FC2ブログ
DSゲーム検定をプレイ中
2008 / 07 / 07 ( Mon )
只今セミプロレベル。

この辺から上位試験を受けるのが辛い。
クリアが精一杯で銅。

「テニス」と「ファミリーサーキット」をやったことがないから苦戦中。

ナムコの名作レトロゲーを使った検定ゲームですが、単なるリメイクとか今の時流にのっているだけじゃない上手さを感じる。

説明書まで昔のゲーセンのインストカード風になっていたのが結構心憎い。

なんだかんだ言いつつもチョコチョコやっています。

メモ

・王冠マークは1パックに収録されているゲームを全て一度はSをとる(1回のチャレンジでなくてもよい)
・ゲームの半分ぐらいは手順や答えが決まっているため、正解は覚える事が出来る。
(パズル、神経衰弱な、ファミリージョッキーのアイテム、調合など)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
うまくなるにはどうすればいい? <質より量>
2008 / 07 / 07 ( Mon )
ここ[ゴルゴ31]

すがやみつる先生が自分のデビュー当時を踏まえて
師匠:石ノ森章太郎先生の言葉を紹介していました。

「うまくなりたければ量を描け」

成果とは個人的に
「技術力×量」だと思っています。

(何も無い所を基点として
まず「才能」というもって生まれた物の
「スタート地点」もありますが今回は割愛)

「技術力」=これはどのようにしたら思ったように作れるかの力。
そして
「量」=費やした時間。

何かを作り出した物が結果として現れるとき、
個人的にはそれは、「足し算」ではなく「掛け算」だと思っています。

才能が無いからと言うなら最初っから持っている人はほとんど居ない。
上達スピードが遅い人だって居る。

「そうじゃなくて、才能とか技術とかないのは分かっているけれど、それでも君はやりたいの?」

マンガ作品を創りたいなら原作者の道だってある。
自分でどうしても、絵から何からすべてを描きたいなら、
その我がままを通すために
何かを前に進めないといけない。

人生の先達は修羅場を越えている分、良い事をいわれるなぁ・・・。
さすがです。

理論で勉強というのも在りますが、
何か動かした方が四の五の考えるよりも
上達は進みますし。


あと別の話になりますが、
件の「漫画家・サンデー騒動」に付いても軽く触れられています。
どちらの味方という話ではなく、どちらの側の人間にも問い掛けているように感じます。
ほんの数行なのですが、印象的です。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
アマゾン以上の通販サイトはいつでてくる? <アマゾンの他に>
2008 / 07 / 07 ( Mon )

こんなBlog記事を描いていた方がいた。
>アマゾンでエロマンガ雑誌が買えなくても困ることなどなにもない。

[ゴルゴ31]

先日自分でこんな事を書いたのも踏まえて。


私もアマゾンはいろいろ利用しているのですが、
その理由は決済面で便利だからで、コンビニ決済対応しているからです。
(クレジットカード嫌いなんです)
代引きでもいいけれど、自分が居なくて家の者が対応したり、
支払い時に手持ちが無かったりするのが困るケースがあり、
ほぼ先払いで済ませてしまいます。
(個人的にこの理由が一番大きい。)

今アマゾンで問題(?)になっているのは
「本当に買いたい購入者が買えない事」だから、
それも踏まえて決済面を上手く利用しやすい環境が作れれば、
アマゾン1強的な状態を覆す事は結構できるのではと思います。

そんな事ありえない?

いや、あると思います。

一番身近な例で言うと
携帯のナンバーポータ・・・と言うより
「ドコモ離れ」が一番分かりやすい例です。
※長いので「続き」の方に別記します

勝手な想像ですが、一連の「ドコモ離れ」は
ユーザーが料金サービスの適正な・・・云々より
「不満感による感情的なもの」もあると思います。

そもそもアマゾンもここまで浸透するまで時間はかかっている訳ですし。


通販関係のサイトを任されているのですが、
小規模な所の場合、決済対応を増やすほど経費が掛かるのです。

運営側にとって楽なのがカード決済と代引き
(代引きは送料と代引手数料取られるのが癪ですが)。

もちろんそれ以外の決済方法は色々ありますが、
その契約をするために利用料を決済代行会社に支払わなければならない。
微々たる物に思いがちですが、月額の契約利用料に一回毎の利用料と
ことあるごとに手数料を取られるため本当にバカにならない。

会社規模が大きければ(売上が高ければ)送料などの経費を他に賄えて、
~~円、送料無料などに還元できる。
そうなると利用者も多くなって・・・という好循環が生まれるのですが、
それ相応になるまではなかなか越えられない。

そういう意味で
「~~は出来ないけれどこれはアマゾンに負けない」といった
差別化を付けたサイトであれば結構いい勝負が出来そうなイメージがあります。
例えば配送の面で日本郵便と組んで、
代金は郵便窓口で先払い可能といった連携を行なうとか。
日本郵便も定期的な配送量を確保出来るので悪い話にはなり難いはず。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |