FC2ブログ
色んな意見の海 <漂う一つ>
2008 / 03 / 26 ( Wed )
某サイトさんでネットでつまらない事を書くべきか
書かざるべきかなんて記事のリンクがあったので
ちょっと書いてみようと思います。

ニュースソースのリンクはしません。
あしからず。

私自身はblogでも結構書いてしまっているので
今更ですが、書いてもいいと思うタイプです。

私は漫画が好きなんですが
某ジャンプ系の何百万部と売っている某有名
スポーツ漫画とかあるのですが、
実はあまり面白いなと思った事はないのです。
かっこいいなとかは思った事はあるのですが、
面白いかというとなんとなくそうは思えなかった。
他にも他雑誌の、とんでもないコアなファンもいる某超有名車漫画とか
個人的には面白くないと思える作品も多いのです。

作品名を挙げれば「えー」とか思われたり、
コアなファンが怒り出すとかそんなレベルの漫画なので
絶対に書きませんが。

逆に私が好きな作品でも、それを嫌いな人もいますし
好きでも打ち切りになってしまった漫画も数知れず。

確かに詰まらないなんて話を書くことは
これから見る人やその漫画の作者やファンの人に
影響は多少あると思う。

でもそれは素直な感想。
数万ある中の一つの。

そこでその人が、それ以上に不買運動を呼びかけをしたら
問題ですが、単に感想で「つまらなかったです」と
書く事・書かない事にどれだけの意義があるのだろう?


結局それの行き着くところは
有名とかカリスマとかそれらの人と、
その言動に乗るファン達の大多数集団の圧迫。
それに対する地下でのゲリラ的叫び。

なんて感じだと思う。

人間なんて気まぐれな物でつまらないといわれれば
逆に「へえ?どんなにつまらないか物の試しに行ってみようじゃないか」と
逆に行動する物好きな人だっています。

何でもいい出しゃ切りが無い。

嫌いなものを好きになってくれと言うわけでもない。
合わないなと思ったら読まなくてもいいのです。
リンクを押せば次のページにいけるのだから。

人が面白い・つまらないと書いたとして
書いた人がどんな感覚の持ち主で
どれだけ知識があってなんてのは実際会ってみないと
ホントの所は分からない。
だから適切な知識での判断で書いている
物なのかも分かったもんじゃない。
べた褒めの文章が実はアフィリエイト目的で
誉める人だっているわけです。
それならあえてわざわざ不利な文章は書かないでしょ?


書かない方が良いんじゃないか?
それも間違ってない。
書いてもいいんじゃないか。
それも間違ってない。

正しいとか正しくないとか
そういうものでは無いでしょ?


あえて蛇足として、
何かの作者が、自分の文責をお金に変えて
生業とする以上は、購入者がどう言おうと
それは受け止めるべきだと思います。

その作者がその意見を取り入れるか
もっと先に方へ突っ走るかも自由なのだから。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
ジャンパーを観てきました。
2008 / 03 / 26 ( Wed )
(若干ロケ地ばれあり)

映画で「ジャンパー」を観てきました。
なかなか爽快で楽しかったです。

ストーリーはついていない男が、ある日
事故をきっかけに超能力の瞬間移動に目
覚めた事から始まる新しい生き方を追ったもの。
何せやりたい放題なので生活も一変した
楽しいものに変わる。それによりある団
体に狙われる運命まで引き起こされてし
まうが・・・と言うもの。

ストーリーは有って内容なものに近い。

瞬間移動が視覚的にも感覚的にも気持がいい。

一応謎要素は有るのだけれど、かなり
分かりやすいため、作り手もアクション
映画と割りきった作り方をしている。

瞬間移動を科学的な捉え方をしている
一端もあるのだけど同上。

ひたすら瞬間移動の超能力バトルが見所と言って良い。

5段階で4。
(3の上とも言える)
4にしたのは瞬間移動のテンポが全体に
上手く使われていたために面白く感じたため。

ちなみに、
東京ロケもしていたようで銀座などの
地下が出ているシーンがあるが、
近辺に行った事があるだけに何だか楽しい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
久々にゲーセンへ
2008 / 03 / 26 ( Wed )
20080326210155
「ガンダムVSガンダム」をようやくプレイ。

人がまばらなのでひたすら一人プレイを堪能しました。

ターンA最高!ハンマーが楽しすぎる。
(多分対戦だと瞬殺されるが。)
ゲージが溜らなくて月光蝶が出せなかっ
たのが残念。

あとゴッドガンダムとかニューガンダムとか。



関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
アニメの進化はどこまでも
2008 / 03 / 26 ( Wed )
唐突だが「さよなら絶望先生」のアニメが
素晴らしい。
(久米田先生作品が個人的に好きと言う事
を差し引いても)

現在続編の「俗・さよなら絶望先生」が
放映されてますが、また1つ凝った演出が
行われている。

OPに流れる映像が、
フィルムを流して使用と共に劣化が進む
ように、放送回が進む毎にノイズや傷が
増えたりフィルムが切れる様な演出が
行われている。
(デジタルの時代なのに敢えてアナログ時
代の演出)

OP自身が考えられた奇抜さと言う部分
でも目を見張るものがあったが、こちらは
注意して観ないと判らない

一昔前の「普通のアニメ」は本編以外に
は手を加える事などほとんどなく、それが
当たり前だった。

良くて放送クールが変わることで、
酷(ひど)ければ、本編を以前の中身の
総集編で済ましたり。

数回毎にOP・EDをかえたり、エンドカードを毎回変えたりなどは考えられなかった。

それでも問題はない。

全てに言えるが作品など、もし手を抜こ
うと思えば幾らでも抜ける事ができる。

でも、そこを敢えてやる。
クリエイター魂か
なんななのかそれは判らない。

中身以上に演出部分でも細かい手直しが
あり、それは誰かが気付いてネットで書
かれれば、またその誰かが集中して観る
だろう。

気付く人も居れば気付かない人もいる。
(この作品に限っては探す人が多いのは
間違い無さそうではあるが)

ただ1つ言えるのは、
見ている側として
毎回がとても楽しい。
それに尽きる。

アニメは作り手によって、どんな進化を為ていくのか?

実に興味深い。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
吉となすか凶となすか <吉牛>
2008 / 03 / 26 ( Wed )
TVCMを見ていたんですが
吉野家の牛丼が24時間稼動するそうな。
http://www.yoshinoya.com/shop/campaign/index.html

しかも「新生活応援祭」と銘打って、
牛丼の80円引きセールを実施。
期間は4月2日(水)10:00から4月8日(火)の20:00まで。
http://www.yoshinoya-holdings.com/

普通なら「牛丼24時間稼動おめでとーございますー」に
なると思うんですが、これが好材料になるのかなというのが
なんとなく疑問。

吉野家の牛丼がなぜわれもわれもと
食べたがったりするブーム的なものが起こったか?
なぜか?
それは食べれなかった期間があったから。
しかも酔っ払いの親父が「牛丼屋に何故牛丼が無いんだ」と
ニュース騒ぎになったというのもあり話題になった。
それが拍車をかけた。

ああ食べたい!食べれる事のありがたみ!

順序は逆になるが
狂牛病などの降ってわいた事件なども起こり
ますます食べれなくなるなるという悲劇性なドラマも生まれた。

今まで覚えている上で、牛丼が営業時間に提供できる前に
牛丼復活祭が3回程行なわれたが、
(正確数はごめんなさい、うろ覚え)
3回とも行った人は居るのだろうか?
そしてその後に通常に食べにいく人は何割いたのだろうか?
(データを調べたい所だ)

もちろんその前の前から普通に常食で
食べに行っていた方には待ちかねた状況ではあるし、
普通に戻ってしまう事で売上が上がるかというと
それが伸びそうなイメージが無いのは勝手な思い込みかもしれない。

そう考えると小出し小出しの方がありがたみも出て
いいようなイメージがします。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |