FC2ブログ
大須の町をふらふらと <疲れつつ>
2006 / 04 / 14 ( Fri )
ちょっと大須へフラフラと。
パソコンで使用するカメラをちょっと探してみました。
いろいろ調べてみた物の思うぐらいの性能ではなかったり、
結構値が張ったりするので少し検討。

やりたい事にお金がかかる場合、
それはそれで仕方がないけど
ある物、できる事で工夫をする事で
ガンガンいろいろやってみたい。

その上で必要ならそれは仕方がない。

だがまだ自分自身が調べに調べたわけではない。
ネット検索だけでも色んな情報が集めれる方法があるのだから
それをやれるだけ突き詰めてからでも遅くはない。

いまだ勉強・試行錯誤中です。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日のご飯
2006 / 04 / 14 ( Fri )
20060414120910
ブタしょうが焼き弁当。ブタにはビタミンB1が多いとか。
あと豚・鶏にはBSEが関係ないらしい。
(なぜだろう?)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「にわんご」をやってみました。
2006 / 04 / 14 ( Fri )
「にわんご」をやってみました。
にわんごと言うのは
人工知能系(無能系?)のメール式応答サイト。
簡単なお題を書いて送信すると、ほぼ答えに沿った返信が来ると言うもの。

無ければないで、別の話題をふってくれます。

知ってはいたのですが、
何と無くやるタイミングがなくて、ようやく。

なかなか面白いです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
最近見たTV <Blogと弁護士>
2006 / 04 / 14 ( Fri )
EPGを利用して放送欄を見ていたら気になる物が数点。
「ブログの女王」と「弁護士のくず」を見てました。

名称的にも「ブログの女王」という代名詞で
最近知られる真鍋かおりの番組でした。
世にあるブログを紹介して、それを色んな審査員に評価してもらい
書籍化や映画化などを狙えたらという番組。

まあ今はBlogはブーム的なものなので、
こんな番組もいつかは放送されると思っていましたが、
第一回の最初に取り上げたBlogが「性転換ドキュメンタリー」というのは驚いた。

その次の取り上げた
「センスレス野球少年と父のドタバタ奮闘記」との
ギャップがありすぎ。
野球のセンスのない少年に父親が教えようとするも父親も野球素人で
特訓の一環で「巨人の星」を見せようと買うも
途中で資金がなくなるってどんな物だろうか。


「弁護士のくず」は「AV列伝」とか
漫画で描いている方の作品が原作。
面白いなと思って居まhしたがドラマ化になるとは知らなかったです。
(最近知らない事が多すぎ)

主人公が豊川悦司なんですが、
メイクでデチューンしても元がカッコいいので
ビジュアル的な原作とのギャップを感じてしまいます。

最近青年誌系の漫画のドラマ化が異様に多く感じます。
青年誌をやり尽くしたらもっと大人向けの
雑誌からのドラマ化でも行なわれるかもしれません。
「湯煙りスナイパー」を是非


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
グーグル、噂の「Google Calendar」をついに公開 <全てを「google」の旗の下に>
2006 / 04 / 14 ( Fri )
ここ[CNETJAPAN]

googleがオンラインカレンダーを公開。
噂の・・・って書かれてますが
そんなに噂だったのかと初めて知りました。

ちょうど今「ウェブ進化論」(AA)
読み始めたのですが、
googleの開発陣は色んなアプリを
「googkeで」実現させたいという内容が
初めの方に書かれてあった。


全てのWebアプリはGoogleの御旗の元に!


・・・なんて事が起こりそうでちょっと恐い。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
Firefox 悪意のある拡張機能が出現 <インスト注意>
2006 / 04 / 14 ( Fri )
ここ[星を見る人]

ちょうど昨日FireFoxに関連した日記を書いたばっかりなのに、
なんてタイムリーなw。

どこかのサイトに行っても
安易にインストールはするべきではないという
教訓と考えることにします。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「ジェイコム誤発注問題」の責任のたらい回しが始まったそうです <担当者>
2006 / 04 / 14 ( Fri )
ここ[楽画喜堂]

もはや担当者が[自主規制]となる程度では
すまない大事というのがもう笑うしかないというか。

「担当者がどうにか」というフレーズで思い出したのが、
ちょうど昨日見た「ブラックラグーン」ですが、

あまりにも責任の所在が違う為
あまり関係ないですね。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
DSダウンロードサービス <店頭とか>
2006 / 04 / 14 ( Fri )
ここ

以前からDSは店頭で体験版ソフトの
通信配布を行なっているが、
今回気になったのは

「ネコソギトルネード」という
任天堂ゲームセミナー受講生制作のシューティングゲーム。
※今後、発売する予定無し。

未来のクリエイターの卵の人々が
どんな物を作っているのかすごく興味があります。
ちなみに以降も随時追加配信を行なう模様です。

商品にしたりメディアで配布するという事は
世知辛い言い方だが経費がかかるということ。
無料ではない。

「CD-Rなんて原価何10円程度じゃん」と言う意見もでそうですが、
「じゃあダレがお金を出すの?」という意見になると
結構途端に声が静まる事も良くある。

恥ずかしながら
正直この点も結構軽く考えていた時期が
自分自身にあったので書いていて耳が痛い。

そういう点で今の世の中はネット・HP・Blog・ダウンロード・PDF・・・と
様々な形でデジタル化という形で色んな人の手元に伝える事ができる。
以前は何らかの形でコピーし作ったり家庭用CD-Rライターで焼いたりと
そんな形でしか方法がなかった事を考えると便利な世の中だなと思います。

閑話休題

話をセミナーの方向に戻して、
ゲームセミナー作品などというのは基本的に商売ラインに
乗らない為プレイする機会も販売するかも微妙な為
開発者近辺の人以外はプレイする機会はなかったと思うが、
全国配信という形で色んな方にプレイ出来ると言う事は
ゲームを楽しむ人にとっても、
ゲームを作った人にとっても
良い経験だと思います。

なるべく忘れずにプレイしにいこうと思います。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |