FC2ブログ
リアルinマンガinマンガ <現実と挙行と妄想と>
2009 / 04 / 05 ( Sun )
ここ[酔拳の王 だんげの方]

うわー、こんな同人誌もあったのか。

いっそ作者本人がそれを描いたらすごい事になるかなと一瞬思ったが
まあそれはさすがに現実化はw。

ソースが失念したためうろ覚えですが、
そもそも元ネタである「○と○規模な生活」は
「漫画そのものより、実際の本人のダメっぷりの方が金になる」的な発言を
編集の方からされているはずで、それもあってか漫画になっている。
想像よりも現実の方が面白いという評価のされ方が嬉しいかどうかはさておき、
その生活感とかが本当にセミドキュメンタリとして
その日常を(掛け合いの序盤だけでも)描ききったら
多分誰も真似できないだろうし、やる人は比較対象にされて
よっぽど構成を考えないと二番煎じ以下として見られる可能性が高い。
それぐらいリアル感があるし生々しい。


「妻に新しい事を挑戦しようと切り出してみたら」
「------」
「一変すごい形相になった」
「ひたすらあやまる僕」
的な展開が出てきたら
誰も真似できない。

日常を描く漫画として桜玉吉の「漫玉日記」シリーズがあるが
これも他の漫画家の追従を許さない作風になっている。
画風もさる事ながら、「鬱になっていて投薬生活していた」とか
「会社を立ちあげた」とか独特な時間の流れや掛け合いが
全て1から考えようとしてもきっと不自然に感じて面白味が無くなると思う。

長くなったので、話を戻しますが、
リアルに勝る物はなかなかない訳で
ネットでこんな記事見たよという妻とのやり取りだけでも
面白くなりそうな気がします。

なんにしろ妻さんが目をひん剥きそうだがw
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あの肉の通称がそう呼ばれていると初めて知った <謎肉>
2009 / 04 / 05 ( Sun )
ここ[BLACK blog 徒然草]

カップヌードルの四角い「謎の肉」が角切りチャーシューに変更…日清が発表[痛いニュース]


カップヌードルのあの角ミンチ肉が
「謎肉」といわれているとは知らなかった。



誤解を恐れずあえて言うなら
「カップラーメンは"そこそこおいしい"所がいい」んだよなぁ。
ジャンク食っているって感じで。

本当に身体に良くて美味しい物を食べたければ
インスタントという選択肢を変えれば良いわけで

"本物に近づけども近づけども超えられない壁がある"

というのがインスタントの定義と存在価値だと勝手に思っているのですが。

企業としてはマンネリ化している商品を
色々改変して売上げをさらに倍増させたい(てこ入れ)と
いう思惑があるのは当然ですが、
変わらない味があってもいいんじゃないかな。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
作者様からメールが届きました。 <残波がもうすぐ終了・・・らしい>
2009 / 04 / 05 ( Sun )
以前書いた私の記事を見て、なんと作者・浜田正則様からメールが届きました。

090405zannami.jpg


>>(メール内容引用)
>>ブログで善意にいじっていただきありがとうございました。
>>後7回で残波も終了してしまいます。
>>単行本は1巻でストップ
とのことなので
>>よかったら雑誌を立ち読みして下さいね。それではしつれいします。

本当に「・・・ご、ご本人様ですか?」とか問いただしたくなるのですが、
そのあとの内容、「あと数回で終了」の方がでかかった。

「ちょっw、え、何そのいきなり、まっtkー!」

これも本当かよ、本当なのかよ


時たまサンデー(小学館の方ではなく、週刊漫画サンデー)も
読んだり買ったりしていましたが
続巻すると思って保管ってないんですよ!

最初から単行本が出ないなんてのは、
話としては聞くのですが、
続巻ですらそれもありうるんですか!?


猫が帰ってきてマイヤホー(私事)とか思っていたのもつかの間、
こんな色んな意味で「ほんとーですか!?」


で数秒考えて出した結論は以下、



ホントかどうかワカリませんッッ!
でもホントだったらエライことですッッッッ!
この情報がウソでもかまわないッッ!
僕は今からコンビニでサンデー買いに行きますッッッッ!
(by関根さん)


-若頭・残波関連のBlog記事-

マンガ「若頭・残波」を読んでます <転職>

大炎上 | 若頭・残波 1巻 ヤクザが自分探しの転職ギャグコメディ


23:10 - 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明


上の記事読んで「面白い」と思った人は
左のアフィリンクでも、アフィを押すのが
癪にさわるならアマゾン検索でも
どこでもいいので買ってあげてください。

売れ行きによって次巻が出る可能性が
1%ぐらい上がるかもしれません。



関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猫が帰ってきた <放蕩息子の帰還>
2009 / 04 / 05 ( Sun )
猫が帰ってきた。

うあおあおあ!


死ぬわきゃーと思ってたんだよ>結果論。

・・・急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。 そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。 この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。

~放蕩息子のたとえ話より~


それにしてもどこ行ってたんだ。

体重は・・・軽くなっている。
怪我は・・・特にしていない。

いろいろ聞いてみても「うにゃーん」としか答えません

帰ってきた当初、家族に思い切りなついて、今は寝ています。
のんびりくつろいで寝ています。

約3週間居なかった。
そのためもう死んだ物だと思っていた。
ただ現場も見てないのではっきり決める事が出来なかった。
決めたいとも思わなかったし、そうしたいとも思わなかった。

家族でもそれを話題にするのは痛々しいんですね。
帰ってきたというだけで一瞬にして空間に喜びの空気が満ち溢れた。
彼は家族で、家族とは大事な物だ。
そう感じた。


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |