FC2ブログ
今回の報道特集は詐欺関係 <近未来通信とか>
2006 / 11 / 26 ( Sun )
今日は録画ですが「報道特集」を見てました。
今回の特集は近未来通信とそれにSちなんでか詐欺の内容。
見ていてムカつきますね。

近未来通信などサーバールームと言っていた物が
実はサンプルを見せていたとか。
業務的なところを魅せて欲しいと言うことで
投資家などに見せて説明していた場所が
実はサンプルってどういうことだよ。
ハッキリここはサンプルですと説明もしていない。

その後の特集でも、
今回取材した所が実は以前詐欺事件で調べて
行方をくらませていた人が出てきて実は裏で繋がっていたとか。

明らかに言動も行動もおかしいだろうが。

ここまでハッキリしているのなら
顔と実名でも出してもいいような気がするんですが、
法律上で無理なのか出されていないのが実に歯がゆい。

テレビカメラの取材内容があるならそれをそのまま
警察に持っていけば即日全国指名手配とか出来ないのだろうか。

詐欺師は詐欺場所を作っては潰して、
また新しい所で作っては潰すの繰り返し。
それを繰り返せる世の中の現状がどう考えてもおかしい。

個人的には詐欺師の顔と実名を片っ端から
公開するような場所があればなと感じます。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
暗算に付いてちょこっと調べてたり <九九九九>
2006 / 11 / 26 ( Sun )
暗算とか計算力に付いてちょこちょこ調べてます。
ヴェーダ数学?フラッシュ暗算?いろいろ出てきます。

ヴェーダ数学の方は読んでいていまいち良くわかりませんが、
以前インドでは日本では九九を覚えるように、
暗算で2桁の掛け算をする、という事に
関連した内容が書かれていた。

九九ではなく九九九九?と呼ぶのか?

その計算方法を調べてみた。
「ヴェーダ数学(ベーダ数学)」では検索してもでてこなかったが、
「2桁の掛け算」ではわかりやすい所がいろいろでてきた。

こちらが一番分かりやすそう。
*YMGH* インド式掛け算の暗算
飽きっぽい人のblog>2桁の掛け算一九一九


google検索:2桁の掛け算 暗算

計算のやり方
例:98×76

9×7=63 に00を足す (それぞれ10の位を掛ける)
9×6=54 に0を足す (10の位と1の位を掛ける)
8×7=56 に0を足す (1の位と10の位を掛ける)
9×7=63  (1の位を掛ける)

を、全て足す。
を暗算で行なう。

頭のメモリ能力がへっぽこという事を
再認識してしまいました。

2桁の掛け算を語呂で覚える本もあるそうですが
応用が難しそう。
どうせなら計算できる方向で覚えたい。


OSXのソフトでこんなのも有りました。
Anzan(Appleで紹介されているフリーのダウンロードソフト)
ホーム > ソフトウェア > Mac OS X > ダウンロード > 家庭&学習 > Anzan


あとすでに既出かもしれないが
筆算を図形式に書いて分かりやすい
解き方
という物もでてきた。
(どこかのサイトさんで出て来たな)

あともう一つ
筆算に付いてちょっと興味深い物を発見。
高速掛け算メソッド「繰り上がり分離法」 (SPI対策)。

2桁3桁以上の筆算なのですがそのやり方が少し違う。
2桁以上の筆算の場合、繰り上がりが出てくると思う。
学校の教え方ではその繰り上がりをメモしたりしながら
いちいち加えて書いていたと思う。

それをいちいち行なわないで行なうやり方。

筆算の計算の場合、掛け算して
その答えを足すという2つの行動を行なうが
掛け算だけを一気に、そしてそのあと足し算だけ一気に行うと
いうやり方にした物。
なるほどこれは分かりやすい。

これを調べていて思ったのですが、
どんなに難しい方法や間違いやすい物でも
単純化するとか整理するという手順化を行なう事で
すごくやりやすくなる方法は有るのだなと思った。

既存の方法のみが方法では無いと言うこと。
概念の「カラ」を割れるようになりたい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
「計算力」が面白い <速算力+暗算力>
2006 / 11 / 26 ( Sun )
先日「ドラゴン桜」にも載っていたので
読んだ人もいるのかもしれないが、
2桁の速算術や暗算術が結構今、自分の中で
面白い(マイブームですな、他の言い方は無いんでしょうか)。
マイブームと書いたがまんが雑誌に載ってた事なので
同時期に見た人も多いのですでに各所で見かけたりする。

例えば「14×45」の計算をパパっとやれというものがある。
(この問題が本の帯に、解法が本の裏帯に
載っているらしいが裏は見ていない、
多分こう書かれていると思う)

1.まず14と45を分解する
「7×2×9×5」
順序を変える
「7×9×2×5」
※変えなくても暗算できれば問題ない。

そうすると「63×10」をする事になる。
答え630。

×10は前の項に0を足すだけなので計算しなくてもできるという寸法。

なるほどこれは素晴らしい。
反射的に出来たら面白い。

物事を覚えるに対してテクニックがあるとする。
勉強にはテクニックだけでは本質を見過ごして
使えない無いような物もあると思う。
ただし手早く楽にできるという事は
決してズルい事では無い。

「楽に手抜き」と「能率よく早く完了」させる事では
雲泥とも、天地ほども開きがある。
身に付けて利便が良くなる事は貪欲に身に付けたいものです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |