FC2ブログ
韓国サッカーチームが強い所と戦う戦法 <釘>
2006 / 05 / 20 ( Sat )
ここ[特定アジアニュース]

(以下引用)
>>体格が大きかったし鼻ひげまで
>>蓄えたイラン選手たち
の外貌は脅迫的だった。

・・・マリオじゃないんだから。

>>代表チームは必ず勝たなくては
>>いけないと言う考えで、
>>緊急会議を開いた結果、
>>「あきれたくぎ反則」を計画することになった


30年の進化を経て「レーザービーム」を覚えたそうです。
google:トッティ、レーザ、攻撃

今回のW杯も違う意味で注目度が高そうです。


関連:
ニュー・スーパーマリオブラザーズ(AA)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日は一日中掃除してました。 <嬉しいと楽しい>
2006 / 05 / 20 ( Sat )
今日は朝から一日中掃除をしてました。
押入れのいらない物を片付けたり
窓を拭いたり部屋の一区画に積んである本を移動させたり
掃除機かけたり・・・と色々。

普段何も気を回さずに生活していましたが、
注意してみると窓ガラスもドロドロで、
サッシのサンもドロドロ、サッシの上側を
見てみると蜘蛛の巣だったはずの
蜘蛛の糸の塊が・・・と何気に汚い。

掃除機にスーパーハボキっぽいアタッチメントを
付けて一心不乱にガシガシガシ・・・
思わず時間を忘れる。

掃除してて何が楽しいのかと思う人も居ると
思うのですが(実は私自身が以前掃除嫌いでした)、
砂泥でこびりついた黒いサッシをガシガシ擦ると
銀色のアルミの地が顔を出して、
「自分は今すごくうまい掃除をしている」と思えて
気持ちがいいのです。

目に見えて綺麗になっていくと言うのは快感なんですよ。
例えば通販の番組でペースト状の掃除剤(例えば「クイックブライト」)とか
一時期流行ったと思うのですが、それを使うと、
ただ単に水で拭いているどころではない
「激しい綺麗さ」が顔を出すと同時に
「俺は今までこんな所で作業とかいろいろ
やってたのか、当方愕然」と言う感じで、
まさに猿のように磨きに磨いて磨きまくって
それでも他の汚い所を探すぐらい、汚れが面白いほどよく落ちる。

汚い所ほど掃除をすると気持ちがいい。
普段は気付かなかった部分がごろっと汚れが取れると
うわぁ・・・と思いつつその汚れから目が離せません。
(食事中の人すいません)
もっと綺麗にしたい、
綺麗になると嬉しい・・・、
・・・と掃除はやり始めるとなかなか楽しいです。

窓ガラスもスクイジー(スクィージ :掃除会社の人とか使っている
ワイパーっぽい物)とか使って濡らしたガラス面を
シュッと引いて水を切ると、明るさが変化する感じです。
拭きムラの残り水を布で拭くと一段と綺麗に。

足の踏み場も少ないような、
所狭しと物があった部屋をがらーんとさせて
一気に掃除機をかけると思う以上に埃がごっそり取れて
何気に爽快で嬉しいです。
掃除した床にごろごろ転がりたくなるほど嬉しくなります。

そんな感じで額に汗しつつ掃除をしていました。
掃除をした後は顔の汗と脂に埃がくっ付いて痒いので
風呂に入り、念入りに顔もガシガシと洗い、
体のお掃除も行なってさっぱりしました。

結構掃除をするのは「最初の出だし」と言うか「腰が重い」ので
やる気がしないと言う人も居ると思いますが、
まず手始めにゲーム機を片付けたり
漫画本を箱に詰め込んで・・・といった所からお薦めします。



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |