FC2ブログ
HGUC・ヅダ製作その2 <完成>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
<続き>

060705hguc_duda012.jpg

引き続き、足パーツ製作へ
続きを読む

関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
HGUC・ヅダ製作 <MSイグルー>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
ガンダムのオリジナル作品「MSイグルー」にでてくる機体「ヅダ」。
本編は見ていないものの、少し気になっていたので。

060705hguc_duda001.jpg

続きを読む

関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
データの整理に右往左往 <ハイビジョン番組>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
今日は色々所用を済ませたり、
先日見た衛星放送(マンガノゲンバ)のデータを
なんとか取って置けないか試行錯誤していた。

うちの環境でBSを録画するにはまずテレビ側で受信する。
(このテレビが新しいのでデジタルとかBSが対応しているのです。
見るだけだったらTVのみで済むが、
録画はレコーダーが機器的にちょっと古いためか
(ちょっと違うかもしれないが)
HD録画に出力対応しておらず、アナログ出力でVHSに録画する。

そこでデジタルメディアに保存をしておきたい。
DVDとか。

もちろんVHSで取って置けばいいのだが、
テープは消耗品で古くなると、
劣化はもちろん最悪再生できなくなる。
(そのうちハードも無くなりますよ)

BSのデータはプロテクションが掛かっているため
一回はダビングできるが、HDのみには移動できて、
DVD-Rとかには対応できない。
幾ら面白い番組でも、ずーっとHDの中に入れておきたくない。

そこで古いビデオデッキを引っ張り出してPCから出力して
ファイルにしておけないかと思ったが、
数年ほったらかしにして気付かなかったが
テープが噛んだ状態のまま数年放置になっていたりしていた。
ビデオの箱を開けてテープを取り出す。

PCのビデオキャプチャにつなげて
出力したのだがどうも反応が無い。
キャプチャ自身は他の機能でチューナー機能などは
動作しているため、壊れているとは思いにくいし、
映像入力先の選択などもライン出力先は間違いないはず。

正味数年ほったらかしにしておいたこのビデオが
怪しいのだが、このために修理以来とか
新しいビデオを買ってくるのもちょっと気が引ける。
とりあえずどうするかは考えよう。

しかしなんとも面倒と思ったのは、
好きな番組ぐらい保存しておきたいと思うのだが、
近年色々と問題にされやすい時代になったなと思う。

「地上波デジタルで何とか」とか「ハイビジョンで何とか」とか
やたら機能性がいいですよというアピールは多いのですが、
反面それに対する「縛り」とでも言ったらいいのか、
機器が新しく必要になったり、ダビングが制限されているとか、
一度そういうものでVHSで録画したらそういう情報が
書き込まれてしまうから注意してくださいとか、
そういった行動規制の縛りがいつのまにか
雨後の竹の子のようにヒョコヒョコヒョコヒョコと
足元から出ているのはなんとも面倒と言うか。

確かに何回でも録画できると(しかも高精度で)、
なにかと問題が出るとは思うのだが、
そこら辺が結果、「機器を買わせようという
方向性に話が進む」のはなんとも腹黒い話だ。

オークションで録画番組売ったりとか言う問題もあれば
きちんとした製品で発売されても、笑いが出そうに高いとか、
まあ色々な「話」はありますが、
見る側としては
多少荒くてもいいから手元で保存しておきたいなと
思うのですが、どうにも堅苦しい話が多い。

ちょうど今、「地ーデージーのー歌がー」なんて
子供を起用したCMが各局連合でコマーシャルしてますが、
ややっこしい話をそういうもので隠れ蓑にしているように
聞こえるのは私だけでしょうか?


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
日本マンガのミリタリズム問題!? <ケロロ軍曹>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
ここ[マンガ☆ライフ]

ケロロ軍曹といえばガンプラ好きな事を
思い出すのですが、
良く考えれば地球を侵略しにきた宇宙人だったり
作品的に「軍」をモチーフにしてるなとか思い出しました。
「MGザクレロ」とかに目を奪われてしまっていて。

そして韓国が狙いすましたかのように「運動」。

今は批判的に言ってますが、
そのうちこの漫画が韓国製とささやかれ
平然と日本を攻撃するようなアニメになりそうで嫌です。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
森田先生がひっそりと打ち切り <そういえば>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
ここ[ヤマカム]

何気に「過去に芸人と確執があって~~」という
人情話に発展してしまっていますが、
読みきり時点では結構面白かったと思います。

そういう意味では赤丸をちょっと読んでみたいです。

芸人を題材にした漫画として
そんなに悪くは無いと思いますが、
確かに今のジャンプでは浮いているかも。

その後のジャンプ作家として高橋陽一先生とか梅澤先生とか
尾玉先生見たくヤング誌に移行するべきなのか。

ゆでたまご先生とか宮下先生もいるな。
もちろん木田先生も島袋先生もいますし。

ちなみに小林ゆき先生(あっけら貫刃帖)はこっち


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
カンニング技術でいろいろ改造 <肉体改造>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
ここ[ファンキー通信]

最強のカンニング方法は
頭の中に知識として入れておく事です。


自分の肉体改造までする事を考えれるなら
他の方法で覚えれそうな気もしますが、
人間は興味の無い事にはそこまでの情熱を
注げない以上考えてしまうのかも。

テーマが「ガンダム」とか「ジョジョ」なら
高得点が・・・と思ったが
「オタク検定」並みの問題だったら
前勉強が必要か。
それでも勉強は興味があることだから苦になりにくいかも。

(サイトはすでに消えている)


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ミサイルが撃たれた日 <6発>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
北朝鮮がミサイルを撃ちました。
参考[産経][日経][読売]


このニュースを聞いたときの感想は一言
「・・・ホントにやりやがった」
・・・です。

正直燃料まで入れているので撃つだろうと思っていましたが
報道番組では事情通・評論家が「ミサイルに燃料まで入れると
いう事は以前にもやっていた事なので演技で撃たないと思います」
なんて言っていたのでなんだそこまでやる国なのかと思っていましたが、
その後その番組で、何とかのケースとかそういう付けたしで
「・・・ひょっとしたら撃つかもしれません」

どっちだよ。

ミサイルを撃つとは思っていましたが、
「6発」を長めに断続的に撃つとは思っても居ませんでした。
そこまでは予想を越えてた。

正直な所「撃ちこんだ」という事は
それほど国内の情勢が抜き差しなら無い所まで
追い込まれているという事ではと思う。

今回のミサイルを撃ったという事でのメリットが
あまり予想がつかない。
すでにミサイルを撃ったら経済制裁をするという警告まで
出されているからだ。
(さすがに「それでもミサイル撃ったったら相手は銭出しよる」と
そこまで安楽な事は考えないでしょうし)

これで経済制裁は行なわれると思う。
アメリカも経済制裁をもっと強く進める事が出来ます。
ある程度踏み込んだ形で行動も取れる口実を受け取ったわけですから。
そのかわり今現在進められている
「北朝鮮拉致」に付いては手隙になると思う。

制裁の方に目が行ってしまって、
逆に説得は同時に進めにくい。

これはさすがに荒唐無稽な想像ですが、
北朝鮮は「拉致に付いて触れられるのが嫌だから」と
言う意味も込めてミサイルを撃ったとするならば
どこまで阿智に付いて触れられるのが嫌なんでしょうね。
(「国家」と「個人」対象では問題の大きさが比較にならないですが)

そんな色んな事を膨らませつつ
経済制裁が始まっていく。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
宇多田ヒカルはテトリス狂らしい <99999999>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
ここ[ゴルゴ31]

宇多田ヒカルといえば「例のキャンペーン」
対戦できるといってもそんなに強くは無いし
にぎやかしみたいな物だろうと思っていたのですが、
正直に謝罪させていただきます。

「げんしけん」の高坂vs春日部さんの試合よりも瞬殺の勢い。

ふと思ったんですが、
夫婦だったらゲームの一つもするんでしょうか。

わたしの旦那「紀里谷 和明」は優れた写真家だった。
そしてゲームも好きだった・・・
しかし、このわたしに対して、生まれてこの方一度として
「おい嫁よ・・・いっちょ勝負をしてみようぜ」と・・・
言ってきたことはなかった。
格好の勝負相手がいるのに一度としてないんだ、一度としてね。

なぜだと思うね?

・・・という感じだったりしたらちょっと切ない。
松嶋菜々子さん辺りならなんとか。

関連?
徐庶の微妙な冒険
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
アニメ・映画作品を無断配信した男が逮捕 <似ている?>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
ここ[最後通牒半分版]

無料・有料の違いはありますが「464.jp」と
なんだか似ている気がします。
GoogleNews:464.jp

それにしてもこの手のニュースで思うのが、
「なぜ」レンタルなどのお題目である「個人の使用以外・・・」という
複製による商売禁止の内容や、著作権に付いての概念。
そして、おおっぴらにやればいずれはばれるという事に
気付かないのかという事。

ネットだからこっそりやれば気付かないだろうぐらいを
考えているのかもしれませんが、
気付いていないだけで大っぴらにやっているのと同意義なのに。

記事を読む限り
>>ユーザーにはクレジット決済での会員登録を行なわせ、
>>決済は海外企業を通じて米国ドルで行なっていた。
海外を通せば面倒で追いかけてこないと
思っていたのかもしれませんが。

逮捕された人の岐阜って・・・
犯人逮捕のため
九州から中部への足取りを追跡。
ごくろうさまです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「BSアニメ夜話」の第7弾が放送決定 <8月7日から>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
ここ[最後通牒半分版]

放送はBS2。
8月7日(月)から3夜連続。
各日23時から。

8月7日(月) 23:00~
「千年女優」 2002年/監督:今敏

8月8日(火) 23:00~
「勇者ライディーン」 1975年/監督:富野喜幸・長浜忠夫

8月9日(水) 23:00~
「鋼の錬金術師」 2003~05年/監督:水島精二

楽しみで仕方が無い。


関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「やわらか戦車」が商品化
2006 / 07 / 05 ( Wed )
ここ[最後通牒半分版]

やわらか戦車といえば今月の「アフタヌーン」('06.8月)で
園田健一が欄外に軽いコメントを書いていたことを思い出しました。

人気もあると思いますし
妙に楽しい曲調で面白いと思っていましたが、
「まさかここまで」の話題性を持っているとは
気付きませんでした。


記事の内容と重複するかもしれませんが、
企業として注目どの高いコンテンツには手を出したいのは山々ですが、
知名度の高いものでの版権が曖昧な物、簡単に言えば
「のまネコ問題」があったように企業としても記念な物を
火中の栗と拾うわけにも行かない。

そこで、今回のケースの場合は出展やら製作が個人と完全に
「把握」できる物でしかも知名度もかなり高い。
そこで各社が名乗りを上げた


あと一つ興味深い所。
それは参加する企業群が「やわらか戦車連合軍BLOG」として
1キャラクターに対して他会社、各メーカー同士が
Blogを書くというもの。

確かにこれがポータルサイトとなって居れば
他の会社からの興味がある人から他の会社に行ったり、
見る側が色んなサイトを探さずにいろんな物を一覧できたりと、
強力な相乗作用が見込まれるが、
理屈でそうでも躊躇するのが当たり前であったのに、
それを別会社とも協力という形で行われるというのが
非常に目新しい。

これは新しいネットを利用した
販売スタイルになるのかもしれない。

>>以下、参加企業一覧。
>>
>>▼「やわらか戦車連合軍」主要参加社一覧
>> ○アミューズメント製品:株式会社バンプレスト
>> ○玩具菓子:株式会社すばる堂(タカラトミーグループ)
>> ○雑貨・ぬいぐるみ:株式会社ラナ
>> ○出版:株式会社角川ザテレビジョン
>> ○DVD: 株式会社ファンワークス、株式会社ジェネオン エンタテインメント
>> ○ケータイコンテンツ:株式会社USEN
>> ○着メロ・着うた:株式会社フェイス
>>  サービス提供会社:株式会社タイトー、株式会社エフエム東京、
>>           株式会社ビクターネットワークス、
>>           ギガネットワークス株式会社、等 その他複数社提供予定
>> ○フリクションTOY・ソフビTOY:有限会社デビルヘッズ
>> ○キーチェーン・ストラップ:株式会社オムニクル(タカラトミーグループ)
>> ○スクィーズマスコット:株式会社アイクラップ
>> ○ポストカードサイト:株式会社クレオ
>> ○BLOGパーツ:株式会社エクスリー
>>
>> 版権元・プロデュース:株式会社ライブドア、株式会社ファンワークス

錚錚(そうそう)たる面々。

関連:やわらか戦車連合軍BLOG
「やわらか戦車」公式ブログ
くわがたツマミ オフィシャルサイト
ウェブテント[ラレコ]
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
PGザク製作記・その7 <完結>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
(追記:'07.6/10)
ちょっとまとめてみましたよ
PGザク製作記
http://yasaka.nobody.jp/zakki/etc/gunpra/pg_zaku.html

(以下Blog版)
PGザク製作記・その7 <完結>
http://hibisousou.blog9.fc2.com/blog-entry-1844.html

PGザク製作記・その6 <カバーオープン・キャストオフ>
http://hibisousou.blog9.fc2.com/blog-entry-1841.html

PGザク製作記その5 <比較から>
http://hibisousou.blog9.fc2.com/blog-entry-1840.html

PGザク製作記・その4 <当時記録・完結編>
http://hibisousou.blog9.fc2.com/blog-entry-1781.html

PGザク製作記・その3 <中間地点突破>
http://hibisousou.blog9.fc2.com/blog-entry-1780.html

PGザク製作記・その2 <奮闘>
http://hibisousou.blog9.fc2.com/blog-entry-1779.html

PGザク製作記 <3倍>
http://hibisousou.blog9.fc2.com/blog-entry-1773.html

<続き>



060404pgzak020.jpg

頭部・胴体
続きを読む

関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「マンガノゲンバ」を見終わって <少なめ>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
マンガノゲンバを見終わりました。
感想としては上手くまとめてあると思いますが
いかんせんボリュームが少なすぎ。

荒木先生の仕事場に
カメラが入りましたが、
きれいな感じですが、
使っている机には調整用の本が置かれて
角度調整されているのがなんとなく親近感が。
ここまで成功した人なら専用のすごい製図台とか使って
そうなイメージがあったので。

その後、荒木先生自ら
漫画の描くときの心がけている表現や
擬音表現の説明。
音楽に関してはバトルならメタリカとかプリンスを参考とか。
ジョジョのポーズに付いてはイタリアに旅行した時の
美術品からインスピレーションを得る。

・・・という内容が放送。

いやーもっと語って欲しかった。

ところで
ナレーションで言われて気付きましたが
荒木先生って40代だったのか、と気付く。
(1960年6/7生まれの46歳!)

「武装ポーカー」とかの時代から考えると
その年数は良く考えれば妥当。
(※武装ポーカー」が高校時代(仮に18)として
講演で漫画家生活丸25年とコメント、
・・・うん、そうだよな、計算あってるよ)

それでも信じられませんよ。
リサリサじゃ無いんですから。
各所で言われている事ですが
ぜんぜん見えないし言わなきゃ気付かない。
30代後半でも通用すると思う。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
PGザク製作記・その6 <カバーオープン・キャストオフ>
2006 / 07 / 05 ( Wed )
<続き>

060404pgzak011.jpg

フロントビュー上半身。
胸・腋(わき)のカバー、頭部ハッチまで可動

060404pgzak012.jpg

リアビュー
ふくらはぎ、ランドセル様々に開きます。

060404pgzak013.jpg

リア・下半身ズーム

060404pgzak014.jpg

リア・上半身ズーム

060404pgzak025.jpg

キャストオフ!この装甲パーツの多いこと。
あまりにパーツが多いので部分紹介から


060404pgzak015.jpg

脚部、動力パイプも取れます。

060404pgzak016.jpg

脚部ズーム。
メカの塊っぽいイメージディティールがなんとも。

060404pgzak017.jpg

腕部

060404pgzak018.jpg

そしてキャストオフ。

060404pgzak019.jpg

ごつごつしてますが意外と細身?。

<続く>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |