FC2ブログ
MacOSXを使っていたら太い枠線が出て消えなくなってしまった <ユニバーサル>
2008 / 08 / 15 ( Fri )
MacOSXを使っていたら太い枠線(黒い枠)が出て消えなくなってしまった。

080815picture002.jpg



どうも何かの拍子で何かのボタンを触ってしまったら出て、消えなくなってしまった。
再起動しても消えない、という事で何かの設定かなと調べる事に。

調べると「VoiceOver」の機能で選んだ部分が喋りだす補助機能だそうな。
音を消音していたので気付かなかった。

「システム環境設定」から「ユニバーサルアクセス」項目へ行き、
VoiceOverを「切」にすると消えます。

ちなみに触ったキーはF5と判明。
細かく説明すると「コマンドキー+F5」。
これが起動させるショートカットになっています。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は本整理 <がっつりと>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
今日は午前中本整理を集中的に行ないました。
週刊マンガやらハードカバー本、ゲームの専門誌など。
マンガオタですので単行本やら週刊漫画誌などかなり取っていたのですが、
本の置き場や今後どう使うかなども考えると、
多分持っていても一生読み返さない本という本があることに気付きました。

正直個人的にはずっと取っておきたい。単行本未収録の本とかもあったりしますし。
好きなマンガのカラーとか特別な表紙とか思い入れのあるものもあったりと
正直きりがありません。
今までは「趣味だから」と割り切っていましたが、
逆に趣味だからこそ、趣味とは言えと
いろいろ考える事が出てきました。

そこで欲しい本を選定する事にしました。
今までもそうやって選定してきましたが、今回もごっそり捨てる事になりました。
本当は今すぐ読まない本は全て見ずに捨てる方が
時間も労力も要らないのかもしれませんが、マンガだけはそれをしたくなかったので
手早くしながらも選び捨ててきました。
ちょっと心苦しい気もしますが、僕自身にも目的が出てきた以上
はっきり行動に出なければならないと感じたため。

約5時間作業し、外気の熱さと本の重さを感じながら
汗だくになって進めていました。

今までおいていた場所がガランとなり、
スッキリしつつ、何か空洞になったようなさみしさも感じます。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リズム天国ゴールドをプレイ中 <良作>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
「リズム天国ゴールド」をプレイ中。
実は先日から気になっていたゲーム。
ゲームシリーズ自体はゲームボーイ版時代から知ってはいたのですが、
なんとなく安っぽいイメージがあったので食わず嫌いな感覚でいました。

ゴールドが発売され、告知ムービーが店頭で流れているのを見て
値段も少し安めだしプレイするのも良いかなと思いプレイしたのですが、
これは思う以上に面白いです。

ゲーム自身は単純なテンポに合わせてタッチしていくだけですが、
それがなぜか面白い。
しかも微妙に狂うのが、なんともむずがゆくて、くやしくて、面白い。
自分のリズムがずれてると思うとなんだかくやしいんですよね。
でもパーフェクトどころかハイレベルクリアもなかなか思うようにままならない、。

広告としては、あまり「ゼルダ」や「マリオ」のように大々的な
ものではなくこじんまりとしたイメージがあるのですが、
じわじわと面白いゲームだと思います。

今作で初めてやったんですが、つんく♂プロデュースという事も初めて知った。
こんな事までやっているのか。
多才だなぁ。
そしてそういう事を前面に出さない広告展開もなかなか好感が持てる。

安易な考えだと既に知名度がある芸能人と引っ掛けて
売り出すのは常套手段ではあるんですが、
売り場の畑が違う場合明らかにマイナスに作用し易いと思うんですよ。
でもそれを行なわないというのが、もしかしたらという不安もあれば
迷いも出やすい。
そういう意味では潔いなと思います。


※関連記事として前作の「リズム天国」での記事ですがリンクして置きます。
http://www.1101.com/nintendo/rythm_heaven/01.html

http://www.1101.com/nintendo/rythm_heaven/index.html

http://www.1101.com/nintendo/rythm_heaven2/02.html


失礼ながら、ちょっとした合間にする簡単な片手間ゲームという
印象を持っていたのですが、やってみて払拭されました。
一度店頭か何かで体験して欲しい。

【関連】
リズム天国ゴールド(公式)
http://www.nintendo.co.jp/ds/ylzj/index.html

続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DSの同人エロゲが発売中止になったそうな <そりゃまあ>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
ここ
[痛いニュース]

[関連ページ]
製作者ページ
ttp://plaza.rakuten.co.jp/zukezuke/diary/

(アキバBlogでの紹介記事)
ttp://blog.livedoor.jp/geek/archives/50707714.html



同人でDSでエロを作ってしまうとはすごいと思って居ましたが、
まあ仕方が無いかも。

同人だからって何でもしていいってわけじゃないですし。

逆にこれがきっかけで全体の規制や
警告が厳しくならないかちょっと気になる所です。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その7 <脚部>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
前回まで
その1
その2
その3
その4
その5
その6

途中経過。
パーツもまだまだわっさり残ってます。
pg_e001.jpg



脚部股関節。関節部分のディティールは一貫して細かく造られています。
pg_e002.jpg


大腿部からふくらはぎに掛けてのパーツ構成。
動きに対するこだわり=パーツ数
pg_e003.jpg


半組み上げ。
メカメカしいゴツさが堪りません。
pg_e004.jpg


さらにフレーム部分のパーツを重ね合わせた所。
ここら辺から脚らしさが出てきます。
トニたけ先生で言う所の「ダム」ですね。

幾重も重ねるからこそのボリューム感がいい感じです。
pg_e005.jpg


足首にかけて。
関節を表現するためにやはり複数のパーツが組み合わされます。

特筆する部分は
つま先の曲がり方でしょうか。
ここら辺は装甲で隠れるのに徹底した作りこみです。
銀メッキのシリンダーパーツまで使ったりしています。
pg_e006.jpg


pg_e007.jpg


特徴的なカラーの赤いつま先や足首のガード装甲装着。
ふくらはぎの装甲も1枚ごとに細かく貼り付けていきます。
その理由は緻密なモデルというだけではなく、
実際にメカ整備する場合どのようにするかというにと考えられたコンセプトが加えられ
装甲の開閉ができるようになっているからです。
メカニック視点でカバー開閉等も行なえる。
こういうコンセプトを作りながら楽しめるというのもPGならではです。

pg_e008.jpg


pg_e009.jpg


pg_e010.jpg


pg_e011.jpg


<つづく>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フラグ判定機能があればなぁ <当時の記憶>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
盆休みなので古い記事を整理中。
自分で自分の記事が面白かったので加筆修正。
せっかくですので。

=========================

文章を書いて思い出したのですが、
「フラグ判定機能があればなぁ」と思いました。

やせてる時は何となくモテているようでした。
最大時98kgからフラレて何がなんだか良くわかんらなくなったとき
63kgぐらいになりまして。

※ちなみに今70kg台

しかしそれは本当にそうなのか
単なる勘違いなのか良く分からない。
「調子に乗ってんじゃネー」なのか、
「アプローチかけてんのになんで気づかないんだこの朴念仁がっ!」
なのか。

いやもうアレですよ
人生の大半をネガな人生暮らしてれば
もう大半の出来事が自分に明るい未来の材料はそう無いと感じるのですよ。

そうなるとどうなるか?

変な思い込みが生まれた。
女の子からアプローチなどされるわけが無い。

例えば
女の子が告白していても、俺の方向を向いて「つきあってください」と言っても
実はこの人は、俺とこの人の直線上を結ぶ延長に居るイケメンに告白してて、
そうすると俺って希薄な存在?空よりも限りなく青いブルー?とか
そんな事をイマジンしてしまいます。

まあ上は極端な例ですけどね。



別の話になりますが
この手の話で「yasakaさんはどんな女性が好みなんですか?」と
聞かれる事が何故か多々ある。
女性の好みとか聞かれてもこちらとしても
別にアイドル並のルックスを求めて居る訳でもないし
と言うよりアイドルはよく知らない。

聞き手「好きなアイドルはなに?」
私「えーっとなんだろ」(実は良く分からない)
聞き手「何でもいいから」
私「(思いついて)じゃあ、中川祥子、しょこたん。」
聞き手「彼女できないの高望みしてんじゃないでスか」

だーー!
喧嘩うっとんのかw

そこでアイドルの名前を羅列でもしよう物なら
「好みを聞く」という目的から「何でこんな、この人アイドルに詳しいの?アイドルオタ?」
という違う話の発展になってしまう。
(良く知らないから出来ませんけどね)


そんな事がバイトなり何なりとかいろんな所でちょこちょこあった。
俺を
「恋愛の対象として見ているのか」
「職場の良い人として見ているのか」
「変に嫌がると後でも付けられそうだから愛想良くしてんのか」

いったいどれなんだ。
わからん。

ああいっその事
フラグ判定機能があればなぁ。


と思った。

一生懸命生きていこうと思います。


============================

・・・えらいネガっぷりだなぁ。
若いっていいなぁ。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
日本の漫画と海外事情 <海の向こうの腐女子>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
盆休み中なのでBlog整理中。
3年前ぐらいの記事ですがちょっと興味深い部分もあったので公開。

===============================



日本の漫画と海外事情 <海の向こうの腐女子>

海外では結構日本のコミックは
現地語訳されていたりキュートで
繊細でかわいいとか言われている事は
結構認知度も高いそうです。

結構有名サイトさんになると
海外の方(アジア系とか)から
掲示板に書き込みがあります。

ところで
同人をする女の人はヤオイとか
「腐女子」と言うそうです。
(教えてもらった子は「ミスターフルスイング」と
「テニスの王子様」がメインとか言ってた。)
その子のサイトには海外からのアクセスで
アチラの言葉なのですが単語単語は共通だったり、
要点的に「○○様好」とか「○○○○!?」とか
そんな感じで書かれているのを見る限りでは
女子的萌え琴線は世界的に共通なのかもしれません。

たまたま履歴で見に行ったところが
そんな感じの勢いでしたので
思い出しました。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
古い記事を整理中 <エスパー伊藤を個人で呼べる>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
盆休み中なので色んなデータをザクザクと整理しております。
こんな記事が出てきた。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091157292047.html

「エスパー伊藤を個人で呼べる」という内容の記事。
結婚式に芸人を呼べるというのは面白いが、
エスパー伊藤か・・・
うーん。

どうなんだろ。

当時の記事によると見積もりは無料らしい。
ちょっと覚えとこう。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
古いデータを整理しています。 <パッチョンボ~>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
ただいま古いブログ下書きを整理しています。
そしたらこんなのが出てきた


=================================

pacchonbo-moinoinoi chakaretapatton pankorakettonto-n
パッチョンボ~モ~イノイノイ チャカレタパットン パンコラケットント~ン

no-ra churere-rotton poraporapetton pu-rorattantan
ノ~ラッ チュレレ~ロットン ポラポラペットン プ~ロラッタンタン

pappu-ra mo-inoinoi chakaretapatton pankorakettonto-n
パップ~ラッ モ~イノイノイ チャカレタパットン パンコラケットント~ン

o-ra poruketthi-no poporattantanso-
オ~ラッ ポルケッティ~ノ ポポラッタンタンソ~

kokoreccho pie-nto-ra ma-nima-ni unjgarafoccha-ra de‐ra
ココレッチョ ピエ~ントゥ~ラ マ~ニマ~ニ ウンガラフォッチャ~ラ デ~ラ

totora-pethiton totora-pothiton  senekiniko-se-pon
トゥトゥラ~ぺティトン トゥトゥラ~ポティトン セネキニコ~セ~ポン

kokoreccho pie-nto-ra ma-nima-ni ungarafoccha-ra de-ra
ココレッチョ ピエ~ントゥ~ラ マ~ニマ~ニ ウンガラフォッチャ~ラ デ~ラ

totora-pethiton totora-mathisi-po-n
トゥトゥラ~ぺティトン トゥトゥラ~マティシ~ポ~ン



=================================

!?

文章だけ見て「何が合った自分>当時」と思いましたが
読んでいてPSPの「ロコロコ」のCMソングだったのを思い出しました。
調べてそのまんまだったんですね。

歌詞の意味は良く分かりませんがいい曲だったなとか
当時を思い出してしてみたり。

(改めて書きますがソニーはそういうCM戦略が非常に上手い)

なつかし。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「マネーの拳」とか読んだり <社員と会社>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
「マネーの拳」の6巻を読んでいます。
すでに出ていたのが分からなかった。
※ビックコミックスペリオール連載(隔週2・4金曜)
http://bc-superior.net/
作者/三田紀房(みた のりふさ)
関連wiki

作者名でピンと来る方もいると思いますが、
「ドラゴン桜」「甲子園へ行こう」の作者でもあり、
この作品のテーマはズバリ「会社経営」です。

ざっくりとしたストーリーは元プロボクサー王者の
主人公「花岡拳」がレストラン経営などを行い、
中々うまくいかず試行錯誤していたところ、
ある日テレビ番組に呼ばれた折、とある
経営成功者の方に経営とは何かという話をする機会が
出来ます。
その折色んな事を吸収し、新しい事を始める機会をもらったり、
ひょんな事からアパレル業界に参入して業績を伸ばすため
ライバル会社の困難にも耐え・・・という試行錯誤ストーリー。

現在は会社上場編。

ドラゴン桜に限らず一度読み出すとおもしろいです。
というのも、この作者さんの作品がおもしろいのは
良かれ悪かれ、きちんと分かりやすく順序だてて
読ませるところにあります。

もちろんこのままやって成功するかといえば
うまく行く訳では無いでしょうが、
「これはこういう意味」「これはこういう意味」・・・

どちらかというとマニュアル本に近いエッセンスがあります。

あと登場人物はいわゆる特殊能力を持った
「スーパーヒーロー」ではなく
全て普通の人たちばかりです。

なので成功もすれば失敗もある、
色んな意見に流される。
その分親近感も湧き易いのがポイントで、

ただし10回に数回、「ああそうか!」と
いうひらめきがあり前進がある。
そこがマニュアル的な要素としての
読みやすさも加味されています。

なんだか店頭だと冊数がなぜか少ないみたいですが、
一度読むと次の展開が気になります。
まんが喫茶などでも置いてある筈ですのでご一読アレ。
手元に置いておきたくなりますよ。

おすすめ。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近良く考える事 <歩き方>
2008 / 08 / 13 ( Wed )
最近色々な事があり、考える事が出てきた。
その中で一番大きく気付いた事は「今、自分が楽しいかどうか」という事だ。
これは公私共々何にでもに当てはまる事。

例えば
仕事で上手く行っていないとか契約が取れない業績が上がらないとか
ネット通販事業なら売上が上がらないとか
アクセス上がらないとか色々あるだろう。

なぜ上手く行かないかと考えた時に、仕事のやり方が上手く行っていないとか
色々理由はあるのだけれど、その根本の根源を考えた時に
ひとつの事にたどり着いた。

「今自分がやっている事はこれが楽しいのだろうか?」
その自問自答。

それで今の自分を振り返ると結構楽しくないという事に気が付いた。
例えば今の私の場合、仕事がそう。
何故かというとすんごい高温の倉庫で作業
したり(作業していると気が遠くなる)、
お客さんのクレーム対応、
取引先がいい加減でそのしわ寄せから
来るつじつま合わせ。
正直うんざりする。

なんと言うのか「マイナス」の空気の海の中で
チャプチャプ必至に浮きながら泳いでいるような感覚なんですね。
そのくせ朝礼では「前向き」とか「売上アップ」とか
「お客様のために」とかそんな話ばっかりしている。

現実にある事から目を逸らして
真逆の話ばかりして尻を叩いている。
それじゃ楽しくないでしょ。


楽しくない事を嫌々やっていても
それは伝わる。
何かで、空気で、雰囲気で。

人を騙しているのと同じなんですよね。
感の良い人ならその違和感に気付いてしまう。
離れていってしまう。



じゃあ何で人が身銭を出してまで何かを買ってくれるかというと、
身銭を出して「楽しい」とか「嬉しい」とか「幸せになりたい」という
欲求からお金を出してまで交換してくれているんですね。


その対象が「つまらなさそう」とか「なんだか効果無さそう」とか
マイナスなものに見えたら買ってくれるわけ無いでしょ。
しかもお客さんの収入だって無尽蔵じゃない。
少ない中からやりくりして出してくれている。

それがいい加減な物だったらそりゃ腹が立つ、
と言うより自分がその立場になったら腹立たしいでしょ。


これはすごく当たり前の事のはずなのに
今改めて初めて気付いたように思えた。
目からウロコが剥がれるような感覚だった。

毎日少しずつ気付かないうちに、
曇りがたまっていっていたのかもしれない。

例えば営業マンだったら売りたくない物でも売ってこいとか
やらなきゃいけないかもしれない。
(そんな事やっているから殺伐になっていくような気がする)
ただそれは相手を騙すような手口だったり意図じゃいけないと思う。

まず自分が楽しいか、何故楽しいか、楽しんでもらえるか。
そこがはっきり言えるようじゃないといけないと思う。

自分が楽しくないのに
どうして相手が楽しんでくれるんだろう。
自分が楽しくないのに
相手が楽しんでくれるなんてほとんど無い。
だったら人が来てくれるわけ無いでしょ。


自分が本当に「楽しい」事をやる。
その楽しさを必至に伝える。
それくらいしか出来る事も無ければ
それが一番重要なんじゃないかと思う。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりに失敗らしい失敗をした。 <精根>
2008 / 08 / 13 ( Wed )
この週末、久しぶりに失敗らしい失敗をした。

件のセミナーの感想を土曜までに書けと言われていて、書き上げれなかった。

理由は色々付けれるが、最終的なものは疲れがたまっていて、
家に帰って風呂から出たとたん気を失うように伏せてしまい、
気付いたら朝だったということだ。

一番良い対処はせめて当日朝電話して報告と
相談するべきだったがあせりにあせってしまった。

自分でも信じられないくらい。

「今日はもう帰れ」と怒られる。
それも仕方がない。
こんな怒られ方をされたのも10数年振りだ。

帰ったら帰ったで、帰りの電車でも目が開けてられなくて駅を乗り過ごす位。
ここまで体と意識がままならないのも久しぶりで返って失笑が出てくる。
怒られるのも当然だし言われた事も当然だと思う。

月火水とセミナーに出て
木金とたまりにたまった仕事をようやく解消して
精根尽き果てたという感じだろうか。


今回は私が悪かった。
ただし正直な所、釈然としない部分があるが。

まあ気を取り直そう。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その6 <腕部2~肩部>
2008 / 08 / 13 ( Wed )
前回まで
その1
その2
その3
その4
その5

腕部は結構パーツが多いです。

指パーツ。
pg_c014.jpg


切り離しただけ
pg_c015.jpg


こちらもこんなに小さいのに切り離しただけで、しっかり稼動します。
pg_c016.jpg


実は弾力があり、一つはめては一つ外れるのでこの写真を撮るのも
ちょっと大変でした。コツは奥のほうまで入れて、一度大きく関節を
曲げておくと自然に外れません。
pg_c017.jpg


内部機構をつくり、
pg_c018.jpg


外装甲をつけて、右腕部完成。
pg_c019.jpg


できた物を設置しました。
pg_c020.jpg


もう片方も作ります。
pg_c021.jpg


内骨格を作り・・・,
pg_c022.jpg


外装甲を追加
pg_c023.jpg


両腕完成
pg_c024.jpg


ここまで作ってようやくランナー枠一つからパーツが消えました
pg_c025.jpg


肩部分。大きく動きます。
pg_c026.jpg


pg_c027.jpg
肩アーマー装着。!

<つづく>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その5 <腕部>
2008 / 08 / 13 ( Wed )
前回まで
その1
その2
その3
その4

続いて腕部。こちらは肩関節。
pg_c001.jpg


肩関節の機構パーツ。
このパーツはガンプラキットの最上級PGキットの大きな特徴の一つ。
成型された時点で可動するように成型されている。
pg_c002.jpg


ただ切り離した所。
pg_c003.jpg


裏面、このように関節部分が切り離しただけで完成している!
pg_c004.jpg


ただ折り曲げただけで緻密なシリンダー機構が作れてしまう。
恐るべきバンダイのテクノロジー。
pg_c005.jpg


可動部分が外れないようビス止め仕様になっています。
pg_c006.jpg


続いて内部フレーム。
pg_c007.jpg


pg_c008.jpg


幾つものパーツを組み合わせて完成。
pg_c009.jpg


稼動させると中の機構が動いて稼動しているギミックが!
pg_c010.jpg


こちらは手首部分。こちらも微妙な手首の動きが
表現されており、縦横に動くような可動域を持っています。
pg_c011.jpg


pg_c012.jpg


しかも折り曲げるだけ!
pg_c013.jpg


<つづき>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その4 <腰部>
2008 / 08 / 13 ( Wed )
前回まで
その1
その2
その3

続いて腰部。
これがパーツ構成。
pg_d001.jpg


足の稼動と腰の回転部分のポリキャップをセット。
デカイ。
pg_d002.jpg


股関節の中心部をはめ込み。
前の赤い部分は可動式。
pg_d003.jpg


前面の股装甲と上半身を乗せるプレートをセット。
腰のアーマーも細かく作っていきます。
pg_d004.jpg


前後の腰部アーマーをつけたところ。
pg_d005.jpg


腰部セット。
この時点でHGキットの大きさを超えました。
pg_d006.jpg


<つづき>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大人の毛がないオトナ達 <子供化>
2008 / 08 / 13 ( Wed )
下の記事があまりにも単的だったため。

追記と言うか補足と言うか。
先日電車をに乗っていたのですが、
オトナが電車の中でポケモンスタンプラリーの台紙を3枚程持っていた人が居た。

スタンプラリーか何かをやっていると言うのは駅構内のポスターで
見た事があるのでなんとなく知っている。


名鉄沿線 2008夏休み ポケモンビンゴスタンプラリー
http://www.meitetsu.co.jp/osusume/shohin/1186689_1244.html


家族連れではなく、そこそこ社会人になった人が一人で。
スタンプラリーに参加するのはいい。
たまたまスタンプ置き場を見かけると「用紙は一人1枚で
お願いします」という張り紙をあとで見かけた。

3枚分集めるのにどんな理由があるのだろうか。
サイトをチラッと見たらカードと交換してくれると言う文章があったので
そういった意味合いだろうか。

なんと言うのかわがままな子供が、本当に
そのまま大人になったような感覚を思い出した。
良く言う言い回しだがやり口や意図が全然違う。

友達分?
そもそもスタンプラリーは自分で回るから価値があるのに。

良く大人なのに子供っぽい人とかそういう言い回しはある。
しかし今回のケースは大人らしい態度と言うより、
子供が自分の欲求を満たすためになりふりかまわず駄々こねて
むくれっしてるような感覚。

わざわざ子供の立場に戻って同レベルの競争を
している感じで、クラスに一人居る子供のデカイ人が
何かやっていると言う印象を受けました。

楽しそうなワクワク感ではなく何かを揃えたいと言う義務感だけでしか
動いていない、そんな印象を受けました。

それをそこまで時間と労力を作ったカード。
本当にその人は楽しくて満足なんだろうか。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
子ども切符で電車に乗る大人急増しているそうな <警察が摘発中>
2008 / 08 / 13 ( Wed )
ここ[楽画喜堂]

子ども切符で電車に乗る大人急増しているそうな。

乗んなよ。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
名古屋城本丸御殿茶を <美味し>
2008 / 08 / 13 ( Wed )
実は今日も飲んでたりします。
近くのコンビニでは売って無いのですが
たまたま売っているコンビニに寄れたので。

何気に他のお茶よりも渋みとかしっかりしてて美味しい。
抹茶が入っているからだろうか?

関連サイトを調べたのでリンクメモ。

【関連】
伊藤園ニュースリリース
http://www.itoen.co.jp/news/2008/011702.html


名古屋城本丸御殿(公式)
http://www.hommaru-palace.city.nagoya.jp/index.html



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マンガ日記
2008 / 08 / 12 ( Tue )
8/11(月)
単行本をいろいろと。

「フレフレ少女(1)」「よしづきくみち短編集 君と僕のアシアト」と、よしづきくみち作品を読む。

実は初めて読む漫画家さんだったりします。

きっかけはフレフレ少女を本誌で最近読んで。
(映画化タイアップで大きく取りあげられていたので目に付いた)

フレフレ少女は原作有りの作品だが、短編も面白かった。結構重そうな日常をすんなりサラサラとさせつつ叙情的に描いている。
お勧め。

・金剛番長(3)
サソリ姐さんがかっこ良すぎる。惚れます。
ジャンプ時代からサンデーに移り、
ブリザードアクセルまでちょいちょい読んでいましたが、金剛番長が一番面白いです。
好みもありますが。

逆に今まで着いてきてくれたファンが一気に置き去りになってそうなイメージが。

それはともかく面白いです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気迫は大事 <実行力>
2008 / 08 / 12 ( Tue )
徐々に通常リズムに戻りつつある。
色々思う所もあるが参考になる部分はままあった。
それは本当。

さて、改めて思うのが
周囲の人間や出会う人間の中に「気迫」の無さを感じる事。
何と言うのか「やり遂げよう」というか「ここ一時が大事」と言う物が
ない人には本当にない。

これは結構困ったなと思う。
例えば一緒に仕事をやる上でそれは不注意に繋がるし、
いい物が出来ると考えにくい。真剣味が足りないから。
逆にそんな人と一緒に仕事をするとこちらのモチベーションまで下がる。

私はどちらかというと「早く上に上がりたい」とか
「自分より実力の上の人間と仕事を進めて実力を高めたい」とかそういう意識がある。
そのためにはガンガンいろいろやっていきたいのですね。
(ただし体調管理はします)

だから「仕事をしている振り」とかそういう人間はちょっと遠慮したい。

こんな時今までの上司と私との関係を思い出す。
僕は僕なりに真剣にやって来たつもりでしたが、
そう思われていたのかなと。

少なくとも昔の自分は真剣ではあったが、
詰めの甘さやぬるさがあった事を今痛感している。

当時のお世話になった社長様、失礼いたしました。

ああ早く上に行きたい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アニメ日記
2008 / 08 / 11 ( Mon )
8/10(日)

貯まったアニメとか一気見。

私は基本的にオタな事を隠していないので、既婚者の方は子供と見るので(つーか子供主権)日曜特撮アニメコンボを語り始める。

そうすると私に確認してくるわけですよ。

「(6時台から始まって)
ゴーオンジャー
キバ
プリキュア
マイメロ
ゲゲゲの鬼太郎
を見てるでしょ?」

すまんですなぁ
気を使っていただいて。

惜しいが、日曜朝はもう「絶チル」位しか見ていません。

言えませんが。

・コードギアスを見る。

ルルーシュの腕交差してのキータイピングは意味が在りそうで無駄だろうと感じて気になって仕方がない。
肩にライフル乗せて射つのと同じ位意味が無さそう。

カレン帰還&なんだかんだとフレイアが発動する。

前にも書いたかもしれないが、
近代兵器の最強戦術戦略兵器が核兵器系統なのはなんとかならないものか。
(3週も引っ張り過ぎ)
何かこうマクロス的な重力次元振動弾(どちらかというとオーガスかも)とかそんな胸踊りそうな狂った"奇"科学チックなアレはないものか。

なんだかんだ言いつつも、人は核の鎖から離れられないのかもしれない。

ところでルルーシュの腕クロスを見て、何故だかCCBを思い出しました。
ロマンティックが止まりません。

・マクロスF
シェリルの奈落っぷりがたまらない展開に。
一方のランカはスターダムへと登りつめつつあるというのに。

・西洋骨董洋菓子店
普通にコメディとして面白いですよ。
原作の方はモーニングでも連載しているし。この路線で。
まあ、ナウなヤングなスタイリッシュな二人がいちゃつくのは婦女の方もキャーな感じで見た目も涼やかで良いのでしょうが、
実際は「薫の秘話」みたいなもん・・・なーんて事は言いませんのでご安心下さい。
(誰に?)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日コンビニに行ったら
2008 / 08 / 11 ( Mon )
20080811202520
こんなお茶が売っていました。

「名古屋城本丸御殿茶
応援!復元プロジェクト
この商品の売り上げの一部を、名古屋城本丸御殿積立基金に寄付させていただいております。」

そんな事言われちゃあ・・・

買いたくなるわなぁ。

復元にはどれくらいの基金が必要なんだろうか。気になる所。

名古屋城本丸かぁ・・・

愛知の人として、どんな姿になるのか見てみたいって物ですよ。

かげながら応援しています。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ゲームを最後までクリアしない・・・」という記事を見かけて <忙中閑あり?>
2008 / 08 / 11 ( Mon )
こんな記事を読んでいた。

「難しい」「システムが複雑」「途中でさめた」 ゲームを最後までクリアーできないゲーマーが急増
[痛いニュース]


最近ゲームを最後までクリアしないというゲーマーがいると聞いたけど



「ゲーマーが居なくなった」のではなく「世の中がせわしくなった」のでは無いかと思う。
ちなみに「せわしく」は「忙しく」と書きます。

簡単に言うと色んな情報がいっぱい過ぎたり、不安材料が多すぎて
色んな事でゆっくりゲームが出来なくなった。

7~80年代だったら何も考えずに空き地で遊んでいる子供が多かった訳でしょ。
現代はもう小学校ですらお受験とか言ってオトナ社会の1階段を踏んでいる訳です。

現代社会は天変地異や戦争が起こったりして大きく変動しない限り、
学歴社会という社会システムが構築されたり
点数だったり昇格だったり色んな事で競争する以上、
スタート地点は早く、高く、大きな方が良い。

その方が効率がいいから。都合がいいから。
それは悪い事では無い。何事も前準備をしておいた方が
物事が有利に運ぶ訳だから。

でもその分、遊ぶ時間を捨てて準備時間に費やす訳です。
みんなでよってたかって競争して。

それをやらないと大半の人は収入を得難くなったり
そういう働き口しかなかったり、いい縁談がないだとか
どこぞの教育ママさんが口にしそうな状況になり易い社会になっている。


しょっぱい話、寝ずにゲームやれる体力も落ちているし
視力が落ちるのも恐いからそこまで目を酷使したくない。

世の中「ちょいとしたミニゲーム集で・・・」と言うのが売れるのも
そりゃ当然です。そこまでやりこんでいるよりも現実社会に時間を注ぎたいから。
いや、注がざるえない強迫観念がそうさせているというべきか。

誰だって資金潤沢な良い生活をしたいというのは当然の思いですよ。


あー、明日の事を考えずゲームやりたい。
でも考えちまうなぁ、「明日」。

畑でも買って時たま取れた野菜を売ってという
自給自足の生活というのが一番良いのかもしれない。
(近くで見ているけど人が一人で食うというのは
そんなに楽でも甘くも無いのですけどね)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PS3「北京オリンピック 2008」がファミ通レヴューで散々な点数 <14>
2008 / 08 / 10 ( Sun )
ここ[さざなみ壊変]

最高のオリンピックゲームは「ハイパーオリンピック」でいいと思う。

半分冗談・半分本気。

当方、当時プレイはファミコンじゃなくゲーセンでプレイしたのですが
スタート時のファンファーレと同時に表示される
ネームエントリーの演出がもうかっこよかった。

1選手として名前を記して戦えという演出がもう少年ハートをわしづかみって感じでした。
(あの頃のコナミはかっこよかった!)

で、たまたま検索したら
DSでハイパーオリンピックシリーズの新作が出るというじゃないですか。

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080626mog00m200017000c.html

http://www.konami.jp/products/hypersports_ds/


分かってない!
コナミは分かってない!

もう3頭身とか2頭身とかコミカルキャラとはもういいですから。


関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第4弾は「らき☆すた 痛ダンプ」 <そして沼>
2008 / 08 / 10 ( Sun )
ここ
アオシマから出ている痛車シリーズ。
第4弾はデコトラ・・・ではなく痛ダンプ。

正直個人的にやろうと思っていただけに
なんだか先を越されたようで残念だ。

先を越されたついでにもうここで書いておきますが
痛戦車と痛飛行機(こちらは自衛隊でも尾翼にアニメキャラとか
書いているところも在るが)とか痛大和(ヤマト)とか痛ザクとかやろうと思っていました。

ザクのシールドにバーンと筆文字で「○○は俺の嫁」とかカッティングしようとか思ってました。
こういう物は言った物勝ち・やったもの勝ちですw
当分出来そうも無いので誰かやってください。

それにしてもアオシマも頑張るなあ。
良く考えたら車キットとか戦車系の金型がある以上
それにデカールくっ付ければいいのだから資産再利用しつつ売上アップとか
濡れ手に粟でヤフー!とか思っちゃったりなんかしちゃったりして(故・広川太一郎風に)
今がまさに稼ぎ時ですよ>アオシマさん

正式スペックが以下
>> 1/32プラモデル らき☆すた 痛ダンプ
>> 作品名:らき☆すた
>> 発売元:青島文化教材社
>> 発売日:2008年8月予定
>> 価格:7,140円(税込)
>> 仕様:1/32スケール プラスチック製未塗装組み立てキット

で、沼で見てみたのですが

080810itadanpu.jpg





・・・ボリ過ぎじゃね?


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その3 <胸部2>
2008 / 08 / 10 ( Sun )
前回まで
その1
その2

内壁パーツは外れないようしっかりビス止め。
pg_b011.jpg


外壁パーツ装着。
特徴的なトリコロールカラーのパーツが付くと、
また「ガンダム」らしさに一歩近づきました。
pg_b012.jpg


コクピット部分の開閉パーツ。
pg_b013.jpg


実は搭乗シャッターも開閉します。
(こっ、細かい!w)
pg_b014.jpg


外壁装着完成。
可動式で開閉します。
pg_b015.jpg


首関節のジョイント装着。
pg_b016.jpg


上半身完成。
ここで旧ザクさんと比較。この時点で大きさは互角です。
(HGUCと比べるとパーツ数は既に超えています。)
pg_b017.jpg


<続く>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その2 <胸部>
2008 / 08 / 10 ( Sun )
前回まで
その1

前回まで。
頭だけHGUC旧ザクと比べてもその大きさが分かります。
pg_b001.jpg


ダクト部分、可動式。
pg_b002.jpg


胸部内壁、腹部外壁など。
pg_b003.jpg


コアブロックが入るため空洞になります。
pg_b004.jpg


肩稼動部、シリンダー式の稼動。
pg_b005.jpg


シリンダーが肩の前後に動くため自由な可動域を作ります。
こういうギミックを感じつつ作れるのはPG(パーフェクトグレード)ならではの感動です。
pg_b006.jpg


正面から。だんだん「ガンダム」っぽくなってきました
pg_b008.jpg


外装パーツはまだまだ在ります。
pg_b009.jpg


シリンダー部分をもう一つ内壁を付けて、
ようやく内部の完成に近づきました。
空間から先ほどのシリンダーが見え隠れしています。
pg_b010.jpg


<つづく>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まさに痛いニュース <中国>
2008 / 08 / 10 ( Sun )
北京で米国人観光客が襲われ死亡 犯人は飛び降り自殺
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1155744.html

ギョーザ中毒事件に関わった中国の食品監督局長が自殺
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1155474.html

中国ギョーザ中毒事件も国内で起こったという事に驚いたけど、
北京で観光客が襲われて死亡というのもすごい。

自殺という報道をされているけれどどう考えても
「粛清」か「させられた」としか・・・。

個人的には日本で起こったギョーザ中毒事件の伸展が
どう影響があるかが気になる所。



ちなみにオリンピックはまったく見てません。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小倉優子とたむらけんじと焼肉屋 <タレント実業家>
2008 / 08 / 10 ( Sun )
先日テレビを見ていたら小倉優子とたむらけんじとが
一緒に出演していたのですが、
二人の共通項として驚いたのが二人とも焼肉屋を経営している
という事を初めて知った。

特に小倉優子。
(たむらけんじは結構宣伝している)
参考:焼肉小倉優子

確か小倉優子はFX(外国為替証拠金取引)関係の本を
出しているため実業家として着々と進んでいる。
(本当に本人がどこまでやっているかなどは分からないが)

今当たり前になりつつあるのですが
タレント実業家という肩書きを持つ人が結構多い。
既に成功者として有名なのは田中義剛(年商40億)とか
千秋(ファッションブランド「リボンキャスケット」で5億)など
実はここに書き出せないくらい多い。

小倉優子に話題が戻りますが
正直デビューしたては昔は不思議ちゃんとかそういった路線で
すごい神がかり的なグラビアアイドルな存在でしたが、
そのイメージがそのまま来ていると気付き難いですが、
近年の活動がすごい事になっている。


テレビに出演することは今もってなおすごい宣伝効果で、
一瞬でも出ていればお金に換算できないほどの
すごい宣伝効果を生む。

そう考えると司会者にちょっと構って貰ってもらえさえすれば
滑ったりなんだったりとかなんかそんな事目的でもなく、
「出さえすればいい」というのはすごく達成し易い目標でしかも効果的だ。
ある意味ギャラは要らないとも言える。
(払っている可能性も既にあると思う)

今更気付きましたが、いやー生っぽい。

経営会議とか株主総会でどんな内容を言うのかが気になる所。
・・・意外と久米田康治のギャグそのまんまという事もありえるので
笑えない。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マンガ日記
2008 / 08 / 08 ( Fri )

8/7(木)
チャンピオンを読みつつ。

疵面復活ッッ!疵面復活ッッ!
いやー復活するとは思わなかった。
いや、読みたいですしウレシイ話なんですが、
あの突然の終了宣言の終わり方ではあり得ないと思っていたので。
これも板垣作品特有の「予想を裏切り、期待を裏切らない」的戦略だっ
たらすごいなぁw

祝!

そんな事もありつつバキ幼年編を久しぶりに読みかえしてみました。
幼年編の最終2巻は今読み返すとあり得ないテンションというか
そこだけ読んでしまうと笑ってしまう程現実離れした内容でした。
花山とユリーを相手に重りを付けながら動き回ってトップギアに入れたあげく、
敵わない勇次郎の破格の強さ。(あの強さはギャグマンガ並み。)
そして最後の最後に出てくる朱沢江珠の「バカみたい・・・」の台詞は心に来ました、改めてスゴさを感じました。

敵う敵わないとか関係なく立ち向かう「母」の姿が泣かせる。

本誌バキではティラノサウルスとのリアルシャドーを終わらせたバキも出てきますが、ピクルを踏まえたバキシリーズ最終章はどう締めくくられるのだろうか。

その前に若大将戦が気になる所ではありますが。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ