FC2ブログ
上手いやり方
2008 / 12 / 10 ( Wed )
よく行くコンビニでジャンプやマガジンなどを買うのですが、その店は人通りが多い所なので、朝買わないと立ち読みで一日でボロボロになってしまう。

正直僕も立ち読みはしますが、何十人と読んで手垢にまみれた本を買うのはさすがに嫌で、店舗の人もその本の扱いに多分困っていたと思う。
(返品出来ないかもしれないし=店の損)

で、この店がどんな方法を取ったかと言うと

数冊はそのまま立ち読み客用として置いておき、レジ前にテーブルを置いて其処に10冊ぐらい置くようにした。

これは実に上手い。

と言うのも

例えば在庫14冊仕入れて10冊廃棄扱いになっていた物が、廃棄を無くせるし、

レジ前に置く事で支払直前に買う人も出てくるだろうし、

何より労力も要らず、楽。
立ち読み禁止シールを張るとか作業も発生しない。

置場所を変える、たったそれだけ。

自分がその対処をしなきゃならない立場だった場合どうしていただろうというのが重要で、

ムカついて禁止シールを貼っていたかもしれないし、

頭を抱えて悩む不利だけかもしれない。

一気に在庫を全て置かないようにしたと思う。

立ち読みも客寄せの一環ではあるので、あまりあざとい方法はお客さんには見せれない。

そう考えるとそのコンビニが行った方法が一番良いと思う。
(今考えうる方法で)

冴えたやり方だ。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
獄・絶望先生・註を見たり
2008 / 12 / 10 ( Wed )
注文していたODA「獄・さよなら絶望先生・註」が届きました。
ビバ、ネット社会。

今回も前回に増して過剰と言えるやりたい放題な演出が堪らない物が。
黒板ネタも自虐ネタも勢いは衰えず、普段より増量している気がします(当社比)。

気になるネタは数えきれないが、やはり「万死に値する」と「糸色可憐」ネタが秀逸。

今作品でも無駄にいい声が張り上げられています。
そういえば何気に思い込みなどの性格やアグレッシブな路線が何気に共通項があるように思えます。
注)すべて誉め言葉です。

糸色可憐ネタはチルドレン側から逆にネタにされたケースも有りますし、いや楽しい。

ちなみにきよひこネタも存命。

今回も3話収録。
内容は「過程訪問」「地震で載らない平行世界」「分かりやすい本のタイトル」

特に3話目の「本」の回はあの耽美な絵柄で1話作られており、普段に比べての1カットに対する描き込み量が格段に増えている。
服装も描き直され肌や唇がツヤツヤしていて、普段より3.47倍は艶っぽい(w

全く違う絵柄なのに作品として成り立つのもスゴい。

今回も尋常じゃなく無駄に凄い作品を楽しませていただきました。
注)褒め


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |