FC2ブログ
最近買ってみたもの <小さなペンとノート>
2006 / 07 / 23 ( Sun )
20060723223930


先日読んだ本で携帯に小さなペンを付けておくと
便利と言う物を読んだので
ちょっと付けてみました。

携帯の本体に邪魔にならない大きさのペンがあるのか?と考えていたら、
ストラップひも付きのおあつらえのペンが売っていた。
ちょっと新鮮。
メモっぽいものもできれば欲しいなと思って
コンビニに行ったらそれも売ってた。
結構探してみるといろんな物が開発されて売り出されてるんだなと実感。

ちなみに見にメモの種類は色々ありましたが
ジャポニカ学習帖のデザインが面白く感じたので
即それを手にしてしまった。

本当に便利かはちょっとこれから検証中。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ただいまデータの整理中 <QRコード>
2006 / 07 / 23 ( Sun )
20060723213614


追記

休日なので部屋の掃除や整理をしていました。
その時に使っている携帯の本体に付いての
告知の紙片がでてきたので。

QRコードは良く見かける事が多いのですが、
結構見ているとかなり大きめ物もが多い気がします。

本体によっては大きなコードはカメラの大きさにより
読み取れない事も多い。
個人的な経験ですが1.5cmとかそれぐらいの大きさの方が
読み取りやすい気がする。
今まで一番見た小さな物は1.1cmでソニーの広告のコード。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
こんな物まで涼宮ハルヒ <PCウィルス>
2006 / 07 / 23 ( Sun )
ここ[楽画喜堂]

涼宮ハルヒの面白さや異常な人気ぶりは
分かるのですがウィルスソフトまで作る人が出てくるとは。
さすがにこれは行き過ぎと言うか悪趣味。

ハルヒ劇中にPCのコマンドを使ったりする部分があり
そういう部分を派生元ネタとして作ったのかもしれないが、
被害が出るようなものをちょっとシャレとかで
済ます人が居るとは思えない。

せっかう良い意味で作品の面白さやネットで展開した人気が
水をさされたような気がする。
これが引き金になって変な自粛とかの方向に話が
でてこないことを祈る。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ゲームキャラバンが復活する? <本当ですか!>
2006 / 07 / 23 ( Sun )
ここ[さざなみ壊変]

当時のコロコロの記事で胸焦がして熱くなった事がありありと!。
夏休みにこういうイベントがあると非常に燃えます。
ファミコン全盛時代、おもちゃ屋でゲームイベントとか
結構あったのですが、今ではあまり見かけない気がします。
(私が見かけないだけ?)
ゲームイベントと言うのは今では結構下火なのかもしれませんが
小規模でもイベントは結構楽しい物です。

記事先の高橋名人のBLOGにもかかれていますが
「夢中になれる場所」と言うのが在ると無いとでは大違い。

全国規模のゲームキャラバンが復活すると
言うのは非常に喜ばしい。

できればハドソン謹製シューティングゲーも
復活して欲しい所。
(今の弾幕ゲームにはもう付いていけない、へっぽこな物で)


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
アニメ「時をかける少女」の公開劇場が少ないらしい <なぜ?>
2006 / 07 / 23 ( Sun )
アニメでリメイクされた「時をかける少女」
公開劇場が少ないらしい。

これほど原作も実写映画でも知名度のある映画が
リメイクされるのに公開劇場が少ない理由はなぜでしょ?
名古屋まで出向けば見る事ができるみたいですが、
もうちょっといろんな所で公開されても良いのではと思う。


若干増えているらしいですが、
そもそも少ない理由が気になるところです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
気付いたら名古屋場所も千秋楽 <優勝は朝青龍>
2006 / 07 / 23 ( Sun )
気付いたら名古屋場所も千秋楽です。
今回は色々あってじっくり見れる事が少なかったのですが、
それでも把瑠都の活躍ぶりが結構際立って面白く感じました。
昨日の取り組みでは「こまたすくい」と言う技を使いました。
大柄な体格を持つ力士ではなかなか見かけ難い技だそうで
それを使ってみると言うのは今いろいろ戦い方を試している
最中なのかもしれません。

今日は優勝もすでに朝青龍が確定してしまったので
面白味は薄れるのかもしれませんが、
それでも昨日最後の最後まで2敗で追いつづけた
白鵬との一戦は逆に変なプレッシャーも無く力を
ぶつけ合うと言う一番が期待できそうです。

それにしても朝青龍が強い。
先場所、先々辺りは優勝争いにも混戦があって見ている方としては
面白かったのですが、熱気のある試合を最後まで見たいものです。


話が若干変わり
大相撲のサイトを見ていたら「相撲健康体操」と言うページがありました。
結構面白そう。

相撲というのは張り手とかの打撃もありますが、
体を合わせての力の出し合い(取っ組み合い)のため、
格闘技として相手に怪我をさせる事も少ないですから
変にストレスを感じずにやれるスポーツとも言える。
(よっぽど悪意を込めない限り)

相手に怪我とかさせてしまうととか考えると、
じつは気軽にできるスポーツとしても
優れている気がする。

お日様の下で体を動かすと気持ちが良い物ですよ。

デスクワークや勉強ばっかりしているより
体を動かした方が能率もはかどると思う。

と言っても今の世の中舗装されたりしていて
野外でできる所はそうそう無いですが。


続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「ボブの絵画教室」DVDを見たりとか <Joy of painting>
2006 / 07 / 23 ( Sun )
060723bob.jpg


今日はたまった録画を整頓したり、
DVDを見たり。
その中の一つで以前から見たかった
「ボブの絵画教室」を見ていた。


「説明しなくてはならない」(あの声で)

「ボブの絵画教室」とは10年以上前にBSで
放送されていた番組で
アフロの人(ボブ)がいきなり写真も何も見ず
どこかの綺麗な風景を
あれよあれよと完成させていくのだ。
その番組と完成時間は僅か30分!

以前母親が何気にテレビを付けているのを
一回だけ通りがかってみた事がありました。
(自分の部屋にもテレビがあるのですがそこにはBSは入らない)

最初は下地程度が塗られているのに、
ちょいちょいと筆で油絵の具をキャンバスに追加しているうちに
気付いたら凄い風景に変わっているという。
なんと言うのか目の前で手品を見ているような衝撃です。

以前から見たかったのですが、
色々あって購入までたどり着けませんでした。
しかしようやくボブのDVDを入手する事が!

唐突に番組が始まる。
画面にはパレットを持ったボブとキャンバス以外は
黒いバックという非常にシンプルな画面構成になっている。

挨拶から始まり、軽妙なトークと共に
アフロのボブが絵の具を筆につけていく。
ちょいちょいとキャンバスに塗って絵の具を取り混ぜ
塗って絵筆を洗い・・・を繰り返す。

序盤はあまりたいした感じじゃないなと思えます。
塗っていない下地が多いので。
しかし半分も過ぎると目を疑います。
凄く奥行きのある自然の風景がどんどん描かれて完成して
行くではないですか。

もう画面から目がさらに釘付け。
「おおっ完成した!」と思ったら
またお会いしましょう的にすぐに終了。
画面には絵のズームが。
あまりにも淡々と進みすぎて手品を見ているようにしか思えません。

10年経過した今までもボブの絵のテクニックは凄い。
これは油絵を描きたくなりますよ。
ここまで鮮やかに淡々とした手順で描かれると。

ただいま全6タイトルあるのだが
残りの5本が見たくて仕方が無い。
楽しすぎ、ボブ。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
コンビニでちょっと気付いた事 <「見える」化?>
2006 / 07 / 23 ( Sun )
060722_combini001.jpg


今日帰りにコンビニによって
久しぶりにちょっと軽食を買いました。
ここでいう軽食とは店舗で売っている「にくまん」とか「ポテト」とか
「ホットドック」といった簡単に食べれる物。

コンビニもどこも似たようで結構各所で
商品展開に個性があったりします。
にくまんのみならず軽食に力を入れているとか
食べれるスペースを置いて居たりとか。

結構その手の軽食ではミニストップが
いろいろ面白い気がします。
食べれるスペースを置いたりとか
今では他の所でも見かけるが
ソフトクリームを置いたりいろいろ・・・
軽食の商品も個性があって、味も結構美味いと思う。

そんな経緯でたまたまミニストップに寄ったので
ポテトとチキンを購入。
Xポテトは結構サクサクしてますし、
チキンも見た目よりはあっさり目の味。

味の感想は「美味しかった」でおしまいなのですが
気になったのはレシート。

060722_combini002.jpg


購入する際、ソースが欲しいかどうかを店員さんから
言われたので付けてもらったのですが、
レシートで「トマトソースポテトヨウ・・・0円」と
何気に書かれてるんですね。
「0円で普通に付属で付んだから良いじゃん」と
思う人もいると思うのですが、
個人的にはここが面白く感じたのですよ。

なぜかと言うと
0円ならあえて書かなくても良いという事も考えたりしたのですがあえて書いてあるというのは
店員側で「ソースの付け忘れ」「値段は何円か?」とかを
これをバックヤードで温め調理などをする時に
間違いが無いように完全に確認しながら行なえるところが面白い。

たかがそれぐらいと思うかもしれませんが、
コンビニバイトではないですが、
バイトをしていた時にいろいろ同時にやっていると
特殊な注文がきた時に対応する時に注文メモを特別に書き込んだりとか
どうだったか確認する時にいろいろ手順が増えるんですね。

間違えは無いはずだけど
「あれどうだったかな」という所が
若干他に意識を移してしまい、
忙しい時に別の事がおろそかになりやすい状況が生まれる。

たった1手間で数手間自体が無くなってしまう。

いつぞやのWBSで「見える化」と言って
ミスが無いように配置や確認方法そのものを
工夫を盛り込む特集があったのですが、
こう言う書きかたも一つの「見える化」だと思う。

特に今の世の中は一つの商品に各種オプションが
色々変化があるため、間違わないようにするように
する工夫は結構小さな事でも円滑に進めるために重要ですし、
面白く感じます。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |