FC2ブログ
新戦隊シリーズ「ボウケンジャー」がスタート <そして「カブト」>
2006 / 02 / 19 ( Sun )
先週最終回を迎えた「マジレンジャー」に換わり、
今週から「轟轟戦隊ボウケンジャー」がスタートしました。

TV朝日公式HP
東映公式HP

とりあえず1話目を見たのですが、
・・・どうだろ。
何事にも「これも冒険だ」と言い張る
猪突型の展開になりそうな。
とりあえず様子見。

ところでヒーローの名前が「ボウケン」レッドとか
「ボウケン」ブラックというのは
なんとなく語呂が悪く思えるのは私だけでしょうか?

そのシリーズのヒーローを言い表す
色名の前につける名前は
2文字又は3文字の方がなんとなく言い易い気がする。

「○○レッド」とか「○○○レッド」とか。

例「マジ」レッド
「バトル」ジャパンとか。

そしてそのまま
「仮面ライダーカブト」を見る。
今回もサバに対する盛り上がりが
逆にもう爽快に感じられます。

できればこのまま「夏はサバ寿司」だよねとか
そういうこだわりも持ったまま行って欲しいと思います。
このノリは本来の視聴対象である子供に判るのだろうか。

それにしても人の名前を勝手に
使って商品注文するというのは
普通に訴えてもいいような気がする。



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
喰いタン6話目を見てたり <コロッケが無性に>
2006 / 02 / 19 ( Sun )
いろいろ必要なものを調べたり
録画した物を見たりとか、
昨日録画したドラマ「喰いタン」もようやく視聴。

第6話は「思い出コロッケを食い尽くす!」
原作にもコロッケを利用した話がありましたが
トリック的な物は原作などとは別で
ほぼドラマオリジナル。
主人公、高野(東山)の毎回の健啖ぶりもさる事ながら
ストーリー的には過去の因縁とかも
取りいれたコメディ仕立てで面白かったです。

見た後コロッケが食いたくなって仕方が無かった。

最初は人物が原作と違った部分の違和感が有りましたが、
慣れてみるとなかなかバラエティに富んで面白い人物が多い。
ドラマはあまり見ないのですが、
何気にこの作品は毎回見ている事に気付く。
次回テーマは学校給食。


ところでHPのカロリー換算が何気に面白い。
今回は「スケート95時間21分」。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
この数日、弱い地震が <東海地方>
2006 / 02 / 19 ( Sun )
この数日弱い地震が2回ほど起こっている。
今日の場合は美濃地方で震度4
こちらではぐらり・・・と揺れた感じで
微弱な揺れが長く続いたようなものだった。
地震は感じられないものも合わせれば
本当に頻繁に起こるものなのだが、
(つまり珍しいものではない)
それでも揺れを感じると
揺れの大きさに集中して
身の回りの電化製品の音を消し、
物音も立てずに経過に集中する。
緊張感も漂う。

何回も話題になっている東海大地震が
来るか来ないかとか話題にもなっているのもあるが
いつこれがそれに変わるかなど分かり様が無い。

そういう意味でも成るべくいつでも移動できる事や
災難に遭遇した場合になるべく被害から脱出できるようにと
いろいろ考える部分は多い。

一番身近なものだと携帯電話だと思う。
大半のバッテリーは1~半日もしたら
すぐ切れてしまうのではないだろうか。

携帯用の防災グッズを先日見にいったのだが
思う以上に品の種類は少ない。
3キャリア対応させる品揃えで限られたスペースだと
そんなに店側も力を入れて置いて置けないようだ。

種別も「太陽発電」とか「携帯式電池」の販売もされていたが
個人的には非常時にどこまで対応できるものかと
疑問が湧いてしまう。

太陽電池は日の当たる時間や天候でかなり曖昧。
避難地域で延々と使うという事なら効率も良いが、
その場合災害にあった後という事が前提となる。

小型の電池は常に持ち歩いて
非常時に使用に耐える電力を
保っていられる事ができるだろうか?
被災時には多分品切れで物自体が売られていない。

そういう意味で燃料電池も微妙な所。
(常に燃料を携帯していれば別だが)

そういう事で考えていくと
手動で貯めるタイプが無難かなと思ったのだが、
「au対応の物自体が少なかった」り、
「充電器本体は売っていても、店の方で
各キャリアに対応するための別売りパーツを
置いていない」という支離滅裂な品揃えだったりと、
なかなか問題も多かった。


もしくは時計の自動巻的な自動で充電できるような
乾電池式のアダプターとかとの連動の方が
よっぽど前向きな対応だと思います。


企業もそんな地味な災害対応なんかより
新機能発表の方が売上に直結するため
ほとんど触れてません。

現代の携帯の役割は今更書くこともないが
かなり大きいと思う。

通常の利便性のみの使用はいざしらず、
「突発的」な事件事故との遭遇した時に
常に持ち歩いている道具がまず「携帯」だと思う。

そう考えると
携帯が「従来の電話メールツール」から
「避難グッズ」化していくのではなく、
避難グッズの一つを常に持ち歩いていると考えた方が
しっくり来ると思う。


「災害時」
・被災時の連絡、マニュアル(伝言ダイアル手順等も含む)

「防犯」
・異常者に対しての突発的な遭遇時の緊急連絡とか

そんなライフラインが
電池切れましたじゃ話にならない。

携帯メーカーも機能的な発表はしていても、
実用的な使い勝手の方はあまり本腰は入れていない。
(ナビ機能の充実はしても、電池に対しては
バッテリーパックの寿命という事以外はあえて語らない。)

自動巻き機能とか作っても売れ行きがとか考えると
あまり本腰入れても仕方がないというか。


とは言え必ず起こりそうな事が
目の前に積まれている以上、
考えないのもおかしな話。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
暴君ハバネロを食ってみた <ぁああっつ!>
2006 / 02 / 19 ( Sun )
haba.jpg

コンビニで「暴君ハバネロ」を買ってみました。

当方初食。
発売からもう2年も経つというのに。
以前から食べたいなと思っていたのですが、
頻繁にお菓子を食うクセとかを
付けたくなかったため。

先日Blogでも書いた「暴君ハバネロを食った外国人」という記事が
妙に気になり食べてみる事に。

この手のスナック菓子は袋を傾け、
一気に口の中にざらっといれてしまう食べ方をよくするのだが、
「あの記事」が気になり思いとどまり一つだけ口で咥えて食べてみた。

「・・・・ぁ!!?、ぁああっつァあああーーっつつ!?」

口が口が
辛い辛い
汗が汗が
体から噴き出て来る、
体中から!
どうしよどうしよ
えらいこっちゃえらいこちゃ

ちょっとオーバーだったかもしれませんが
初めて口にした感想は思う以上にすごかった。
一つまみを間隔を置いて食うのが精一杯。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |