FC2ブログ
TVを付けたら「ストレッチマン」という番組がやってました <破壊の衝動>
2006 / 05 / 09 ( Tue )
テレビを付けたらたまたま「ストレッチマン2」と
いう番組がやってました。

番組の内容は今日初めて見たのでいまいち分かりませんが、
子供が牛乳紙パックを積んで蹴りを入れて壊したり、
台車に乗って転がされて突っこんで壊したりと
今回はそんな内容でした。


ヤバいぐらいに心が洗われた感じです。
「なんだこれはw」と。
教育番組なのになんだか笑ってしまった。


こういうスタイルのストレス解消もあってはと
実は常々思っている。
破壊衝動でもあるのか?と思われそうだが。


ストレスにも色んな種類があって、
その解消は解消方法によって解消される部分は「質」的に違うと思う。

例えばストレス解消のために運動したとして、
「なんだか解消されない」ケースがあると思う。
それは体が求めるストレス解消の質がその行為の物と
あっていないからだと思う。
人に危害を加えるのは絶対に問題があると思うが
軽い破壊とかならガス抜きとしてあっても悪くは無いのではと思う。
(※「続き」に補足)

そういえば藤子・F・不二雄先生の「21エモン」で
子供の遊び場センターでそんな場所があったなと思い出す。


何かの漫画で読んだ「ぶっ壊しバー(※)」とか
実は行ってみたかったのだが
そんな物が流行る気配は無い。
(当時、大人になったら)

バーとか経営とかそんな物をやったことも無いから
どういう風にしたらいいかも分からないが、
結構流行ると思う。

人間良かれ悪かれ色んな性質を内包していると思う。
例えば「物を整えたい」から「散乱させたい」から色々で、
それらは法律やらなにやらもまじえて
いわゆる「善側の性質」「悪側の性質」と
分類区分けをされる。

ただそれが全て「必ず発症するか」とか「必要なのか」とか
「受け入れられるか」とかは全くの別問題。
(人によって必要なかったり、一生出さない人も居ると思う)


ただこういう物が流行ったとしてもし何かの事件が起こってしまったら
「暴力延長上による物を軽視した物を提供した云々」とか
絶対そういう事を言い出すコメンテーターと
それをバックアップする人たちは居ると思う。

・・・なんて事を教育番組を見つつ思った。

「しわりん」(※)でも使ってみるか
google::しわりん
EXCITE:しわりん


関連:番組HP


蛇足

※軽い破壊
破壊と書いたが本当に破壊し無くても、
思いっきり全力で何かに当てるとかでもいいのではとも思う。
思いっきりバッティングセンターで強振するとか
(当たらないとこれがまたストレスだがw)、
思いっきりサッカーボールを遠くへ蹴り飛ばすとか。

考えると実生活で「思いっきり」が出せる場所と言うのは
すごく少ないと思う。


※ぶっ壊しバー
皿とかに自分で絵を書いて壁にたたきつけるとかそんなサービスが
オプションであったバー。
その漫画では嫌な人の絵を描いて
「お父さん僕は都会でがんばってます」とか
言いながら壁に叩きつけるというシーンが
確かあって凄くそれだけが印象的だった。

いろいろ問題が出そうだが。

+++++++++++++++++++++++++++++

書いていて思い出したが、
「アメリカ横断ウルトラクイズ」で
東京予選で外れた人がヘルメットをかぶった徳光さんの
頭をピコピコハンマーで殴っていたとかそんな時代もあったなぁ。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/1404-3f0ba027
| ホーム |