スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
某所にて
2009 / 03 / 31 ( Tue )
20090331194628
久々にゲーセンらしいゲーセンに来ましたよ。

その中にえらくレゲー臭漂ようゲームが。

「ブリキンガー」

こんなタイトルがあるとは知らなんだ。

あとビートマニア的なリズムゲーがキューブ状(立方体)なになってた。

ウラシマエフェクトでもかけられた気分です。


関連記事
スポンサーサイト

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
○○のねこまんま
2009 / 03 / 28 ( Sat )
朝、卵にカツヲブシ入れて醤油を差して食う。
いわゆるねこまんま。

そういえば巷で「大人のねこまんま」なる本が流行りだしたとちょい前のWBSでやっていた。
媒体が流行らせようとしているだけかも知れないが色々考えるものだ。

○○のねこまんまのフレーズで何かないかと考えてみた。

「漢のねこまんま」
全て濃い味の醤油か塩味。
むしろ塩のみとかごま塩。


「子どものネコマンマ」
・・・なんだろ、チョコレートでもかけろってのか。


「おねえのねこまんま」
・・・意外と手が込んでいそう。


「女のねこまんま」
・・・なにも考えず書いたが、普通にすぐ出てきそうだ。

「キャリアばりばりで朝が急がしめなサーティに送る90秒メシ、レシピベスト10」

的に。
ネタが無くなる度に、接頭詞に「女の」とか付ければいいと思っている企画はいい加減何とかした方がいい気がする。


「車掌のねこまんま」
何かいいなぁ。新しいまかないメシ的な
感じで。
業種で色々作れそうだし。


外国にはこういう料理とまで行かないような食い方はあるんだろうか


等と考えつつメシを食う。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メシ
2009 / 03 / 28 ( Sat )
20090328122514
20090328122508
みそラーメン。
ランチセット。
名駅内にあった北海道系の店。

じゃがいもめし(わさび醤油)が意外に美味い事を発見。
麺もうまかった。

昼時の混雑時で落ち着いて食えなかったのが残念。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2009 / 03 / 26 ( Thu )
20090326205548
20090326205544
こんにちわ


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2009 / 03 / 26 ( Thu )
20090326133027
うろん


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
名鉄一部指定
2009 / 03 / 25 ( Wed )
ただいま通勤は名鉄を利用していますが、年末ダイヤ改正のお陰で一部指定列車とかを利用する羽目になっています。

名古屋のような場所から乗るとめちゃくちゃ混みます。
大半の人が指定なしに乗るから、結果乗車率が増加して、異様に空気が薄く感じる。

こう狭い車内に詰め込まれると自分がブロイラーでもなった気分だ。

あれだわ、一部指定とか形だけ取り繕っても内容の悪辣さは隠せんですわ。

機会を見てまた名古屋暮らしを始めるかとか画策中。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
先日の帰宅途中で
2009 / 03 / 25 ( Wed )
先日の帰宅途中いかにもな小学生の集団が乗って来た。
夜もそこそこ遅い時間だが荷物などを見ると季節柄卒業旅行だろうか。
ぎゃあぎゃあ騒がしいのは古今変わらないが、

持っている道具がすでに携帯とPSPのデジギア、
会話の内容を聞いていると「・・・youtubeからダウンロードして
PSPに入れるの方法が・・・」

もうなんか時代が違う。

彼らの時代ではデータの無料ダウンロードは当たり前なんだろうが、そ
れが前提で物を考えるような思考地点は正直どうだろ。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WBCでの韓国の着眼点 <先見>
2009 / 03 / 25 ( Wed )
先日のニュースで「イチロー暗殺Tシャツ」と言う物が人気と知って驚いた。

【WBC】 韓国で「イチロー暗殺Tシャツ」が大人気…なんと球団公認 [痛いニュース]

球団公認ってw
正直やる方もやる方だ。

ただこのユースを知った時はWBCもかなり始めの頃で、
イチローも調子が悪いと聞かされた。

調子が悪いのにそれでも標的Tシャツを作るとは。


古舘氏「WBC決勝戦、日本が勝ったらマウンドに日韓両方の旗を立ててと小5の女の子からFAXが。こういう気持ちは大事」 [痛いニュース]

スポンサー圧力としてこういう話が出ているのであれば
パチンコにお金が流れていくというのもが腹が立つなw

それにしても調子が悪いと聞いた時、
調子を崩しているのに何でTシャツ作るのもちょっと。
せっかくやるなら調子が良い選手にした方が良い。労力勿体無いじゃん
結局大会を締めたのがイチローの打撃というのは皮肉と言うか的を得ていた。

たまたまあたりの先見だろうとは思うけど。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
野球なんか普段見ないのに思わずニュースなどを見入ってしまう <WBC>
2009 / 03 / 25 ( Wed )
正直野球なんかほとんど見ませんが、
今日のWBC決勝は
そんな私が見ても実に面白かった。

何を差し置いてもイチローがすごかった。
正直9回裏で並ばれた時「逆転負け!?」とか想像してしまいました。
そのあと10回表2アウトで打者イチロー。
もう出来すぎたシナリオとしかいいようが無い。
結局9回も打席を粘りに粘って価千金のヒットを打つ。
神懸り的としか言い様がない。

でもこのヒットを打つ直前まで負けてしまうようなイメージをしていたと思う。
そんなイメージを選手達や現場の当事者が大なり小なり思っている中で、
ただの一人だけそんな事は考えていなかった選手が居る。
それはイチロー自身だろう。

あれは一瞬でも「負けるかも」なんて余計な事を考えていたら多分打てなかったと思える。
打席の1スイング1スイングが並みの打者ならプレッシャーで
別の結果を招いてしまいがちだろうが、
磨いた才能と打つという信念があって、
あそこまで粘れて打てたのではと思う。
あの場面で本当にイチローが打席で打つと信じぬいたのは
イチローただ一人。
他の誰がとかは関係なく
自分自身を信じて貫いた。

すごい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日のスポーツ <野球じゃないよ>
2009 / 03 / 25 ( Wed )
へそ曲がりな当方としては野球の前に大相撲を書こうと思います。
本日の取り組み(※)で日馬富士が全勝の朝青龍を破り、土をつけた。
朝青龍といえば2場所前までは色々あったが
先場所では復活優勝を勝ち取り、なんだかんだ言っても
さすがの貫禄を見せつけた。

日馬富士といえば安馬という四股名を改め大関になったものの、
日馬富士に上がってからなんとなく調子が悪い気がする。

そんな感じで見ているので正直期待できる戦いも
見れないかなと思い最近ろくすっぽ相撲も見ていませんでしたが、
帰宅して相撲の結果が流れていて、日馬富士が朝青龍に
土を付ける一番が流れていて思わず見入ってしまった。
座布団も舞う。

横綱に土をつけた一番は取り組み内容としても面白かった。

正直野球ですごく盛り上がっているしイチローの打席もすごかった、
日本中がこの話題で持ちきりかもしれないけど、その違う場所でも
面白い勝負は行なわれている。



(※)平成21年三月場所十日目  3月24日(火)


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キン肉マンレディを読んだり
2009 / 03 / 24 ( Tue )
「キン肉マンレディ」を読みました。
Web連載されているとは聞いてはいたのですが、ここまで面白いとは。

作品としては本家「キン肉マン」のスピンオフに当たりますが、同じレディでも
永井豪が描いた「デビルマンレディ」とはひと味違います。

冷凍睡眠から目覚めたミート君が見る世界は、男ではなく、女の子の(しかも爆乳な)キン肉マンがいたというパラレル設定。
超人キャラはほぼ全て女性化。
テリーマン、ロビンマスクはおろか、カレクックにいたるまで。

例外なのはキン骨マンとイワオで、逆に違う意味で「誰ー!?」と思ってしまいます。

スペシャルマンやカナディアンマンもいますが、お約束なのか何気に今作でもひどい扱いなのは変わっていません。

今回スピンオフを描いたのは小川雅史で、いい意味での勢い重視&場当たり展開が上手くゆでイズムをがっちり馴染んでいると思います。

個人的には、ラーメン娘の可愛いい顔にそぐわない、その残虐ファイト&ツンケンした態度が可愛すぎます(w


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
OOを見たり
2009 / 03 / 23 ( Mon )
その1
ラスボス直前のクライマックスのこの盛り上がりが近年のガンダムシ
リーズの中でもすごい物が。目が離せない。

その2
どうしても宇宙世紀時代の台詞と似通う部分を探してしまうせいか素直
に楽しめない自分が居ます。

その3
片桐さんが撃たなかったのはどうだろう。


関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゲームと経費 <人間生きてりゃ腹も減る>
2009 / 03 / 22 ( Sun )
先日ゲームの製作に対しての記事を書いたのですが、
今度はもうちょっと開発と経費よりでまとめてみた。

ゲーム経営やっている訳じゃないので
ずれる部分は多多あると思いますが勘弁してください。
※逆に指摘があると嬉しいです。


ゲームというのは儲かりそうに見えて
経費が半端じゃなく掛かるイメージがあります。
機材費や光熱費は色々あるのでしょうが
一番のネックはゲーム製作から完成するまでの人件費です。


例としてあげるために商品が世に出るまでの工程をざっくりと記入します。
その経緯として、企画>開発>完成>発売という流れがあります。

企画は「どんなゲームがいいのか」
開発は「その目的に合った開発」
完成は文字通り「完成」
発売も文字通り「発売」


まず「企画」はどんな商品がいいのかと思いつく場所で
ここはあまりお金がかかりません。
最悪、紙とペンだけで進めれる事が出来ます。
もうひたすら「考えるだけ」ですから掛かるのは
思考労働のカロリーだけですよ。
チョコでも食っておこう的なレベルです。


次に開発。
大手の場合、開発前の試作も行なうのかもしれませんが、
ゲームを作る工程に移ります。

この時点で色々経費も掛かってきます。
ゲームを作る機材費や光熱費、
そしてそれらを作る人たちの人件費。
その期間が3ヶ月なら3か月分
2年なら2年分、色んな経費が掛かります。

この時点での新しい変更は
ある意味加速的に死に近づきます。

ところがぎっちょん!(w、
当初いくら考えていたとしても、頭の中で考える事は
なかなか細かくまで把握できる物ではなく、
想像できないのが常ですので、やってみて発覚する事もあるでしょう。

気付いた所で直しようが無い物については、
ゲームプレイに支障が無ければ
そのまま続行というのもあるでしょうし。
※あくまでイメージです


試作品でお金になるものなど
グランツーリスモぐらいな物なんじゃないでしょうか?
僕はこのゲーム自身をプレイしていないのですが、
聞いた話だけでもあらゆる意味で化け物ゲームである
このゲームだからこそ成り立つのであって、
普通のゲームでは難しいでしょう。


そして完成、発売となります。

ここで一度まとめると、

企画から完成するまでどれだけ経費が掛かるか。

厳密に言うなら、発売以降でどれだけの経費が掛かりながら
どれだけの時間で利益で回収できるか。
それが重要です。

ゲーム販売は
利益が-(マイナス)からのスタートです。



発売になった以上、あとは売れてくれるのを祈るばかりです。
実際は広告を打ったり記事にしてもらったりと
色々行なうのですが反応がどれだけあるのかも難しい所です。


ゲームに限る事ではないですが、大体の商品には販売鮮度があります。
店頭に置いておけばいつかは売れてくれる事も無い事も無いですが、
そこまでお店(販売店舗)もひまじゃありません。
返品喰らうケースもあるでしょう。
大体新商品として発売されてから例えば3ヶ月。(もっと短いかも)
そのうちの大まかな売れ行きは1ヶ月半。
ここで売れ行きの大半が決まります。
※市場に出るゲームの本数が多い場合、この期間は
比較・競争されるので減ります。

※ゲームのビックタイトル(例:DQ)が出る場合などずらした方が得策でしょう。

発売されてから売れ行きが大きくなっていけば逆に
売れているゲームとして話題になり、さらに販売数が加速する場合もあります。
しかしあまり売れずに動かないゲームはどんどん尻すぼみになっていきます。

「あまり動かなくなった時点での売れ行き(プラス)」と「そこまでに掛かった経費(マイナス)」
その差し引いた金額でそのゲームが赤字か黒字かが分かります。

ざっくりとですが
ゲームを商売にするとはこんな流れです。

ゲームに限らないのですが
商売とは開発経費や期間をいかに抑えるかが重要となります。

「編集王」という漫画でたまたま「ゲーム編」がありますが、
その中に「クソゲー2・3本やっつけた方がお金になる」というような発言があります。
まさしくアレです。

いくら面白くても数年カンヅメとなれば経費も掛かりますし、
売れなきゃ回収できず全て負債か借金です。
そう考えるならゲームの内容を考えず
生計を立てるお仕事として簡単な労力をいらない作業をこなした方が
腕の良い人なら収入も増えます。


あんまり金金言いたくないけれど、
(俺は銭ゲバかw)
生きていくのには人間は経費が掛かります。
修行僧のようにゲームにさえ携わって入れればいいということであれば別ですが、
漫画も買いたければ映画も観たい、家庭を持っていれば家族の事も考えないといけない。


ただ「ゲームを作りたい」というのであれば
個人で趣味でやってもいいのかもしれませんが、
全て一人でゲームを完成させるなんてのは
若くて暇のある人しかそうそうできない事ですし、


「ゲームで生計立てたい」
(もしくは~~で生計立てたい)
という事であればどういう道のりで
「完成」までたどり着くかが重要です。

例えば社会人の方が週末数人集まって
副業として同人ゲームを作るというのも一つの手です。
その場合生計は成り立つので自分の自由時間を
開発に回せば作る事もできるのではないでしょうか。


また上の文章はあくまで一般の会社が
普通の流通経路や広告に乗せるという方向で考えていますが、
ダウンロード販売なら在庫費は掛かりません。
別の契約で経費は出てくるかもしれませんが、
CDとか紙パッケージとかを実在庫を作るよりは
安く上がるでしょう。
露出が減ると売り難いともいえますが。


この色んな敷居が色んな部分でクリアできる部分ができれば
ゲームの活性化にも繋がるんじゃないかなと思います。
続きを読む

関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
顔に見える
2009 / 03 / 21 ( Sat )
20090321190420
ふくろう


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うちの猫が教えてくれた事
2009 / 03 / 19 ( Thu )
うちの猫が帰ってこない
先日の日曜朝に外へ出てって、丸4日になる。
去勢もしているから旅に出る事も無いはずだろうし、
そこそこ年齢も取っているから車にひかれる事もなさそうだが
毎日帰って来たものが帰ってこないので心配になる。
以前も3日ぐらいと言うのはあったので可能性ならいくらでもあ
る。

今度は猫にGPSでも付けようかと言う話をした。
首輪は嫌がるだろうからマイクロチップとかの話になるだろうが
カラダに埋め込むのは嫌がるかもしれない。

それにしてもどうしても外を見てしまう。
死んでいるのか生きているのかもわからないので。
こちらが気にしてても帰ってくるのではないからさっさと別の事をした
いのだが
どうしても気になる。
さっさとひょっこり帰ってこい。

普段居たはずの場所にいるべき者がいないと、どうも今の場所が広く感
じる。
そう考えると家など単なるのような空虚な箱の様に感じる。

今年はいろんな事があるなあ。
今の会社に入って初めて鬱にまでなった。
自分の業務外の事の雑用に押しつぶされてつまらない。
毎日クレームの電話を聞いていて気持ち悪い。
胃も痛い。
眠れない。
今後の生活も明るい兆しも見えないから不安。

今回ネコが急にいなくなった事でふと考えたが、
幸せとは何だろうかと考えると
ただ働くとか金を稼ぐとか
そういう物じゃないなぁ。

家族や家庭を守る場所を作る事が幸せで、
それのために働く事が必要だから働く。
ただ今は自分で稼ぐ力も無いから就職せざる得ないし
働く場所も無いから働き続ける。
(これは雇い側も雇われ側も不幸せだろうね、お互いに。)

そう考えると島耕作的な会社出世物語は
少なくとも私の幸せではない。

諸行無常の言葉がある様に
必ず永遠ならざるものではないのだから
永続させる様に場所を作っていく事。
ひいてはそれを存続させれる様に、
場所だったり相手だったりと作って行ったり増やして行く事が
自分の幸せに繋がって行くと思う。


そうそう、
タイトルで"うちの猫が教えて「くれた」事"と書いたが、
読み方に寄ってはいなくなった事が確定にも読めるが、
そうじゃないので。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全然知らなかったが
2009 / 03 / 16 ( Mon )
全然知らなかったが「王様のアイデア」が閉店していたそうな。
ニュースは07年5月なので「今更なに言っとんじゃ」と言
うレベルではある。
個人的にはこのおもしろ便利グッズのコンセプトがすんごく好きで
物を作る人なら1度は自分のグッズの一つも考えた事があるので
はなかろうか。

面白いだけじゃ商売にならないんだよなぁ・・・。
面白くて「売れて」初めて採算が合う。
合掌。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
OOを見たり
2009 / 03 / 16 ( Mon )
OOがすごい展開に。
クローン戦略とかGN砲とかアロウズ側戦力のインフレが酷いことに。

これでまだクライマックスじゃないというのも凄い。


それにしてもまさかパトリックが。

ただ「すいませ~ん大佐、生きちゃいました」が唯一許されるキャラだしなあ。
ジョセフ並に自分の墓石見ながら「誰の葬儀ッスか?」とか平気で在りそう。

残り2話(1話?)でどう収拾付けるのだろう。
期待を隠せない。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりに散策 <Blogを書いていたら>
2009 / 03 / 15 ( Sun )
久しぶりにチャリで散策。
弱虫ペダルの記事を書いていたら無性に乗りたくなったため。

ベルトの位置は緩くなったぐらいですが
久しぶりに体重計に乗ったら体重も10kg増えていた。
※もうこれは想像していたとおりの事なので仕方がない。

重い体でへいこらペダルを回してみましたが
軽く汗もかいて気持ちよかったです。
風呂に入ったら身体もホカホカして
軽くウトウトしてきました。

毎日こんな生活を送る事が出来たら、それは楽しい物になると思う。
そうさせたい。
そうしよう。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私が気付いた懸賞を当てる5つのコツ。 <ちょっとしたメモ>
2009 / 03 / 15 ( Sun )
下の記事を書いていたらふと思い出したので。

これは「好きな懸賞に必ず当たるコツ」ではないのであしからず。
あくまでこうやったら当選したという経験からのメモなので
ご参考までに。


・投票数が少なそうな雑誌に投票する。
これが一番でしょ。
試しに4大少年誌に何ヶ月か送ってみた事があったのですが
まったく当たらない。そうそう当たる物ではないとは思っていたのですが、
好きな漫画を応援するため某青年誌とか某専門漫画雑誌に送ったところ連続で当選した。
※これがこの文章を書くきっかけになったのでもあるのですが。

当選数だけの数字ならどんな雑誌でも1桁~3桁ではあるのですが、
その購読者層の分母はどれくらいか、そしてその何割が
アンケートはがきを出しそうな読者が居そうか。
それを考えると当たりやすい雑誌と当たり難い雑誌は存在します。

実名出すと、はっきり「売れてない」という批判になるのであえて避けますが、
今まで私がBlogで取り上げた雑誌の一つには間違い無いです。

コアファンが居る所は逆に注意。



・「ネット応募」ではなく「はがき+切手」の応募スタイル。
ネットの方が手軽な分、送りやすい=競争率も高い。



・当選数が多い物に対して送る。
消極的な方法ですが、100~300人に当たるテレカとかは比較的当たりやすいです。



・時期的に自分で買ってしまいそうなものに送る。
これは実践ではなくイメージで。
例えば時期物、例えば金額、財布と相談して懸賞にあたって待つよりも
自分で買いに行った方が良いようなものは確率的に当たりやすい。



・面倒そうな手順があるもの、に対して参加する。
これはネットの「ブログパーツを自分のブログに貼り付けて応援する」という
ファン応援型懸賞応募。
すんごいコアファンが居る某アニメでそのイベントがあったので
本当に漫画の応援がてら、当たると思わずに貼り付けていたのですが、
Tシャツが当たりました。ホントに驚きました。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アンケート回収と雑誌の当選者発表欄の関係という記事 <当選者発表ページの是非>
2009 / 03 / 15 ( Sun )
雑誌アンケートの回収率を増やすために当選者発表欄について考えた方がよいかもしれない[ゴルゴ31]

小学生の時代に自分の名前が載ってないか見てたりしたなぁ。(しみじみ

目的を懸賞だけで考えれば、
個人的に50円切手をコンビニや郵便局で
購入してまで貼って出そうという人はなかなか居ないと思う。

投票をネット専門にしておいて投票者非公開とかの方が
手軽に便利に作家への応援も投票も経費も掛からずに良いとは思う。
ただ正直な所、ネット投票は票操作をより容易に行ないやすいという懸念がある分
それに対して移行してしまうリスクは結構高いかなとは思います。

それにしても、以前ネットの投票で
懸賞全然当たら無かったのがなんだか悔しかった。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近読んだ漫画の中で <感想・弱虫ペダル5巻>
2009 / 03 / 15 ( Sun )
いろいろ読んではおりますが
まず「弱虫ペダル」を。

090315yowa_a001.jpg


ようやく5巻が発売されました。
表紙はスパイダー先輩(巻島先輩)。
個人的には一押しキャラです。
劇中では「ダンシングがキモイ」とか言われているそうですが
いい先輩キャラとして劇中で活躍してくれそうです。

そんなスパイダー先輩のセリフをピックアップしたいと思います。




・「でもまァ・・・なんだかんだでサ、
背中を押されなきゃ前に進めないタイプもいるっショ」


090315yowa_a008.jpg

この言葉がすごく響きます。

当初このセリフの前に主将・金城の
「あいつには自分で状況を判断し対処する力をつけさせたいんだ」
と言う言葉から端を発します。
090315yowa_a007.jpg



自分で考えて進めるタイプ、これは理想であり
何も心配は要りません。
逆に出来たらどんな苦難にも立ち向かえる戦力になります。

ただし
本当に分からない人も居れば、
器用に出来ない人も居る。
それが出来ない人間は「弱い」と言うのなら
弱いとはいけない事なんですか?

特に男だったら
「口が裂けても自分の弱さを
自ら肯定するなんて事は出来ない」と
考えてもおかしくは無い。

「背中を押す」とか「押される」という事は
ある意味弱さを認めることに通じます。
それは成長の妨げにもなるのかもしれませんが、
巻島は劇中の自身のエピソードも踏まえ、
「背中を押した方が伸びる」、そう判断したのです。


自分の弱さを認めて、
それを乗り越えようとする人間を
僕は肯定します。


ちなみに劇中の「無言のしかけ」と「タネ明かし」、
これはどちらが良かったのでしょう?
これは結果論でしか判断できないからいいも悪いも無いのです。
できた「かも」知れないのだから。
成功・失敗など既に出てしまっている
「結果」でしか判断できない以上
先に予測を考えてもある意味仕方がありません。
欠点を見抜きそれに対して課題を与えて克服させる手段を講じる。
これは指導者なら当然です。



・「自己流で一番速かったら それサイコーにカッコイイっショ」
090315yowa_a005.jpg


自己流というのは何も参考にせず文字通り自分の考えのみで選んだ道です。
逆に基本と言うのは、色んな人が通った道のりで
その時点でもっともやりやすいとされているものが残った結果です。
つまりそれ以外は効率が悪いとされやすい物です。

ただ、スタイルを変えて楽しいのかと言うと

目的によります。

それが
レースに勝つ事なのか。
速くなる事なのか。
などなど。

ただ単に勝つ事が目的なら
別作品ですがジャックハンマーよろしくドーピングをするのも1手段でしょう。

究極は「何のためにやってるの?」「何のために生きてるの?」
そんな話になっていきます。

「自己流で自転車に乗ると言う事が楽しい」
それを選んだ。
つまり自転車が好きなんです。


・「オレは人に優しい言葉をかけるとか 
はずむ会話っつーのが一番苦手なんだ」

090315yowa_a002.jpg

それでも「まず」挑戦している巻島先輩。




今回の日記は「巻島先輩リスペクト」になったなぁ・・・。

たまにはそんなのもいいっショ。
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウォシュレットは日本だけらしいというスレ <2ch>
2009 / 03 / 14 ( Sat )
「日本人のトイレに対する執念は何なんだ?」日本のトイレ、海外サイトで大反響 
[痛いニュース]


ハイテク便座を初めて見たとき「なんだ、この機構は!?」とか
「音楽はやりすぎ」とか思ったものですよ。

和式好きな当方として和式でウォシュレットとか
誰か開発してくれないかと思う今日この頃。



関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もう週末だよ <たまには自宅PCで入力>
2009 / 03 / 14 ( Sat )
ようやく自宅PCを立ち上げれたため入力してみるテスト。
最近1週間が早すぎて仕方がない今日この頃。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「セスタス」1部完
2009 / 03 / 13 ( Fri )
ヤングアニマルの中でもかなり楽しみな作品「暗黒拳闘伝セスタス」が今週号で一部完となった。と言っても打ち切りではなく、準備期間を用意しての2部スタートが確定している。

数ヶ月に渡る長期休載だが、ざっくり言うといままでも度々の休載は在ったので、告知がある事で逆にやきもきはしない(w。

次回2部では天下一武道会的な格闘大会の

この作品の面白さは、闘争シーンのみならず、ローマを舞台にしたウンチクや、拳奴、高身分の市民、そして皇帝と身分による3者3様の在り方の違いが様々に変わるため見応えがある。

今のうちに安彦良和先生の「ネロ」とか読んでおくと、安彦版ネロ視点でのローマを楽しめ情勢をリンクしつつ楽しめたりできると思う。

(時代が同じ漫画を読み比べると描き方の違いが作者毎に分かれなかなか楽しめます。
作品同士の作風が違えば違う程かなり顕著。三国志とか、ナポレオンとか。)

再開が待ちどうしい。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「DS有野2」をプレ
2009 / 03 / 12 ( Thu )
プレイ中。寝る前の30分位。
図らずとも高橋名人の教えを守っているわけだがw

ウィズマンの最終面がクリア出来ない。
ラスボスはダメージ1回あてた程度じゃ死なない。
マジカルロッド集めもなかなか難しい。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キワ物漫画とレビューBlog <注目度>
2009 / 03 / 11 ( Wed )
サイト周回していたら「55歳のリストラ漫画なる物」が
取り上げられてきた。

>>壮絶!リストラマンガの世界1 「55歳の地図」[a Black Leaf]
(それにしてもBlack Leafさんは毎回良くこんな
漫画を見つけてくるものだと驚きます。)

レビューを読むとまたすごい、
本宮御大など実名の漫画家さん達が出てきたり
漫画の描く掲載先が無く四国お遍路へ旅立とうとしたり、
ただ単にすんなり行けるわけでもなく、死にかけて助けを貰ったり
苦しい道のりがすごく事細かな描写で描かれています。
レビューを見てこれはすごいと思いつつも
アマゾンのリンクなどが張られていましたがそもそも数か少ないのか品切。

これは勿体無い。今増刷かければ売り残し無いですよ>出版社さん。

漫画喫茶とかであるかどうかも微妙ですが
一度手にとって見てみたいと思った1冊でした。



さて、ここで「読んでみたい」と今思ったのは本当ですが、
でも多分レビューに取り上げられていなければ、
多分書店で目にした機会があったとしても
多分私は余りにも味わい深くて素通りしたと思います。
ジャケ買いなども玉にしますが、それもある程度限られていますので
なかなか出会うきっかけなど早々無いと思います。

そこでレビューサイトでたまたま取り上げられていて
中身が紹介されたから手にしてみたいという欲求が発生しました。
あまり売れないとされている漫画でも、こういうサイトへの露出で
そういう購買への動きが確実に生まれている訳です。

しかし必ずしも内容が面白ければそうなのかというと
そうではありません。

ちょうど最近他のサイトで取り上げられていた漫画を入手したのですが、
個人的には正直あまり面白く感じなかった。
それに対しての私の購入動機は

1.某Blogの注目記事が1~2回に渡って取り上げられていた
2.書店では見かけなかった。(この時点ではネットで注文まで行なう考えは無し)
3.某Blogの記事が再び取り上げられていた
4.たまたま今回書店で目にして「じゃあ買って見るか」

というものでした。

確かにレビューに相違は無く、記事に書かれている通りに
そういった内容の漫画が書かれていましたが、
漫画1作品を全般通して読んでみたら、
「レビューされている程、そうは・・・」という物が残りました。

レビューはあくまで筆者の感性ですから違いはあるとして、
取り上げられる事で確実に手に取るという行動は増えている。

そう考えると紹介される側にとっての取り上げられる事の重要度も、
筆記者側からすると書く内容や書き方も大きな要素だなと改めて思いました。

もちろん個人サイトの場合「何か」が
面白くなければ、取り上げられる理由が無いですが。


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
My birthday independence <自主>
2009 / 03 / 10 ( Tue )
また一つ歳を重ねた。
正直楽しいイメージはない。

なぜか?
今の生活はつまらないからだ。

毎日クレーム処理や雑用に流されて、
自分の成果となる仕事にまったく手をつける事が出来ない。
自分の成績にもならないような事をやって
それでいて成績が低いと文句を言われる。
それでそんな職場環境だ。

そんな毎日が楽しいと思えるだろうか?
私はそうは思わない。

毎日尻拭いの連続だ。
客のクレームというのは正直必要以上に労力がいる。
怒りをたたきつけてくるからだ。
だから得てして、誰しもが好き好んでやりたいとは思わない。

だが、自分にため、
世話になっている会社のため、
商品を買った顔をあわせた事もない客のため、
誰かがやってあげないとと思い3年続けてきたが、
どうもこの会社はそう言う事に目を向けてくれないようだ。

それならそれでいい。
ただそこまで言うなら本当に自分のためだけに働きたい。

営業成績のいい同僚がいる。
彼は自分で数字を出していると言って
僕が上げた目標など余りにも低すぎて話にならないと言った。
ただそれも、僕が自分の仕事をやる時間を減らしたりして
彼の仕事の一端を行なったりしているため、
正確に言うなら言われる筋合いも無ければ、成績の一端も僕の物だ。
瞬間垣間見せた彼のにちゃついた汚らしい笑い顔を見返してやりたい。

と書いたが見返す云々は実はどうでもいい。

要は、自分で働いた分だけ成果を積み重ねられる。
たったそれだけでいい。
それで絶対に成績は嫌でも伸びる。

今日ここでこれを書くのは単なる愚痴で留まらせない。

今の職場でこのままやっていけるなら、
そのまま頑張って生きていきたい。
本来は本業で稼ぐのが一番いいのだが、
今の職場がダメなら、残念だが副業で。
TシャツデザインならTシャツデザインで、
同人なら同人で、
漫画なら漫画で、

自分自身に誇りや喜びや楽しみを見つけ出せるよう
そんな人生を送っていきたい。

今日、この日は小さな私の独立記念日だ。

次の誕生日には
「今の生活は充実している。」
そう言えるように生きて行きたい。

”Today, we celebrate our Independence Day!”


関連記事

Tシャツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふとハリウッドについて思い出し
2009 / 03 / 09 ( Mon )
ふとハリウッドについて思い出した。

ちょっとうろ覚えだが、
ハリウッドと言えば今や映画の都として有名だが、それ以前はオレンジ
畑か何かしかない、大して何も無いような所だったとか聞いた事がある。

そこに誰かが何かをやろうと思い始めて、
続けて行くうちにそこに他の才能のある人達が次第にいつか集まって、
結果として「たまたま」うまく行った。

じゃあその繁栄はどうやって起こったのだろうかというと、やはり重要
なのは一番最初にやろうと決めた人がやり続けていたからと言う話にな
る。

極論すると、その人がそこにたどり着く前に「やーめた」と止めてし
まっていたら、多分今の歴史が変わっている。

ベンチャーでもそうだけど一番始めに始める人は何も無い物を作らない
と行けない以上、労力に対して見返り?は余り多くない。
「儲かる」とか「億」と言うのは「そう出来る基盤」が安定しているか
らそう動けると言う事で、そこまで行くのが難しい。
そこまで行ってるなら逆に簡単。
ギャンブルで言うなら鉄板張りではなく負ける要素もあるけれど、あえ
てそれを張らなきゃならないような勝負ばかりをやっているような物だ。
(ギャンブルと明らかに違うのは運要素のみではなく自助努力で勝率を
変えれる事だが。)

話を戻すけれど、そう考えると最初に何かを始めると言う人は、利害関
係なくただやりたくて仕方なかったんだろうなと思う。

そう考えるとすごい物だ。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
先日テレビを見ていて
2009 / 03 / 09 ( Mon )
先日テレビを見ていたら「常に動き回っている博士」なる人方がいた。(世界を変える100人の日本人)

で、
その人はパソコンやらデジタル機器ルを使わなくて、その理由は「自分の考える速度で入力出来る機器がなくて、でかい紙に書いた方が早いから」だそうな。

文明の利機よりアナログの方が早いという皮肉。

番組中で「自分のスピードに追い付ける紙とかメモを開発したい」とか言っていた。

考えるなら

「喋った音声がテキスト化され視覚情報になる紙」

「"アムロのニュータイプ閃光"見たいに、念波送信しただけで記録できる紙」

という感じかな。

思考も結局は脳の電気信号だからその流れが全て把握出来れば出来ない事は無い。
(技術がどこまで縮小化してくれるかが気になるが)

と、
ここまで書いたが、
上の教授の方の欲求を満たすには、ホワイトボード並のでかいモニタが複数あって、それぞれから複数同時記入できて記録と保存が出来ればいいのかもしれない。

色変え機能も、機能から選ぶのがめんどいから、書いたペンに色指定してあり赤ペン・黒ペンなど、それぞれ用意する。メモ目的なら8色あれば十分でしょ。

後は電源機器特有の短所、「不具合による情報欠損」と「停電」をどう無くすか。
非停電装置はあるけれど、トラブルでデータが消える何て事は絶対にあってはならない。(あるなら紙の方がまし)


ただここまで書いたが、代換メリットがどこまであるかであって、
ここまで書いておきながら、「いちいち紙を交換したりめくる必要がない」くらいかな。
あとペンにブルートゥース仕込んでいきなり記録させておく。(すでに発売されている道具)

そうなると、バイトを雇ってでかい紙のままスキャン取った方が確実かつ安上がりかもしんない。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2009 / 03 / 07 ( Sat )
20090307192216
ラーメン屋さんにて。
「紅い担々麺」なるメニューがあり、試しに食ってみる事に。

店のおやじが「ラー油担々麺お待ち」と言って持ってきた。
ちょ、タイトル違うじゃねーかw

卵がマイルドさを与えるみたいだが色的にもう絶望的なビジュアル。

まあまず食べてみる

ズルズルズル・・・

うむ、イケるなぁ

でもたぶん十数秒後にとんでもないものが来そうな予感。

とりあえずもう一口

ズルズルズル・・・


・・・うむ、うまいなぁ

多分数分後に何かに襲われそうな(略

そんなこんなで食べてみましたが、美味かったです。

意外と普通の担々麺より辛くなく旨味。
唐辛子&ラー油でクリアな辛味でさっぱりしている。酢も入ってるかその酸味が辛さも緩和した感じ。

さっぱりとした後味が良かったです。
見た目はなんですが、おすすめ。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。