FC2ブログ
気になったニュース
2006 / 04 / 26 ( Wed )
20060426122713
命の大切さと身分才能などは同列だったり影響されるのだろうか。
自分の命は一つだけ。
「代わりに死ね」なんて言われたとしても割りきれるものではないし。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日のご飯
2006 / 04 / 26 ( Wed )
20060426121218
ねぎチャーハン弁当。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
携帯ポータルサイトが
2006 / 04 / 26 ( Wed )
なんだか最近携帯ポータルサイトが
重くなりつつあります。(携帯サイト自身も)
「何か急に動きが・・・」と思ったら、
バナー広告読み込みと凝ったFLASHそうていで読み込み待ち。

アンテナ感度かとも思いましたが
アンテナも3本立っていましたし。

いくら回線を増強しても、
その度データを重くすれば意味がない。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日の気になったニュース
2006 / 04 / 26 ( Wed )
○リストランテ・ヒロ
のオーナー、麻薬所持で逮捕。

思わず「ネウロ」を思い出してしまった。

○戸塚ヨットスクール校長出所
当時、ここが愛知に在ると知って驚いたり、叱り文句で「ここに入れるぞ」と言われ、真剣に恐怖(ビビ)った当時の私。
行き過ぎは問題だがこういう厳しさが、今の世の中で必要なのではとも思う気も若干。

○チェルノブイリから2010年、JR尼ヶ崎事故から1年。
「もう!?」という感じです。

+++++++++
十年一昔とはよくいったものです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
アニメ「アカギ」放送終了 <鷲巣麻雀>
2006 / 04 / 26 ( Wed )
アニメ版「アカギ」最終回が放送されました。
地域によってズレガあります。

まあ原作本編自身が終了していないのに
結末が描かれるわけは無いのですが、
ちょっと消化不良気味。
クライマックスすっ飛ばして「数年後」という結果のみ。

まあ変なエピソードを入れるよりは潔くてよい。
全体的な作りは非常に毎回面白かったです。

特に最終話の場合、鷲巣の顔のゆがみ様が
ラストスパーとと言わんばかりにすごかった。

本編の鷲巣編完結後にもう一度アニメ化して欲しいです。



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
機動戦士ガンダム30+31+32+33+34話目 <ファーストですよ>
2006 / 04 / 26 ( Wed )
最近見ていなかったのでたまりにたまってしまった。

30話「小さな防衛線」

・アッガイたん登場。
なにげに振り向き姿がキュート。


・そして懲りないシャアが進入。
何気に対ホワイトベースの作戦は失敗が多い。


・蛇が驚いて模様が取れる。
トムとジェリーっぽいですね
レツが驚くシーンで目玉が顔から離れる動きとか
コミカルな動きの遊びが感じられます。


・ホワイトベースの面々は正式に軍属に。
所属はティアンム艦隊第13独立部隊、
ブライト・ノア中尉
ミライ・ヤシマ少尉
セイラ・マス軍曹
アムロ・レイ曹長
カイ・シデン伍長
ハヤト・コバヤシ伍長
フライ・ボゥ上等兵
リュウ・ホセイ中尉(二階級特進)


・アムロ二階級特進にキれる
そして避けたら独房入りといって張り倒される。


・潜入班ご一行の面々
「アカハナ」ってネーミングに
捨てキャラっぽいどうでも良さを感じられます。


以前ネットで「子供でも剥がせてしまう爆弾ってどうよ」という
話がありましたが、まあガンダム自身が子供向けアニメですから。


・兄妹邂逅
セイラ&シャア。
セイラさんの誤魔化し方とかすごく強引な事が多い。


・逃げ惑うアッガイ
ビーム一撃で破壊されたり
ビームサーベル片手に真っ二つとか
なんだかガンダムが極悪に見えます


・「アッガイといえども、一瞬のうちに4機もしとめたか」
何気にシャアも毒舌ですな


・カイさん熱く語る
カツ・レツ・キッカをそのまま
ホワイトベースに残れるか否かの話し合い。
そのシーンでカイが熱く語ります。
ミハル編からカイの性格が結構変わった気がする。


31話「ザンジバル、追撃!」

・ブライト、ミライのフィアンセの話でむくれる。
スレッガーにも取られるしなぁ。


・スレッガー登場(中尉)
歩いてホワイトベースに向かうスレッガーに車ですれ違う。
しょっぱなから軽薄な感じで速攻で「お調子もん」呼ばわりさる。
なんとなく寺沢武一の「コブラ」を思い出す。
将来ロマンスが生まれるミライさんとスレッガーの
初対面はすれ違い程度だったんですね


・おとり部隊に思いっきり食いつくジオン。
ジオン側戦闘ユニットは「ビグロ」と宇宙戦改造した「リック・ドム」
対してホワイトベースが最初に戦力は「Gスカイ」と「Gブル(イージー)」、追加あり。
宇宙でガンタンクはキャタピラ意味無いじゃんという話もわかりますが、
宇宙でGブル(イージー)はもっと辛いと思います。


・「出撃させてください」
トクワンの敵討ちに願い出るデミトリー。
この伏線が次回に。



32話「強行突破作戦」

・ザクレロ登場
ちゃんと前回の話と続いている。
拡散ビーム砲にミサイル、鎌。
何気に装備が充実してます。
あっさりやられてしまうのがなんだかなと思いますが。
(トニーたけざきの漫画が面白かった。)


・ドレン艦隊
ムサイ3隻、ドム6機、結構な戦力だと思うのだが。


・スレッガー予備のGファイターで出撃
最初の出撃では戦果を上げれなかったとは気づかなかった。


・「おおがんばってくれるねぇ、ハヤト軍曹」
単なる間違いなのか、分かってて言っているのか。


・ミライ、サイド6行きを渋る。
ブライトは前に聞いたミライのフィアンセの話を
すっかり忘れている模様。


33話「コンスコン強襲」

ホワイトベース一行サイド6ヘ。
アムロは父親テム・レイとの再会、
ミライさんは婚約者カムランとの再会。


・セイラさん、フラウ・ボゥの事をアムロに聞く。
セイラさんがそんな事を聞くのは珍しい。


・ブラウ・ブロ登場。
分離も行えるサイコミュメカ。


・カムランとミライ、探し方でもめる。
「普通」はそんな程度だよなと思う。
ドモン・カッシュみたく自分の足で探し回れというのでしょうかw。


・コンスコン、シャアに叱責。
こういうシーンもちょっと珍しい。


・タムラさん登場。
「塩」のエピソード以来ですよ。


・アムロ、父のバスを追って一区画ダッシュ。
そのアムロに気づいた父が一言「うむ、アムロか」。
走ってきたアムロにもうすこし何か一言無いのでしょうか。
あと結局あの回路は取り付けたんでしょうか。


・アムロ、ドム破壊カウント
「ここのつ!」


・カムランさん、ミライさんと話が食い違いすぎ。
どっちが悪いというわけでもないですが、
「父に頼んでやる」はちょっとまずいと思います。



34話「宿命の出会い」

・インド娘ララァとの初めての出会い。
初めて会ったララァは不思議ちゃんです。


・ザンジバル、ホワイトベースと並んで入港。
シャアもいい度胸してますな。


・アムロ、次の日も父に会う。
もともとそうなのか、
酸素欠乏症でそうなのか、
回路の開発に没頭する父親。
本当の意味でさよならを心で告げるアムロ。


・そしてシャアとの初の直接の対面。
「ごらんの通り軍人だ」
軍服着て仮面かぶっている軍人というのもなんだか。
そして初めてシャアのファミリーネームを知る。


・カムラン、ミライさんと痴話げんか。
ミライさんも言いすぎだよなぁ。
そして張り倒される。


・戦争のテレビ中継
中立国から他国同士の戦争を見るシーン。
日本から他国の戦争を見るという感じです。


・テムレイ階段から落ちる。
TVを見ていたときは状況が微妙だったのですが、
小説版ではっきり「死んだ」と書かれていました。


・カムランさんは格好悪く描かれていますが
一般人である彼が、彼なりに行える事を
やったという事は評価できます。


次回「ソロモン攻略戦」


関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |