FC2ブログ
PGガンダム製作記・その11 <残り装備~完成>
2008 / 08 / 15 ( Fri )
前回まで
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10

ビームサーベル、極太。
pg_g013.jpg


ビームライフル。銃身が折れ曲がる機構が加えられています。
pg_g014.jpg

pg_g015.jpg




これでパーツの作成がようやく終了しました。
一度今まで作った物を分解して並べてみます。
pg_g016.jpg


そして最後に各パーツを一挙に組み合わせてみます。
・・・デカイ!
旧ザクさんがえらくちっぽけに見えます。
pg_g017.jpg


<続きます>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その10 <装備・盾>
2008 / 08 / 15 ( Fri )
前回まで
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9

最後に装備の作成に移ります。
まずは盾。この盾がまたでかいでかいw。
pg_g001.jpg


この透明パーツは盾の覗き穴の風防パーツです。
ただの空洞と思っていただけに新しい発見でした。
pg_g002.jpg


盾の裏側から見たディティール。
ガンプラを作ってきてMGでも感動したのですが、
いつにも増して細かい。
pg_g003.jpg

pg_g004.jpg


覗き穴に風防パーツ装着。
もうひとつパーツが追加されますが、
こちらは風防パーツが壊れないよう開閉する設定になってました。
pg_g005.jpg

pg_g006.jpg


窓枠装着。
pg_g007.jpg


他の大まかなパーツ。
盾の印象的なパーツが一そろいしました。
pg_g008.jpg


完成、比較のために旧ザクと一緒に並べています。
pg_g009.jpg


特筆部分の風防部分。
透明で覗き込むこむ事が出来ます。
pg_g010.jpg


閉じた所。装甲により風防ガラス?が壊れないようになっています。
pg_g011.jpg


裏側のつまみで開閉可能。
pg_g012.jpg



<つづく>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その9 <コアファイター・コアブロック>
2008 / 08 / 15 ( Fri )
前回まで
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8

続いてガンダム内部に
内蔵されるコアファイター。
キッチリ完全変形します。
pg_f001.jpg


先端部分。
細かい部分ですが、すっぽ抜けないように
しっかりビス止めします。
pg_f002.jpg


機種部分、アニメ設定さながら機首スライドされ
機首がぐるっと本体に収納されるように回転します。
pg_f003.jpg

pg_f004.jpg


機首を本体に組み込み完成。
pg_f005.jpg

pg_f006.jpg


内蔵するコアシステムはコアファイターでも収納できますが
別にコアブロックに成型した物も付いています。
pg_f007.jpg

メカディティールを重要視したい人にとって、
こちらの選択肢もあるというのが嬉しい所です。
pg_f008.jpg


<つづく>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PGガンダム製作記・その8 <脚部2~バックパック>
2008 / 08 / 15 ( Fri )
前回まで
その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7

まずは脚部の続きから。
HGUCキットと並べて立たせてみると
でかさが一目瞭然。
pg_e012.jpg


比較のために並んで寝かせています。
大きさはざっくり2倍強。
pg_e013.jpg


続いて左足も製作していきます。
pg_e014.jpg

pg_e015.jpg

pg_e016.jpg



両足完成。ガンダムmkIIと
サイコガンダムのような比率感が。
pg_e017.jpg

pg_e018.jpg


次はバックパック、細かい部分でも
稼動する部分などしっかり作られています。
pg_e019.jpg


バックパックを装着させた所。
pg_e020.jpg


pg_e021.jpg


もう少しで完成です!
<続く>


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MacOSXを使っていたら太い枠線が出て消えなくなってしまった <ユニバーサル>
2008 / 08 / 15 ( Fri )
MacOSXを使っていたら太い枠線(黒い枠)が出て消えなくなってしまった。

080815picture002.jpg



どうも何かの拍子で何かのボタンを触ってしまったら出て、消えなくなってしまった。
再起動しても消えない、という事で何かの設定かなと調べる事に。

調べると「VoiceOver」の機能で選んだ部分が喋りだす補助機能だそうな。
音を消音していたので気付かなかった。

「システム環境設定」から「ユニバーサルアクセス」項目へ行き、
VoiceOverを「切」にすると消えます。

ちなみに触ったキーはF5と判明。
細かく説明すると「コマンドキー+F5」。
これが起動させるショートカットになっています。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |