FC2ブログ
書店で気になる本が <タイトルもタイトルだが>
2006 / 01 / 16 ( Mon )
食事中な人は気を付けて。


先日本屋に行って
見慣れないタイトルの本を見つけた。
タイトルは「ウンコな議論」。

「!?」
なんだこりゃ?
排泄に対する何かの議論か?
と思ったのですが、
パラパラッと読み進めていくと
「ああ、なるほどな」とうなずけた。

内容紹介より
>>その場しのぎの言いのがれ、ふかし、
>>ごまかし、はぐらかし
>>政治で、メディアで、社内会議で、
>>「そんなウンコな!」と思わず
>>うめいてしまう、そんな屁理屈の
>>かずかずが、なぜこんなに蔓延しているのか? 

この本は
「この世で出てくる、何の足しにもならない
糞のような(失礼)事を言い出す内容に対して」
書かれた本だった。

立ち読みでササッと読み進めていったが
結構面白かった。

というのも私自身この「ウンコ議論」に
悩まされる事が多かったからだ。
正直私はその場その場で
ぺらぺら喋れる人間ではないのだが、
事あるごとにウンコ理論「しか」
話さない人間がいて結構難儀した記憶もあるので、
その事も相まって小難しいような話であるはずなのに
苦も無く文章を目で追う事ができた。


そもそもネーミングが面白い。

「ウンコな議論」

どうでもいい事しか言えない人間に対して
これほどしっくり来る適切な表現もない物だ。
(それだけでもすごく興味深い本だ)

正直な所、理論で勝とうが負けようが
どうでもいいのだが、
その手の人間が口を挟んでくると
正直上手くいえないが腹だたしい事が多く、
ついでに言い負かされてしまうケースが多い。

なぜ言い返されてむかつくのか。
それはウンコだからだ。
そりゃウンコのような人間に物を言われればむかつく。
勝った所で、ウンコに勝ってたいした価値など無い。
(ひどい表現だ)


私は今までそういった人間に対して
適切な比喩や例をあげる事が出来なかったが、
次からは・・・

お前の言葉は「ウンコ」だ。
何の役にも立たない。

そう言ってあげたいと思う。


まあそんな本科はきちんと
読んでいないので分からないが。

ハードカバーで1000円越す値段なので
すぐ購入するのは止めたが
何回か立ち読みして気に入ったら
購入しようかと思う。

重ねて書くが食事中の人は済みませんでした。

ウンコな議論 (AA)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ドラマ「喰いタン」第1話 <なかなか面白かったです>
2006 / 01 / 16 ( Mon )
なかなか面白かったです。

ドラマはコミックのストーリーに
完全に準拠した形ではなく、
配役などを改変した内容となっていました。

それでも東山紀之がひたすら食べる。

できればコミックみたいな
他者を寄せ付けない猛烈な勢いで
喰いまくるようなシーンが欲しかったです。
二枚目がそういうシーンに
トライするからこそ面白いと思うのですが。
もっとも胃が持たないか・・・・


ドラマ「喰いタン」HP


原作はコミックスで
3巻まで読んだのですが、
こちらも面白いです。
まだドラマもスタートしたばっかりですが
コミックの方が面白い気がします。
途中から弁当箱のゴミの山が大量に
積みあがるようなシーンが多いのが気になりますが、
作者が自分から書くように犯行の動機などはともかく
奇想天外な事件の展開や犯行のトリックは
読んでいて面白いです。

コミックスでは結構爆発したり
主人公がエゴイストのようなマイペース振りを発揮しますが
ドラマもそういった派手な物が見えたらと思います。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「買ってはいけない2006年度版」を読んでいます。 <様々な虚偽>
2006 / 01 / 16 ( Mon )
「新・買ってはいけない2006」と言うタイトルで
本屋に並んでいました。

このシリーズは前作・前々作と買ってしまっている。
使用しそうな商品のページを読むだけで
結構済みそうなものなのですが、
書店に立ち寄るたびに気になって手に取ってしまう。


1番身近で興味深いページは
食べ物・飲料のページ。

読む前から「なんとなくそうだな」と思える食品から、
「なんとなく危険なのでは?」と
思っていた食品などいろいろ。
中でも「ヘルシア緑茶」と「にがり」は
結構うすうすそんな気もしていたので、
こうやって本の形になってそういう記事を読むと、
自分の考えが正しい方向に向いていたようでちょっと嬉しい。


ヘルシア緑茶などの場合は
緑茶成分カテキンが普通の緑茶の数倍で効果があるという事ですが、
それだけ成分が濃い物を摂取するという事に
体の影響はどうなのかと疑問に思いました。
ビタミンCとかは過剰な摂取をしても
蓄積できる量以外は排出と言うのは知っていますが、
果たしてカテキンはどうなのか?
又、排出されるとしても
そこまで効力の強い物は
本当に体に良いのか?

そしてヘルシア緑茶の場合は
告知に一日一本目安と言う事が書かれていましたが、
他の緑茶飲料を飲んだ場合はどうなのか?

そこから考えてみても
「飲むと体には良いですよ」とはメーカー自身も言っていますが
逆に「摂取しすぎも良くない」と言っているような気もします。


「にがり(効果としてマグネシウム摂取など)」も
一時期ブームになっていましたが、
死者の出た事故にも発展している。

確かに食品の1成分を視野に入れて考えれば、
不足栄養素を補える事ができて健康になれると思うのですが、
あくまでそれが一部分にしか過ぎない場合にしか目をやらないと
他の部分での副作用も視野に入れないといけない。
とは思うけど結構難しい。


過ぎたるは及ばざるが如し。




数々の商品が市場に新しく生まれてきますが、
それって本当は危険なんじゃないか?とたまに思う商品も多い。
立ち止まって考える余裕を持っておきたい。


個人的に今気になっている物で
新製品とかではないのだが
「竹酢」という物がある。

飲んだ事はないが
竹を加工して作った原液を1000倍に
希釈して飲むと健康になると言う事で
今まで伝えられているものだそうなんですが、
1000倍にまで希釈しないといけないものって
本当に健康に良いのでしょうか?
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
本日「バイファムDVDコンプリートボックス」の予約締切日 <すごいボリューム>
2006 / 01 / 16 ( Mon )
そういえば今日は
「バイファムDVDコンプリートボックス」の
予約締切日です。


宇宙15少年漂流期なアニメ。
一応最初は付き添い役の大人などもいますが
だんだんと居なくなり少年だけで宇宙を旅する話になっていきます。
メカの設定や近未来的な宇宙感など
思い出す限りでは今見てもなかなか面白いような気がします。

完全限定生産
「バイファム」は結構面白かったのだが
他にもこんなに外伝や続編が合ったとは・・・。

個人的には
ミューラーが結構好きでした。

敵の隊長格の強敵なのですが
地球人と異性人の混血と言う立場で
最後には味方からでさえ裏切られてしまうと
言う逆境のお方です。


登場時にかかる「ミューラーのテーマ」とか
乾いた感じでカッコよかったです。


今まで出た関連アイテムが
一挙に収録されているので
すごいボリュームです。
正直値段の告知がされていないので
調べてみたのですが。

銀河漂流バイファム COMPLETE BOX (AA)

普通に買えば8万4千円って・・・。
・・・いい値段するなぁ。
現在アマゾン価格で¥65,520(税込)。
※¥18,480(22%off)

それでも6万以上・・・

on_

ちょっと手が出ないなぁ・・・


コンプリートボックス告知ページ

バイファム公式サイト
続きを読む

関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
機動戦士ガンダム17話目 <ファーストですよ>
2006 / 01 / 16 ( Mon )
第17話「アムロ脱走」

とうとう色んな意味で有名な
主人公が脱走する話が。


・アムロ、ブラ見てミライさんのものと判別。
洗面台の蛇口が壊れるというエピソード。
なぜ「それ」がミライさんのブラと解ったのかが気になります。
ホワイトベースには女の子が
他にセイラさん(現在独房中)とフラウ・ボウしかいませんから
選択肢はそんなにないとは思いますけど。


・アムロガンタンクで出撃withハヤト
今思ったのですが、
砲塔の動かないガンタンクは
いちいち敵に攻撃する為に
自分の体ごと回転させないといけないので
戦車としてどうなんでしょうね。
ガンダム初回の放送から数えてン十年になるというのに。


・ミライさんにそっけなくされるブライト。
まあ中間管理職なのでストレスも溜まると思いますが、
そうされるのもまあ当然という気も。
冒頭のシーンの部下達などの将来を
思いやるラルさんと
人の大きさの違いが対照的です。


・そしてアムロ脱走。
盗んだバイクで走り出すのとは一味違います。


次回「灼熱のアッザム・リーダー」
アッザム登場。


関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日の相撲解説のゲストはデーモン小暮閣下 <録画忘れた>
2006 / 01 / 16 ( Mon )
今日の相撲の解説者は「デーモン小暮」です。
正式には「デーモン小暮閣下」です。
知っている人には知っているネタですが
正式な活動名がデーモン小暮「閣下」までなので、
アナウンサーの人も「閣下のお話を」と言う感じで
合いの手を入れたりと正直面白かった。

NHkのアナウンサーが芸名だからとは言え
「閣下」と付けて会話すると言うのは
どんなシチュエーションなんですか(w。

そういえば、故・本田美奈子も正式には「本田美奈子.」と
「.(ドット)」が付くのできちんとした
名称で呼ばないといけないとは言え
(そういう部分は個人的には気を使って
なくしても良さそうな気もするんですが)


相撲終盤には今までNHKには出られなかったとか
そんなやり取りもあって、
すごいざっくばらんと言うか・・・。
(しかもアナウンサーの方から話を振っている)

ただ一つ書いておかないといけないのは
デーモン小暮閣下が見た目があんな風貌だから
何を言うのかと思ったのですが、
かなり相撲に詳しいですし
話す内容も実に的確なものだった。
本人自身も相撲の大ファンという話をしていましたし。
検索して知りましたが相撲雑誌にコラムを書いたりと
すごく詳しかったのですね。



今日の相撲の取り組みは面白かった。
全勝は二人で一杯が横綱を含む二人。
2敗で琴欧州など他の力士が追いかける感じ。
横綱はなかなか崩れないですね。
場所も中盤、なかなか面白い展開。


ところで今回初めて「角番」
いう単語を知った。
相撲の世界で負け越したら地位が
陥落するとは知っていたが、
大関に上がった人は
負け越しが2回続くと
関脇に陥落するとは知らなかった。
さらに次の場所で勝ち越せば復帰できるという
救済措置もあるらしいが、
10勝しないといけないとはなかなか厳しい。

今回調べてさらに驚いたのが
横綱はそういうケースの場合は即引退だそうな。
さらに厳しいなぁ・・・

相撲という物が格闘技である以上
それぐらいの厳しさはあって当然なのか。

そう考えると相撲で引退する人は
もう体もぼろぼろという事ですから
結果が出ないというのは体重もありますが
仕方が無いのかも。


関連記事

日々 | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
探偵ファイル、今度は「ゴルゴ13」に挑戦 <99.89>
2006 / 01 / 16 ( Mon )
「斬鉄剣」シリーズや「バキ」のシーンを真似たり
「ホーリーランド」ネタをやったりして
見る人を飽きさせないサイト
「探偵ファイル」が
今度は「ゴルゴ13」の名シーンを
再現するシリーズを始めた。

現在サイトでメールでのシーンの
リクエストを行なっている。
興味のある方は是非。

小型ジェットに乗って攻撃するとか言うのは
多分没になるんだろうなと思いますが、
他の普通のスナイプシーンなら
結構チャレンジしてくれそうな気がする。

印象的な話だと
「老人が杖を額の前で動かして
真ん中に来た時に打つ」と言う話や、
バイオニックソルジャーだったか
パーフェクトソルジャーだったか忘れたが
「完全兵士と山中で持久戦しているして、
極限状態で射撃爆音で敵の存在存在を発見し、
間髪居れずに撃つ」と言う話が印象的なんですが
送って採用される物なのだろうか。
(一方は飲まず喰わずロケが必要だし)

もうとっくに送られていそうな気がするので
あえてメールはしないけど。

次回にさらに期待。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |