FC2ブログ
機動戦士ガンダム35話目感想 <ファーストですよ>
2006 / 04 / 29 ( Sat )
第35話「ソロモン攻略戦」

ドズル中将の勇士が!

・ビグザム納品
じつはまだ試作段階で送られてきたとは
気付きませんでした。
あとドズル中将の持論で「戦いは数」というコメントからも
その戦力の足りなさやそれに対する不満などが
戦場でままならないという臨場感を演出しています。

・ソロモン攻略戦はワッケイン指令指揮下
1年戦争の指揮はすべてレビル将軍指揮だと
思っていたのですが、ちゃんと劇中に出てきますね。
※ちょうどクイズ機動戦士ガンダム 問・戦士
やっていてそんな問題が出てきたのです。


・「それが戦争というものだろうが」
ドズル中将の言葉にはいつも背筋を正される思いであります。


・「なんで行っちゃいけないの?あたしも挨拶しに行く」
緊張感漂う中、ホワイトベースのクルーが
明らかに正式な軍隊とは一線画した
存在と思わせる1シーン。

・連邦が量産モビルスーツで組織戦
ガンダムのような一級モビルスーツのスター

・アムロ、フラウ・ボゥの面影を感じる。
前回セイラさんにたずねられた事もありますが、
今回の話を境になんとなくフラウボウの距離がハヤトの方へ進んでいく気が。


・ララァの瞳は緑色
ちょうど問戦士「ガンダム」を
やったのですが
ララアの瞳の色が問題に出てきました。
肌も褐色系だから黒かと思ったら勘違いしてました。
難易度的には基本レベルかな
ふと思ったのですが下着はつけているんでしょうか。


・ミネバさん登場
まだ赤子。
テレビで見ていたときは劇中の人物関係の強調程度と
そんなに重要なシーンと思っていなかったのですが
後々Z等とかに出たりと結構重要な位置。


・ソーラシステム
簡単に言えばでっかい鏡なんですね。
小さな力でも極大量に集めればとんでもないものに。


・ハヤト負傷。
フラウとのフラグが立ちました。
後トニたけさん(トニーたけざき)の漫画を見ると
シリアスがすべて台無しに。


・シャア、ソロモンの救援連絡を受け移動。
間に合うのかなぁ・・・。


・「私は軍人だ、ザビ家の伝統を作る軍人だ」
公と私、組織と個。
「個人」、「私」での感情を決して優先させず、
家族を安全なところに旅立たせ、
その後兵士たちに指示、叱咤激励。
戦争が良いとは思いませんが、
決して後ろの戦火の届かない所で指示をしない姿は男としてしびれます。
自分の家で始めた戦争を責任を持って自分の手で進める。
理屈ではなく責任の所在を



次回「恐怖、機動ビグザム」
戦場にビグザム登場、そして!
関連記事



ガンダム | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/1361-dec35d90
【ソーラ・システム (機動戦士ガンダム)】について
ソーラ・システム (機動戦士ガンダム)ソーラ・システムは、アニメ『機動戦士ガンダム』、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する、架空の兵器。地球連邦軍の対宇宙要塞戦支援兵器である。英語で ''Solar System'' とは太陽系を指すので注意が必要である。.wiki フィギュアふぁん倶楽部【2007/02/08 02:08】
| ホーム |