FC2ブログ
狭い日本と回線事情 <殿様商売>
2006 / 01 / 04 ( Wed )
yahooの回線にしたら
料金の詳細がわからなかったり
電話に雑音が入ったりと言う話を
聞いたので、調べている。

正直この手の話が一番ややこしい。
ネットを使うのにプロバイダに入ったり
NTT回線使用量が別の会社でなんとやらで云々かんぬん。
正直いつも煙に巻かれるような内容が
並ぶので非常にややこしい。

正直な所
うちの親はネットをやらないので
普通に電話ができれば良いのだが、
その電話がネット接続に関わるようになってから
雑音が入ったり声が小さくなったりと
いろいろトラブルが多くなってしまった。
ネットをやりたいと言ったのは
私なので両親の立場からすると
いい迷惑をかけている状況。
「いいよ」とは言ってくれるがそんな訳にいかない。
NTTとYahoo、両方でそんなトラブルが起こっている。


正直自分で1から10まで接続やら工事やら
何から一切やれれば何が同で同だと
はっきり答える事もできるのだが、
工事までには手が伸びないし、
料金形態も数年ネットをやっているが
それでもややこしく感じる。

それにしても料金の設定や成り立ちもややこしい。
プロバイダと回線使用量との料金請求が
分かれていたりと非常にややこしい。
結局ネットを使うには「回線」を
利用しなければいけない以上、
NTTに何がしか料金を払わなければ
ネットワークがつかえない。
(電気ケーブル・ケーブルテレビと言う選択肢も有るが)

で、そういったサービス内容の
一つのプロバイダサービスなどと言った
各種サービスが会社で分かれているし
しかもサービス範囲等も会社によってまちまちだ。

一箇所でまとまっていれば
利便性だけから考えると
分かれている「意味」があるのか。

そんな過程を踏まえつつ、
今のネット業界で色んな様々な会社が存在しているが、
正直民営化やら競合社があった方が
安くなるとか色々言われていたが
そこら辺のわずらわしさの手間賃を考えれば
そんなのは面倒な要素が増えるだけなので
無い方がいいような気がする。

まあ根本はNTTが「官」から「民」になった時、
全国に施設されている電話回線を一挙に譲り受けたため
それを利用する業者はそこを利用するしかないと言う
殿様経営のような基盤が確立されているため
それをひっくり返すのは

元々は国営の会社が国のお金で
やっていたわけだから、NTTの「私物」でも
無いとも考えれると思うのだが。
そう思うと回線の「使用料」を
もらえると言うのはおかしい気がする。
まあ回線工事の維持費がかかるとしたとしても
どこまで必要なのか。
(的を得ているのか外れているのか
解らないのでとりあえずこの話は了)

とりあえず話を戻し、
今調べているのが
料金の内訳やら雑音やらそういった内容。
雑音が入ったりはいらなかったりと言うのが
モデムの調子なり色々理由が定まらない。

あと料金も
親の心境としては、
新しく契約しなおす事で電話料金が
格段に安くなると言う話だったのに、
結果として支払っている料金は変わらないは
逆に雑音が入るわと面白い事ではない。

※ネットが接続できるようになった事は
とりあえず彼らには関係ない。
理由:使う気がない。

私としても料金が安くなると
思っていたのが、
結果としてあまり変わっていないのが
ちょっと残念。
色々資料を見比べても
結果的に対して大きく書かれていないような
部分などの総出を考えると大して変わらない気がする。


そういう意味からもまたいろいろ調べて
検討する事になるのだが、
結構工事の日取りとかいろいろ設定する
事になるとこれがまた面倒。

しかも田舎だと選べるサービスの
選択肢が限られてくる。

どこでもいいから安くてきちんとした
内容の契約ができるところはない物だろうか。

それにしてもこんな小さな国で
こんなに混雑した色んな事が絡み合う国も珍しいのかも。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
最近気になるゲーム <バイトヘル2000とEXIT>
2006 / 01 / 04 ( Wed )
CM見てて気になるゲームのCMが。
ちょっと前から「バイトヘル2000」の
(多分)いんちき中国語のCMソングが
気になって仕方が無い

昔のジャッキー・チェンの映画
(「プロジェクトA」とか「香港国際警察」とかの時代の作品)を
思い出してしまうのは私だけなのだろうか。

CD出ないのだろうか。

気になるゲームがPSP系で2本。
上記の「バイトヘル2000」「EXIT」と言うゲームが
どんな感じなのかプレイしてみたいが、
当分PSPは買う予定はないのが残念な所。

まあ「バイトヘル・・・」の方は
昔の「グルーヴ地獄V」と似たような内容という事なので
面白いと言うかくだらないミニゲーム集という事らしい。
ネットで「ボールペンキャプ付け」のゲームを
模した物がプレイできたのでやってみたが、
・・・乾いた笑いが出てきて終了した。

どう考えても無駄な手間が多いんですよね。

ただ現実でもバイトで仕事をする事があったが
なんと言うかその無駄さ加減が似通うような事が多い。
そういう意味では非情に興味深い。

それにしても何で出てくるボールペン、ボールペンが
向きが互い違いになっているんだろうか。
一気に同じ向きの物をまとめてやった方が
能率も効率も良いと言うのに。
非常にそれを一つ一つやるのが手間と言うか無駄。

まあそれを言ってはお終いと言うか、
まあそれを言わずに機械のように無心になるのが
バイトなのかもしれませんが。
(バイトでも色々あるけどね)


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「キオクス」という番組がやっていた <「劇団ひとり」と「インパスル」とか> 
2006 / 01 / 04 ( Wed )
昨日テレビを見ていたら
「キオクス」と言う番組が
やっていたの途中から見ていた。

かなり途中からしか見ていないので半分も見ていないのだが
なかなか面白かった。

どんな番組かというと
世の中の覚え難い数値や内容を語呂合わせにして覚えようという事で、
出演者の芸人達(「いとうせいこう」とかも居たけど)が
語呂合わせを考えていくと言う番組。

出演は
安田美沙子
友近
劇団ひとり
いとうせいこう
インパルス

司会がユースケ・サンタマリア。


一つのお題に付き、
出演者が語呂を考えて提出するのだが、
その際トップを選ぶ時、
出演者は電流が流れる装置に手を当てていて、
トップの人以外は電流が流れると言う
非情な選定振りがちょっと残酷ながらも
笑ってしまった。

一位以外は全員電流を触れてしまうと言う非情ぶり。
近年なかなか少ない。

番組を見ていて面白かったのは
良かれ悪かれ劇団ひとりの
語呂合わせ文章が要点以外の導入部分と
言うか物語部分が非常に長く無駄が多く
独特の物語を毎回考えていると言うのが素晴らしい。

面白かった。

それにしてもユースケ・サンタマリアの
司会のから回りっぷりが苦笑いを
通り越して逆に清々しい。

ところでこの番組、
正月特番でこれっきり見たいですけど、
(HPも見当たらないのでその扱い振りが素晴らしい)
それ1回こっきりにするには結構惜しい面白さだった。

続編希望するけど逆にゴールデンに出てきて
大して面白く無くなったするのもちょっと嫌な所。
(それにしてもゴールデンにでてくる番組の
構成がなぜこうも面白い物が少ないのか)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
何気に「ピタゴラスイッチ」と言うのを見てました <佐藤雅彦>
2006 / 01 / 04 ( Wed )
テレビを付けて見たら
「ピタゴラスイッチ」という番組が
やっていたので、
そのまま見てみる。
何気に面白かった。

低年齢層の番組ながら
すごくセンスも構成も面白い。
単純な物の中に深い意味や
豊かな表現を盛り込んだりと
いろいろ考えられている。

はてな:ピタゴラスイッチ

スタッフロールを良く見たら
「監修:佐藤雅彦」の名前が!

どうりで。

今度からちょっと見てみようと思います。


低年齢層の番組という事で
聞いただけで敬遠する人も多いと思いますが、
実は子供に伝えると言う事は何よりも難しい事で
変な概念や理論と言うような穿った物があると
子供相手にはなかなか伝わらない物です。

そんな相手に伝えるにはやはり単純だったり、
分かりやすかったりと言う表現力が必要になってきます。

例えば(最近見て無いですけど)
「週刊子供ニュース」と言う番組があって
社会の情報を子供向けに内容を説明するのですが、
それをどんな意味なのかを実に解りやすくする番組です。
何せ相手は子供ですので基本的な知識を知らない相手です。
それに伝えるにはやはり一から解りやすく教えないと
伝わりません。

「永田町の論理」とか如何わしかったり、
語感から何らかの圧力を匂わせるようだったり
訳のわかんない理屈は通用しません。

そういう意味で低年齢層の
番組をたまに見るのも
面白いと思います。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」をプレイ中。 <チョキとピー>
2006 / 01 / 04 ( Wed )
「ガンダム麻雀」と同時に
「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」もプレイ中。

現在3日目程度。
規定数のプレイをしないと
全種目をプレイできないため、
数作のトレーニングがまだ未体験。

それでも今回のトレーニング内容は
なかなか面白い物が揃っている。
漢字系のトレーニングが遊べる所も
驚いたが、同時に数人が喋る「聖徳太子」とか
「名曲演奏」はなかなか面白い。

考えると前作と全く同じようなトレーニングはほとんど無く、
計算系のトレーニングでも一工夫されている。
(形式的に似通うようなトレーニングは
有っても難易度が変化していたりと様々)


個人的に少し戸惑いを感じた部分は
「ジャンケン」の音声判断のところで、
「グー」「チョキ」「パー」で判断して解答していくのだが、
私は「チョキ」の事を「ピー」と呼ぶのですよ。

じゃんけん(ウィキペディア)


正直この呼び方が全国区と信じて疑わなかった私は
今回検索してこちらが少数派の呼び方らしいと
初めて知ったのだが、ここら辺の音声認識の幅を
少し考えて欲しい気がした。
(技術的に難しいのかもしれないが)

じゃんけんなんて子供の時からやっている物なので
無意識に「グー」とか「ピー」とか
「パー」なんて声を出すのですが、
無意識な分「ピーをチョキと言い直さなきゃ」と
考えつつプレイするのが結構せわしない。

そちらの方が気になってプレイに
集中しづらいと言うのは
思わぬ誤算でした。


1月6日追記
・・・と思っていたら何故か「ピー」でも
反応しましたよ?
数日間あれだけやっても「チョキ」でしか
反応しなかったのに。
本体を少し話し目で使ったら反応しました。
それか、それなのか?

「ピー」でできるならできるで、
今度はピーで解答しなおさなくても良いと
考えるようになって逆に反応が遅くなってしまった。



あと個人的に名曲演奏は
過去演奏した物は選べたら
嬉しかったのだが・・・




買い物をしていて気付いたのだが、
この「DSトレーニング」シリーズは
他のソフトに比べて結構安い。
(2,800円程度、5,000円台の物が多い)
前作も同じような値段だったのだが
正直こんな値段だったかすっかり忘れていた。

まあ確かに他のゲームと比べて
色んな部分にシナリオを盛り込んだりとか
基本的に自分で続けていかなければいけない
ドリルのような意味合いのソフトなため
そういった所からの開発費が
かからないからなのかもしれないけど、
漢字の認識などができるゲームが
これぐらいの値段でできるというのは
結構すごいと思う。


ところで一日分のトレーニングを終了してしまうと、
後は同じ問題が出題されるのみになってしまい、
もっとトレーニングしようとしても意味が無くなってしまう。
手持ち無沙汰な感もあったので押入れから
前作の「大人のDSトレーニング」を引っ張り出して
プレイして見ました。

3ヶ月以上全くやらなかったため、
教授から「どちら様でしたっけ」と
まるで拗ねられる様に返答されてしまった。
久しぶりにやったら20歳以上後退してしまった。

一時期はかなりの年齢の若返りを果たせていたのだが。
計算が格段に落ちているのでもう一回やり直そうと思う。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「ガンダム麻雀DS」をプレイ中 <めぐり合い劇場収集中>
2006 / 01 / 04 ( Wed )
「ガンダム麻雀DS」をプレイ中です。

フィギュアはそれなりに集まりつつあるので
それも合わせて「めぐり合い劇場」という
ショートコントムービーを収集中です。

どのキャラからロン上がりしたかによって
このムービーが発生するのですが、
結構な数があるので集めていくのも
総当りでプレイするのも結構面倒。
アムロとギレン系は集まったと思うので
他のキャラとの組み合わせを色々調べている。

現在シャアで攻略中。
シャアの至言技(キャラ特有の攻略技)は結構強い物の、
アムロがかなり使い勝手がよく、
ギレンが凶悪な強さを誇るのでなかなか目立たない気がする。

敵の技発動のゲージを0にしたり、
先のツモが6枚までわかるので、テンパイや一発ツモなどが
かなりやりやすいので強力なのだが・・・。

とは言えドズルのようなドラ量産やギレンのような
倍満確定コースの清一色技などのような
派手さや一発逆転と言った要素は少ない。

あくまで麻雀を手作りで攻略していける事が
前提で使いこなせるキャラのような気がする。

今の所使いにくいのがララァ。
基本的にテンパイをしてからしか
使えない技が結構難易度が高い。
基本的にツモなどが良くなれば
勝ちやすいゲームでは有るのだが。

ちなみに
今アマゾンで見たら品薄な模様。
ガンダム麻雀(AA)

結構お店に言ったらそれなりに在庫があったのだが、
初回限定版ではなかったからなのだろうか。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |