FC2ブログ
今日もひたすら掃除を <この際徹底的jに>
2006 / 05 / 24 ( Wed )
今日も軽く掃除をしてました。
今日は整頓。

あまりにも乱雑で大量な本を
整理区分したり収納したりと色々。
整理途中で古い物とかも出てきたので
埃を拭き軽くまとめたりといろいろ。

一気にこなしたい所だが、
一気にやろうとすると必ず無理が出てしまう。

特に物を収集するような人だと大量すぎて区分さえ
ごちゃごちゃになってしまう。
(マニアックな趣味になればなるほど
他人から見てゴミだかゴミじゃないだかすら分かり難いと思う。)
そんな物を一気にやろうとしても土台無理な話。

将棋崩しみたいな物で軽い計画を決めて、
順序を持ってやっていくのが一番の近道だと思う

どんな事でも必ず一歩進めば
一歩分距離は減る。

そういえば昔「学校へ行こう」のコーナーで
「一人暮らしでとんでもないゴミの部屋に住んでいる所を
掃除しよう」と言う企画があった。
まあ番組的に構成も入っていると思うが、
世間には実際に「ゴミ屋敷(googleイメージ)」みたいな所もある。

とりあえず手短なゴミを捨てよう。


蛇足

正直な所、過去にこういうケースを間近で見た事がある。

その人は心因性のストレスが原因で、結果こういう風になった。
ゴミ屋敷のように外にゴミがはみ出したり見えたりしているのではないにしろ、
飲みかけのジュースの空き缶が腐乱したりと、
傍から観れば汚している当人「だけ」が奇異に観られていたのだが、
よくよく聞けば、その奥底の根元には、
その人の家庭環境が問題で、「結果」こういう風になったのだと思う。
(今は解消されている、でも若干そうしたトラウマ的なものが
残っているみたい)

物事には必ず原因があって、結果がある。
原因が暴力沙汰のようなものでしか解消できないと言うのなら、
それは現代社会において野放しに近いケースも出てくると思う。
(言っても聞かないと言うのなら最悪殺すしかないと言う、理屈)

話は広がるがボケ老人(認知症)なんかは
言った所で聞かない以上どこかに閉じ込めるしかないとか
そんな考えを持つ人もいると思う。(良否は別として)


この人の地獄はこの人にしかわからない。

「人相」と言う言葉がある。
別段ハンサムとかイケメンとかそういう話ではなく、
その人の状態が顔にでてくる。(占い的なものではなく)

地獄にいれば険相にもなるし、
極楽にいれば吉相になっていくと思う。

吉相になったり吉相を保ちたければ
人に与えるか、それでもダメなら近づかない方が良い。

「からくりサーカス」じゃないですが、
笑顔は笑顔の近くにしか集まらない物ですよ。

ついでに言うと、
自分がつまらない状況に居るからといって
人に笑顔にして貰おうなんてのは
実は、実に傲慢な話です。

笑顔で居たければ
そうなるように、周りに振舞ってから
そうした方がいい。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/1511-9668cdde
| ホーム |