FC2ブログ
A4の紙をきれいに3つ折りする方法 <手動or自動>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
ブックマーク整理中です。
既出ネタかもしれないけど、消すには勿体無いので書いておきます。

職場や何かの封筒を出す方で、A4の紙を3つ折にして出す方は
何人、そして何回ぐらいそれを行なう人がいるのだろうか?

事務系とか営業系の方は毎日何枚も折らないといけないと思う。
そんな方にお薦めなネタ

ITmedia Biz.ID:A4用紙を手軽に三つ折りする方法
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0610/04/news013.html


A4の紙を2枚用意して一つは縦、一つは横にして辺と角を揃えてあてがう。
すると飛び出す部分があると思うがちょうどその部分が1/3あるのでそれに沿って折ると、
残りも自動的に1/3になりぴったり合うと言う小ネタ。

これに少し知恵を手を加えて、
A4サイズの硬い板とか下敷きで上から押さえ付けて、
何枚も一気に折り曲げて緩く折る印をつけておく。
この場合目安にするのできちんと折れなくてもいい。
1箇所目安をつけたものを作って置けば
後はそれぞれをきちんきちんと流れ作業のように
1折り目だけとか連続で作業すれば早くなる。

丁寧にやりたければ数枚まとめてなんて事はせず、
印を1枚ずつすればキレイに折れる。

1枚づつ苦労していた時代の事を考えれば
かなり手際も良くなるのではなかろうか。


そんな十数枚では意味が無いのならば、
この機械が必要なんじゃないだろうか。

A4専用簡易紙折り機「折り姫AF-03」
http://www.riso.co.jp/pg/p_factory/orihime.html


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
艦砲射撃! <時間泥棒・烈>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
080915_jikan002.jpg


「艦砲射撃!」
フラッシュゲームで成長要素を追加した硬派艦砲射撃ゲーム。
プレイヤーは1隻の戦艦を操って数々の海戦をクリアしていく。
各ステージには思いも寄らないボスが待ち構えていてそれを撃破していく。
ステージをクリアするごとに経験値を獲得でき砲撃や移動スピード、
副装備などを獲得できる。

「 艦砲射撃!甲・改」等のバージョンアップ経たり
難易度選択もありいくらでも時間を注ぎ込みたくなるゲームで、
しかも強くなったらなったでその強くなった戦艦で強さを実感するために戦いに出たりと
さらに時間を注ぎ込みたくなるゲームです。

世界観やBGMのチョイスなどのセンスが抜群で、
モノトーンなのにその面白さが非情に奥深い。


かなり前から非常に人気が高いゲームで
たまたま紹介していなかった事と、
久しぶりに覗いたら「艦砲射撃!烈」と言う名前で
つい最近からテストが行なわれている事もあり。

http://nextframe.jp/flash/bs.html

こんな楽しい時間泥棒もなかなかいない。

今回は「艦砲射撃!」のみ紹介しましたが
公開先である「フラッシュゲームサイト NEXTFRAME(!)」では
このゲームのみならず色んなゲームが公開されています。
全て面白いのだから素直にすごいです。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オヤジ漫画を改めて読み直してみよう <読まず嫌い>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
オヤジ漫画(オヤジ向け漫画)。
主に40代以上の年代をターゲットにした漫画。
劇画。
妙にバタ臭かったり汗臭い印象があるので敬遠してましたが、
近年ネット各所でも取り上げられてきました。
最近の「オヤジ漫画は面白い」とかそんなお薦めもあり、
まあ読まず嫌いも勿体無いので改めて読んでみました。

080915_go_001.jpg


気になった作品をピックアップ。

この週のラインナップ(掲載順)

[逃亡花(のがればな)]和気一作+香川まさひと
[白竜Legend]天王寺大+渡辺みちお
[ハイアーグラウンド]ふんわり
[外道坊]平松伸二
[喰いしん坊!]土山しげる
[SとM]
[江戸前の旬]九十九 森+さとう 輝
[あかね便り] 関口シュン
[フィーバー課長]神保あつし
[ベタ道]ザビエル山田
[酒のほそ道]ラズウェル細木
[今日からヒットマン]むとうひろし
[銀牙伝説ウィード]高橋よしひろ
[天牌]来賀友志+嶺岸信明
[堕悪―DARK―]伊月慶悟+叶 精作
[ミナミの帝王]天王寺 大+郷 力也
続きを読む

関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
縦スクロールシューティング時間泥棒 <時間泥棒>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
080915_jikan.jpg

space JET
http://dkoubou.web.infoseek.co.jp/shoot1maxbig.htm

シンプルに作られたパワーアップ型縦スクロール。
さくっとできるところが良。


ドット絵シューティング みんなの想いがひとつになって
http://709709.com/game/add/dot/dot1.htm

色んな方のドット絵が敵キャラになっています。


floati'n assult
http://s1.shard.jp/game/gamef-floatinassult.htm

スタイリッシュな画面がかっこいい縦スクロール。
動きも小気味いい。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
政治家饅頭は肖像権的にどうだろうと調べてみた <公務>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
今朝ニュースを見ていたら、麻生太郎饅頭が
売られていたという話があったので
この手の饅頭とかは正直著作権?肖像権?的にどうだろうと調べてみた。

セゾン:太郎ちゃん饅頭
http://www.kyushu-cake.com/fukuoka/saison/

大藤:大藤 Official Website/総裁選まんじゅう緊急発売!&太郎ちゃん「勝手に応援ショップ」限定オープン!
http://www.omiyage-daito.com/home2.html
※このメーカーは歴代の総理饅頭も作ってきた

サイゾー:福田首相の“ビンボーくじまんじゅう”発売!ところで「肖像権」は?
http://www.cyzo.com/2007/09/post_58.html




ハッキリしたソースを参考にしている訳では無いので話し半分で。

まず、
公務中の政治家に肖像権があるかどうかが曖昧、
政治家は、国民投票によって選ばれる立場にあって、プライバシー情報も
公益となり得ることから、肖像権及びパブリシティ権は制限されると言われている。

あと肖像権では最高裁判所の判例で「職務中の公務員に肖像権はない」と言うケースもある。
と書かれているサイトも見掛けた。
(08.11/11追記)

イラストは著作権扱いで別問題。
AAも同義扱いなのかもしれないが、
AA作者も大っぴらには出てこれないし。

あとその手の活動で「応援」と言うのがまたグレー部分で
本当に不利益になるかどうかの判断も肖像権をもつ当人にしか持っていない。
(当人?が連絡しないといけない)

今更だが、この手のキャラグッズは電撃発売の形式で、
何かあっても許可申請~不可まで結果が出るまでの
ゲリラ発売なので問題になる前に終結してしまう。

あと、日本のこの手のケースは売り元かネタ元(つまり政治家サイド)が
いなくなってしまう為問題にまでなりにくい。

つまり問題になる可能性は含んでいるけれど、
他と比べると大きな問題になり難いし、ニュースになっている時分は
政治家もメイン業務で忙しいのでかまってられないし、
と「小さな事だから大目に見られている」と言った方が分かりやすいかもしれない。

まあお祭り騒ぎの賑やかしとも考え様と言っては考え様。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ある一瞬の点と線 <某所>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
たまたま某質問サイトを回っていたら
こんな質問があった。

080915_001.jpg


明らかにあの方のサイトの事なんですが、
解答者の答えにハッと気付かされた。
なるほどこういう意識もあるのかと。
(そういう意味でもリンクは貼りません)

ちょくちょく見に行くサイトがこんな形で存在が
表示されるとちょっと驚き。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
売れる=面白い?の図式は成り立つのか <ビジネス>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
ここ[ゴルゴ31]

例えば映画で

「この映画が面白いから映画を見に行った」人はいるだろうか?
答えは0。

「面白そうに思えたから見に行った」のだと思う。

確かに面白ければ口コミで「あの映画、面白かったよ!」という人がいれば
足を運ぶ人は増えるとは思う。

だから作品の良し悪しが、「=動員数」に結ぶかというと、実は結ばない。

家庭用ゲームはそれに近い気がする。

面白いから売れると言うより、
そのゲームの趣味に合う人が、面白そうだと思って買う。
だから面白さ=売れる売れないという図式は成り立ち難いと思う。

むしろ売れる売れないとかビジネスとして考えるなら、
採算に合うかどうかを考えないといけない気がする。
あと購入層の予測数。
世知辛い言い方だと、
記録に残るゲームにしたいのか、
記憶に残るゲームにしたいのか。

ただ値段重視でスタートすると、
クオリティーなんて興味を持たされず
クソゲーが生まれるとか数回やってよしの売り切りゲームしか
作りづらい。


マンガやアーケードゲームだったら数回やって(読んで)、
面白いという試しがあるから面白くなかったら、買われない。



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ネイチャージモン」が面白すぎる件、その2 <ナイスネイチャーーッ!>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
長くなったので2回に分けて書いています。

nature004.jpg

「ネイチャージモン」(1)

【3・4・5話目、焼肉編】
今回はヤンマガの新人編集コマツと共に焼肉を食いに行くというお話。

当日、コマツが待ち合わせで見たものは

nature009.jpg


なにやってんすかネイチャーーっ!
(文字通り)

肉を美味く喰うためにトレーニング!!
そして3時間以上掛けて歩いて現地へ!
これは時間をムダに潰すのではなく、
ネイチャー曰く

nature010.jpg


なぜなら!

nature011.jpg


このコマだけ見たらギャグに見えますが
おいおいギャグじゃなくなってきます。

ここまで来るために肉の旬のウンチク、開店の行列1番乗り(2時間前)、
店への挨拶等などが費やされています。
それもただ一つ美味い肉を喰うため!
その為に!



nature012.jpg


ぱっと見、ただの烏龍茶に見えますが

nature013.jpg


台湾製の最高級茶葉から抽出したお茶と氷もこだわりのかちわり。

キムチ
nature014.jpg


感動するキムチ


nature015.jpg


常連にしか出されない賄い

nature016.jpg


・・・に悶絶!

nature017.jpg


思わずナイスネイチャー!

nature018.jpg


生野菜

nature019.jpg


に緩む目元口元。
nature020.jpg


驚きなのは

nature001.jpg



そう、1話丸々使って本来の目的である肉を食う所まで行ってないというのがすごい。

メインの肉に入りタンを目の前にして

nature021.jpg


「こいつはすごいタンだー」と興奮隠し切れず吼えるネイチャー。

そのタンに対し最善な焼き方を尽くしたあと
それを知らずに触ろうとしたコマツに対し、

nature022.jpg



今日の肉が年に数回しかない肉という事を店主に教えてもらい
nature023.jpg


興奮隠し切れないネイチャー


そして
nature024.jpg


「うんまああああああ~~~い!!!」

くあー、美味そうッ!

と、これくらい濃密なウンチクと描写がこれでもかと詰め込まれています。
これを1巻読んで面白かったのが「人生楽しんでるっ!」というこだわりでした。
そしてそれを見つけて実践してるというのが、
もうすんごいうらやましいですよ。

読んでいない人は損してます。
ジャケット見て「・・・あー、あのダチョウの中の人の・・・」的な
事を思って素通りしているあなた(と言うより>私)。
勿体無いです。好みはありますがハマる事請け合いです。

本屋さんは立ち読み用本を作って序盤1話まで読ませるべきです。

お薦め。

[関連]
ネイチャージモン.com
http://www.nature-jimon.com/


ネイチャージモン公式ブログ・スピリチュアル・ネイチャージモン
http://chapterworld.weblogs.jp/naturejimon/


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ネイチャージモン」が面白すぎる件 <ナイスネイチャーーッ!>
2008 / 09 / 15 ( Mon )
マンガ最新巻チェック中。
その中で異彩を放つマンガがありました。

nature004.jpg


「ネイチャージモン」(1)
いやー、全然ノーマークでした。

正直ネタの一つのジャケ買い感覚のつもりで
購入しましたがこれは思いもかけない大ヒットです。


原作:寺門ジモン
マンガ:刃森尊

そして主人公も「寺門ジモン」当人。
ダチョウ倶楽部のあの方です。
ダチョウ倶楽部といえばお約束芸のリアクション芸人の中では
もう中堅どころの粋に達している。

その中で比較的目立たないポジション(失礼)にいる方ですが、
この漫画を読み進めれば読み進めるほど、
そして他のソースを調べれば調べるほど、
えらくマニアックな方という事がようやく分かりました。

野生児、筋肉バカ(誉め言葉)、クワガタ超好き、焼肉真剣勝負。
これはすごい。
焼肉のために1日掛ける所なんて正直言葉になりません。

正直な所、今思うと筋肉番付系の番組に出ている事も
不思議といえば不思議だなと思っていましたが、
幼少の頃から兵庫県の山奥に住み、30年間独自の
トレーニングを欠かさず続けている・・・
そりゃあのすんごい速度の腕たてとか腹筋背筋ぐらいできますよ。
まさかこんな特技があるとは。

いやー全然知りませんでした。
リアル漫画の主人公と言うか何と言うか・・・
アオリで「この物語は99%実話であり、この男は実在する・・・!!」とありますが
「どっからどこまでなんだ」と突っ込まざる得ません。

調べると面白かった事も出てきましたが、中途半端になるので
あくまでマンガ版での解説に留めさせていただきます。

絵を刃森尊が担当したのが当然なのか英断なのかは分かりませんが
すごくマッチしています。
ギャグにもならず、それでいてシリアスな説得力も持ち、
誇張されつつも嘘っぽくも無く、迫力もあり読んでいて楽しい!

大まかなストーリーはネイチャージモン(寺門ジモン)の生き様と言うか
言動を題材にした物で、読んだ1巻ではクワガタと焼肉に付いて
すんごい質量のウンチクが詰め込まれています。

お茶の間での立ち位置での寺門ジモン
nature002.jpg


ネイチャージモンフォーム
nature003.jpg


全然違うw!

【1・2話目、クワガタ編】
ヤンマガの新人編集と共にクワガタを採りに行くというお話。

道無き道を進み、「ここが入り口だ」と指差すネイチャー。
nature005.jpg


どうするのかというと・・・

nature006.jpg


「山を"泳ぐ"んだ!!」
序盤からしびれる言葉です。

獰猛な野犬に会った場合。
常日頃から鍛錬した横隔膜をフル活用し・・・
nature008.jpg


nature003.jpg


咆哮!!

そして自然を愛して止まないため
nature007.jpg


迂闊に歩いたら小一時間で国道や民家に出くわすために
森からはみ出ないように歩くという徹底振り。
(=楽に行けるのに!)

文明の手に晒されているというのを感じてしまったら
興醒めしてしまうのは、ちょっと分かる気も。


そして【3・4・5話、焼肉編】
ここでもすんごいこだわりぶりが!

<つづく>


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |