FC2ブログ
万能世界は何が見えるか
2008 / 03 / 17 ( Mon )
昨日録画番組を消化していたら、新たに
進んだ「万能細胞による再生治療」の話
が取りあげられていた。

万能細胞とは皮膚・筋肉・臓器全てにな
りかわる事が出来る、まさしく「万能」な細胞の事。
従来器官などは一度無くなれば、他者か
らの移植しかできなかった物が、その細
胞を使えば無くなった器官を最終的に新
しく作れてしまえる。

実は万能細胞には2種類あり、1つはすでに
研究が進んでいて、受精卵からある細胞を取り出し、使用する事で万能細胞を作り出せる。
こちらは他の人間の細胞を使う事での拒否反応や外国などだと「命を壊す」行為が倫理感から拒否されている。

もう1つが新しく出た技術で、自分の細胞を
ある遺伝子を組み込む事での万能細胞化が出来るというもの。
個人的に遺伝子をさわるとという事が
危険な気がするが、自分の細胞を使うの
で拒否反応はでないそうな。自分の細胞を
使うので倫理問題もクリアしやすい。
まだまだ実験段階でその後者は使うと癌
になるという話だが、研究が進めばそれ
も解消されるようだ。
実現すれば臓器のみならず網膜を新しく
したりいろんな物が新しく出来る可能性が!
ただいま各大学機関などで研究が進めら
れている。

脳のメモリー移行さえできれば、ほぼ不
老不死の目処が嫌でもたつのですが。

MADな世界が広がるのか明るいワンダーランドが待っているのか。

なかなか世界が楽しくなって来そうですよ。

チートして作ったような最強LVスペック
999な人ばかりな社会になりそう。

まあそこまで進むのはかなり後としても、
目が悪いのを治せたりするだけでも、
早く実現して欲しい所です。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
Typewriter <youtube>
2008 / 03 / 17 ( Mon )
先日テレビでタイプライターを使った曲が
放送されていたのでメモ的に。

78 rpm Leroy Anderson - Typewriter (Played on a Garrard 4HF)


この曲を作曲した人は
ルロイ・アンダーソン(Leroy Anderson)

他にもこんな曲を作曲しています。
聴いてみればお馴染みの曲

「シンコペイテッド・クロック」
Theatro Coliseu, The Syncopated Clock, Leroy Anderson.


「トランペット吹きの休日」
Bugler's Holiday - Leroy Anderson


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
大序曲1812年(大砲) <youtube>
2008 / 03 / 17 ( Mon )
先日テレビで放送されていたのでメモ的に。

大序曲1812年とは。

チャイコフスキー作曲。
1812年にロシア軍がナポレオン率いるフランス軍を撃退したのを記念して作曲。
ロシアに勝利をもたらしたといわれている砲兵部隊の活躍を表すのに、
チャイコフスキーが曲の中でカノン砲のパートを記したとされている。
(諸説があるそうです)


TCHAIKOVSKY 1812 OVERTURE


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
調べればいろいろ出てくるもんですな <思えば遠くへ(違>
2008 / 03 / 17 ( Mon )
「大序曲1812年」を調べていたのですが、こんな曲があった。

ヘリコプター弦楽四重奏曲

Wikipediaそのまま引用で済まないが
このような内容らしい。

>>シュトックハウゼンはある日、ヘリコプターに弦楽器奏者が
>>乗って演奏し、それが四つ輪になって旋回する「奇妙な」夢を見た。
>>この夢に触発されたシュトックハウゼンは早速この夢を現実のものに
>>しようと行動を起こし、4台のヘリコプターと弦楽四重奏のための
>>弦楽四重奏曲を作曲した。

・・・夢って見ているときはすごく楽しいんだけど
いざ順序だてて並べなおすと良くわからない物だったりする
物を現実にやってしまった物らしい。

演奏的にすごいのかどうか
良く分からないのが、すでにすごい気がする。


ちなみに「大序曲1812年」はこんな曲

ちょうどテレビで先日放送されていたので知っている人も多いかも。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
大序曲1812年 <youtube>
2008 / 03 / 17 ( Mon )
小澤征爾が指揮していたものがありましたので
メモ的に。


大序曲1812年とは。

チャイコフスキー作曲。
1812年にロシア軍がナポレオン率いるフランス軍を撃退したのを記念して作曲。
ロシアに勝利をもたらしたといわれている砲兵部隊の活躍を表すのに、
チャイコフスキーが曲の中でカノン砲のパートを記したとされている。
(諸説があるそうです)


大序曲1812年
Tchaikovsky - 1812 overture
(指揮・小澤征爾)

Tchaikovsky - 1812 overture (Part 1)


Tchaikovsky - 1812 overture (Part 2)



テレビ番組で「大砲が使われるクラシック曲」として
紹介されて検索しましたが、使っていないこちらはこちらで
聴きごたえがあります。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |