FC2ブログ
小泉首相が靖国参拝 <賛否>
2006 / 08 / 15 ( Tue )
[中日][読売]など各所

朝起きてテレビをつけたら
小泉首相の靖国参拝のライブ中継が行なわれていました。
今日一日メディアはこの話題で持ちきりです。

一国の首相の行動にこれだけ賛否がわいたり、
諸外国(といっても2ヶ国ぐらいしか思いつきませんけど)から
いろいろ言われるのは国家としても珍しく感じます。

それに対しての賛否はあえて書きませんが、
ちょうどこの手の話を東京遠征中にちらりとしたのでその時の事を。

日本はどちらかというと天に召される事で
「贖罪」とか「罪からの解放」をするようなイメージで、
外国では「死んでからも罪は続く」、「神でも罪が軽減される訳では無い」
そんな意味合いを持つような事を感じます。

これはその国の宗教観や死生観やらも要因であるため
一概に良いとか悪いとかを言えるものでもないと思います。

そして戦争の場合、
良かれ悪かれ現場に行き、国のため、
国に住む愛する人のために戦い、命を失ったという事が
当の本人が好きで失った筈も無ければ、
何のために命を失って行ったのかも重要だと思います。

そこを政治と宗教とを混在させたり口実で利用とか
色々な部分がありますが、
一兵士から高官まで様々な人間が色んな事をして
それに参加した事を一概にひとくくりも出来ないのは
分かりますが、「命を失った事」はきちんと考えなければならない事ですし、
また諸外国に言われたからと言って、その影響で
行ったり行かなかったりするような事は何のための参拝かも
意味が無いような気がします。

ことわざで「死者に鞭を打つ」なんてのもありますが、
「自分の意思以外の理由」で人にとって
一番大事なものを仮にも投げ出したのですから、
その部分ももっと考えてもいいのかもしれません。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |