FC2ブログ
「MACがパソコンに詳しくない女に売れまくり」スレ <WIn or Mac?>
2006 / 10 / 01 ( Sun )
ここ
[ゴルゴ31]
Macは金食い虫なのがなぁ・・・。

仕事ではMacを使わせてもらってます。

Winも使っているのですが、操作感やカラーバランス、
色合い、そういった色々がWinでは微妙。
細かい所でやりにくい(細かい所が雑)。

家ではお金が無いのでショップブランドのWinを使用してます。
メール、ネット、HP作成、その程度だったらWinだろうがMacだろうが
ソフトさえ使えれば支障はないので。

ただ、実務や操作的に細かい作業が出て来るものだと、
今までの経験も踏まえてMacが安心出来て信頼もできる。
システムやウィルス云々も考えたら当分Macの方が安心で安泰です。

斬新なシステムな取入れを行ないつつも、
それでも使いやすさが損なわれないシステムの確立が
されているのでマックは良い。

興味がある人は「Mac mini」から始めてみるのが良いかも。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「赤松健の姿勢は漫画家として正しいか?」というスレ <是と非>
2006 / 10 / 01 ( Sun )
ここ
[ゴルゴ31]

発言の16、17の

>>16 名無しさん名無しさん :05/03/01(火) 12:46:23
>>ちょっと前にどこかのスレで書かれてたけど
>>赤松健は「漫画家」ではなく「漫画屋」だと。
>>
>>17 名無しさん名無しさん :05/03/08(火) 13:21:44
>>漫画をひとつの事業としてとらえれば、
>>彼は成功しているから正しいのです。

が、今まで上手く言えなかった部分を実に的確に
捉えていて、心のもやがスッとしました。

ちなみに「ネギま」と「ラブひな」も読んでません。
(「ラブひな」は1巻だけ昔買ったなぁ・・・、数話しか読まなかったけど)

絵柄はとても可愛らしく、さすがヒットを飛ばす漫画家さん
だなと思っています。

作品も個性、良も否も無く。
続きを読む

関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「男って楽で良いよね」というスレ <そうかも>
2006 / 10 / 01 ( Sun )
ここ[ゴルゴ31]

本当に楽かは分かりませんが、
「生理が激痛」という話とかは良く聞くのでそうかも。

78の
>> 勝ち組男>>>>>女>>>>>負け組男って感じじゃないか?
には同感。

全ての物事には一長一短がある事です。
後は生き方。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ガンダムAにスペシャルが <お笑い特集号>
2006 / 10 / 01 ( Sun )
・・・ネタが「ガンダム」のみで、「お笑い特別号」って何気にすごい気が。

ところで「彗星ヒヨコ」って本当に大人気なんでしょうか。
「エンタの神様」にに出てくる、あの「白塗り奇声芸人」
(名前を出したく無い)並に大人気といわれているのが
信じられないのですが。

ちなみに作品割合では大和田先生の作品率が1/3ぐらい。
(頑張ってるなぁ)、何気にガルマの可愛がりっぷりが感じられます。
昔(アニメで)見たときは「この坊やが」とか感じていましたが、
安彦先生のオリジンのオリジナルストーリーを読むにつれて
結構印象が変わってきました。死んだのは生まれの不幸か。


・安彦先生も無理矢理?3ページでお笑い号に参加。
先生、シリアスだけじゃなくギャグもいけますよ!
下手なギャグ漫画よりも、すごく面白いので機会があれば
また読みみたいです。


・全般的に新人さんも面白い作品が多い中、
「左菱虚秋」という人が描いた「ガンオタの女」が面白かった。
ガンダムのキャラがギャグをやるのではなく、日常風景?を
ベースにしている所がちょっと目新しい。隠れキリシタンならぬ
隠れガンオタ(シャアオタ?)の女が巻き起こすギャグがいい感じ。
・・・それにしてもキラ・ヤマトの為に男を振る女ってすごいなぁ。
なんとなく居そうだし。


・中村カンコ作「ブライトまみれ」
絵柄でなんだか見た記憶が・・・と思ったら、
この人の同人誌持ってた。


・トニたけ先生のガンダム漫画
いちいち書く必要が無いぐらい面白い。
この特集号もこのために買った目的が大きいし。
ちなみに今回先生が使ったガンプラプレゼントもやっています。
全般的に面白いですが、特にレビル将軍の狂獣化したやつが
個人的には意表を付かれました。
(ララァとシャアのネタも捨て難いですが)
何回か同系ネタは見ているのですけど毎回が楽しみです。
昭和の特撮世代で育った者としては、
巨大化デギン・ザビ、ランボー化ブライトと「怪獣大戦争」っぽく
戦って欲しい所です。もはやもビルスーツ関係なし。


・「羽生生純」的ガンダム漫画
この人が描くガンダム漫画の独自路線はすごい。


予想以上に面白かったです。
作品数も盛りだくさんです。
季節節目でまた出て欲しいです。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
そういえばジャンプに新連載が <P2>
2006 / 10 / 01 ( Sun )
感想を書くのをうっかりと。
気付けばもうすでに明日新しいジャンプが
出るというのに(月曜発売)。

ジャンプで新連載「P2- lets Play Pinpong-」が始まりました。
※P2はサブタイトルの- lets 「P」lay 「P」inpong-から来ている模様。
作者は「江尻立真」。
絵柄が若干ぷにぷにしてますが、作者名を良く見れば
読みきりで「World 4u_」を描いていた方です。
可愛い絵柄でしっかりしたストーリー構成のミステリーホラーを
描く方ですが、今回の連載はスポ根系のようです。

あの読みきり作品をそのまま連載しても、
即、第二の「アウターゾーン」並みの人気が出ると思っていたの
ですが、なぜに卓球?。
ジャンプの作者後書きを読んだですが
>>「卓球をしていた学生時代を思い出しながら描きました
>>ちょっとも成長していないので思い出すのが楽チン♪」
とのこと。
作者さんが結構卓球に詳しいのでしょうか?

ジャンプでピンポンといえば「ぷーやん」を思い出すところですが、
そういう意味でジャンプのスポーツ漫画では鬼門に当たるのか
どうかが微妙な所。
可愛い絵柄だけに連載が続いていって欲しい所です。

・若干の作品に「こち亀」余波。
「銀魂」は前後編。コミックスのみ読んでいる人はわかんないかも。

・微妙に「エムゼロ」が後列。
ほぼ同時期に連載スタートした「To LOVEる」は
好位置をキープしているのが人気で差があるのでしょうか。
どちらも面白いのですけどね。

・さらに後方の「太臓モテ王サーガ」。
マイペースで頑張っていただきたい。
ところで次号予告では
「次号 食欲の秋!編集部に続き
ドキ高もダイエット大会だ!」となってます。
(編集部でダイエット大会だった模様。)
坂田君が一瞬出てくるのでしょうか。

・「謎の村雨君」が最終回。
おつかれ様です。
コミックスは11月発売予定。


・蛇足
あの芸人並みのどうでもいい話なのですが、

ジャンプや傍らにあるいろいろなコミックスを読みながら、
たまたまジョンレノンの話を思い出していたのですが、
結局、「テニスの王子様」ですら復活した「こち亀30周年」ですら
復活しない「ハンター×ハンター」のコミックスを見て、

「ねえ、パパって漫画家だったの?」

という息子の問いに、いきなり復活する
富樫図式を連想してしまいました。
(富樫家の子供は娘だったか息子だったか忘れましたが)

・・・あと数年は復活しないのか!?
続きを読む

関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
今日は10月1日 <今日は何の日?>
2006 / 10 / 01 ( Sun )
今日は10月1日。
もう10月ですよ。時間の進み具合が早い早い。
のんびりビデオを見たりテレビを見たりしています。
ちょっとした日常メモを2、3程。


テレビを見ていたら今日はメガネの日なのだそうな。
そんな記念日的なものがあるというのもちょっと新鮮な驚き。

たまたまテレビを見ていたら「アタック25」が放送してました。
少しだけ見て番組を変えようと思ったが、なんだか面白くて最後まで見てしまう。
児玉清の相変わらずの淡々っぷりにすごい物を感じる。
児玉清といえば博多華丸のものまねを思い出してしまうのですが、
ものまねをする人の存在でものまねされる側が芸風を変えたいと
いう事が起こった時はどうするのかとか考えてしまった。
「ああ、今俺が芸風を変えるとあの芸人さんが困るだろうな」とか
考えちゃったりするんだろうか。

髪も伸びたので床屋に行く。
「今の仕事はID関係?」かと聞かれるが、
思わず(それどんな仕事だよ、なにかのナンバーの振り分けとか
やっちゃうのかよ)とか突っ込みたい所ですが、
普通に当り障り無い会話を続けました。
IT革命だかで日本で10年以上続けられてきた
「インフォメーション・テクノロジー」ですが、
本当に普通のお茶の間とかに浸透しているのかが気になる所です。

モスバーガーでちょっと食事をしました。
モスご飯が美味しすぎます。
タコライスを食べたのですが、味の甘辛とトマトの酸味が
美味しくさっぱりしています。

そんな日常。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |