FC2ブログ
今日は書店に行ったりとか <吾妻ひでお>
2006 / 07 / 07 ( Fri )
今日はちょっと街に出る。
その帰りに書店に寄ったら
「吾妻ひでお」の日記漫画(うつうつひでお日記)が
出ていたので購入してみる。
(他に数冊)

内容は基本的には日常の動向とか
読んだ本・漫画とかの感想。
このノリが好きな人には
結構これはこれで楽しんで
読んでしまうと思うが、
「失踪日記」がきっかけで読んでみたいと言う人は
立ち読みとかで数ページ読んでから考えた方がいいかも。

失踪日記はリアルできびしい体験談(外で暮らしたりアル中病棟入院)が
絵柄や作風のおかげで面白おかしく読めるのだが、
結構「まったりした日常」かつ
薬を飲みつつ漫画を描く日々と言う
繰り返しが面白いかは
作者に興味があるかどうかで変わってくると思う。

本人の前書き曰く「オチは無し」

ちなみにカバー裏の読書録一覧はちょっと面白かったです。

関連:
吾妻ひでお公式HP
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「最終回ってさみしいね」スレ <2ch>
2006 / 07 / 07 ( Fri )
ここ[DuXI]

最終回は作者の生き様かも。
単に目的無くだらだら生きるのではなく、
こうなってくれと。

作品が一つの命だったら
何のためにそれやって、
どう生きた、か。

だらだら間延びさせるよりは
良い思い出を抱えて眠って。


だから名作の最終回は感動する。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
機動戦士ガンダム43話目感想 <ファーストですよ>
2006 / 07 / 07 ( Fri )
第43話「脱出」

名古屋テレビで放送されていた
ガンダムの再放送もこれで終了。

・ガンダム対ジオング
オールレンジ攻撃を仕掛けるジオングに対して
まずはガンダムがジオングのスカートに一撃。
その後、ガンダムは近接射撃でジオングのメイン武装の腕を破壊。


・アムロ、近接攻撃を仕掛けた理由
アムロ
「こう近づけば、四方の攻撃は無理だな、シャア」
「なぜララアを巻き込んだんだ?」の詰問。
(戦闘上での攻撃を交わしていた結果もありますが)
シャアに直接詰問するため。
この後ボディーにも直撃を当て、
ジオングもガンダムの腕をシールドごと破壊。

依然、一進一退の攻撃が続く。




・ホワイトベース敵の猛攻に着艇
ホワイトベースがエンジンに攻撃を受け
着艇を余儀なくされる。
この辺からもう戦いと言うには
泥沼の戦闘が・・・。

カイ「うわぁ、ホワイトベースのエンジンが両方とも」
ハヤト「うわぁ、乗組員のみんなは」

ブライト「カイとハヤトには援護を頼む」
フラウ「はい」
ブライト「フラウボウも拳銃を」
フラウ「はい」(声の調子を変えて)

ホワイトベースは都合2回白兵戦を経験する事に。
(一回はランバ・ラル戦)




・ジオング大破、しかし・・・
当時ジオングで驚いたのが
頭が脱出ポッドとして、そして単独で戦闘が行える事でした。
よく考えればコア・ファイターも単独で行動できるのに
ジオンにその技術が出来ないとは言い切れないわけで。




・「たかがメインカメラがやられただけだ」
子供時代、頭がやられれば爆発すると思ってました



・敵味方双方、戦闘消耗が激しく。
ジオング大破の報をジオン司令部に連絡が届き、
各地出の被害がさんさんたる物に。
キシリアは脱出を試みる。



・各員、白兵戦に突入
カイ「まるでありじゃねえか、あっちこっちと」
ブライトさんも武器を持ちつつ指示



・ラストシューティング
アムロこの時点で予感のみで戦います。
そして伝説的なワンシーン。



・ガンダム大破
1年にも渡る度重なる戦闘を乗り越えてきた
機体「RX-78」、通称「ガンダム」大破。
力なく崩れ落ちていく機体が、
ただの機械とは思えないほどの喪失感を受けました。
主人公メカがこういう風に壊れる事も
以前のアニメではそんなに無かった気もします。



・アムロ、ニュータイプへの自覚?
先の予測的なガンダムの行動のセッティング。
ザビ家の頭領の位置を(なんとなく?だが)把握。
そしてシャアとの肉体での戦いが始まる。



・泥沼の戦いは続く
ハヤトのガンタンクも大破。
カイも孤軍奮闘しようとするもガンキャノン破壊。
Gファイターも不時着しセイラさんも機体から脱出。



・シャア対アムロ、肉弾戦
すでに憎しみ云々ではなく、因縁が深く交わりすぎて。
一度とことん殴り合いでもやっておかないと収まりがつかない二人。



・「ザビ家打倒など、もうついでの事」
当初の目的こそ自分の親の敵(かたき)を討つ事だったのかもしれませんが
戦いを進めるうちに人類の、ニュータイプの革新へと目的が変化していく。
そしてそれは後のエゥーゴへの参加、ネオジオンの戦いと繋がっていく。



・やはりザビ家は許せない
シャアの中では「どうでも良くなりかけつつあった」
ザビ家打倒ですが、言われてみればという事で、まあきっちりと。
「ガルマ、私のたむけだ、姉上と仲良く暮らすが良い」
ガルマをホワイトベースの攻撃に誘い込ませて、
結果的に手を掛けたシャアですが、
ガルマが散る直前のシャア自身の言葉のように、
ザビ家という間柄が無ければ本当に良い友人だったのかもしれません。



・「見えるよ、みんなが」
アムロ、ニュータイプの知覚によるクルーの把握、
そして呼びかけ。
セイラ、ブライト、ミライ、フラウ、カイ、ハヤト・・・
この辺は涙無しでは。
ちなみに漫画「クロスボーンガンダム」のエピソードで
アムロのクローン体が登場人物を助けるシーンがあるのですが、
これも心に残るシーンでした。




・ハヤト「ほっ、ホワイトベースが、ホワイトベースが・・・沈む・・・!」
登場人物たちにとって過ごしたのが青春時代だったり、
苦楽をともにして死線をくぐりぬけた
自分達の帰る場所「ホワイトベース」。
それが火の海の中に沈み行く・・・。





・ランチで脱出
アムロ一人だけ居ない
セイラ「人がそんなに便利になれるわけ・・・無い」




・アムロ、壊れたコア・ファイターで脱出
キッカ「そ、チョイ右」
レツ「そ、右」
カツ「はい、そこでまっすぐ」
誰かと会話するチビ三人組
そしてカウントダウン。



・ラストシーン
ランチでアムロを迎えるクルー
手を広げるミライ、セイラ、
さりげなくセイラを支えてあげるカイ
フラウとチビ三人組。ハヤト

アムロ「僕には帰れる場所があるんだ、こんな嬉しい事はない」

ア・バオアクーの爆発を背景に
脱出した残骸のコアファイターがどこかへ・・・。



10年単位での昔の作品でも
見れば見るほど面白いのは
非常に稀有な存在。

面白かったです。
改めてそう思う。
(と、同時に子供向けじゃないと思う)


関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「引田が中退」スレ <惜しむべき方>
2006 / 07 / 07 ( Fri )
ここ[痕跡症候群]

良く見たらタイトルで噴いた。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「マズい料理をだす店には金を払わなさそうなキャラ」スレ <歴代>
2006 / 07 / 07 ( Fri )
ここ[痕跡症候群]

承太郎は言わない約束と
思っていましたが(そもそもの元ネタですし)、
歴代ジョジョの反応には笑った。

ジョルノw


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
テポドンと飯野さん家 <息子>
2006 / 07 / 07 ( Fri )
ここ[enoBlog]
(July 05, 2006記事参照)

テポドンが撃たれた時、
飯野さんの家ではこんな会話をしたそうな。

親と子の会話なんですが、
そのメッセージが心に残る物だったので
メモとして記入。

飯野さん自身の体験のイヤな奴の体験談と
伝えるべき事が変な飾り気も無く伝えている所が
とても印象的。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
夜中に部屋の埃を取りつつ <ぺたぺたと>
2006 / 07 / 07 ( Fri )
「涼宮ハルヒ」の最終回を
録画し損ねてしまった。
orz

先日の番組保存でトラブルが出た際
設定しなおせてなかった。
(その間録画は中止)

見れないとなんだかもやもや。

そんな事が置きつつ部屋を見渡すと
どうも物が混雑してて埃が溜まっている。
おかしいな先日掃除した・・・という割には時間も経過しているか。
掃除機をかけづらいため目立った埃をガムテープでぺたぺた取っている。

姉妹場所が無い為、床に漫画誌を重ねて置いていたら、
その周りに少し溜まり、結構白い埃もうっすらと。
これはいけないと物を移動させたり整頓しなおしたりで
動かしつつ埃を取り除く。
部屋にある椅子が結構ぼろぼろで(20年近く前に買った)
座る度に中のウレタンが砕けるのだが、
そういったゴミを少しだけ見逃しているうちに、
少しだけ少しだけとゴミの掃除が滞りがちになっていたようだ。

部屋が汚れるきっかけは「ほんの小さなゴミ」と
わかっていたはずなのだが。

また改めて大きく掃除しようと思うが
しまいこむ部屋のスペースも徐々に厳しいものに。
どうしようかと考えつつ。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |