FC2ブログ
ま日記
2008 / 08 / 26 ( Tue )
マンガ日記

8/25(月)
ジャンプ読んだり。
「バクマン」が面白い。よくも悪くもざっくり言う所が。
夢とか希望と言うより現実を意識した作り。
どうしても太郎おじさんはガモウだよなぁ・・・。
つまり「漫画家」ガモウは死んだのだ。
自分で殺したのだ。
それを踏み越えてヒットを飛ばすとはどういう事かを考え抜いた結果がデスノートであり、これから書くバクマンなわけだ。
「自分が好き」だけでは商売(=生活)としては成り立たな
い。

せっ、切ない。
そう考えたら大石先生のマンガが今後どうなって行くか気になってたま
りません。
(新連載なのに)

ところで気づいたらジャンプ中にマンガの描き方だけで3種類のマンガ・コラムが掲載されている。どうも集英社が読者から育成する方針になっている様な気さえします。
マンガ家というと私は特殊な才能が必要のようなイメージがあるのですが、今の時代の認識は器用であればなれない事もない技術的職業なのか
もしれない。

売れるかは別として。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |