FC2ブログ
爆笑問題太田さんに右翼から抗議文 <どこまで本気か>
2006 / 05 / 27 ( Sat )
ここ[読売]

普段からちょいきつめなボケを出す
お笑いコンビ「爆笑問題」の田中氏。
結構番組で押しの強い主張を出すからか
右翼から抗議文が来たそうな。


(以下記事から引用)

>> ラジオ番組でのコメントを非難する内容だったが、
>>実際には、本人が言ってもいない話が、太田さんの
>>発言としてインターネット上で出回っていただけだった。


これはきついなw

>> 調べによると、正気塾の幹部が訪れたのは先月24日。
>>太田さんは不在で、幹部は事務員に抗議文を手渡し、
>>質問に回答するよう求めて立ち去った。
>>
>> 抗議文は、太田さんの民放ラジオのレギュラー番組に
>>関する内容で、北朝鮮の拉致事件や中国の
>>反日感情などを巡って、「反日侮日発言」をしていると
>>非難していた。

最近「お笑い」としてではなく、バラエティーの
司会・メインとかを引き受けて
その番組内での主張をよく耳にしていたが、
そう言う物もきっかけの一つなのかも。


個人的には昔だったら「お笑い芸人が言う事など、どんなに
無茶でも取るに足らない」的な風潮でしたし、
またどんなにきっつい事を言った所で、
それをギャグとして受け止める余裕的なものがあったと思うのですよ。

この数年ではちょっと言った所ですぐ法律だ裁判だと
言う話に持ち上げて、「理解」とか「考える」とか
「話し合い」という事が無くなってきている気がする。

またそういうコメントに対してすぐ過剰反応して
なにか騒ぎが持ち上がるとか言うのも特にネットが始まってから顕著。

生きてりゃ擦り傷の一つも出来るが、
なにかあると大げさに「法だ」「正道だ」「正しい」だと
杓子定規をいちいち持ち出して、
「自分の意見と違う相手を押さえつけないと気がすまない」ような
社会になりつつある気がする。


芸人はちょっと頭の線が一本切れてたり、
他人がやらないようなネジの外れたような蓮j中ばっかりで、
なにかやらかして面白いという感じでしたけど、
人と同じような当り障りの無い事ばかり言わせて
面白いかどうかも難しい所。


蛇足:

情報を発信する方もいろいろ問題が
あったりする時代でもありますけどね。
日本テレビとか朝日とか、数え上げたらきりがない。

なんとなく「もののけ姫」の乙事主の言葉を思い出した。

もののけ姫

もののけ姫
posted with amazlet on 06.05.27

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2001/11/21)
売り上げランキング: 519


おすすめ度の平均: 4.14



5 完全に大人向け

5 うちの子は大好きです

4 一粒で8度おいしい






寝ずの番
寝ずの番
posted with amazlet on 06.05.27
中島 らも
角川書店 (2006/02)

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/1537-4eeee78a
| ホーム |