FC2ブログ
漫画家ってどれくらいのレベルで一生働かなくても暮らせるの?と言うスレ <2ch>
2006 / 05 / 08 ( Mon )
ここ[ゴルゴ31]

「ジャンプ」などの雑誌で「アニメ化」が一つの目安?

遊んで暮らせる漫画家さんで
今ほとんど連載していない人も居るが、
それだけ才能があったり、
以前に半端じゃない週刊連載を体力の限界まで
こなしたりしたりとかそういう「過程」があり、
ファンが付いているからとかの要素で、
「今」がある。

残念ながら実力の世界では
「そつなく努力する」と言う事は美徳ですが、
数字は捻じ曲げ様が無い現実。

努力が実を結ぶといいなあと思いつつ努力しています。
(異業種ですが)


関連:「鋼鉄の巣穴」
google検索3万ヒットレベルの漫画家さんだそうな。
(以下記事引用)
>>ここは誰にも教えずに
>>こっそり生々しい話や愚痴を書いていこうと思います。
>>バレそうになったら閉じます。
http://blog.livedoor.jp/ura7/archives/50014145.html
バレてくれるな。

・・・と思うがBlogのアクセス数が増えれば
凄い勢いで倍倍な加速度で
正体がばれる危険性が高まる。
下手すると時間の問題?

(この「上がり方」の事はなんと言うのだろう、「等加速度」ではないし)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
初代オバQの声優など勤めた曽我町子さんが死去 <ヘドリアン女王とか>
2006 / 05 / 08 ( Mon )
ここ[スラッシュドット]

このニュースをお聞きした時
「初代オバQの声優」という説明でしたので
なんだかピンと来ませんでしたが、
特撮戦隊物などにも出演されているあの方と知って驚きました。

個人的には「デンジマン」のヘドリアン女王役とか、
最近では「マジレンジャー」の天空大聖者マジエルなど
最近まで現役で演技されていました。

「宇宙刑事魂 THE SPACE SHERIFF SPIRITS」という
ゲームにも暗黒銀河女王役で、ゲーム中に
流れる曲「暗黒銀河女王のブルース」も歌っている。
(これが遺作になられました)

本当に最後の最後まで現役だったんだなぁと
思うと涙腺が緩んでしまいそうです。
これで一人また味のある役者さんが
旅立たれたのかと思うと少し淋しい気がします。

ご冥福をお祈りします。

関連:曽我町子(Wikipedia)
「宇宙刑事魂」HP(バンダイナムコ)
宇宙刑事魂(宇宙刑事魂オリジナル手帳付き)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
会社くびになった <明日は明日>
2006 / 05 / 08 ( Mon )
トラブルがあって
首になりました。
実はちょっとせいせいしている。

生っぽい話なので
以降、「つづき・・・」に追記(文字色も白に変更)
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
任天堂セミナー受講生作品「くるけし!」をプレイ <パズル>
2006 / 05 / 08 ( Mon )
ここ

任天堂のゲームセミナー受講生が作ったというゲームが
現在おもちゃ屋店頭などでダウンロードできます。

関連:「ネコソギトルネード」体験プレイ雑記

現在は「くるけし!」と言うゲームを配信中。
パズルゲームはちょっとやってみたかったので
早速行ってみる事に。

game001.jpg


game002.jpg


※うっかりとゲーム中の写真を取るのを忘れてしまった。

2枚目の写真の方を見ると、
棒状の物が三角形の升目のようになっていると思うが、
三角の升目の真ん中をタッチすると回転するので
外周の棒の色を同色にすると三角形が消える。
その際、頂点にある「星」を集めて勝敗を決めると
いうのがこのゲームのプレイ方法。
星は「自分」と「相手」の「中立」の三種類があり、
星を相手と奪い合うと言う勝敗方法。
時間内に全て取れば価値は決まるが
時間切れの場合は星の多さで決まる。

敵キャラは星座にあやかっている。
ちなみに山羊座とみずがめ座あたりまで進めました。
黄金聖闘士でいえば「シュラ」と「カミュ」です。

ゲームの感想としては秀作だと思います。
三角形に合せる時に大きな三角形を作って有利に進めたり、
棒のスペシャル色(白)をあわせると大型の三角形を合わせやすい
配色に変化したりとなかなか考えられています。

ただ三角形の動きが回転を利用する分、
すんなり直感的に操作しやすいかというと微妙な所。

連続的に三角形を消す連鎖も組めますが、
新たに棒が上から落ちて再配置されるまで、
消した部分は一時移動できないのでその部分の組み上げ方も
若干の慣れが必要。

なんとなくアクションパズルゲームで欲しいのは
大技を決めたりしたときの爽快感が結構重要と思えるのですが、
少しその部分に欠ける気がするのが少し惜しい。

「列のスライド」とか操作性がもっと柔軟に増えれば
よりアクティブに楽しい物になるのではと思います。

なかなか考えられてて面白かったです。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
陶芸バトル漫画なんてのがあるそうな <ビック錠>
2006 / 05 / 08 ( Mon )
ここ[ゴルゴ31]

作中で主人公が「陶器を食べる」と聞いて驚きましたが、
作者がビック錠先生なら「ああそうだよな」と
なんだか納得してしまいました。

さすがビック錠先生(誉め言葉です)


ところでこのテキストを読んで
「粘土を食べる」漫画※も思い出しました。


※粘土を食べる漫画
「ぶかつどう」と言うギャグ漫画で
そんな下りがあるのです。
(以前に書いた日記)

内容は部活動バトル漫画で
たまたま美術部が舞台だった回で
粘土造形で叩き潰した粘土を「もち」と称した
主人公が「俺のもちは食える」と言って
粘土を食べると言う荒業を見せたりする漫画です。

ちなみにこの漫画、以前チャンピオンで
連載されていたのだが未単行本化。
現在「復刊コム」で単行本希望リクエストされています。
続きを読む

関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
世界初の「患者ロボ」誕生 <!?>
2006 / 05 / 08 ( Mon )
ここ[スラッシュドット]
関連[読売新聞]

センサー内蔵のロボットで触ると「そこが痛い」とか
インプットした症状に合わせて反応するそうな。

ロボットは人肌に近い感触のシリコン製で、学生に触診の
腕を磨いてもらうため、今年度の授業から採用されているとの事。
ちなみに学生には好評らしい(「実際の診察を前に自信をつけられる」)。


・・・そんな話を聞いたら
ヤングアニマルで連載中の「ユリア100式」も間近だよなとか
ちぃも作れる日も近いとか、車の教習よろしくナニの練習用とか
そんな事を例に違わず考えてしまったのですが、
某オリエント工業の会社までは思いつきませんでした。

士郎正宗の「攻殻機動隊」で「フェラーリよりも高い」なんてネタが
あったなあとしみじみと思い出す。

そんな冗談も交えつつ、患者の個性まで設定できるようになり、
同じ病状でも痛がり方が変化したりすると、より実践的なものに
なっていいかも。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
荒川静香さん、プロへ転向へ <今後>
2006 / 05 / 08 ( Mon )
ここ[YahooNews]
googleNews
asahi.com

GW休暇に色んなニュースが飛び交いましたが、
こんなニュースで幕を閉じるとは思いませんでした。

今は金メダリストとしての実力があっても
4年後にまで保ちつづけれるとか、
資金面などのこともあると思いますし
選手としてのモチベーションが保てるとか
いろいろな考えがあると思いますので、
プロへの転向は一つの方向だと思います。

そういう意味ではトリノの大舞台で
最高の有終の美を飾れたと言うのも
良いピリオドだと思いますし、
次の舞台へのステップを踏むには
最高の土台だと思えます。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |