FC2ブログ
私信 <心がけ>
2006 / 09 / 17 ( Sun )
私は何かをしてもらった場合、
必ずありがとうと言うよう心がけたり、癖付けたりしています。

「癖じゃ心から言ってないね」という人も居ますが、
そうは言っても人間うっかり忘れてしまう事もあるため
忘れないように癖付けるようにしています。
忘れたくないためです。

例えば「何か忘れ物ないか」と
気を使ってくれる時にありがとうと思い、伝えるわけですよ。

道徳の話を聞けばこの時点で納得する人も居ます。
でも近年「なんで人を殺しちゃいけないの?」なんて
話を聞いたらとんでもない事を言う話も聞いたりします。

では、これを数字とか損得のような物に交えて話しましょう。

人間の時間は1日24時間、それは誰にでも平等な訳です。
自分のために使います。
それを相手に分け与えているのです。
自分の時間を使ってまで相手の事を気遣ってくれているという事は
ありがたくは無いのでしょうか?

確かにたまにうざったいと思う時も年代もあると思います。

自分の事をやればいいのに
それでも相手の事をわざわざ考える。
それは自分よりも相手の事を
気をかけてくれている事に他ならない訳です。

本来はありがとうと言える事など幾らでも有ると多います。
ただそれに気付いていないだけ。


「何かやってあげたのにありがとうと
言ってもらっていない」という話も聞きました。
これは上とちょっと違います。

これはどこかに、ありがとうと言ってもらいたいという
「押し付け」があるためです。
「あげた」という所に感情が込められています。

もしあなたが「してあげた」と思うなら
そこまでして「あげなくても」いいと思います。


一番最初の例の人は、
お礼を言ってもらう為に
人に何かをしてあげている訳でもないのです。
「あの人が困らないかなぁ」とただ心配しているのです。
有形無形に関わらず無償の行為です。

たとえ見返りが無くても
「まあいいか」と過ぎ去っていきます。
ただそれだけの事なのです。

一番最初の話に戻りますが
なぜ癖を付けてでも言うようにしているか?

人間どうしてもその時その時の感覚や体調で左右され、
普段できることも出来なかったり、うっかりも有ります。
間が悪いと(タイミングが悪くてさらにタイミングが悪い場合)、
ちょっとしたきっかけだけでもギクシャクしてしまう事もあります。
言葉がきつければ尚更です。

その時は違っても間が悪い流れで
変わっていく事は幾らでもあります。
自分がそうは思っていなくても
そう思われてしまうのは悲しい事です。

だから忘れないようにしているわけです。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「カブト」を見たりしています <バッタぜクター>
2006 / 09 / 17 ( Sun )
日曜なので「カブト」を見たりしています。

毎週の急展開がなんだかすごい朝の特撮番組ですが、
「カブト」は新しいライダーが登場。
モチーフはバッタ。
「バッタゼクター」(正式名称:ホッパーゼクター)を使って
昔の人物が出てきました。
一瞬誰だかわからなか他のですが、
現在ザビーの影山に追いだされた矢車がでてきました。

影山は裏切りとか色んなカルマ(業と言うかカオスフレームと言うか)を
積みまくって現時点で小物のような扱いになっていますが、
今日の戦いでさらにやられるシーンが増えました。
正直な所いい気味です。
彼は今後も上司どころか強力な敵キャラに
頭を下げつつ生きていくのでしょうか。
そんな彼の今後の人生が心配です。
心労で抜け毛が増えたなんてシーンが出てこないか心配です。


そんな事より(ケロロ軍曹っぽく)、
ライダーインフレのような大量なライダー増殖で
新キャラのバッタ(仮面ライダー・キックホッパー)が現れました。
初代ライダー(バッタの改造人間)を考えるとようやく原点のモチーフの
ライダーが現れたって感じです。
今後も増えるのでしょうか。

劇場版でも色んなカブトムシモチーフのライダーが現れていますので、
下手な戦隊物よりも人数だけ考えれば多すぎな気もします。

それにしても劇場版は行って観てみたかったです。
劇場に行けば子供の群れの中に大きいお兄さん、
・・・いや半おっさんが混じっているのはなんだかもう
見た目に痛いのでしょうからどうした物かなと思いつつも。
まさか小学校の服装をする訳にも行かないですし。

今日の次回予告でそんな格好をしているライダー資格者も
いたのですが次回はどんな展開になるのだろうか。


「劇場版が面白そうな感じなので見に行きたい」という話を
同系統の趣味を持つ人に言ってみたものの、
なんだか微妙な、怪訝な顔をされてしまったのはどうした物だろうか。
まあ確かに、いい大人が特撮番組観て面白いのどうのというのも
確かにそれはなンですが、
実際これをいい大人のスタッフとか開発陣とかが作っているわけですよ。
(こちらは仕事ですが)
子供向けとか言いながら、作って言う方はともかく
見ている方も大人という状況が点在している
今の世の中もどうした物でしょうか。
そんなシーンも思い浮かべつつ。


書き忘れましたが、今回キャストの方の新キャラも出てきました。
干し飯をぽりぽり食べたり、人格の二面性をこうまで
表立ってはっきりだしているキャラもなかなかすごい物があります。

カブトもボウケンジャーもですが、
こんな強烈なキャラばかりの番組を日曜朝7~8時の子供向けとして
放送するのは本当にいいものだろうかと思います。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |