FC2ブログ
面白さの共有が出来なかった場合な記事<最大公約・最小公倍>
2009 / 05 / 06 ( Wed )
面白いと感じられない不幸[駄文にゅうす]

自分と他者と面白さのツボが外れている場合に
付いて書かれている記事で面白かったです。

面白さというのはその人その人が持つ主観だから
これは感性的な問題で、ある意味仕方が無いと思う。
人間は個体差で個性はでる。(※)

例えば職場に新しい人とか入って
仲良くなろうとしての話題の一端として
食べ物の話とか趣味の話(例えば漫画)をしたとして、
そこで趣味が合えば「よかった、ラッキー、共有事項が出来ました」で
済みますが、合わなくてマジレスをしてしまうとする。

その人がそれが好きと言っているのに
うまいとかまずいとか評価をつけんなw
うまいならいいんだけどね。

お前は海原雄山か(イメージで言ってます)
せっかく教えているのにがっかりだよ。
という事にならん事も無い。

人に安易にダメだしすんなw
ソムリエじゃないんだから。


その人はコミュニケーションの一端として
聞いているのだろうから、悪気が在った訳じゃないけれど
無ければいいって物でもない。
相手も人間だからね。

それを「あくまで個人的感想」というならば、
そして素直に感想を語っただけというならば、
個人の主張をするのは、今その場所じゃなくていいと思う。


ちなみに私はこんな感じで考えています。
例えばマンガの趣味を聞く場合は
「どんなのが好き?」
次の質問で「どんな所が好き?」で良いと思う。



補足で書いておきますが(※2)、
この記事の要点は
作品内容の良否とか好みとかではなく、
コミュニケーションの話ね

090506aa.gif
続きを読む

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |