事、
と思いだす。

ちなみにこの告知は1回ではない。
当初は10月辺りだったと思うが(うろ覚え)、
それから延びで年明けぐらいになり今回4月辺りになった

確かにプレイしたいはしたいのですが
物には旬と言う物があるので延期は何とかして欲しい。

※ちなみに延期告知文面に
受け取りのキャンセル依頼も
対応するなんてのが書かれているので
開発側とかむしろ
「購入者全員そうしてくれ、
むしろ黒歴史(なかった事に)」
と言う雰囲気のダレダレになっていそうな気もしますが。

まあ、気長に待ちます。


そういえば「げんしけん」2ndシーズン
とか来ないんでしょうかね。
そろそろ。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
サンタと名乗る日 <熱いサンタ>
2005 / 12 / 25 ( Sun )
ネットを見ていたら
某大手サイトのリンクから
島本和彦先生のラジオ音声と写真を使ったフラッシュが。

ここ


激笑

島本先生はこんなラジオ
までやっていたのか。
知らなかった。

on_

こんな放送が聴けるSTVってすごい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
Seagate、Maxtorを買収 <HDメーカー>
2005 / 12 / 25 ( Sun )
ここ
ネットを見ていたら
「Seagate、Maxtorを買収」と言うニュースが。
上記はPCのハードディスクメーカーの事で
正直Maxtorぐらいしか聞き覚えが無かったのですが
2大メーカーとも大きさだったんですね。

外付けのHDとかいろいろする時
安いHDとか教えてもらったりしてたのですが
その時安くて購入したのが大半がMaxtor。
データを湯水のように使う人に取って
外付けとか増設とかする場合、
パーツごとで買うのはよくあることで
大須などに最近行っていないから
行ってHDを数個(と言っても1~2個程度
ですよ)購入してこようかなと
思っていたので、
そのメーカー名を見ながら買うと
ちょっと感慨深いと言うか。

1消費者から言うと
安くて品質の良いHDを買えるのなら
どのメーカーでも良いというのは
泣きにしも・・・なのですけどね。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
唐突な疑問が降って湧く <どうでもいい事なのですが>
2005 / 12 / 25 ( Sun )
急に
「ワンカップ大関はなぜ大関なんだろう?」と
疑問が湧いた。
(ほとんど飲んだこと無いのに
なぜ思いつくのかも疑問だが)

検索したら公式サイトがあった。

「大関」は「大出来」に通じたり
「覇者」とかそう意味も含まれるから
名前がそうなっていった模様。

すっきりした。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日はクリスマス・イブ <いや。特にこれと言って>
2005 / 12 / 24 ( Sat )
今日は12月24日、クリスマス・イブでした。
・・・そんなイベントがあるとはすっかり忘れてた。
特に何か用があると言うわけでもないですが。

テレビ見ててカップルが云々とか
そんな話題を振っていなければ
そんな事がある事すら本日中に
気付かなかったくらいです。

それよりも寒さのほうとか雪の事故とか
そんな事ばっかり放送っていたので
そんな事はほとんど気にしていませんでした。
寒くてそれどころではないというか。

テレビ見ててクリスマスイルミネーションとか
そんなデートスポット中継やっていました。
寒い歯をカチカチ言わせながら
彼女の方も彼氏の方も
歯の根合わぬまま答えていましたのですが
そこまでしてまで外に出なくてもいいだろと思うのですが。

まあイベントと言うのはわかりますけど
高い部屋無理に争奪して取らなくても
二人っきりで静かに過ごせばいいのではと思います。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
機動戦士ガンダム15話目 <ファーストですよ>
2005 / 12 / 24 ( Sat )
15話目「ククルス・ドアンの島」

戦場で親を殺してしまった子を
引き取って島で暮らす
脱走兵「ククルス・ドアン」が住む島のエピソード。

本編とのつながりが無いため映画ではカットされたり
人によって賛否が分かれる内容です。

個人的には面白いと思いますが
映画ではカットしたのは仕方ないと思います。
長時間見つづける映画の延々と続く内容の中で
外伝的なエピソードを入れてしまうと
観客が見る本筋が混乱しやすい。

「ガンダム」と言う作品は
モビルスーツ「ガンダム」や
そのパイロット、周辺クルーの
戦争群像劇であると同時に、
「戦記物」であり、
色んな兵士の視点を描く事もできる作品なので、
「ククルス・ドアン」や前回の「爆薬設置」も
テレビでこそ、こういう寄り道が出来たので
面白い展開が出来たのではと思います。

人によって突込みどころは多いと思いますので
一度見てみると面白いです。


それにしても縦じまトランクスが
良く似合う主人公(アムロ)だ。


関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
雪が雪が <綿帽子・雪化粧>
2005 / 12 / 22 ( Thu )
眠い目を擦りつつ起きた所、
家族から「雪が降ってる」という
挨拶代わりの言葉が。
窓の外を見ると見慣れた風景が
真っ白になっている。
童謡の「雪」よろしく
綿帽子被って雪化粧して綺麗になっています。
見慣れた風景も変化すると
呆気に取られるほど綺麗だなと思いました。
次の瞬間「寒い寒い」と現実に
引き戻されてしまいましたが。

もっとも犬は首輪がかけられているのも
あるのかもしれませんが、
駆け回るとか喜んでいるとは思えない感じです。

猫もコタツでじっとしていると
言うわけではなく暇だと寒かろうが
外へ飛び出していきます。

餌付けをやっている猫が
普段は絶対掴まらないのに
パッと捕まえる事が出来ました。
その後は「出せー」とガラスの前にダッシュ。
嫌がる猫をそのままにして
置けないのですぐに出しましたが
家の中は暖かいので居ればいいのに。

まあ野生ですからそんな事は2の次なんでしょうね。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「女の子フィギュアを作ろう」という本があるそうな <秀和システム>
2005 / 12 / 22 ( Thu )
ここ[最後通牒・半分版]

「 かわいい女の子フィギュアを作ろう!」と言う本が
発売されるそうな。

・・・、
「つくろー!」と言っても
手先が不器用な当方がそんな簡単に
作れるとは思えませんが、
とりあえずどんな本なのかと言う
興味が隠せません。

それよりも数々の秀和システムの出す本の
ジャンルがどういう購買層を狙って作っているのかが
気になって仕方ありません。

秀和システムはどこへ向かうのだろうか・・・。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
どうも最近ピザ屋のCMが目に付く <寒いからか>
2005 / 12 / 22 ( Thu )
最近どうもテレビでピザ屋のCMが目に付く。
ざっと思い出すと
「ピザーラ」「ピザハット」「アオキーズピザ」とか。
冬で寒いしデリバリーしてくれるから
冬のシーズンはかき入れ時なのかもしれない。

窓の外を見ると怪しげな赤い服を来た
男が犬に吠えられていた。
サンタコスチュームでやっているんですな。
宅配も兼ねた宣伝活動か・・・。
出前のバイトさんも大変ですな。

特に近日はすごい寒くて
寒さ特集の中で出前が大変という
シーンも取り上げていたし。
バイト料が寒い分跳ね上がったりすると良いですね。

個人的にはチーズが大好きなので
冬だろうが夏だろうが
むしゃむしゃといける口なのですが
まあ問題は近くにピザ屋が無い事と
そんなカロリーの高い食い物なんか
食べてしまうとえらい事になってしまう事だ。
ゆえに食べない。

昔は一人でむしゃむしゃと
よくもまあ食べていたなと
思い出すのがゾッとする。

食べたくなったら
体のぽっこりした部分を見て
自分に言い聞かせます。
「働けど働けどわが暮らし・・・」ではないですが。
痩せるには運動だよなあと思いつつ
3分間運動すらやっていない(寒くて)状況が
どうにも温(ぬる)い状況です。

それにしても外の風が屋根か壁を
叩き付ける様にうるさい。
窓を締め切っていても
強い隙間風が無理やり部屋に入ってくる。
こんな日は鍋ですね、鍋。
野菜鍋。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。