FC2ブログ
部屋を掃除して出てきた本が <壁本>
2007 / 10 / 09 ( Tue )
今日部屋を掃除していて読んでなかった本が
出てきたので読んでみたら壁本だった。

壁本とは?
「壁に叩きつけたくなる面白くない本」の意味。
はてなダイアリー:壁本
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%C9%CB%DC


内容はweb業界の本なんだが、立ち読み時点では
良さそうに思えたのだが、よくよく読んでみると
作者の与太話に終始していた。

どう壁本かと言うと
・作者の日常風景的な書き方が要点をえなくてどうも読みづらい
・いろいろ書いてあるが結局内容度合いが薄い
・結局これを読む事で何かに生かせるかというと、その部分がどうもよく分からない。

まあ唯一面白く思えたのはwebプログラマのレベルの分け方で

>>レベル1:メール送信フォームやアクセスカウンターを作れる
>>
>>レベル2:掲示板を作れる
>>
>>レベル3:データベースを絡めたサイトが作れる
>>
>>レベル4:ショッピングサイトが作れる
>>
>>レベル5:会員登録機能なども含めた統合的なサイトが作れる
>>

これすらざっくりな分け方だが
まあまだ分かりやすい。


それを踏まえて壁本度数を計算してみた。

[壁本計算]
ページ総数 270
役に立ったページ 1
値段 1500円

壁本度 99.6%
壁本値段 1494円

注意:あくまで私個人が読んで個人的主観で出した数値です。

トンデモWeb業界 Webサイトはこうして作られる


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
壁本具合というのを考えてみた <ぶんなげ>
2007 / 10 / 08 ( Mon )
今日たまたま「壁本」に付いて
ちょっと気になったのでメモがてら。
※後ろ向き文章が続くのでさらっと流してください。

壁本とは「壁に叩きつけたくなる面白くない本」の意味。

はてなダイアリー:壁本
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%C9%CB%DC

いろいろ読んでいると店頭で立ち読みチェックをしているのにもかかわらず、
後々じっくり読むと「うわ、しまった」とかどうしても出てくるのですが、
ふと読んでて「これってどれぐらいの壁本なんかな」と
思いついたわけですよ。

例えば270ページ前後の本で、1ページしかあまり面白くなかったとして
どのくらい役立ったのか、または壁ホントしたらどのくらい壁本度なのか。
(そんな本を買う方も買う方だが)

kabehon_img.jpg


単純な数字の式で出せそうと思ったが
いろいろ調べたりネットで教えてもらったりした結果
エクセルで作った方が手順的に楽と思い、表にしてみました。

数字の出し方は単純に

「(役に立たなかったページ)÷ページ総数」で
壁本の基本になる数値を出しておいて

「壁本度」は×100をして
「壁本値段」はそのまま数値を掛けている。

※役に立たなかったページは総数の部分から
役に立ったページを引いたものを入れ込んである。

見て面白いものではないのかもしれませんが、
「気になった」ということで。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
眼鏡眼鏡
2007 / 10 / 07 ( Sun )
眼鏡屋さんで眼鏡注文しに来ています。

一番の理由はレンズのコーティングが
剥がれて来たため、視界が見にくく成ったため。(日常で気になるレベル)

なかなかいい値段なので痛い。

あとフレームが汗で腐食したため研いで
もらう。
(夏の連日40℃倉庫が効いたな・・・)
酸化した部分がなかなか綺麗に。

今回、約2年ぐらいのスパンの買い換えに
なったが、他の眼鏡さんの方はどんな風に
対処しているのだろう。
また調べよう。

眼の悩みから解放されるのは、レーシック
辺りしかないのだろうか。

レーザー治療の時、眼が痛くてグリグリ眼が動いてしまう私がジッとしていられるかも疑問だが。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
サイトを見ていたら乳首の色 <男女共通の好み>
2007 / 10 / 06 ( Sat )
家でニュース見ながら記事を書くのも
なんか久しぶりな気がする。
何回か書いてはいる筈なのに。

さておき

サイトを見ていたら
>>理想の乳首の色は男女共通で“薄めのピンク(桜色)”

というニュースがあった。

ここ



>>競争が激化する“美白ケア”市場において、
>>この「乳首」が新たな美白ケアの焦点となりうる
>>可能性が高いのではないかと分析されている。

いやなんないでしょw


なんて話を聞き、このゲームを思い出した。

いや、ギャルゲーなんだが。

続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
Webと漫画と
2007 / 10 / 04 ( Thu )
Webコミック誌で連載されていた漫画が
単行本化されていた。
可愛い絵柄なのでジャケ買い。

「Webコミック」とは基本はネット(Web)だけで
発表する形式の漫画雑誌だが、少し前から
よく見る出版方法だ。
いまさらだが「ネットから単行本」と言う販売スタイルが確立されてきたなと感じる。

以前、漫画「銭」(鈴木みそ)で「漫画雑誌は
金がかかる」という下りがあった。

毎週毎月の雑誌刊行、それによる人件費が
かなりかかり、その雑誌の売り上げでは
赤字になるそうだ。
刊行すればするほど赤字になる矛盾を解消
してくれるのが単行本で、何版も重ねる
漫画単行本で利益を出して赤字を補てん
するのが今の漫画雑誌のやり方だ。

ところがWebコミックの場合、かかる経費は人件費とサイト運営費位なので、コストはあまりかからない。
その分予算は他に回せるため、かなり
大胆なことが出来る。最たる物が無料で
見れる事。

まだ作家層が薄い(今売れ筋の人が少ない)
ため苦戦しているが
、収益上げて人呼んでの
サイクルが回り始めたら出版形式の主流が
嫌でも変わる。

初回発表はネット、商売は単行本などの書籍。

漫画を描く側にどんな影響があるかというと、
閲覧のデータから完全に人気が調べられて
しまうため、アンケートのように何割からの
データという薄まった話にはならず、
完全な実力社会になる。

そうなると、書籍化されるハードルが
高くなり、漫画で食べていける人も2極化
するのは容易に想像出来る。

明るい未来か厳しい現実か。
待つのはどちらだろう。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
続なかのひと <性別分析>
2007 / 10 / 02 ( Tue )
先日いつかは忘れたが
なかのひとの閲覧者推計をやったのですが
その続編。

その時は性別表示が出てこなかったのだが
(アクセス数が少ないと計測されにくい)、
今回は計測できた。

nakanihito.jpg



女性44対56男性

思う以上に女性が多い。
てっきり

20対80とかのむっさい(失礼)性別状況と
ばっかり思っていたので。

・・・つーか女性の方は何を読みに来てるんだろう。
ねたは大半がゲームとガンプラなんだが。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
コンビニでチロルドリンク
2007 / 10 / 02 ( Tue )
20071002144930
コンビニに行ったらこんな飲み物が!

チロルチョコのドリンク版。

飲む“チロルチョコ”が登場!!
ダイドードリンコ×チロルチョココラボレーション企画
「チロルチョコドリンク」発売のお知らせ

チロル
http://www.tirol-choco.com/news_daido.html

ダイドー
http://www.dydo.co.jp/corporate/news/2007/070913.html

飲んでみたら「コーヒーヌガー」(茶色のやつ)の味にソッ
クリ!

ああチロルはいいなぁ、子供時分で
「お金無くてもチロルは買えた」というののがスゴく良い思い出。

しかもしゃれてるデザインなんですよ。
金が無くてという選択ではなく、
チロルが欲しくてという選択と胸を張って(?)買えたのが
スゴくうれしい。

きちんと美味しいし。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
前ページ | ホーム |