FC2ブログ
マンガ日記
2008 / 08 / 12 ( Tue )
8/11(月)
単行本をいろいろと。

「フレフレ少女(1)」「よしづきくみち短編集 君と僕のアシアト」と、よしづきくみち作品を読む。

実は初めて読む漫画家さんだったりします。

きっかけはフレフレ少女を本誌で最近読んで。
(映画化タイアップで大きく取りあげられていたので目に付いた)

フレフレ少女は原作有りの作品だが、短編も面白かった。結構重そうな日常をすんなりサラサラとさせつつ叙情的に描いている。
お勧め。

・金剛番長(3)
サソリ姐さんがかっこ良すぎる。惚れます。
ジャンプ時代からサンデーに移り、
ブリザードアクセルまでちょいちょい読んでいましたが、金剛番長が一番面白いです。
好みもありますが。

逆に今まで着いてきてくれたファンが一気に置き去りになってそうなイメージが。

それはともかく面白いです。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気迫は大事 <実行力>
2008 / 08 / 12 ( Tue )
徐々に通常リズムに戻りつつある。
色々思う所もあるが参考になる部分はままあった。
それは本当。

さて、改めて思うのが
周囲の人間や出会う人間の中に「気迫」の無さを感じる事。
何と言うのか「やり遂げよう」というか「ここ一時が大事」と言う物が
ない人には本当にない。

これは結構困ったなと思う。
例えば一緒に仕事をやる上でそれは不注意に繋がるし、
いい物が出来ると考えにくい。真剣味が足りないから。
逆にそんな人と一緒に仕事をするとこちらのモチベーションまで下がる。

私はどちらかというと「早く上に上がりたい」とか
「自分より実力の上の人間と仕事を進めて実力を高めたい」とかそういう意識がある。
そのためにはガンガンいろいろやっていきたいのですね。
(ただし体調管理はします)

だから「仕事をしている振り」とかそういう人間はちょっと遠慮したい。

こんな時今までの上司と私との関係を思い出す。
僕は僕なりに真剣にやって来たつもりでしたが、
そう思われていたのかなと。

少なくとも昔の自分は真剣ではあったが、
詰めの甘さやぬるさがあった事を今痛感している。

当時のお世話になった社長様、失礼いたしました。

ああ早く上に行きたい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |