FC2ブログ
昔のビデオの整理中 <古いデータ>
2006 / 04 / 09 ( Sun )
使わないビデオカセットの整理などをしていたら
もっと奥にしまってあった古いビデオカセットが
出てきたので整理中。
ちょうど今週号のこち亀でも
(書いている時点ではギリギリ今週)
似たようなネタをやっていたのは
偶然なのか(影響されたわけではない)。

それはともかく、

古いアニメといっても今ではDVDとかで出ているので
購入できる物は購入したりしたいし、
今ではカセットのデータがノイズが入りまくっている為
再生してもよく見えないためそういうものはカット。
単純に時間がかかるだけなのでのんびり行なう事にしよう。
正確な話かは忘れたが
ビデオカセットは使わないとビデオのデータの
劣化が起こるとか何か聞いた事がある。
信号が磁力関係で乱れるのか、
テープの劣化なのかはいまいち分からないが。

その情報の正確さはともかくとして
実際にデータも乱れている物があるため
地上波デジタル機器とか入り乱れた
このタイミングでこういう作業を行なった方が無難だ。
DVDの方が収録時間も長く、かさ張らないし。
(収録時間は画質を気にしなければしないほど伸ばせる)

古いビデオを見ててたまに見つけるのが古いCMを見つけたりする。
ピクミンとかPS1の発売CMとかニュースものでは阪神淡路島大震災の
ニュース中継物まで出てきた。

なんだか無駄に面白いです。

検索する限り色んな業者がこの手の
サービスを行なっているので頼むのもいいと思いますが、
最近はHD/DVD/VHSビデオデッキも使いやすく、
買いやすくなっているため自分で操作した方が無難。

各メーカーで使い比べたわけではないですが、

DIGAは使っていて
不満はそんなに今の所ないです。
DIGA(AA)

デジタルアリーナ
E150Vレビュー記事
(機能的な比べをしていると好みがすごく人によって
変わってきますので一概にいいとはいえませんが)

(今使っているのはもう型落ちしてますがE150V)
ダビングが(本体HD(ハードディスク)、DVD、VHS)が使えて

HD <---> DVD
DVD <---> VHS
VHS <---> HD


とそれぞれ
どのダビング元からダビング先へというのがやりやすい。

よく行なうのが
VHSからデッキ本体に入っているHDにダビングし、
いらない部分をHD上で削除編集し、
HDからDVDに録画。
最後の録画は品質にも寄るが高速ダビングが行なえるし
ダビング中でも録画や録画した物の再生が行なえる。
何かしている最中に他での作業ができるのは非常に使い勝手が良い

欲を言えばSDカードも対応しているものの方が
PC上へデータを持っていくときに非常に便利だと思う。
(PCへ持っていったりしない限りはなくてもいいけどあったほうが便利)

今は地上波デジタル対応機とかいろいろ製品が出ていますので
もっと便利なタイプも多いと思います。

(この中から今買うとしたらEX250Vあたりか)

パイオニアから出るHD増設できるタイプもいいなぁ。
買うわけではないが目移りが止まりません。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
たまったアニメとか見ています <エウレカと涼宮ハルヒ>
2006 / 04 / 09 ( Sun )
ようやくたまったアニメとかを見ています。
エウレカセブン最終回スペシャルとか
カブトも先週の物を見ています。

エウレカは中盤とかいまいち分からなかったのですが、
最終章の展開は面白かったです。
ニルヴァーシュって女性タイプのコーラリアンだったんですね。
(声が女性ってだけで性別はないのかもしれないが)
アネモネの最後のツンデレっぷりは人が変わったとしか。
(人前云々はないからツンデレではないのかも)

追記(4/9):
Google:ツンデレとは
ツンデレとは:ウィキペディア
今までツンデレとは「人前でツンツンしてて、二人の時はいちゃいちゃ」と
思っていましたがどうも2パターンあるらしい。


そし他にサムライ7とかRAYとか。
たまったものが多いので随時消化中。

「涼宮ハルヒ」シリーズを何の予備知識なく見てみたのですが、
なんだよあのグダグダっぷりはw。
最初にあのエピソード00はちょっときつかったです。

逆にいえばあんなふうに面白くないという風な物を
真似てアニメーション化(ノイズもわざわざつけなくてはならない)するという
労力が少し面白かった。

わざわざつまらないという空気を含ませて作るという
現実の製作者は変なテンションが
入りつつ作ったのではと思い苦笑。

というかどんな内容なんだろう、この作品


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
手品グッズを買ってみたり <単純最良>
2006 / 04 / 09 ( Sun )
magic.jpg


当方、パズルの他に手品グッズとかも
興味がありそんなコーナーに久しぶりに立ち寄りました。
久しぶりに覗いたら新作の手品が売っていたのでちょっと買って見る。

手品グッズを買う目的は手品をしたいというのではなく
トリック考案者がどういう手法でどういう仕掛けを
作ってくるかという問いに対して自分の答えが
あっているか間違っているかの答えあわせみたいな物です。
(いろいろ手法もあるので一概にどうとは言えませんが)

考えて大体そういうものだろうというものは購入しませんが、
この二点を含めた数点が解けなかったので選んでこちらを。
(購入理由がこちらのトリックの方が見た目が派手というのもありますが)

家に帰って試す。


・・・!
ああ!そういうことなのか!
思わず「アハ体験」

手品のトリックは単純なのが最良なりとは言った物で、
あまりにも単純な答えに目の鱗が落ちた感じです。
例えばクラッシュダイス
これはトリックそのものが分からなかった。
何で一つのダイスが何個にも分裂するのか。
固定観念が邪魔して考えすら方向が見えなかった。

そしてアイテム浮遊
昔ながらの空中浮遊のトリックは
「細い線で吊る」というのが基本で
それを演出で色々変えて分からなくするというのが定番ですが、
なるほどそういう事だったかと、知ってみれば実に単純な事この上なし。

※リンク先実演ムービー有り


手品というのは道具を作る素材も重要な要素で、
昔では出来なかった手品も技術の進歩でできるようになるみたい。
それでも根本は人の目をどうするかという考えがあっての上で
マジシャンがどんな奇抜な奇策を練ってくるのか、
どうしかけてくるのか。
その思考の道筋を辿ると非常に脳が気持ちいい。

少し前から見かける紙をペンで突き刺すトリック。


手品グッズ(AA)
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |