FC2ブログ
冗談が判別し難い <らしい>
2006 / 02 / 25 ( Sat )
当方、人に言わせると冗談が判別しにくいらしい。
これは以前人から聞いたのだが、
明らかにギャグとしていう物とか、
冗談が冗談と判り難い事が話す内容に織り交ぜているからだが、
幾らなんでも「そこまで考えねーよ」とか
「そんな事したら人としてどうかと思うよ」とか
さすがにやらない事ぐらい一般常識で判るだろと
思うのだが、どうなのだろう。

このBlogでも思っている事や明らかに出任せな事とか
書いたり書かなかったりしているのだが、
全て直球勝負で考えているとなると
そりゃさすがに引きますよ。

それでも真面目な仕事の時とかでは
そんな事は普通に織り交ぜないようにしたり
気を使っているつもりですが
それでもまだ足りないということでしょうか。

いちいち会話の前置詞に「これは真面目な話なんだが」とか
「これは冗談なんだが」といちいち付けないと
会話が成り立たないというのもちょっとね(w

人と相対する時は常に真面目な事ばっかり
言ったりやったりしなくちゃならない
なんてのはかたっ苦しくて仕方が無い。


「芸人としては辛い所ですね。」
「いや芸人じゃないから。」
(上の会話も冗談として成り立っているわけですよ)

ボケというのはある程度際どい方が面白いと思いますよ。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/1046-364344c9
| ホーム |